転職活動時の自己分析のやり方をご紹介!

転職活動時の自己分析のやり方をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 転職活動に向けて自己分析をすると、今まで気付かなかった自分の特性が明らかになる
  • 自己分析で自分自身を知ると、転職活動でブレのない一貫した回答ができる
  • 転職活動のために自己分析をすれば、自分の価値が見えてくる
  • 前職の経験の中から自分の強みを探り、第三者に伝わる文章にまとめていく

転職活動をするにあたり、改めて自己分析をしてみようという人は多いでしょう。自己分析は自分の長所や短所、好き嫌いや趣味嗜好を詳しくひもといていくなかで、単に適性を考えるだけでなく将来へのビジョンを具体的にイメージするきっかけにもなります。転職活動をスムーズにこなすためにも、自己分析をするうえでのポイントを確認しておきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職活動時に自己分析を行う意味

転職活動時に自己分析を行うことで、自分の性格や考え方、価値観を把握でき、将来のビジョンを見つけるのに役立ちます。自己分析を行う中で自分の強みや弱みが見えてくるでしょう。以下に、転職活動時に自己分析を行う意味を詳しく解説していきます。

自分のアピールポイントを見つける

転職活動時に自己分析を行えば、自分のアピールポイントを見つけるのに役立ちます。自己分析を行うことで、自分のスキルや価値観、志向性を明確にできるでしょう。企業で活かせるスキルや経験、仕事への意欲を明らかにする目的があります。

自分に合った企業を見つける

自己分析は、自分に合う転職先を見つけるために役立ちます。自己分析を行うことで、自分がどのような仕事や企業に合っているのか選ぶ基準が見えてくるでしょう。そのため、どのような業界や企業、社風が自分にマッチしているのかを理解できます。基準を自分の中で持っていると、エントリーシートや面接の受け答えにおいて、筋の通った返答ができるようになるはずです。

自己分析のやり方については、「自己分析をして、自分に合う職業を見つけよう!」や「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」のコラムでも詳しく解説しています。転職活動の参考にしてみてください。

転職活動の際に自己分析をするメリット

転職活動の際に自己分析をするメリットとしては、自分の考えにブレない軸が生まれるという点が挙げられます

面接では面接官がさまざまな質問をしてきますが、そのなかには回答に虚偽や誇張がないかを確認をするための質問もあるでしょう。自分なりの価値観や考え方がハッキリしていれば、揺さぶりをかけるような質問に対してもハキハキと答えられます。
逆に回答に一貫性がなければあらゆる言葉に対し信憑性を疑われてしまうこともあるので、自分の芯を強く持っておく必要があるでしょう。

また、面接は自分がどのような人間なのか、会社にとってどのような価値があるのかを知ってもらう場です。そのときに、自分について理解していなければ説得力のあるアピールをすることはなかなか難しいでしょう。企業に対して自分が提供できる価値を明確に主張するためには、自分のことを深く考えておく必要があります。

加えて、自己分析で過去をしっかり振り返っておくことで、自分の主張の根拠となるエピソードを示すことも可能になります。「私は○○が得意です」とだけいうのと、「~という経験から私は○○するスキルを得ました」というのでは、後者の方が面接官もその主張を納得しやすいでしょう。
このように、自己分析は自身の言葉を裏付けるためにも必要なことといえます。

自己分析を行うことのメリットについては「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」のコラムでも解説しているので、あわせてご覧ください。

自分の市場価値を知ろう

また丁寧に分析をするなかで自分の特徴や適性が分かれば、どんな企業が自分を求めているのかが見えてくることもあります。自分の「市場価値」と言い換えることもできますが、それがわかればどのように転職活動を進めていけばいいのかを考えるヒントにもなります。

自分を求めてくれる会社を探し、積極的にアプローチすればスムーズな転職活動になるはずです。企業が欲しいと思う人物像に自分をリンクさせ、説得力のあるアピールにつなげていきましょう。
あるいは自分の志望する企業や業界に対し自分の市場価値が足りていないと感じたら、それを埋めるための努力をするというのも一つのやり方です。

何から始める?転職時の自己分析の基本の流れ

自己分析といっても何から始めて良いかわからないという方は、以下の手順を参考にしてみましょう。

過去のキャリアを振り返る

自己分析の材料は自分の過去の経験です。転職を考えている方は、前職での仕事内容やポジションなどを振り返りましょう

【振り返る項目】
・会社について(業界や規模、理念、社風など)
・自分が所属していた部署
・仕事内容、扱ったサービスや製品
・目標、成果
・失敗
・工夫した点
・仕事を通してどんな人と関わったか
・どんな仕事の進め方をしていたか

振り返りの際は、抜け漏れがないように紙に書き出してみるのがおすすめ。箇条書きでも構わないので、思いついた点を並べていきましょう。

強みになる部分をピックアップする

前職での経験を一通り振り返ったら、自分の強みになる部分を探っていきましょう。たとえば、仕事内容や扱ったサービスからは、仕事を通して得られた知識や技能が明らかになります。業務でどんな目標を立てていたかを振り返ることで、仕事へのこだわりや大切にしていたポイントが分かるでしょう。
成果を挙げたときを思い出すと、自分が何にやりがいを感じるか、モチベーションの原動力が何なのかが見えてきます。失敗した経験からも、失敗をどのように立て直し挽回したのかという、あなたならではの強みが導かれるはずです。

第三者に伝わる文章にまとめる

自分の経験や強みが明らかになったら、それを採用担当者に伝える文章にまとめます。自分のことを面接官にアピールするには、強みやスキルを裏付ける情報が必要です。
強みを伝える際には、以下の要素を交えてアピールすると効果的でしょう。

・強み
・強みを裏付ける具体的なエピソード
・強みを応募先企業でどう活かしていけるのか

また、仕事へのこだわりを述べる際は、以下の3点を伝えましょう。

・こだわりの内容
・なぜそこにこだわるのか、きっかけとなったエピソード
・こだわりによって得られた成果

面接では強みだけではなく短所について問われることもあります。自己分析では自分の弱みについても明らかにし、短所に対してどういった対策をしているかを説明できるように準備しましょう。

自己分析は転職活動をするうえで大いに役立つものです。しかし、初めてのことで、どうやったら良いか分からない人もいるでしょう。そんな人はぜひ一度ハタラクティブに相談してみてください。
ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーがあなたの転職活動がスムーズに行えるようサポートをしています。自己分析の手伝いだけでなく面接指導をはじめマンツーマンでさまざまな支援を行っているので、お気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