介護職の志望動機はどう書く?未経験や転職など状況別の例文を紹介

介護職の志望動機はどう書く?未経験や転職など状況別の例文を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 介護職の志望動機では、応募先への思いを伝えることが大切
  • 介護職に限らず、志望動機では具体的なエピソードを入れるのが効果的
  • 介護未経験者は、興味をもった理由を中心に志望動機を作る
  • 介護経験者は、過去の経験を踏まえた志望動機を作る

介護職への就職において、志望動機にお悩みの方は多いのではないでしょうか。介護職の選考では、仕事への興味や熱意、人間性が重視されます。志望動機では、それらを分かりやすく具体的に伝えることが大切です。このコラムでは、志望動機作成のポイントも解説しています。介護職を目指している方は、このコラムを参考に志望動機を作成し、選考突破を目指してください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

介護職の志望動機で気をつけたいポイント

介護職での就職を目指すうえで、第一関門となるのが、履歴書や面接の志望動機でしょう。介護職の志望動機では、介護業務に対するやる気や熱意を、具体的かつポジティブに伝えられると好印象です。まずは、介護職の志望動機をつくるときのポイントを解説します。

自分の強みを伝える

介護職の志望動機では、ほかの人より自分が勝っていると、胸を張って言える強みをアピールしましょう。ただし、「優しい性格なので介護職に向いている」「介護職のやる気がある」と、抽象的な内容は避けてください。誰でも言えそうな内容で、あなただけの魅力が伝わりません。
「接客業のアルバイト経験があり、お客さま一人ひとりに寄り添ってきた経験があるので、人に優しく接することが得意」というように、具体的なエピソードを用いると効果的です。

応募先への思いを伝える

介護職を募集している施設は数多くあるはずです。志望動機では、なぜその職場を選んだのかという具体的な理由を述べる必要があります。特に、介護職の場合は施設によって雰囲気や仕事内容が大きく違うでしょう。
同じ「老人ホーム」といっても、介護が必要な高齢者が入居している施設もあれば、健康維持・増進が目的で、健康な高齢者が多く入居している施設もあります。グループホームなら、認知症を発症している高齢者が利用しているため、利用者とコミュニケーションが取りにくい可能性もあるでしょう。
ホームヘルパー(訪問介護)か、施設の介護職員なのかによっても、仕事内容や利用者の属性が異なります。応募先の特徴を把握し、その施設が良い理由を具体的に述べましょう。

キャリアプランを具体的に伝える

介護職の志望動機では、キャリアプランを伝えることも重要なポイントです。活かしたいスキルや、今後のキャリアビジョンを考えておきましょう。
未経験者の場合は、なぜ介護職に興味をもったのか、どのように活躍していきたいかを具体的に考えてみてください。経験者の場合は、これまでの経験をこの職場でどのように活かすのか、なぜ職場を変える必要があるのかなど、転職の必然性を述べると良いでしょう。

応募先の特徴に合うアピールをする

介護職に限らず、どれほど優秀な人材でも、その職場にマッチしなければ採用されることはありません。志望動機では、応募先と自身がマッチしていることを伝えることも大切です。有資格者を欲しがっている施設もあれば、未経験でも良いから若手の人材が欲しい施設もあるでしょう。

採用担当者の目線になってみる
志望動機を考えるときは、採用担当者の目線で考えることも大切です。施設長といった現場の責任者が採用担当を務めることもあるでしょう。採用担当者に「一緒に働きたい」「この人に入社してほしい」と感じてもらえる内容になっているか、客観的に見直してみてください。「この人なら活躍してくれそう」という印象を与えることがポイントです。

介護職の志望動機では人柄が重視されやすい

介護職には資格も多く、専門職という印象を持つ方もいますが、実際には人間性や人柄が重視されやすいようです。介護職の仕事では、利用者(被介護者)やその家族と、円滑なコミュニケーションをとることが求められます。介護の技術や知識も大切ですが、利用者の立場からすれば、世話を頼むのは信頼できる人にしたいものです。そのため、採用では人間性やコミュニケーション力を重視することも多くなっています。志望動機では、自分の強みや施設の選択理由に加えて、介護職に適した人間性があることもアピールできると良いでしょう。

介護職の適性

介護職に就職するうえでは、志望動機を通じて自分に適性があることをアピールする必要があります。介護職は、高齢者や病気・障害のある方の身の回りの世話をする仕事です。常に周囲に気を配り、親身に対応する力が求められるでしょう。また、コミュニケーション能力も必要です。
さらに、人の世話をする以上、ある程度の体力が必要となるでしょう。志望動機では、これらの特徴があることをアピールしたうえで、「自分の力を介護の仕事に活かしたい」という形でまとめると、説得力があります。

