1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職の年齢を徹底検証!年齢別で異なる転職基準とは?

転職の年齢を徹底検証!年齢別で異なる転職基準とは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・20代後半は若さとビジネススキルのバランスが良く、転職に有利な時期

    ・20代の転職では、柔軟性とポテンシャルが重視される

    ・転職の年齢に限界はないが、歳を重ねてからはスキルがないと難しい

    ・若さを武器に転職するなら、20代のうちがチャンス!

転職の年齢について考えたことはありますか。

2回、3回と転職することが珍しくない現代。ひとつの会社で定年まで勤め上げる人は少なくなってきています。

当コラムでは、転職と年齢の関係に迫ります。

◆転職にベストな年齢とは?

転職の年齢についてはさまざまな考え方がありますが、一般的に20代後半での転職が有利だとされています。

30代になると専門性が求められることが多いため、未経験採用が難しくなる傾向があるからです。

20代のうちであれば「スキルや可能性を探す時期」という見方でポテンシャルを評価の対象にする企業が多いので、今までとは違う業種への転職も可能といえるでしょう。

20代後半での転職は、社会人経験を5年ほど積んでいること、さらに伸びしろも期待できるため採用ニーズが高まります。

20代前半での転職も悪くはないですが、1社目の企業で3年程度の社会人経験を積んでおくと若さだけでなく、実績もアピールすることができます。

女性で事務職を希望する方は、30歳を超えると求人がやや減少する傾向があるので注意してください。

職種や業界によっては若年層が歓迎されますが、専門職であれば年齢が問われにくい傾向があります。

20代のうちに自分にあった専門分野を見つけることを目指しましょう。 

◆20代の転職で注意することは?

20代が転職で求められることは、20代前半と後半で少し異なりますが、共通して必要なのは将来性ではないでしょうか。

「新しいことを何でも吸収したい!」という意欲、さまざまなことに対応できる柔軟な姿勢、まわりと上手くやっていけるコミュニケーションスキルが高ければ、今後に大きな期待が持てます。

20代前半であればポテンシャルが重要視されますが、20代後半になるとビジネス上の実績も多少は必要になってきます。

転職の際は、今まで自分が行ってきた業務のなかで具体的な成功例を思い返してみましょう。

ただし、20代はまだ社会人としては駆け出しの年齢ですので過度なアピールは控えてください。

謙虚さにかけるアピールは逆にマイナスイメージになることもあります。

数年の業務経験を通して学んだこと、反省点、それを踏まえて今後自分が何をやりたいのかについて前向きに伝えることができれば、企業に評価される可能性は高くなります。

何をしたいのかということより、給料や待遇についての不満ばかりを転職理由で伝えるのは悪い印象を与えてしまうので控えましょう。

◆「〇歳限界説」って本当?

インターネット上で転職をするタイミングについて調べていると、「28歳限界説」や「32歳限界説」「35歳限界説」という言葉をよく見かけます。

これは年齢による転職のリミットを表現するワードですが、28歳は未経験の業種に挑戦できる最後の年齢、32歳は上司の年齢を超えない年齢がこのくらいという意味、35歳以上になると、定年までの年数が限られるため昇進が難しくなるという根拠があるようです。

確かに年齢が上がると転職が難しくなるという事実もありますが、人によっては40代で転職を成功させるケースもあるため、転職と年齢の関係は一概にこうと言い切ることはできません。

共通して言えるのは、歳を重ねて転職を成功させるにはスキルが必要であるということ。先ほども述べた通り、専門的な技能を身につけている人へのニーズは、年齢に関係なく高い傾向にあります。

◆若さを武器にするなら、20代での転職を考えよう!

転職市場では、20代であれば自分の実績について簡単な説明で足りることもありますが、30代~40代を超えるとハードルが上がり、具体的にどんなプロジェクトに参加していたのか、前職の会社ではどの程度利益を上がていたのかなど、成果について聞かれる機会が多くなります。

転職時の年齢にリミットと言える明確な基準はありませんが、若さを武器に転職したいなら20代のうちに転職活動をはじめるのがおすすめです。

先を見据えた仕事選びをハタラクティブと一緒に考えてみませんか。

3年後、5年後、10年後にどうなりたいか、20代のうちにイメージしておくことが大切です。

将来のキャリアプランを実現するためには、自分の適性やスキルについて知ることがポイント。

ハタラクティブでは、求職者の志望をヒアリングしスキルの棚卸しをした上で、どのような職種や企業が向いているのかを、就活のプロが一緒に考えさせていただきます。

さまざまな業界や職種の求人を用意しているので、転職活動を始めるならぜひお気軽にご相談ください!


関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる