1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 志望動機の例文まとめ!転職開始前にチェック

志望動機の例文まとめ!転職開始前にチェック

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・志望動機には自分の経歴やスキルの強みと入社への熱意を盛り込もう

    ・インターネットや本の例文に頼りすぎている、熱意だけを伝える志望動機は評価されない!

    ・説得力のある志望動機にするためには、自己分析で自分の強みを知ることが大切

転職活動を開始し、企業への最初のアプローチになるのが履歴書や職務経歴書などの応募書類です。
履歴書に書く志望動機は、書類選考の合否を分けるきっかけにもなるため、その書き方には注意したいところです。

今回は、企業に好印象を与える志望動機の書き方についてご紹介いたします。 

◆志望動機を書くときのポイント

志望動機の例文をそのまま書き写すだけでは、転職を有利に進める書類を作成することは難しいといえます。志望動機を書く前に基本的なポイントについて知っておくことが大切です。

企業に好印象を与える志望動機を作成するためには、職務経歴の強みと応募する企業への思いを主軸に、文章を書くことがポイントです。

企業にとって有益になる高い能力やスキルを持ち合わせていても、「この企業へ入社したい」という思いを上手く伝えることができなければ、好印象を与える志望動機にはなりません。
職務経歴や資格欄などは、事実を整理して書くことが必要になるため、順を追って記載を行えばミスが起こることはほとんどありません。
しかし、志望動機の書き方は人によって違いがあります。「企業へ入社したいと思った理由」と「自分が持つ能力と仕事内容とのマッチング」のバランスが取れた文章を書くことによって、より好印象を与える志望動機になります。

志望動機を書く際の注意点として挙げられるのが、企業を指す漢字の使い分けをすることです。面接など応募先の企業を指す場合は「御社」という言葉を使いますが、文面では「貴社」という言葉を使います。 

◆好印象を与える志望動機の例文とは

好印象を与える志望動機のポイントについて、職種別に見ていきましょう。

まずは、営業職に転職する場合の志望動機の書き方です。
前職で、営業に活かすことができる経験を積んでいる場合は、その点も交えてアピールをすることがポイントになります。

例えば、前職でマーケティング関連の仕事に携わっていた場合は、「自分のがんばりが数字となって見える営業職に魅力を感じ、アジア圏に事業を拡大している貴社に魅力を感じました。前職では、マーケティング関連の仕事に従事しており、アジア圏での事業に携わっていました。この経験を活かしつつ、クライアントが求めるニーズを読み取りながら貴社のグローバル事業展開に貢献していきたいと思います。」などと表記するのも良いでしょう。

次は、製造業に転職する際の志望動機の例文を見てみましょう。
良い例文として挙げられるのが「中南米方面への輸出量を増やし、自動車業界でシェア拡大を続けている貴社のグローバルな事業展開に魅力を感じました。私は、製造の現場で商品や予算の管理をしていた経験があります。前職の経験を活かし、貴社のコスト管理に合わせた商品管理を行い、スタッフの指導などにも携わっていきたいです。」のような文章です。

これらの文章はまず、企業への思いを述べた後、今までの経験が業務に活きることを説明し、入社後のイメージを明確に伝えています。

企業へ入社したいという思いを伝えるとともに、自分が企業に入社することによってどのような影響があり、どのような点で有益であるのか、順を追って説明することがポイントになります。

◆気をつけて!こんな志望動機はNGです

ここからは、志望動機のNG例についてご紹介していきます。

<例文に頼りすぎている志望動機>

前項で志望動機の例を挙げましたが、インターネットや参考書籍の例文に頼りすぎるのはよくありません。

例文はあくまで参考資料として使い、実際に面接で回答する志望動機は自分の言葉で考えましょう。採用担当者はネットや書籍によくある志望動機の型をチェックしている可能性がありますし、面接前に自己分析や企業研究をきちんとしていれば、例文にはないオリジナルの志望動機が浮かび上がるはずです。

志望動機が思いつかないのは、自分のやりたいことや企業への理解が深まっていないから。志望動機の準備につまづいたら、自己分析の段階からやり直してみてはいかがでしょう。

<熱意だけを伝える志望動機>

志望動機では熱意や入社意欲を伝えますが、「やる気」だけでは採用にはつながりません。面接官は志望動機から、その人材がどれくらい自社に貢献してくれそうかを判断しています。

志望動機を述べる際は意欲を伝えるだけではなく、自分の能力がどのように仕事に活かせるのかをアピールしましょう。

<「学びたい」だけの志望動機>

「仕事を通して学んでいきたい・勉強したい」という志望動機は、面接官によっては「ここは学校ではない!」とマイナス評価になってしまいます。職場は勉強ではなく仕事をする場所、勉強だけでお金がもらえるわけではありません。

学んでいく意欲を伝えたいのなら、「今こんなスキルを持っているが、仕事を通してさらに磨きをかけ、御社の事業に貢献したい」というように表現を工夫してみましょう。

◆希望を伝えるだけではダメ!武器になるスキルをアピール

転職をする際の志望動機には、実際の業務で活きる能力やスキルをアピールすることが重要です。

そのためには、志望動機を書く前に、前職で自分がどのような能力を身に付けたのか、得意なことは何なのかを分析しておくことが必要になります
。しかし自分の能力について客観的な分析をすることは難しい場合もあります。そんなときは、転職のプロに相談することも1つの方法です。


ハタラクティブは、既卒、第二新卒に向けた就職・転職活動支援サービスを行っています。
数々の転職や就活のサポートを行った経験を持つ就活アドバイザーが、求職活動にまつわるお悩みにお答えしながら、あなたの能力やスキルについて客観的な分析を行います。
他にも、書類作成対策や面接対策などのサポート体制も整っており転職活動をスムーズに進めることができます。
志望動機の作成や求人選び、自己分析が一人で不安という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    就活で差をつける!エントリーシートの自己PRの書き方

  • image

    お祈りメールって何?返信は必要なの?

  • image

    高学歴ニートの脱出方法!

  • image

    書類にはどうやって書く?退職事由の書き方

  • image

    バイトで時間がなくても就活はできる?

  • image

    第二新卒の転職に役立つ面接対策

  • image

    技術営業とは?仕事内容と必要とされるスキル

  • image

    不安だらけの就活。その原因と気持ちの持ち方を知ろう

  • image

    「なんでもできる人」は誰にでもなれるチャンスがある

  • image

    正社員の職種や部署について知りたい!

  • image

    面接の自己紹介は何を伝えるべき?自己PRとの違いと例文

  • image

    給付金額はどう計算する?雇用保険について解説!

  • image

    フリーター・既卒の面接 通過率2割アップは対策会のおかげ

  • image

    ヤングハローワークとは?サービス内容や利用方法をご紹介!

  • image

    あなたは条件を満たしてる?失業保険の受給資格とは?

  • image

    年収400万円って平均的?誰にも聞けない給与の話

  • image

    仕事が続かないのはどう評価される?

  • image

    36協定って何?違反した場合の罰則は?

  • image

    自分の市場価値はどのくらい?転職時に求められるスキル

  • image

    中途採用の面接対策!よくある質問と回答の注意点

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる