転職で有利に働くおすすめの資格とは?性別・年代別に紹介!

転職で有利に働くおすすめの資格とは?性別・年代別に紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 転職の際、資格があれば必ずしも有利というわけではない
  • 資格がないと業務ができない「業務独占資格」は難易度が高いが転職でも役に立つ
  • 資格があれば資格手当がつくというメリットもある
  • 転職活動では、資格が実務経験や知識の裏付けとして役立つことも
  • 就職や転職で必要なのは資格だけではないため何をすれば良いのか迷ったらプロに相談を

転職を考えている場合、少しでも有利になろうと資格の取得を目指す人がいます。また、転職するには資格が欠かせないといった意見を耳にすることもあるでしょう。しかし、資格といっても種類はさまざまです。資格であれば、どのようなものでも転職に有利とは限りません。コラムを参考に、資格の種類と転職における有用性について考えてみましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職時に資格を取得するメリットは主に4つ

転職時に資格を持っていることで、「スキルや知識のアピールになる」「仕事の幅が広がる」「キャリアアップの可能性が高まる」「信頼性に影響する」といったメリットが期待できます。それぞれ詳しく確認していきましょう。

仕事に対するスキルや知識を持っているアピールになる

転職先の業務に関係ある資格を取得していると、面接時にスキルや知識を持っていることをアピールできます。資格という目に見える形で自分に備わっている能力を伝えられるため、面接官の目にもとまりやすいでしょう。

資格があることで転職の幅が広がる

転職先の中には専門資格が必須の業務も。たとえば、看護師として働くなら看護師資格、不動産取引なら宅地建物取引士の資格が必要です。自分の興味ある分野が資格を必要としているか確認してから取得を目指しましょう。

また、資格が必須ではない場合でも、資格を所持している人を優先としている求人もあります。そのため、資格を取得することは転職の幅を広げることにつながるといえるでしょう。

キャリアアップに役立つ

将来自分がどうなりたいかを思い描いて明確な目標を定めたとき、達成するために必要な資格を早いうちから取得しておくとキャリアアップに役立つでしょう。ただし、資格なら何でも取得しておけば良いというわけではありません。自分の目標や興味のある分野に必要な資格に絞り、効率よく取得を目指しましょう。

キャリアアップを目指す方は、「キャリアアップとは?目指すメリットや実現させるための5つの方法を解説!」のコラムを参考にしてください。

仕事に対する信頼度がアップする

資格を取得していることで、正しい知識やスキルを持っている証明に。そのため資格を取得していると、企業やチームの仲間からの業務に対する信頼度がアップするでしょう。転職時にも資格を所持していることをアピールできれば、企業側は即戦力として活躍してくれると期待します。また、資格取得までの努力も評価されるため、転職で有利に働くでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

転職で活用できる資格を選ぶためのポイント

ここでは自分に合った資格の選び方を紹介します。資格と一口にいっても種類はさまざまです。活用できる資格を計画的に取得するために、これから紹介するポイントをおさえておきましょう。

転職先候補の業務に関係している資格か

転職で資格をアピールしたいなら、転職先の業務に必要な資格を取得しましょう。そのためにはどのような職種や業種に転職したいのかを明確にする必要があります。職種によって活躍できる資格は異なるため、先に転職先の方向性を決めておくことが大切

せっかく資格を取得しても転職先で必要のない資格であれば、アピールとしても活用できません。未経験の職種に挑戦するのか、これまでと同じ業務を続けるのかなどによっても資格の必要性が変わるため、キャリアプランを立てて資格を選びましょう。

予定どおりに取得できる資格の難易度か

転職前に資格取得を目指すなら難易度の確認も大切です。転職をすぐにしようと考えているのに取得の学習時間が数年必要な場合、資格取得を実現するのは難しいでしょう。資格取得を検討する際は難易度だけではなく、学習時間や出題範囲の確認をおすすめします。必要な学習時間数が多い資格は転職前に働きながら行うのは難しい場合もあるため、目安の時間数を必ずチェックしましょう。

