理想の仕事を見つける方法とは?やりたい仕事がない場合の対応方法も解説

理想の仕事を見つける方法とは?やりたい仕事がない場合の対応方法も解説の画像

この記事のまとめ

  • 理想の仕事を見つけるには自己分析を行うのがおすすめ
  • 自己分析をすることで求める条件や軸が明らかになる
  • 理想の仕事に就くためには、自分の好きなことと苦手なことをリストアップする
  • 世の中の仕事について詳しく調べるのも、理想の仕事に就く方法のひとつ
  • 理想の仕事や働き方が分からなければ、就職エージェントに相談してみる

「理想の仕事がない」「自分にどのような仕事が向いているかわからない」と悩みながら今の仕事を続けている人もいるのではないでしょうか。このコラムでは、理想の仕事への就職を実現するために必要な行動を具体的に紹介します。自分の興味や関心のある分野を明確にして、やりがいある仕事に出会うためのヒントを掴んでください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

理想の仕事の見つけるために自己分析が必要な理由

理想の仕事が見つけられないと悩んでいる方は、自分が仕事に求める条件を知るために「自己分析」に取り組んでみましょう。自己分析は理想の仕事に就くために大切な作業です。自己分析の重要性についてくわしく解説した「自己分析とは?実施のメリットと就活・転職活動での必要性を解説」もあわせて参考にしてください。

仕事に求める条件が明確になる

客観的な視点で自分自身を振り返ることで、無意識に持っている価値観や仕事に求める条件・将来への希望が明らかになります。具体的に自分を理解できると、理想の仕事を実現するヒントが見つかりやすくなるはず。まず自分のやりたいことや好きなことを明確にし、そのあとに興味のある仕事に注目してみましょう。

選ぶ仕事とのミスマッチを防げる

自分自身の強みや好きなことを知れる自己分析は弱みや苦手なことも分析できるため、選ぶ仕事とのミスマッチが起きにくくなります。自分を知らないまま就職すると「こんなはずではなかった」「こんな仕事やりたくなかった」など、後悔する可能性もあるでしょう。就職した企業で長く働けるよう、自己分析の段階で10年後のビジョンを見据えることが重要です

就職や転職における軸ができる

自己分析は自身の価値観が明確になるため「仕事をするうえで何を重要視するか」もみえてきます。就職・転職活動をするうえで譲れない条件は「軸」とも呼ばれ、決めておくことでぶれずに行動できるようになります。軸があることで実際に就職したあとも働く理由が明らかになり、仕事へのモチベーション維持にも繋がるでしょう
「働くうえでこれだけは譲れない」といったこだわりとして軸を持つことは、企業選びをスムーズに行うための材料になります。

未経験OK多数!求人を見てみる

自己分析の具体的なやり方

自己分析には自分史を活用する方法があり、中学校・高校・大学生活・現職での経験を振り返り、そこでの出来事や取り組みを紙に書き出します。自分史は自己分析の基本であり、この時点ではアピールポイントとしての視点でエピソードを選ぶ必要はありません。

苦々しい経験や失敗した経験も漏れなくリスト化することで、自分の行動や考え方の傾向が浮かび上がってくるでしょう。挫折エピソードはどうやって乗り越えたかが就活での自己アピールにもつながるため、特に力を入れて振り返るのもおすすめです

具体的なエピソードを思い出したあとに、そこに至った経緯や経験から学んだ内容を掘り下げ、分析を深めていきます。「自己分析が大事!『やりたいこと探し』の方法とは」では、実現したいことを探すためにどのような自己分析の方法がよいかを解説しているので、あわせて参考にしてください。

理想の仕事の実現に向けて明確にすべきこと

理想の仕事へ就職する夢を実現するには、自分の「好きなこと」「苦手なこと」を明確にする必要があります。自分の興味あることや好きなこと、得意なことなどをリストアップして把握しておくと、モチベーションにつながる理想の仕事を見つけやすくなります。リストアップするときは、以下のように漠然としたもので構いません。

・人とコミュニケーションをとるのが好き
・一人で黙々と作業したい
・体を動かしたい
・インドア派
・スイーツやファッションが好き
・本に関わっていたい など

自分では仕事に関係ないと思うものでも、一度すべてを書き出してみてください。

一方で、仕事をするうえで必ず避けたいこと、嫌なことを明確にするのも重要です。避けたいポイントは業務内容に限らず、通勤時間や勤務時間・給与などの待遇面でも構いません。
どのような状況が嫌なのかをはっきりさせることで企業や仕事に求める条件が浮かび上がり、数ある仕事から実現したい理想の仕事を見つけやすくなります

理想の仕事の見つけ方

理想の仕事を見つけるために「好きなこと」をリストアップしたあとは、世の中にあるさまざまな業界や職種について調べてみてください。いろいろな仕事について知るうちに、自分の興味がある分野とつながる職種に出会え、好きなことを仕事にできる可能性があります。

「読書が好きで以前は作家を目指していた」人は本に関わる仕事を調べていくうちに、編集者や校正者という職業に出会うでしょう。昔の夢とは違う形ですが、大好きな本の仕事をしたいという夢が実現できるかもしれません。業界や職種を調べるときは、具体的に以下の方法が活用できます。

・インターネットで調べる
・業界で働いている人に直接話を聞く
・異業種交流会やセミナーなどで情報収集をする

もっとも手軽な方法はインターネットですが、可能であれば希望する業界で働いている人に直接話を聞くのがおすすめです。家族や友人のほか、企業やバイト先の先輩・同僚などに、以前働いていた職種や業界の話を聞いてみるのもよいでしょう。

