何も考えたくないほど疲れている原因は?効果的な対処法もご紹介!

何も考えたくないほど疲れている原因は?効果的な対処法もご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 何も考えたくないのは、仕事や家事・育児の負担が大きいことが原因
  • 何も考えたくないときは、質の良い睡眠を取って趣味に没頭すると良い
  • 何も考えたくないときは、人との関わりを意識的に少なくしてみる
  • 何も考えたくない状態が続く場合は、転職も視野に入れてみる

何も考えたくないほど疲れが溜まっている方はいませんか?仕事や家事・育児などで疲労が蓄積してしまうと何も考えたくないと感じてしまうことがあります。これ以上、疲れを溜め込まないためには、早めの対処が必要です。このコラムでは、何も考えたくないというほど疲れてしまった人に、その原因と対処法を紹介しています。疲れた心身をリフレッシュさせるヒントとしてぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

何も考えたくない原因は?

「何も考えたくない」「何もしたくない」「ただ寝ていたい…」などと思うほど疲労が溜まってしまうのは、「仕事の負担が大きい」「家事や育児がワンオペ」「人間関係が辛い」など、心身ともに辛い状況が重なってしまうことが原因と考えられます。以下にその原因を挙げてみたので、ぜひチェックしておきましょう。

仕事の負担が大きい

職場で人員が削減されたり、大役を任せられたりするなど、仕事の負担が大きくなると、「何も考えたくない」というほど疲れてしまうことがあります。仕事を疲労の一番の原因に挙げる人は多いようです。

家事や育児がワンオペ

パートナーが家事や育児を分担してくれないことも、疲れを溜め込んでしまう原因の一つです。仕事から帰宅した後やせっかくの休日も休む暇がなく家事や育児に追われるため、「何も考えたくない」と感じてしまいます。

人間関係が辛い

友人や同僚などとの人間関係がこじれてしまうことも、原因といえます。関係を修復しようと努力しても状況が改善されなければ、「何も考えたくない」と感じ疲れやストレスを溜め込んでしまいます。

未経験OK多数!求人を見てみる

何も考えたくないときの3つの対処法【休息編】

何も考えたくないときには、「質の良い睡眠を取る」「休みの日を作る」「好きなことに没頭する」などの対処法を取り、よく休息を取ることが大切です。以下、効果的に休息を取る方法について詳しく解説しています。

1.質の良い睡眠を取ってリフレッシュする

何も考えたくないほど疲れ切ってしまったときは、まず質の良い睡眠を取ってしっかり休みましょう。寝る環境や寝具にも拘ることで、より質の良い睡眠を取ることができます。適切な睡眠を取り、心身ともにリフレッシュしましょう。

快眠のためには枕や敷き布団など寝具の環境が重要

厚生労働省の「快眠のためのテクニック-よく眠るために必要な寝具の条件と寝相・寝返りとの関係」によると、敷布団の表面と首との角度が約5度になるよう調整することで、首周りへの負担が軽減され快眠に繋がるそうです。寝床の中は33度、湿度は約50%が最適。寒い季節は電気毛布や湯たんぽなどで調節すると疲れた状態でもよく眠れるでしょう。

参照元
厚生労働省
eーヘルスネット[情報提供]快眠のためのテクニック -よく眠るために必要な寝具の条件と寝相・寝返りとの関係

2.休みの日を作る

何も考えたくないほど疲労が溜まっている場合は、思い切って仕事や家事・育児をしない休みの日を作ると良いでしょう。丸一日休むことが難しければ半日でも休みを取り、疲労の原因から離れる時間を作って疲れた身体を癒やすことが大切です。

マインドフルネスで気持ちをリフレッシュ

こちらの「精神的に疲れたときの特徴は?仕事は休んでもいい?」では、短時間でリフレッシュできるマインドフルネス(瞑想)の方法について紹介しています。マインドフルネスを取り入れることでストレスを軽減することができるほか、睡眠改善にも効果が期待できます。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

3.趣味に没頭する

映画や読書、漫画などの趣味に没頭することも対処法の一つです。どんな小さなことでも何かに没頭すれば、日頃のストレスも軽減できるでしょう。

何も考えたくないときの4つの対処法【行動編】

何も考えたくないほど疲労が溜まっている場合は、「人と関わる量を減らす」「仕事や家事を効率化する」など行動に移してみることも大切です。以下、どのような行動を取れば良いのか詳しく解説しています。

