Uターン転職のリアル!人生を豊かにする転職とは

Uターン転職のリアル!人生を豊かにする転職とはの画像

この記事のまとめ

  • Uターン転職とは、地方出身者が都心の企業に就職後、地元企業に転職すること
  • 似た言葉に、都心出身者が地方に転職する「Iターン」やUターン経験者が再度都心に転職する「Oターン」などがある
  • 家賃や物価の安い地方では、都心よりも豊かな生活を実現できる可能性も
  • 「地方の生活に慣れない」「働き方が異なる」などの理由でUターンに後悔する可能性も。デメリットを理解した上で行動しよう
  • 働き方や転職に疑問、不安がある人はプロのアドバイザーに相談を

各自治体が地方創生に力を入れる中、Uターン転職は注目を集めています。
働く人にとっても、地方で運営を行う企業にとってもメリットが多いUターン転職は、人生を豊かにするジョブスタイルであると評価されています。
しかし、その一方でデメリットが存在することも事実です。
今回はUターン転職にまつわる、メリットとデメリットについてまとめてみました。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

Uターン転職って何?

Uターン転職とは、地方出身者が都心の企業に就職した後、転職をするタイミングで地方企業に就職することを指します。
地方創生が注目される昨今、都心から応募してきた転職希望者を積極的に雇用している地方企業も少なくありません。

Uターン転職によって得られる代表的なメリットは、生活費の縮小や自然豊かな土地での生活ができること、通勤ラッシュを回避できることなどさまざまなものが挙げられます。

ちなみにUターンに近い言葉として「Iターン」「Jターン」「Oターン」という言葉もあります。

Iターン…都心出身者が地方に転職すること。
Jターン…地方出身者が一度都心に就職し、その後出身地とは別の地方に転職すること。
Oターン…一度Uターン転職した人が、再度都心に就職すること。

Uターン転職で生活が豊かになる?

Uターン転職のメリットとして、生活費を安くすることができる点が挙げられます。
その大きな要因となっているのが、都心との家賃相場の差。総務省統計局の調べによると、東京都の1か月あたりの家賃の平均額は約7万7000円。
全国の平均額が約5万4000円なので、東京都心から地方へ引っ越すことで家賃が安くなることがわかります。

他にも、都心と比べると物価が安いなども、生活費を抑えることができる理由の1つです。

 

また地方の企業で働く場合、通勤ラッシュの時間帯であっても電車が混雑しにくいことに加え、通勤時の車使用が認められている企業も多いことが特徴です。
快適に通勤を行えることで「通勤疲れ」を軽減し、仕事の業務に集中しやすくなります。
生活費の縮小や通勤にかかるストレスが軽減されることに加え、住み慣れた街で家族や親しい友人などと交流しながら生活をすることが可能になるUターン転職は、若い働き手の幸福度を上げる働き方でもあります。

参照元
総務省統計局
18A-Q19 借家の家賃

Uターン転職にもデメリットはある

一見するとメリットが多いように取れるUターン転職ですが、デメリットもあります。
Uターン転職後に多い悩みとして「地方の生活に慣れることができない」というものがあります。
地方へUターン転職するとなると、自然豊かな環境で快適に過ごせると考える方もいますが、地域住人の交流は都心部より密であることも多いです。都心から地方に移住するとなると、地域住民との考え方の違いや、人付き合いのスタイルの違いに戸惑ってしまうケースもあります。
また、地方によっては食品販売店やレジャー施設などの展開が少ない場合もあり「休日は車がなければ何もできない」と感じる方が多いことも事実です。

働き方も都心の会社とは異なることが多いのも特徴。
都心では求人数が多く、職種が細分化されているのに対して、地方では求人数が少なく、一人の社員が幅広い業務を担う仕事が多くなりやすいという傾向にあります。
Uターン転職を成功させるためには、地方企業についての正確な情報の収集をすることが重要になります。

デメリットを理解せずUターン転職したことで後悔する人も少なくありません。
自分のライフプランやキャリアビジョンを明確にし、それに応じた行動を選ぶことが大切です。

自分の働き方に悩んだ時は、ハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職支援サービス。1,000件以上の非公開求人を取り揃え、利用者の方の希望に応じた就職成功を応援しています。
実際に、就活アドバイザーが企業へインタビューを行い、特色や仕事内容について把握しているため、あなたの能力や価値観にあった企業をご紹介することが可能です。転職に不安がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

この記事に関連するタグ