周りに話を聞ける人がいないときは異業種交流会やセミナーなどに行き、情報収集をするのも一つの方法。交流会により人脈が広がると、今まで知らなかった職種などの情報も知れる可能性があります。

どうしても自分にあった仕事がわからない場合は、適職診断もおすすめです。適職診断は性格や行動特性などを分析し、あなたに向いている職種を総合的に判断してくれます。ハタラクティブでは専任アドバイザーが適職診断をおこない、一人ひとりにあった仕事をご紹介。適職診断については「やりたいことがない人向け!仕事探しで適職診断を活用してみよう」でくわしく解説しています。ぜひ活用してみてください。

実現したい理想の仕事が見つかれば資格試験を受けてみよう

理想の仕事が絞り込めてきたら、その職種に関連する資格試験を受けてみましょう。資格勉強をすると仕事に対する具体的なイメージが掴めるうえ、経験や知識が企業へのアピール材料になります。業界や業種の研究にもなるため、資格は積極的に取得しましょう。就職に有利になるとされている資格は、以下のとおりです。

宅地建物取引士

宅地建物取引士、いわゆる「宅建」は不動産系の仕事に就きたい方におすすめです。不動産の売買や賃貸借の仲介をおこなう会社には、宅建の有資格者を従業員人につき1人配置する義務が設けられているため、需要は高いでしょう。
また、不動産売買・賃貸借に際して行う必要のある「重要事項の説明」は、宅建士のみが行える独占業務です。

TOEIC

TOEICは英語を使って仕事をしたい方におすすめの資格です。海外を中心に働きたい方や外国人と接する仕事に就きたい方は、TOEICで800点以上を持っていると有利になるといわれています。キャビンアテンダントや海外旅行添乗員などが理想の仕事である人は、実現のために取得しておきましょう。

TOEICは一般的に600点以上あると履歴書に記載できるため、英語の仕事に興味がない場合でも積極的に受けると役に立つ可能性があります。

簿記

簿記は経理や会計などの仕事に就きたい方におすすめの資格です。また、会計士を目指す場合には必須な資格であるため、就職を実現したい方は必ず取得しておきましょう。簿記は社会でも知識を活かす場面が多くあり、事務職をするうえで有利になる可能性があります。

MOS

MOSは主にパソコンを使用した仕事に就きたい方におすすめの資格です。MOSとは、WordやExcel・PowerPointなどの利用スキルを証明する資格であり、履歴書にも記載できます。IT化の進む現代ではパソコンを使用する仕事は数多くあるため、資格を取得していると就職や転職活動するうえで強みになるでしょう。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは銀行や保険を扱う仕事を目指す方におすすめの資格です。お金に関する知識を持つファイナンシャルプランナーは他にも幅広い仕事に有利になりやすく、持っておくと就職や転職活動をスムーズに進める材料になるでしょう。履歴書への記載は2級以上ができます。

転職エージェントを利用するのもひとつの方法

一人で自己分析や企業・業界研究が困難な方は、就職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントのハタラクティブは、第二新卒や20代の若手に特化して就活のアドバイスを行っています。未経験OKの求人も数多く取り扱っており、今から違う職種にチャレンジしたい方にもぴったりのサービスです。

一人で考えるより他人に相談したほうが、頭の中が整理されて答えが導かれる場合もあります。「やりたい仕事がみつからない」「今の仕事はやめたいけれど、次に何をしたいかわからない」など、お悩みの方は、プロの就活アドバイザーがマンツーマンで対応しますので、ぜひお気軽にご相談ください!

やりたい仕事がないと感じる方に向けたお悩みQ&A

「就職はしたいがやりたい仕事がない…」と悩んでいる方に向けて、想定される疑問をQ&A方式で解決していきます。

やりたい仕事がないと感じる理由は?

やりたい仕事がないと感じる背景には「自分に自信がない」「失敗を恐れている」「自己分析ができていない」などが関与している可能性があります。自分に自信が持てず「私にはできない」とネガティブな想像ばかりしていては、やりたい仕事が見つけられません。理想の仕事を見つけるためには自分には何ができるのかを考え、前向きに行動することが大切です。

自分にできることや得意な分野を見つけるには、自己分析がおすすめです。くわしくは「やりたい仕事が見つからない新卒の就活方法は?自分に合う職業の見つけ方」「やりたい仕事がない理由とは?自分にあった職場を見つける方法」をご覧ください。

自己分析のやり方を教えてください。

自己分析をするには、これまでの経験で印象に残っているエピソードをノートなどに書き出しましょう。「頑張ったこと」「苦労したこと」「楽しかったこと」など、強く印象に残っているエピソードを中心に書き出すのがポイントです。くわしくは「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」をご覧ください。自己分析の注意点やコツも紹介しています。

適職診断とはなんですか?

適職診断は質問に回答して導き出されたあなたの性格や行動特性などをもとに、向いている職種を総合的に判断してくれます。自己分析にも活用でき、仕事探しに役立ちます。ハタラクティブでは専任アドバイザーから適職診断を受けられるため、やりたい仕事が見つからない方はぜひ試してみてください。

自分に合う仕事を探す方法は?

就活をサポートしてくれるエージェントを利用しましょう。プロの就活アドバイザーがカウンセリングをもとに、あなたに合った企業や仕事を紹介します。「ハタラクティブ」では、応募書類の添削や面接対策も含め、すべて無料でサポートいたします。一人での就活に不安を感じている方はぜひ一度お問い合わせください。

この記事に関連するタグ