人気の職業に就きたい!就職する方法や注意点をご紹介

人気の職業に就きたい!就職する方法や注意点をご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・人気の職業には「労働環境が良い」「将来性が高い」「専門性が高い」という条件がある
  • ・転職や就職で人気の職業は、SEや公務員などがある
  • ・女性にはコンサルタントや広報などの職業が人気
  • ・人気の職業に就くには、説明会への積極的な参加やスキルアップをしよう
  • ・人気だけでなく、自分に合っているかどうかに注目しよう

人気の職業に就きたいけれど、具体的にどのような仕事があるのか、どうすれば見つけられるのか悩んでいませんか?人気の職業には、高い将来性や良好な労働環境といった条件があるため、相応に倍率も高くなります。人気の職業に就くためには、具体的な職種や就職する方法などを知っておくことが必要です。このコラムを参考に、人気の職業について知りましょう。

人気の職業ってどんな仕事?3つの条件

人気の職業は、将来性が高い、労働環境が良いなどの条件が揃っているものが該当します。「人気の職業に就きたい」と考えている方は、下記を参考にしてください。

1.将来性が高い

将来性の高さは、人気の職業の条件の一つです。
将来性が高い仕事は、継続的な需要が見込まれる職業や業界のことを指します。社会的なニーズが高い医療・福祉系の仕事、AIや機械の代替が難しいクリエイティブ職、今後も高い需要が見込まれるIT系などが該当するでしょう。
将来性が高い仕事は、世の中の変化にも柔軟に対応していく必要があります。そのため、常に新しい情報や技術をキャッチする力や、知識をアップデートしていく向上心があると良いでしょう。

2.労働環境が良好

労働環境が良い職業も人気が出やすいです。
プライベートを確保しやすい、社員への評価や待遇が適切、欠員が出ても通常通り業務を進められる体制ができているなど、働きやすい環境が整っている職業は応募倍率が高くなる傾向にあります。
仕事を長く続けられるかどうかは、労働環境も大切な要素です。そのため、「せっかく就職するなら仕事を長く続けていきたい」と、良好な労働環境を求める人も一定数います。

3.「手に職」といわれる仕事

専門性を必要とし、「手に職」といわれる職業も人気なようです。
「手に職」といわれるような専門職は、転職や独立がしやすく、結婚や育児などのライフイベントを経てからも復帰しやすい傾向にあります。
特に近年はAIの進化で仕事が失われることも懸念されているため、万一の場合に一人でも稼げるスキルを身につけたいと考える方もいるようです。

就職や転職で人気の職業6選

就職や転職における人気の職業の一部を6つ紹介します。
プログラマーやSEなど、人気の職業の概要や目指し方などを解説しているので、参考にしてください。

1.プログラマー

プログラマーは、コンピューターを動かすためのプログラムを組む職業です。SEが設計したシステムをもとに、クライアントのニーズに沿ったプログラムを作成します。
プログラマーを目指すのに特別な資格は必要なく、学校卒業後に就職した企業で研修を受けるのが基本的なステップです。
ITが進む昨今では、プログラマーの需要はますます高まっていくことが予想されます。IT系に興味がある、将来に不安のない仕事に就きたいという方は、検討してみても良いでしょう。

2.SE

SE(システムエンジニア)は、クライアントにヒアリングを行い、要望に沿ったシステムを設計する職業です。
SEもプログラマーと同様特別な資格は必要ありません。教育制度や研修が充実している企業が多い傾向にあるため、未経験の方も参入しやすいでしょう。SEはプログラマーの上位職にあたるため、企業に入社後はプログラマーからスタートするのがおすすめです。

3.公務員

公務員は、社会生活をより良いものにするために貢献する仕事を指します。社会的信用や安定性が高い職業として人気のようです。
公務員には、地方団体に所属して行政サービスを整える地方公務員と、各省庁や国家機関などに所属して国全体に関わる仕事をする国家公務員の2種類があります。公務員になるには試験に合格する必要がありますが、区分が分かれているため、学歴関係なく目指せる職業です。

4.栄養士

栄養士は、病院や教育機関の給食センター、福祉施設などで献立の作成や栄養指導を行う職業です。健康促進や病気の予防のために栄養バランスを考えた食事の提供をサポートします。
ただし、資格を取るには栄養士課程のある大学や専門学校を卒業する必要があり、通信講座は不可能なため、社会人の方にはややハードルが高い可能性も。専門性は身につきますが、仕事を辞めて大学や専門学校に通う熱意があるかを確かめてみたほうが良いでしょう。
栄養士として1~3年以上の実務経験を積んだ後は、管理栄養士を目指すことも可能になります。

5.薬剤師

薬剤師は、病院や薬局、ドラッグストアで薬の調剤や指導、管理などを行う職業です。
資格取得のためには6年制大学の薬学科で学ぶ必要があるため、栄養士と同様社会人から目指すのはハードルが高いでしょう。ただし、薬学科への入学にも資格取得にも特に年齢制限はないため、何歳からでも目指すことは可能です。
薬剤師の資格は国家資格であるため、取得すれば転職や復帰もしやすくなります。