介護職だけじゃない!志望動機で避けたい内容

介護職への就職に限らず、志望動機を書くうえで気をつけるべきポイントがあります。ここでは、一般的な志望動機のポイントを紹介するので、改めて確認しておきましょう。

伝えたいことが分からない

志望動機を書くうえで、伝えたい内容が分からなくなってしまう人も多いようです。抽象的な表現ばかりでは、相手に具体的なイメージを伝えられません。また、文章を書いているうちに方向が変わってしまい、話題のスタートとゴールが異なってしまうこともあるでしょう。
どれだけ一生懸命書いても、何を伝えたいかが分からない志望動機では、評価は低くなってしまいます。志望動機を書いたら何度も読み返し、自分の伝えたいことが伝わる文章になっているか、確認しましょう。家族や友人など、第三者に読んでもらい、客観的な意見をもらうのもおすすめです。

待遇や人間関係

志望動機に、待遇面や人間関係など仕事内容に関わらないことばかり書くのは、好印象につながりません。本音は、「今の職場より給料が良いから転職したい」という人も多いでしょう。しかし、「ほかに待遇の良い職場があればまた転職してしまうのでは」という疑念を抱かせてしまいます。働くうえで、待遇や職場環境に納得することは大切ですが、志望動機として明記するのは避けたほうが無難でしょう。
また、過去の職場の退職理由も同様です。実際には「人間関係が悪かったから」「待遇が悪いから」という理由で退職していたとしても、前職の不満や愚痴を述べると低評価につながりかねません。「前の職場ではできないことをやりたいと思った」といったポジティブな理由や、家庭の事情といったやむを得ない理由を述べたほうが、堅実でしょう。

マイナスイメージにつながる

自分を過小評価し、マイナスなことばかり伝えてしまう人もいるでしょう。志望動機や面接は、自分をアピールする場です。「私は▲▲ができます」「私を雇えば▲▲なメリットがあります」と、自身を売り込む気持ちで臨みましょう。ただし、過大評価や誇張、嘘にならないよう気をつけてください。謙遜のつもりが、ネガティブな言葉遣いや表現になっていないか、今一度確認してみましょう。

どの企業にもいえる内容

志望動機でよくある失敗が、どの企業にもいえる内容を伝えてしまうことです。介護職を志望する理由は伝わっても、この施設でなければならない理由が伝わらない志望動機になってしまう人がいます。採用担当者からすれば、「ほかの施設でも良いのでは」と考え、不採用になる確率が上がってしまうでしょう。業界や職種に対するやる気だけでなく、その職場を選んだ理由も含めると、「ここで働いてほしい」と感じてもらえるはずです。

志望動機の基本構成

続いて、志望動機を書くうえで押さえておきたい基本的な構成を紹介します。下記の構成を意識することで、志望理由が伝わりやすい志望動機を書けるでしょう。介護職の志望動機にも応用できるので、参考にしてください。

応募先を選んだ理由

応募先を選んだ理由は、志望動機の中でも重要な要素です。先述のとおり、なぜこの職場に応募したのかという明確な理由を述べましょう。類似するほかの職場ではなく、「ここで働きたい」という気持ちが伝わるようにすることがポイントです。
応募先の特徴について理解するには、その職場のことだけでなく、同業他社との違いを理解することも重要でしょう。まずは、「業界研究のやり方から情報収集の仕方・ノートのまとめ方まで徹底解説!」を参考に、介護業界について研究してみてください。介護業界については、「今後はどうなると予想される?介護業界の課題とは」でも解説しています。

根拠となるエピソード

志望動機には、具体性が大切です。抽象的な表現ばかりでは、誰でもいえる薄い内容となってしまいます。
志望動機を具体的にするには、エピソードを入れるのが効果的です。話題が具体的になるうえ、あなただけの個性を出すこともできます。介護の仕事をしてみたいと思ったきっかけや、応募先に興味をもった理由などでエピソードを入れられるでしょう。あなただけの経験を語ることで、具体性や説得力が増した志望動機となります。

自分の強みの活かし方

履歴書や面接では、志望動機以外に自己PRや長所・短所などを問われるでしょう。単に自分の良いところを伝えるだけでなく、長所をどのように介護の仕事に活かせるのも明らかにすると、効果的です。強みの活かし方を明記することで、採用担当者はあなたを雇う理由やメリットを理解できます。志望動機以外の項目への記入内容と関連付けることを意識してみてください。

