業界研究のやり方や目的を解説!就職活動に活かすためのポイントも紹介

業界研究のやり方や目的を解説!就職活動に活かすためのポイントも紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・業界研究とは、自分がやりたい仕事の方向性を定めるべく業界の情報収集を行う作業
  • ・業界研究を行うメリットは、「方向性が明確になる」「選択肢が広がる」など
  • ・業界研究のやり方は、業界の全体像を把握したうえで特徴や動向を掴むのがポイント
  • ・業界研究の主なやり方は、「就職情報サイトの活用」「新聞やニュースのチェック」など
  • ・業界研究のやり方を実践するときは、本来の目的から逸れないように注意しよう



就職活動において、自分に適した業界や企業を知るために必要な業界研究ですが、「正しいやり方が分からない」「なんだか難しそう…」と悩んでしまう方もいるでしょう。そこで、このコラムでは業界研究の目的やメリット、注意点などを解説します。また、業界研究を行うときに調べておくと良い項目もご紹介。就職活動を成功させるべく、正しいやり方で業界研究を進めましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

業界研究とは

業界研究とは、自分がやりたい仕事の方向性を定めるために、各種業界の情報収集を行う作業です。自己分析や企業研究と同じように、就職活動を進めるうえで重要な工程の一つといえます。業界研究を怠ると、情報不足から就職先の選択肢が減り、自分に合った業界や企業を見つけにくくなる場合もあるでしょう。

業界研究の目的

業界研究の目的は、多様な業界の存在を知ったうえで、その中から自分が働きたいと思える業界や企業を絞り込むこと。業界研究で業界の特徴を把握したり必要な知識を身につけたりして、就職活動における志望先の選択肢拡大や自己PRの作成に役立てます。

業界研究の3つのメリット

業界研究を行う主なメリットには、「就職活動の方向性が明確になる」「就職先の選択肢が拡がる」「志望動機や自己PRに活かせる」などがあります。

1.自分の方向性を明確にする

業界研究をすれば、自分が就職先に求める条件や理想の働き方をクリアにできます。実際に働いている自分をイメージしながら、業界研究を深めてみましょう。その業界で自分がどのように活躍できるかを想像することで、業界に対する自分の向き不向きが見えやすくなるはずです。

2.就職先の選択肢が拡がる

業界研究のやり方次第では幅広い業種を知れるため、自身の就職先の選択肢が拡がる可能性があります。社会は多くの業界によって支えられており、日常生活では関わりが薄い分野もあるはず。業界研究で関心のある分野や業界を増やせば、思い掛けず自分にマッチする業界に出会えたり、内定ゼロに陥る状況を回避できたりすることもあるでしょう。

3.志望動機や自己PRの作成に活かす

業界研究を通して各種業界への理解度が上がるほど、志望動機や自己PRに深みを持たせられるようになります。志望業界や興味がある分野が明確になってきたら、その業界のビジネスモデルや業務内容をリサーチしてみましょう。自分の価値観や適性とマッチする部分が見えやすくなり、より説得力のある志望動機や自己PRの作成につながります。

業界と職種の相違点
業界は「金融業界」「出版業界」などの産業や商業を表す言葉です。一方、職種は「営業」「事務」といった仕事の種類を表します。同じ職種でも業界によって細かい仕事内容や働き方は異なるため、業界研究を行ったほうが入社後にミスマッチを感じにくいといえるでしょう。

業態とは?分類一覧や就活に役立つ研究方法をご紹介!」では、業界研究や職種研究のやり方について解説しているのでチェックしてみてください。

業界研究のやり方を知る前に押さえたい3つのポイント

業界研究を行う際は、「業界の全体像を把握する」「業界の特徴を深堀りする」「業界の動向を掴む」などがポイントになります。業界研究の具体的なやり方を知る前に、各ポイントを以下で押さえておきましょう。

1.業界の全体像を大まかに把握する

業界研究を行う際は、短期間で効率良く情報収集できるよう、まずは業界の全体像を掴むのがポイントです。世の中には多くの業界が存在するため、各業界の代表的な企業や市場規模を把握したり、メインターゲット層を調べたりするやり方から始めてみましょう。

2.業界の特徴を深堀りする

業界全体の状況を掴めたら、各業界の企業間における関係性や特徴、仕事内容などを深掘りしていくのが業界研究でおすすめのやり方です。業界研究で得た知識は面接での受け答えにも役立つので、徹底的なリサーチを行いましょう。

3.業界の動向を掴む

業界研究のやり方では、業界全体の成長性や安定性のチェックも重要なポイントです。せっかく就職先が決まっても業界の先行きが不安定だと、長期的に働いてキャリア形成を図ることが難しくなる恐れがあります。一般的に、社員の平均年齢が低い業界は将来性が高く、売上高が多い業界ほど安定性に優れている傾向にあるので、業界研究を行う際の参考にしてみても良いでしょう。

業界研究のやり方を実践する際のポイントについて知りたい方は、「何をすれば見つかる?仕事探しのコツ」もあわせてご参照ください。

業界研究の主な5つのやり方

業界研究のやり方は、「就職情報サイトを活用する」「新聞やニュースをチェックする」「業界研究セミナーに参加する」などが代表的です。以下で、それぞれの業界研究のやり方を確認し、自分に合った方法を探してみましょう。

1.就職情報サイトを活用する

就職情報サイトを活用するのが、業界研究のやり方の一つです。就職情報サイトには、就職活動に関する情報が広範囲にわたって掲載されています。求人情報はもちろん、各業界の特徴・情勢や就活イベントなどの情報も得られるでしょう。業界研究の足掛かりとしておすすめです。

2.新聞やニュースをチェックする

業界研究のやり方には、新聞やニュースをチェックすることも挙げられます。新聞やニュースでは、その時々の最新情報を知れるのがメリット。社会の景気や各種業界の情勢などを把握するツールとしても役立ちます。就職活動の選考で一般常識を問われた際の対策としても有効なため、こまめに読む習慣をつけておきましょう。

3.業界の情報が載った雑誌や本を読む

業界研究には、業界の情報が載った雑誌や本を読むといったやり方もあります。業界に特化した内容を扱っている雑誌や本であれば、各種業界の特徴や職種、将来性などをより掘り下げた情報を入手できるでしょう。就職活動では、「業界地図」や「四季報」が有名です。ただし、旧情報を仕入れないよう、発行年月日が直近のものを選んでください。

4.業界研究セミナーや企業説明会に参加する

業界研究セミナーや企業説明会に参加するのも、業界研究でおすすめのやり方です。業界研究セミナーは、一般的に大学側が主催したり合同企業説明会の一部として企画されたりします。各業界で実際に仕事をしている人から話を聞く機会もあり、業界の実情や業務内容などのリアルな情報を得られるでしょう。また、企業説明会を通じて多くの企業に触れるのも、比較検討しながら多角的に業界を捉えられるため、業界研究の効果的なやり方といえます。

5.学校のOB・OG訪問で質問する

業界研究をより深めたいときのやり方には、OB・OG訪問があります。OB・OG訪問は、社会人として働く先輩に、勤め先企業や業界事情などを直接質問できる貴重な機会です。そのため、自分ではリサーチしきれなかった足りない情報をOB・OG訪問で補える可能性もあるでしょう。業界研究がある程度進んで就職活動の方向性が定まってきたら、積極的にOB・OG訪問をすることをおすすめします。

業界研究のやり方については、「業界研究のやり方から情報収集の仕方・ノートのまとめ方まで徹底解説!」もぜひご覧ください。

業界研究でピックアップした企業を比較検討するやり方

業界研究を進めるなかで興味を引く企業が複数出てきたら、各企業の特色を書き出して比較検討してみましょう。企業ごとの特徴を浮き上がらせて検証するやり方は、自身の仕事における価値観の明確化に有効です。下記に、各企業を比較検討する際におすすめの項目をまとめました。

・ネームバリュー(企業としての知名度)
・企業が気になった理由
・直近の売上や利益の推移
・メインターゲット層
・業界における企業の特長
・企業を代表するキャッチコピーや看板商品
・企業の最近の動向やニュース

業界研究では上記の項目に着目し、企業間の違いを可視化してみてください。同じ業界でも、企業によってビジネスモデルやセールスポイント、経営状況は異なります。企業それぞれの特色と自分の仕事に対する価値観や適性を照らし合わせるやり方で、自身の就職活動における方向性をクリアにしていきましょう。

業界研究のやり方を実践する際の注意点

業界研究のやり方を実践するときは、知識量を増やすことが目的にならないよう注意しましょう
業界研究の目的は、集めた情報をもとに、自身の就職活動の方向性や就職先の選択肢を広げることです。就職活動を成功させるべく、業界研究で得た情報から自分にマッチする仕事を探したり、採用担当者に響く志望動機や自己PRを作成したりする必要があります。そのため、情報集めに固執して、業界研究に必要以上の時間を費やすのはおすすめできません。
業界研究はあくまで就職するための手段の一つであることを念頭に置き、本来の目的から逸れないよう気をつけてください。

「業界研究のやり方が分からない」「就職活動の進め方に迷っている」という方は、就職・転職エージェントのハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブの就活相談実績は11万人以上。豊富な経験を持つプロの就活アドバイザーが専任でつき、あなたの適性や要望に合った求人をご紹介いたします。応募書類の書き方や面接対策のアドバイス、日程調整の代行、入社後のフォローなど包括的なサポートを行っているので、就職活動に自信がない方でも安心です。
就職活動のやり方に悩んでいる方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

業界研究のやり方に関するQ&A

ここでは、業界研究のやり方に関するお悩みをQ&A形式で解決していきます。

業界研究とは何ですか?

業界研究とは、各種業界の情報収集を行い、多様な業界について知ることです。業界研究を通じて自分が興味のある分野や仕事を明確化しやすくなるため、就職活動を進めるうえで大切な作業の一つといえるでしょう。詳細は、このコラムの「業界研究とは」をご参照ください。

業界研究のやり方を教えてください。

業界研究のやり方には、「業界に関する本や雑誌を読む」「新聞やニュースをチェックする」「合同説明会に参加する」などが挙げられます。それぞれの具体的なやり方については、「業界研究のやり方がわからない?就職・転職に役立つノートづくり」をチェックしてください。

業界研究のやり方のポイントは?

業界研究のやり方を実践するときのポイントは、大まかな業界の全体像を把握したうえで、それぞれの業界の特徴や動向を深堀りすることです。詳しくは、このコラムの「業界研究のやり方を知る前に押さえたい3つのポイント」をご覧ください。

業界研究と企業研究はどう違うの?

業界研究は社会に存在する多様な業界を知るために行う作業です。それに対して、企業研究では各業界に属する特定企業について知るために情報収集を行います。企業研究は、複数企業の比較検討がしたいときや応募先企業の選考対策がしたいときなどに役立つでしょう。企業研究の詳しいやり方については、「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」をご参照ください。

自分の業界研究のやり方に自信がありません。

業界研究を行ってはみたものの「このやり方で良いのか不安…」という方は、プロの第三者によるサポートを受けても良いでしょう。就職活動の支援機関としては、国の行政機関であるハローワークや民間の就職エージェントなどが代表的です。 就職・転職エージェントのハタラクティブでは、それぞれのご相談者さまの適性や要望を踏まえたうえで、マッチ度の高い求人をご紹介しています。「自分に合う業界が分からない」「業界研究のやり方に自信がない」という方は、ぜひ一度ご活用ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION