新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職の質問によくあるパターン!その裏の意図と対処法

転職の質問によくあるパターン!その裏の意図と対処法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・退職理由を伝える際、直接的でネガティブなものは避ける

    ・企業は退職理由から、同じ理由ですぐ辞めないか、ストレス耐性があるか、などをチェックしている

    ・「◯◯がやりたかったから」という前向きな形で伝えることで志望動機にもつなげやすくなる

    ・そのほか、ダラダラ答えない、簡潔にまとめるなど回答の仕方にも注意する

    ・逆質問は自分の意欲をアピールできる場と捉え、具体的且つ自分の意見も交えて質門すると評価される可能性も

    ・ただし、調べてすぐ分かるようなことや待遇面のことばかり聞かないよう、質問内容はよく考える

第ニ新卒として面接を受ける場合、よくある質問のパターンがいくつかあります。そして、それに対処するにはその質問の意図をきちんと理解する必要があります。

そこで、面接官がどのような意図で質問をしているか、その質門への対処法はどのようなものが良いのかについて解説します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

◆質門の定番!退職理由はポジティブな答えが鉄則

転職時の質問として必ずと言っていいほど聞かれるのは退職理由でしょう。というのも、面接官が退職理由を聞くことで以下のようなことをチェックしているからです。

・同じような理由ですぐに辞めてしまう人物ではないか

・ストレス耐性があるか

・新しい組織に順応できるタイプか

・具体的なキャリアプランを描けているか

上記の意図を前提として考えると、「上司とそりが合わなかった」、「職場の人間関係が悪かった」、「給料が安かった」、「残業が多かった」などのネガティブな回答はすべてNGといえるでしょう。

そのような問題は多かれ少なかれどの会社にも存在しますし、その回答からは「何か問題があったときに会社を辞める確率の高い人物」という評価をされてしまうことにも繋がります。


退職理由を聞かれた場合は、「~が嫌だったから」という否定的な表現よりも、「~がやりたかったから」という前向きな表現が好印象。つまり、志望動機にもつながるような内容をメインで答えるのが原則です。

そのやりたいことにプラスして、前の会社ではなぜダメなのか?そもそも○○の仕事がやりたいのに前の会社に入社したのか?という疑問に答える内容を入れると説得力のある内容に。以上のポイントを押さえた回答例を挙げてみましたので参考にしてみてください。 

【電話営業⇒アパレル販売の場合】

◇退職理由

私は人と話すことが好きで、幅広いシーンで通用するコミュニケーションスキルを身に着けたいと思い、前職は電話営業の職に就いていました。顔が見えない分、会話の中で相手と信頼関係を築くのが大事なことであり、やりがいを感じる点でもありました。そのような業務を2年間続けた中で、コミュニケーションスキルを身につけられたことは以前の会社に感謝したいことの1つです。

しかし、業務を続けていく中で「お客様と直接会える仕事がしたい」という思いが強まり、今回御社に応募させていただきました。

◇志望動機

以前から御社のブランド◯◯は元々大好きですし、アパレルの販売職にも興味があったのですが、その時は自身のコミュニケーションスキルに自信がなく、チャレンジできずにいました。

しかし、今回はこれまでの経験を通して培ってきた会話や対応力を活かせるチャンスなのではないかと思い、応募するに至りました。

御社ならではのキャリアアッププランや研修制度も魅力に感じたことの1つです。

最初は販売職としての基礎を身につけ、将来的には店舗運営業務にも携わることができればと考えています。


◆内容以外にもチェックされている質問への回答

面接では質問に対する回答内容だけでなく、回答の仕方もチェックされています。

例えば、ダラダラと長い回答は面接官によい印象を与えません。要点をまとめる能力がないと思われるからです。
好ましいのは2分以内での回答です。
どのような質問に対してもまず結論を先にいい、その後に根拠を述べるようにして手短に考えをまとめる練習をしておきましょう。

また、1次面接と2次面接で同じような質問をされる場合があります。
特に、第ニ新卒の場合は職歴に関する質問を繰り返しされるパターンが多いです。あえて同じ質問をすることで最初の回答と2度目の回答で矛盾がないかを確認しているのです。
したがって、面接においてはその場を取り繕うために適当な話をでっちあげるのはNGです。好印象を与えるポイントを押さえながらも嘘のない誠実な回答を心がけましょう。
同時に、似たような質問だからといって、1次面接とまったく同じ回答をしたのでは芸がありません。2次面接に1次面接と同じ面接官がいた場合は特にそうです。
基本的には同じ話をしながらも新しいエピソードを盛り込んだり、視点を変えたりして目新しさを加味できるように工夫してください。

さらに、質問は具体的なものばかりとは限らず、「あなたにとって仕事とは何ですか?」「さるかに合戦の猿と蟹ではどちらを選びますか?」などといった意図のつかみにくい抽象的な問いかけをされるケースがあります。

面接官はあなたに主体性や論理性がどの程度あるかを見ているのです。
主体性がないと限られた情報だけで答えを出そうとして結果的に回答も抽象的なものになってしまいます。
逆に、主体性があれば面接官に「猿と蟹を選ぶのはこのような状況においてと考えて間違いないでしょうか?」などとたずねることで質問の意図を明確にして、より具体的な回答を導き出せます。
また、同じ回答でも論理的思考が得意な人は、なぜその回答にいたったかを道筋を追って説明できますが、苦手な人は回答の根拠がうまく説明できません。

以上のように、面接の質問には面接官の疑問に対して答えてもらう他にも裏の意図があります。その意図を理解し、あらかじめ対策を講じておけば、それだけ採用に近づいていくことができるでしょう。


◆逆質問は自分の意欲をアピールするチャンス

面接の終わりにはたいてい「最後に何か質問はありませんか?」と逆質問を促されます。

この時に「特にありません」と答えるのは論外です。面接官は自社に対する本気度を試すために逆質問を促しているわけで、特にないという回答は、「この会社には興味がない」と答えているのと同じです。

ここでは、いかにこの会社に興味があり、仕事に対して前向きに取り組もうとしているかをアピールする必要があります。

例えば、「御社に入社した場合、最初に身につけるべきスキルは何でしょうか?」、「会社が求めている人材はどのようなものでしょうか?」などといった質問です。
さらに、一歩進めて「現在、入社に備えて××に取り組んでいるのですが、他にこれはやっておいた方がよいというものはあるでしょうか?」、「御社の○○という取り組みに魅力を感じているのですが、将来的にこの取り組みに参加することは可能なのでしょうか?」とういう具合に自分の意見を述べた上で質問をすると意欲的だと思われ、高評価につながりやすくなります。


逆に、「御社の理念はどのようなものでしょうか?」などといったような、調べればすぐにわかる事柄を質問するのは、自分で調べる意欲がないのだとみなされて悪印象につながってしまうことも。
また、給料や待遇面ばかりたずねるのはNGです。

逆質問というのは単にわからない点をたずねるだけの場ではなく、何よりも自分をアピールできるチャンスの場であることを忘れないでください。

以上が面接における回答の仕方の基本的なポイントですが、この対策をひとりで行うのはなかなか難しいものです。
そこで、ハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブは20代を中心にした既卒・フリーター・第ニ新卒が対象の就職支援サービスです。
しかも、単に仕事を紹介するたけでなく、面接や書類の書き方などの対策も就活アドバイザーがマンツーマンでサポートしています。サービスはすべて無料ですので興味のある方はお気軽にご連絡ください。


関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?