何もやる気が出ないとき仕事はどうする?毎日疲れたと感じる原因とは

何もやる気が出ないとき仕事はどうする?毎日疲れたと感じる原因とはの画像

この記事のまとめ

  • 何もやる気が出ないのは、心身の疲れや不規則な生活が原因の場合がある
  • 完璧主義や自分に自信がない人は、何もやる気が出ないと感じやすい
  • 何もやる気が出ないときはリラックスと適度な運動、自然に触れることがおすすめ
  • 何もやる気が出ないときは、周りと比較したり自分を責めたりするのは避けよう

「仕事や家事、何もやる気が出ない…どうしてだろう?」と悩むことは、誰にでもあるでしょう。何もやる気が出ないのは、心や体が疲れ切っている可能性が考えられます。このコラムでは、何もやる気が出ない原因や対処法、おすすめの過ごし方などをご紹介。自分なりのストレス解消法や楽しみを見つけ、仕事もプライベートも充実した毎日を送りましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

何もやる気が出ない原因

身体的な疲れが溜まったり、ストレスを感じたりすると「何もやる気が出ない」の原因になります。「何もやる気が出ない状態」は、程度の違いはあれど誰しもが一度は経験すること。もやもやした状態がいつまでも続くのは避けたいものです。

身体的な疲れが溜まっている

何もやる気が出ないときは、身体に疲れが溜まっている可能性があります。仕事が忙しく残業が続いていたり、十分な休養が取れていなかったりすると、身体的負担からネガティブ思考になるようです。

退屈している

毎日の仕事が同じ作業の繰り返しで退屈していると、何もやる気が出なくなります。仕事がルーティン化していると、刺激がなくなり、「楽しさ」や「やりがい」を感じにくくなることも。仕事に対して「興味」がなくなり、意義を見い出せないまま続けると、「何もやる気が出ない状態」になってしまうでしょう。

不規則な生活をしている

不規則な就寝時間、不規則な食生活を送っていると、「何もやる気が出ない状態」になるでしょう。睡眠不足や就寝時間が不規則だと、日々の疲れを癒やせず、思考力が低下します。また、食生活が乱れていると、十分な栄養が脳に行きわたらず、不健全な考えを招くでしょう。思考力が落ちるとミスが増え、気力が下がることで、「何もやる気が出ない状態」に陥ります。

ストレスを感じている

精神的な負担を感じると、何もやる気が出なくなります。仕事をしていると、ストレスの原因となることはいくつもあるでしょう。代表的なストレスの原因は、人間関係です。同僚や上司など、苦痛に感じる相手と一緒に働くのは、相当な負担となります。人間関係がうまくいかない状態が続き精神的に疲弊すると無気力になり、何もやる気が出なくなるでしょう。また、厳しいノルマや過度なプレッシャーも、「何もやる気が出ない状態」の原因になります。
仕事のストレスで悩む人は、「仕事のストレスで会社を辞めたいと思った時は」の記事がおすすめです。ストレスを感じる原因や解決方法が記載されているので、ぜひご一読ください。

大きな事柄をやり遂げたあともやる気がなくなる?

受験に合格した、大きなプロジェクトを成功させたなど、目標を達成してしまい新たな目標を見いだせず、喪失感を抱いてしまうのも、やる気が出なくなる原因になりえます。「燃え尽き症候群とは?趣味や生活習慣の改善で予防・克服しよう!」のコラムもご確認ください。

何もやる気が出ないと感じやすい人の特徴

「何もやる気が出ない」と感じやすい人と、感じにくい人がいます。どのような人が「何もやる気が出ない」と感じやすいのか、特徴を以下で紹介しましょう。

完璧主義

完璧主義の人は、仕事もプライベートのことも、中途半端にするのが苦手です。他人から見ればできていることも、自分の基準に満たしていないと、「できなかった」と思い込み、自分を責めてしまう人が多い傾向にあります。自分を責め過ぎると罪悪感や無力感が続き、「何もやる気が出ない」と感じてしまうでしょう。

自分に自信がない

自己肯定感が低く、自分に自信がない人は、物事に対して否定的に捉えやすかったり、素直に物事を受け取れなかったりする場合があります。「どうせ自分にはできない」と思い込みがちなので、「何もやる気が出ない状態」になりやすいでしょう。
自信をつけたいけどどうすれば良いか分からない人は「自信をつけるにはどうすればいい?効果的な方法とは」をあわせてご覧ください。

目標がない

目標がない、見つからない人は、物事に対する興味や関心が薄い傾向があります。興味がないと、物事を前向きに取り組む意欲が沸かず、「何もやる気が出ない状態」になりやすいでしょう。

何もやる気が出ないときの対処法

「何もやる気が出ない状態」がいつまでも続いてしまうと、仕事や生活に支障が出かねません。何もやる気が出ないときにはどのように対処すれば良いのか、以下で紹介します。

規則正しい生活を送る

「何もやる気が出ない」ともやもやするときは、まずは不規則な生活をやめて、規則正しい生活を送るように心掛けましょう。睡眠と食事は、人間が生きていくために必要な生理的欲求です。生理的欲求が満たされて初めて、社会的欲求や自己実現欲求が出てきます。規則正しい生活で上質な睡眠を取り、お腹を満たすことで、やる気が沸いてくるでしょう。

適度な運動も効果的

適度な運動は、自律神経を整え、ストレス解消につながります。いきなりハードな運動をするのではなく、散歩やウォーキング、軽いジョギング、ヨガなどを呼吸を意識しながら行うのがおすすめです。毎日同じ時間に行うことで、生活リズムを整える役割にもなるでしょう。

十分な睡眠を取る

心身ともに疲れていて「何もやる気が出ない」と感じるときは、十分な睡眠を取って疲労回復に徹しましょう。お風呂に入浴剤を入れてゆっくり浸かったり、アロマを焚いて好きな音楽を聴いたりと、リラックスすることは質の良い睡眠につながります。

休暇を取得してゆっくり休む

仕事が忙しくて休暇を取れていなかったり、休日も予定を詰め込んでいる人は、しっかり体を休ませる日を作りましょう。たとえ好きなことでも、アクティブに過ごしていれば体は疲れるので、疲労改善は望めません。仕事の日はアクティブに働いて、休暇はゆっくり体を休ませるなど、オンとオフの切り替えを意識してみてください。

休みを利用して自然に触れてみよう

何もやる気が出ないときは、雑踏から離れて自然に触れてみるのもリラックス効果がありおすすめです。森や小川、草花といった自然に触れることで、心が癒やされる効果があります。とくに、五感を使って森林浴をすると、疲労の回復やストレスの減少だけでなく、意欲やエネルギーが回復する効果もあるようです。

自分を肯定する

何もやる気が出ないときは、「そんなときもある」と気楽に構えるのも1つの方法です。「何もやる気が出ないなんて自分はダメだ」と自分自身を否定せずに、「いつも頑張っているから、たまにはそんなときもある」と受け入れ、自分を肯定してあげましょう。

何もやる気が出ないときの避けるべき行動

何もやる気が出ないときに、やってはいけない行動があります。以下で紹介する行動は、避けるようにしましょう。

周りと比較する

何もやる気が出ないときは、同僚や後輩など周囲の人と自分を比較するのは避けるべきです。精神的に落ち込んでいるときは、周囲の人が「出来る人」に見えてしまいます。とくに気を付けたいのが、SNS。良いことばかりを投稿しているSNSを見ているとキラキラして見え、落ち込んでいる自分と比較して、「自分なんか…」と自身への否定が強くなってしまいます。やる気が出ないと感じるときは、周囲の人に目を向けず、自分の心と体を休めることに専念しましょう。

自分を責める

何もやる気が出ないときに、自分を責めるのは避けるべきです。自分を責め過ぎてしまうと、無力感に苛まれてしまい、ますますマイナスな思考になります。何もやる気が出ないときに仕事でミスをしてしまっても、執拗に自分を責めることはやめましょう。失敗したときに取るべき行動は、対策を練ることです。失敗を引きずることはやめて、どのように対処するかを考えるのが先決でしょう。

突発的な感情にまかせて転職をする

最後に、何もやる気が出ない時に、感情だけで退職や転職をするのは避けるべきです。なぜなら、何もやる気が出ない時は集中力や判断力が低下している可能性があるからです。そのため、突発的な感情に流されず、転職したいのであれば自己分析や業界分析を行い、自分に合った企業に入社できるよう、準備しましょう。仕事でやる気が出ないときは、「仕事でやる気がない!有効な対処法とは」で有効な対処法をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

「何もやる気が出ない」が改善されないときは?

休養を取っても「やる気が戻らない…」と感じるときは、周囲の環境が影響している可能性があります。以下で具体的に解説しましょう。

楽しみを見つける

生活は、仕事だけではなく、家庭や趣味、人間関係などのさまざまなフィールドがバランスを取り合って成り立っています。仕事だけを頑張っていても、趣味の時間や自分が楽しいと思えることをないがしろにしていては、やる気が長続きしません。30分でも15分でも良いので、好きな音楽を聴いたり、リラックスして好きな香りのお茶を飲んだりしてみてください。毎日その時間を大切にすることで、「よし、また頑張ろう」といったやる気につながります。
何もやる気が出ないときは、楽しいと感じることが思いつかない場合もあるでしょう。そのようなときは、「デスクの上を毎日拭く」や「玄関をきれいにしてから出掛ける」など、小さな達成感を継続的に得るのがおすすめ。些細なことでも、やり遂げた経験が自信につながっていきます。

仕事のやり方を変える

何もやる気が出ない状態が続く場合は、対処法や物事の取り組み方が自分に合っていない可能性が。仕事の場合は、業務の進め方のコツがつかめていなかったり、そもそも負担が掛かり過ぎていたりします。業務そのものが自分に合わない場合は、配置転換や転職などで働く環境を変えることも考えてみてください。「新しい職場を見つけること」が目標になることで、やる気が出ることもあるでしょう。

働く環境を変える

対処してもやる気が出ない状態が改善されない場合、働く環境が自分に合っていない可能性があります。ノルマが能力より明らかに高く設定されている、スキルに対して仕事内容が難しすぎる/業務量が多すぎるなど、自分の勤務状況を改めて見つめ直してみましょう。
適性に合った仕事を選べば、少ないストレスで自分らしく働けます。自分の得意なこと、人より秀でているスキルなどを確認し、気持ちよく働ける会社に転職することも検討してみてください。

一人での転職活動に不安がある、転職すべきかどうか悩んでいる方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、豊富な募集求人の中から、カウンセリングに基づいてぴったりの業界や職種をご紹介。気になる仕事や、希望職種の詳しい情報もお伝えしています。
高卒・既卒やフリーター、第二新卒など若年層のご利用者が多く、未経験歓迎や学歴不問といった求人が多いのが特徴。はじめての正社員就職もしっかりサポートいたします!

この記事に関連するタグ