1.人と関わる量を減らす

人間関係で疲れが溜まっている場合は、人との関わりを減らすことを意識的に行いましょう。職場の飲み会やそれほど親しくない人たちとのランチ会などは、どうしても気を遣ってしまいます。また、反りが合わない同僚や上司との関わりも、ストレスが溜まってしまう原因です。「関わりたくない人の特徴と職場で上手に接する対処法を紹介!」では、職場の人との適度な距離の取り方を解説。人と関わることが苦手な人はぜひ目を通してみてください。

2.仕事や家事を効率化する

仕事や家事の効率化を図ることも対処法の一つです。書類をすぐ取り出せるようにインデックスを付けてファイリングしたり、フォルダに判別しやすい名前を付けたりするなど整理整頓を心掛けると、作業スピードをアップできます。また、家事もお掃除ロボットや食器洗い乾燥機などの便利家電にすれば、手間も省くことができ、その分休息を取ることもできるでしょう。

3.仲の良い友人と過ごす

気兼ねなく話せる友人と食事をしたり、出掛けたりするのも良い対処法です。心置きなく話せる友人と同じ時間を過ごすだけでリフレッシュできます。

4.仕事を変えてみる

どんな対処法も効果がない場合は、転職を考えてみるという方法もあります。疲れが溜まってしまい、何も考えたくないという状態が続いてしまうのは精神的にも良いとはいえません。こちらの「精神的に楽な仕事とは?職種例や転職するメリット・デメリットを紹介!」では、自分のメンタルに合った仕事の選び方を紹介しています。どのような仕事が自分に合うのか分からない人はぜひ参考にしてみてください。

いざ仕事を変えてみようと思っても、どのような会社が自分に合うのか分からない…とお悩みの方は、ぜひ就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。専任のアドバイザーが丁寧にカウンセリングし、ご自身の希望や適性に合った仕事を提案します。履歴書や職務経歴書作成のアドバイスや、志望企業に合わせた面接対策も実施。企業との面接スケジュールの調整や、面倒な条件の交渉などもすべてハタラクティブが行うため、在職中で忙しい方にも安心です。サービスはすべて無料。お気軽にハタラクティブにご相談ください。

こんなときどうする?何も考えたくない人へ向けたお悩み解決Q&A

ここでは、何も考えたくないほど疲れてしまった方へ向けて、解決方法をQ&A方式でご紹介します。頭が働かず、仕事も家庭もうまくいかないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

何も考えたくないときは、どうしたら気力が湧く?

何も考えたくないというほど疲れてしまった時にやる気を出すためには、小さくても良いので短期的な目標を設定するのがおすすめです。「仕事をしたくないときはどうする?対処法やモチベーションの上げ方を紹介」では、仕事に疲れてしまった方に向けて、モチベーションを上げるための方法を詳しくご紹介。気力が湧かないとお困りの方は、ぜひ試してみてください。

仕事で疲れて何も考えたくないときがある…

残業や休日出勤が多かったり、ノルマがきつい職場だったりする場合は、無理をせず会社を休みましょう。「どうしても仕事に行きたくない!家にいたい!その理由と対処法を解説」では、休むことに罪悪感を感じる人に対処法を紹介しています。ぜひ参考にして、疲れた心身をリフレッシュさせてください。

何も考えたくないくらい仕事が多過ぎる…

毎日仕事の量が多過ぎて処理し切れない場合は、仕事に無駄がないかチェックすることをおすすめします。このコラムの「2.仕事や家事を効率化する」や、「仕事を効率化させるには?改善方法をご紹介します」を参考に、効率良く仕事を進めるためのコツを試してみましょう。

何も考えたくないときは仕事を辞めても良い?

十分に休息を取り、仕事や家事の効率化を進めても、何も考えたくない状態が改善できない場合は、今の仕事を辞めて転職を考えてみても良いでしょう。「ハタラクティブ」では、専任のアドバイザーが、あなたの経歴や適性に合った仕事をご提案します。すべて無料のサービスなので、ぜひお気軽にご登録ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