なお、退職後の転職活動を考えているなら、より注意が必要。「無職期間が長いと転職では不利?与える影響や効果的な過ごし方を解説」のコラムでも説明しているように、無職期間が長いほど厳しくなる可能性があります。

今のスキルや自分の興味にマッチしている資格か

計画どおりに資格を取得するためには自分の能力に合っているかもしくは、自分の興味ある分野がおすすめ。自分の能力に見合った資格であれば取得までスムーズに進められるでしょう。

また、興味のある分野であれば未経験でも勉強がはかどり、期限内に合格を目指しやすくなるメリットも。今の能力に見合っていない資格を取得する場合、時間がかかってしまう恐れがあります。

転職に向けて資格取得に取り組む際のポイント

ここでは転職前に計画的に資格を取得するためのポイントを紹介します。

取得までのスケジュールを事前に立てる

転職を考えている場合は、最初に資格取得の期限を設定しましょう。試験日を設定せず仕事の合間にだらだらと勉強を進めていると、いつまでたっても資格を取得できず、転職活動を終えられない恐れがあります。最初に起源を設けることで転職活動を長引かせないようにしましょう。

1日に勉強する時間を決めておく

1日の勉強時間とどのタイミングで勉強を進めるかを決めましょう。資格の取得期限を設定したら逆算し、1日にどのくらいの勉強時間が必要なのか確認します。必要な勉強時間数が決まったら1日の中でどの時間を使って勉強を進められるか決めましょう。仕事を終えた帰宅後だけでなく、通勤時間や休憩時間なども活用するのがポイントです。

転職に役立つ資格と有用性の低い資格

中途採用の場合、企業は即戦力になる人材を求めている場合が多く、資格ではなく実務経験を重視する傾向。そのため、業種や職種によっては資格を取得してもあまり採用に影響を与えない可能性があります

ただし、企業が求める実務経験があり、そのうえで関連する資格を取得しているのであれば話は別です。たとえば、今まで営業一筋だった人間が医療事務の資格だけ持っていても即戦力とはいえませんが、医療事務の実務経験を積んだ上でその資格を取得すれば高い評価を受けやすいでしょう。

また、資格の必要性は仕事の専門度によっても異なります。その仕事を行うには専門的な知識や技術が不可欠だという場合は、資格の持つ意味は大きくなることも。しかし、必要な知識や技術が、働いている内に自然に身につく程度のものであれば、資格取得の努力をするよりもその分働いて実績を積み上げる方が転職には有利でしょう。

未経験から就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」のコラムでは、未経験から挑戦できる仕事の特徴をまとめています。

転職に有利になりやすい資格

ここでは、転職に役立つといわれる資格を紹介。資格がなければ特定の業務を行えない「業務独占資格」をはじめ、汎用性の高い資格もまとめました。

宅地建物取引主任者(宅建)

人気の高い業務独占資格のひとつに、「宅地建物取引主任者(宅建)」があります。不動取引が成立した場合、不動産業者は顧客に対して重要事項の説明を行う義務がありますが、この役目は宅建資格取得者にしかできません。

また、不動産業者は雇用者5人に対して最低1人は宅建取引資格得者を配置するように法律で定められています。したがって、不動産業者に応募した場合、宅建の資格を持っていれば有利に働くでしょう。資格を取得していると毎月数千円から数万円の資格手当がつく可能性が高いのも魅力です。

社会保険労務士

おすすめの業務独占資格の一つに社会保険労務士があります。社会保険労務士とは、労務・社会保険関連の申請書類の作成や手続きの代行などを行う仕事です。国家資格に該当し、必ず行わなければならない書類作成の業務を担っているため、需要の高い資格といえるでしょう。

行政書士

行政書士は内容証明や各種契約書などの作成及び手続き代行を行う仕事です。福祉行政が重要視される近年において、人々の暮らしと関連して行われる業務が増えた仕事といえます。身近な街の法律家として就職や転職で有利に働くでしょう。

日商簿記検定

日商簿記検定とは、企業の経営活動を記録する簿記の手法や知識をはかるための検定です。簿記3級は合格率が高く取得者も多いため、転職でアピールするなら2級を目指しましょう。

Webデザイン技能検定

Webデザイン技能検定とは、Webデザイナーとしての知識やスキルをはかる国家試験です。2級は実務経験がないと受験できませんが、3級は受験資格がないため誰でも受けられます。1ヶ月ほど勉強すれば目指せる資格のため、Webデザイン系への転職を考えている方はチェックしてみましょう。

秘書検定

秘書検定とは社会人としての一般常識や秘書としてのマナーをはかるビジネス検定です。2級以上の取得で秘書としてのスキルをアピールできます。秘書検定2級以上を所持していると、社会人として必要なマナーを備えているとイメージしてもらえるでしょう。

社会人になってから取得しにくい医療関連の資格

医療系の資格は指定の課程に通う必要があったり、研修期間が必要だったりと社会人になってからの取得が難しい現状があるでしょう。
たとえば、薬剤師の資格を取得するには、大学の薬剤師養成課程に6年間通って卒業し、そのうえで国家試験に合格する必要があります。
MR認定証の取得には製薬会社に入社した上で300時間の研修が必須。そのうえで認定試験に合格しなければなりません。臨床検査技師の場合は、大学か専門学校で指定の科目を修めた上で国家試験に合格すると資格を取得できます。
このように、医療関連で転職に有利な資格となると、専門の養成施設で知識や技術を長期間にわたって学ばなければならないものばかりであり、社会人がゼロから習得する際は時間がかかるでしょう。

漠然と「資格を取ればうまくいくのかも」というような気持ちで行動していても、ゴールがはっきりしていない状態では成功は遠のきます。もし真剣に転職を考えているのであれば、プロのエージェントに相談してみましょう。

ハタラクティブは20代を中心に既卒・フリーター・第二新卒を対象とした就職支援サービスです。内定率約80%という高い数字が特徴で、就活アドバイザーがマンツーマンであなたの就職活動をサポートします。サービスはすべて無料ですので、興味のある方はまずはお気軽にご相談ください!

転職時に役立つ資格の取得に関するFAQ

転職時にどのような資格を取得すれば良いかお悩みの方に向けてQ&A方式で疑問を解消します。

資格なしでも転職はできますか?

資格なしでも転職自体は可能です。
ただし、中途採用の場合は経験者や資格所有者を優先して採用する業種や職種もあります。そのため、自分が転職したい業種や職種を事前に研究して、必要な資格があれば取得を目指してから転職を進めるのも良いでしょう。転職で資格を取得しておくメリットを詳しく知りたい方は「転職で資格はいらない?それとも持っていると有利?取得のメリットとは」もあわせてご覧ください。

20代の転職にはTOEICが必須ですか?

TOEICは必ず取得しなければいけないわけではありません。
しかし、企業の方向性によっては有利に働く場合があります。グローバル化を進めている企業であれば英語に精通している人材を確保したいと考えるでしょう。英語を活用する仕事や役に立つ英語の資格を詳しく知りたい方は「英語を使う仕事に就きたい!職業一覧から役立つ資格までご紹介」も参考にしてください。

日商簿記検定の3級を取得しても意味ないですか?

応募条件として日商簿記検定の2級を提示している企業が多くあります。
しかし、まったくの未経験よりは3級を取得している求職者の方がスキルや知識を身に付けていると判断し、転職では有利に働く可能性も。簿記の資格が転職に活かせるか知りたい方は「簿記の資格は転職に活かせる?レベルや役立つ仕事もご紹介!」の情報もお役立てください。

この記事に関連するタグ