まとめ

志望動機の締めは、改めて入社や仕事への意欲や熱意を伝えましょう。どれほど魅力的な言葉を並べても、やる気のなさそうな人が採用されるのはまれです。特に、人柄や人間性が重視される介護業界では、やる気をに重きを置く施設も多いでしょう。
ここで紹介した志望動機の作り方は、「企業に響く志望動機の作り方と構成」で詳しく説明しているので、こちらも参考にしてください。

介護職の志望動機の例文

最後に、介護職に就職・転職するときの志望動機の例文をご紹介します。介護未経験者は、なぜ介護職に興味をもったのかという理由に焦点を当てると良いでしょう。経験者の場合は、前の職場での経験内容やそこから得たことや、退職や転職を決めた理由にも触れると、まとまりが良くなります。

未経験

私は、学生時代から6年間、喫茶店でアルバイトをしています。地域柄、お客さまはご高齢の方が多く、日々たくさんの高齢者の方と接してきました。最近では、孫のように接してくださるお客さまも増え、やりがいを感じています。あるとき、私がアルバイトを始めたころから長年通ってくれていた常連のお客さまが病気になられて、来店されなくなりました。のちに病気は回復してまたお店に来てくれるようになりましたが、お世話になっている方の力になれないことに無力感を覚えました。そこで、有料老人ホームで働くことに興味を持つようになりました。高齢の方が一番辛い思いをされているときに、力になりたいと思ったためです。▲▲施設は地域に密着しているとのことなので、私がお世話になったお客さまに介護が必要になったときにも、お力になれるのではないかと思い志望しました。介護業界は未経験ですが、利用者の方とのコミュニケーションを大切にして、取り組んでいきたいと思っています。

転職

私は3年間、グループホームで認知症を持つ高齢の方の介護をしてきました。世話好きな性格なので、介護職員のことが分からない利用者の方とのコミュニケーションは苦ではありませんでした。しかし、利用者さんのご家族のサポートが乏しいことが多く、虚しさを感じていました。介護職員は、身の回りの世話はできても、家族になることはできません。利用者の方の中にはご家族に会いたいと言う方も多く、なんとかしたいと思っていました。そこで、訪問介護を提供している貴社に興味をもちました。訪問介護の利用者の多くは、普段はご家族が介護をされています。介護の専門家として介護サービスを提供するだけでなく、ご家族に無理なく介護を続けてもらうためのサポートもしていきたいと思い、応募させて頂きました。訪問介護の経験はありませんが、グループホームで多くの方の介護をしてきた経験を活かして、介護とご家族のサポートを両立させていきたいと思います。

介護職への就職や転職を目指している方や、志望動機の書き方でお悩みの方は、ハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブは、20代や経験の少ない方の就職サポートを得意とするエージェントサービスです。介護職をご紹介した実績も多数あります。志望動機の添削も行っているので、1人で選考対策を行うことが不安な方は、ぜひご利用ください。サービスはすべて無料です。

介護職に関するお悩みQ&A

介護職に関して、よくあるお悩みをQ&A方式で回答してきます。

介護職について詳しく教えてください

介護職とは、主に高齢者の身の回りの世話をする仕事です。施設によっては、高齢者を楽しませるレクリエーションや送迎を担当することもあるでしょう。介護職の仕事内容については、「ニートから介護職に挑戦できる?就職方法と業務内容」も一読ください。

資格をもっていませんが、介護職に就けますか?

介護職は、資格がなくても就業可能です。業務内容によっては、有資格者しか認められていないものもあるので、キャリアアップしていくなら、いずれ資格が必要になるでしょう。介護以外にも、資格なしで挑戦できる仕事をお探しなら「資格なしでもできる仕事はある?おすすめの職種を11種ご紹介!」も参考にしてください。

介護は将来性のある業界ですか?

現在の介護業界は、少子高齢化の影響により、需要があるのに供給量が少ないという問題があります。しかし、国主導で待遇改善が進んでおり、需要がなくならない業界のため、将来性はあるといえます。詳しくは、「今後はどうなると予想される?介護業界の課題とは」をご覧ください。

介護職の志望動機のポイントを教えてください

介護職の特徴や適性と、自身の長所がマッチすることを伝えましょう。コミュニケーションが円滑にとれることや、世話好きな性格は、介護職に向いていると考えられます。このコラムの「介護職の志望動機では人柄が重視されやすい」でも紹介しているので、参考にしてください。志望動機をうまく書けるか不安という方は、ハタラクティブにご相談ください。求人の紹介だけでなく、応募書類の添削や面接対策も実施しています。

関連タグ

  • arrow