6.エンターテイナー

エンターテイナーは、俳優やシンガー、動画配信者など、人を楽しませる職業を指します。
近年はインターネットの発達により、気軽に作品を発信できる場所や機会が増え、芸能デビューのきっかけになることも。ただし、有名になるにはコンスタントに作品を発表し、埋もれないようどうしたら人を楽しませられるかを常に考える必要があります。
気軽に発信できるサービスはあっても、狭き門であることは念頭に置いておきましょう。

人気の職業について詳しく知りたい方は、「「おしゃれな仕事」とは?男女に人気の職業をご紹介!」もご覧ください。

女性に人気の職業6選

ここでは、女性に人気の職業を6つご紹介します。一つでも興味がある方は、ご一読ください。

1.マーケティング

マーケティングは顧客のニーズを調査、分析し、自社製品やサービスの販促、販売戦略などを考える職業です。マーケティングのリサーチ結果や販売戦略を企画職に提案し、ヒット商品の開発につなげます。自分が関わった商品やサービスが実際に世に出た際は、やりがいを感じられるでしょう。
将来のキャリアパスとしては、キャリアチェンジするよりもマーケティング職を極め、リーダーやマネージャーとしてステップアップすることが多いようです。

2.コンサルタント

コンサルタントは、クライアントの課題解決のために、経営や戦略に関する適切なアドバイスを行う職業です。主なコンサルタントの種類は経営コンサルタント、経営コンサルタント、ITコンサルタントがあります。
コンサルタントは実力主義であり、成果を上げれば性別関係なく評価されるので、キャリア志向の方におすすめです。

3.広報

広報は、自社製品や会社自体について世の中にアピールし、企業価値を高める職業です。テレビや雑誌などのメディア活動やSNSへの投稿、プレリリースのほか、不祥事の対応や社内向けの発信も行っています。
未経験からでも挑戦でき、華やかなイメージもあるため、転職や異動の際に広報を目指す女性の方が多いようです。もちろん華やかな面だけではありませんが、マスコミ関係者やクライアントなど、幅広い人と接する機会があるため、仕事を通して多くのことを学べます。

4.事務職

事務職は、書類の作成・整理や電話対応、来客対応などを行う職業です。
業務内容は企業によって異なり、種類も一般事務や経理事務、営業事務などがあります。基本出張や接待の必要がなく、ワークライフバランスが取りやすいため、女性からの人気が高いようです。
事務職は未経験からでもスタートできる求人が多い分、応募倍率も高い傾向にある点に注意しましょう。

5.看護師

看護師は、医師の指示のもと患者のケアや診察・治療のサポートを行う職業です。病棟勤務の場合は日勤と夜勤のローテーション、クリニック勤務の場合は日勤のみなど、勤務先や勤務形態によって働く時間帯が異なります。
資格を取得するには、3年制の専門学校、あるいは短期大学を卒業しなければなりません。ただし、現在は来る少子高齢化社会に向けて政府が看護師の育成を強化しており、社会人から目指せる体制を整えている看護学校もあります。
看護師は社会的ニーズが高く、景気に左右されません。勤務先も医療機関だけでなく福祉施設や保健所、一般企業など多彩です。

6.美容系

美容系は、美容の維持や促進をサポートする職業です。具体的には、エステティシャンやセラピスト、ネイリストなどが挙げられます。
エステティシャン、セラピスト、ネイリストは国家資格が必要なく、未経験からでもスタートできるため、美容に興味がある方や、細かい作業が好きな方は検討してみても良いでしょう。

女性に人気の職業については、「転職希望の女性にはどの職業が人気?注目の仕事一覧」でも言及しています。

人気の職業に就くには?おすすめの方法

人気の職業はその分倍率も高くなるため、就職するには相応の努力が必要になります。ライバルに差をつけるためにも、下記の方法を実践しましょう。

スキルアップする

現在持っているスキルを伸ばす、資格を取得するなど、スキルアップを目指しましょう。
スキルを伸ばすなら、現職をさらに極める、新しい仕事に挑戦する、会社の制度を活用するといった方法が有効です。
また、資格が必要ない仕事の場合でも、取得しておけばほかの応募者に差をつけられるうえ、知識や技術の向上にも役立ちます。

説明会に参加する

説明会に積極的に参加するのも、人気の職業につくために有効な方法の一つです。
説明会は志望する職業についてだけでなく、その企業の雰囲気や働き方についても知ることができます。実際に働いている人の話を聞くことで、Webサイトやパンフレットだけでは分からなかったことも見えてくるでしょう。
説明会は実際の会場で行われるものと、Web上で行われるものがあります。「気になる企業や職業はあるけれど、場所が遠くて参加しづらい」「感染症が心配」という方は、Web説明会に参加してみるのも良いでしょう。

人気の職業に就く前に注意すべき4つのポイント

「周囲に流されない」「イメージだけで選ばない」など、人気の職業に就く前に注意すべきポイントを4つ解説します。
就職後のミスマッチを避けるためにも、下記のポイントを心がけましょう。

1.周囲の意見に流されない

就活や転職活動は自分のためにするものなので、周囲の意見や流行に流されないようにしましょう。
たとえば、「◯◯学部を出たのに××の業界に進むのは違う」「異業界の転職は不利」など、自分の進路に制限をかけるような意見はシャットアウトしておくのが無難です。
学歴や前職の業界が何であろうと、相性が合うかどうかは実際に仕事の様子を見てみなければ分かりません。
興味のある職業や業界があれば、積極的に情報を収集しましょう。周囲の意見を参考程度に聞くのは良いですが、真に受けないようにすることが大切です。

2.偏見やイメージだけで選ばない

偏見やイメージだけで、仕事を選り好みしないように注意しましょう。
たとえば「華やかで楽しそう」「待遇が良くて楽そう」「残業が多そう」など、イメージだけで決めつけて仕事を選んでいると、ミスマッチによる早期退職につながる恐れがあります。
どのような仕事にもやりがいを感じられる部分もあれば、大変だと感じる部分もあるので、徹底的に調べておくことが大切です。職業について調べていくうちに、今まで知らなかったことを発見できる可能性もあります。

3.条件ばかりに注目しない

仕事を選ぶうえで、条件も大事なポイントの一つではありますが、そこだけにこだわり過ぎないようにしましょう。
もちろん待遇や職場環境は仕事を長く続けられる要素にもなるため、ある程度の最低ラインは決めておいたほうが安心です。しかし、仕事を探すうえでは「自分に合っているか」「やりがいを感じられるか」などのポイントにも着目する必要があります。どんなに条件が良くても、仕事が合っていなかったり、充実感を得られなかったりするようでは長続きしない可能性が高いでしょう。
せっかく就職するなら、長く続けていけるよう条件以外のポイントにも目を向けておくのが無難です。

4.万が一の場合も考えておく

仕事を探す際は、万が一の場合も考えておきましょう。
たとえば、世界規模の金融危機や感染症の流行など、予測不能の事態の影響を受け、売上が激減してしまう可能性もあります。そのような場合、職を失ってしまったり、収入が減ってしまったりすることも考えられるでしょう。
ただ、不景気になる可能性ばかりを考え、やりたい仕事を諦めてしまう必要はありません。万が一のことで一時的に影響を受けても、事態が落ち着けば持ち直せる可能性もあります。
そのため、万が一の場合を考え過ぎず、「不測の事態が起きた際に比較的影響が少ない」という観点で仕事を探してみると良いでしょう。

自分がどうしたいかを考えよう
人気の職業という観点だけでなく、「自分がどうしたいか」で仕事を見つけましょう。
人気や知名度があっても、実際に働いてみたら理想やイメージと違うという可能性もあります。せっかく見つけた仕事でミスマッチを起こさないよう、自分が何をしたいか、将来どうなりたいかに重点を置くと良いでしょう。

希望の求人が見つからない時に振り返るべき5つのこと」では、やりたい仕事が見つからないときの対処法を解説しています。

人気だけじゃない!自分に合った職業を見つけよう

人気かどうかだけでなく、自分に合った職業を見つけましょう。自分に合った職業を見つける方法については、以下をご覧ください。

自分の価値観と合っているか

価値観が合っているかどうかは、仕事を探すうえで大切な要素です。大切にしたいものやどうしても譲れないポイントなど、自分の価値観を明確にしておきましょう。
価値観がはっきりしないままだと、希望に沿った企業や仕事を見つけられない可能性があります。時間を有効活用できるよう、自己分析を徹底し、自分の価値観を洗い出しましょう。

自分が得意なことか

仕事を探すなら、自分が得意なことかどうかにも注目しましょう。
得意なことを仕事にすれば業務を苦痛なくこなせるうえに、高評価を得られたり、ハイペースで成長できたりする可能性があります。
自分が成長できるようにと、無理に苦手な分野から仕事を探す必要はありません。成長は自分の得意分野を活かして極めることでも十分可能です。

自分の得意なことや価値観が明確にできていないなら、エージェントを活用してプロのアドバイスを受けるのもおすすめ。専属のアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行い、その結果を基にした求人を探してくれます。
ハタラクティブでは、転職・就職に詳しいアドバイザーがあなたに合ったお仕事をご紹介。未経験歓迎の求人も豊富なので、興味のある分野にもチャレンジしやすいです。
ほかにも面接対策や企業とのやり取りの代行など、就職・転職サポートを徹底的に行なっています。就職・転職活動に不安があるなら、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION