転職の目的を整理しよう!面接で答える場合の例文も紹介

転職の目的を整理しよう!面接で答える場合の例文も紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・「キャリアアップ」「適職探し」「生活のため」など、転職の目的は人によって異なる
  • ・転職を成功させるには、目的を掘り下げて整理しておくことが大切
  • ・転職の目的が複数ある場合は、優先順位を決めておこう
  • ・面接で転職の目的を聞かれたら、前職の不満は述べずポジティブな言葉で伝える
  • ・転職の目的を叶えるためには、自己分析を入念に行ったほうが良い

転職活動がうまくいかず、悩んでいる方は多いでしょう。そんなときは、転職の目的をもう一度見直してみると、スムーズに進められる可能性があります。
このコラムでは、転職の目的を整理するメリットやコツを紹介します。また、面接で転職の目的を質問された場合の答え方も、例文を交えて解説。
このコラムを参考に目的を改めて見直し、転職活動を成功させましょう!

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職の目的は人それぞれ異なる

転職の目的は、「キャリアアップのため」「人間関係で悩んでいるため」など、人それぞれ異なります。
キャリアアップや条件の良い企業への転職を目的とする場合は、前向きに転職活動に取り組める方が多いようです。一方、人間関係の悩みや、仕事が合わずに転職を希望される方は、転職に対して慎重な姿勢になることも。いずれの場合も、転職後自分がどうなっていたいかをしっかりと考え、自分にあった転職先を見つけることが大切です。

転職活動を行うにあたって、在職中に開始するか、退職後に開始するか、悩む方は多いでしょう。「転職の方法について知る!流れと基本的な進め方」では、それぞれのメリットやデメリットを解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

転職を成功させるには目的の整理が大切

転職を成功させるには、目的を明確にしておくことが大切です。
たとえば、「キャリアアップのため」や「給与アップのため」などの目的は、目的の中でも大枠に当たる部分で、やや漠然としています。このままでは、選べる企業の範囲が広過ぎるため、自分の希望にしっくりくる転職先が見つけにくかったり、転職後に違和感を覚えてしまったりすることも。
目的は、できるだけ具体的に掘り下げてみましょう。さらに、希望条件の優先順位を決めると、目的達成に近づきやすくなります。

転職したい理由を掘り下げる

転職したい理由を掘り下げ、目的を正確に理解しましょう。
たとえば、「今の会社ではキャリアアップが望めないから」といった目的で転職を希望している場合、「なぜキャリアアップできないのか?」突き詰めて考えてみます。すると、下記のように人によって違う理由が思い浮かぶでしょう。

・評価基準が曖昧で、昇進できるか分からないから
・与えられる裁量が狭く、スキルや経験を積めないから
・業界の規模が縮小傾向にあり、大きな案件に携われないから

評価基準に不満があるなら、明確な基準を設けている企業に転職する必要があります。また、業界の規模が縮小している場合なら、異業種への転職で目的が叶えられるでしょう。
このように、一口に「キャリアアップができる会社」といっても、理由を掘り下げていくと、会社を選ぶ基準は異なります。転職後のミスマッチを避けるためにも、目的を突き詰め、具体的な言葉にしておくことが大切です。

転職の目的や希望条件の優先順位を決める

転職の目的が複数ある場合は、優先順位を決めておきましょう。
すべての希望が叶う転職先を見つけられれば良いですが、そうならない可能性も十分にあります。転職の目的として譲れない部分は、先に決めておいたほうが良いでしょう。

目的をたまには見直してみよう
優先順位を決めたものの、転職活動を進めていく中で目的が変化することもあります。
考え方が変化することは悪いことではないため、迷いが生じたらその都度、目的を見直してみましょう。

目的別の転職タイミング

「転職の目的はあるもの、いつ行動に移すべきか迷っている…」という方は、この項目でおすすめのタイミングを確認しておきましょう。ただし、あくまで下記はおすすめであり、転職のタイミングは人それぞれ。自分の置かれている立場や状況も考慮しながら、転職活動のスタート時期を決めてください。

同じ業界に転職する場合

同業他社への転職を目的としている方は、キャリアを十分に積んでから挑戦したほうが良いでしょう。同業界での転職の場合、前職で培ってきたスキルや経験が重視される傾向にあります。即戦力として活躍できる力があれば、転職もスムーズに決まるでしょう。

異業種に転職する場合

これまでに経験のない異業種への転職を目的とする場合は、なるべく早めに活動を開始するのがおすすめです。早く入社すればするほど、「教育に掛けるコストに対して活躍できる期間が長い」「前職に染まりきっておらず新しい環境に馴染みやすい」など、企業と応募者の双方にメリットがあります。
意気込みや転職することで実現したいことをアピールできれば、社会人経験が短くとも問題ないことが多いでしょう。

転職は必須ではない
一度転職活動を開始したら、必ず転職しなければいけないわけではありません。むしろ、転職活動を開始することで、今の会社の良さが見えてくることもあります。
転職に慎重になっている方は、とりあえず行動を開始してみるのも一つの手です。行動することで迷いが晴れる可能性もあるでしょう。

それでも転職するかどうか悩む場合は、転職によって生じるメリットやリスクについて考えてみることをおすすめします。メリットがリスクを上回る場合は、転職に踏み切るのも良いでしょう。「仕事を辞める勇気が出ない…転職はどうする?」では、生じ得る具体的なメリットやリスクを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

面接で転職の目的を話す場合はポジティブに伝えよう

志望企業の面接で転職の目的を聞かれたら、できるだけポジティブな言葉に変換して伝えましょう。
前職の不満を解消することが目的の場合、そのまま述べると、印象が下がってしまうこともあります。
上司と相性が悪く転職を考えた場合であれば、「自分の裁量で仕事がしたいと思いました」といったように、不満ではなく目標を述べる形に変換するのがおすすめです。

例文

ここでは、転職の目的をポジティブに伝える例文を紹介します。
下記は、「残業時間が長いため、定時で終わる仕事に転職したい」という目的を言い換えたものです。ぜひ参考にしてみてください。

「メリハリをつけて仕事に臨みたいと思い、転職を希望しました。
入社後は、オンとオフをしっかりと分け、いつも万全な体調で、生産性を上げて効率的に仕事がしたいと思っています。また、スキルアップのための時間も確保し、御社の業績アップに貢献できるよう努力いたします。」

残業が嫌という不満ではなく、効率的に仕事をしたいという目標に変換すると、好印象を残せるでしょう。
そのほか、人間関係に不満がある場合や、待遇に不満がある場合のポジティブな伝え方は「転職理由を面接で聞かれたら本音を伝える?前向きさを示す書き方の例文とは」で解説しているのでぜひご覧ください。

転職の目的を叶えるためにやるべきこと

転職の目的を達成するために、自己分析は入念に行いましょう。また、転職活動がスムーズに進まない場合は、第三者の力を借りることで解決する場合があります。下記で詳しくみていきましょう。

自己分析

転職の目的を叶えるためには、自己分析を行い、自分をよく知ることが大切です。
自分の適性を考慮せず、「この仕事でなければダメ」といった固定的なイメージを持っていると、目的を叶えることから遠ざかってしまう可能性もあります。自分の得意なことや苦手なこと、持っている資格、スキルなどを理解し、目的までの道筋を考えると良いでしょう。

他己分析も有効
自己分析に苦戦している方は、家族や友人に自分の性格や強みを尋ねてみてください。自分では気づかなかった一面を知れることもあります。

就活アドバイザーに相談する

「目的を掘り下げるのが難しい」、「転職活動がスムーズに進まない」と感じている方は、就活アドバイザーに相談してみましょう。
書類の書き方や面接の受け答えに関する具体的なアドバイスをもらえたり、求人サイトには掲載されていない職場の詳しい情報を得られたりと、転職にまつわるさまざまな支援を受けられます。1人での転職に不安を感じている方や、転職の仕方に疑問がある方にはぴったりのサービスです。

ハタラクティブでは、既卒、第二新卒に向けた就職・転職活動支援サービスを行っています。専任の就活アドバイザーが転職の目的に沿った求人をご紹介。また、転職で悩みがちな応募書類の作成や採用面接対策などのフォロー体制も充実しています。転職の目的を叶えたい方は、ぜひハタラクティブへご相談ください!

室谷彩依

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A