面接のお礼メールは転職活動のマナー?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接のお礼メールは転職活動のマナー?

公開日:

最終更新日:

ネットなどで情報収集をしていると、「面接終了後にお礼メールを送ると印象が良くなる」という内容の文章を目にすることがあるかもしれません。転職活動で面接のお礼メールや礼状は必要なのでしょうか?内容や送るタイミングのマナーと共に考えてみましょう。

◆面接終了後の「お礼メール」はそもそも必要?

結論から言うと、お礼メールや礼状は「必ずしも必要」だったり、「送らなければマナー違反」 というわけではありません。
むしろ実際は送らない人の方が多いのではないでしょうか。
お礼メールが送られてきたことで求職者に抱く印象も、企業の人事担当者によってまちまちというのが本当のところのようです。

ではどうして、面接の後にお礼メールを送る人がいるのでしょうか?

◆お礼メールを送る理由

面接のお礼メールを送る理由には、以下のようなことが挙げられるでしょう。

・志望度合いの強さをさらに印象づけたいから

お礼メールを送ることによって、自分がその企業に就職ないし転職したいという志望度を強調できるかもしれないからです。
このアピールによって企業の人事担当者に本気度が伝わり、好印象を抱いてもらえたら、もしかしたら採用に影響するかも?!ということに期待する心理も働いているでしょう。

・面接の内容に心残りがあるから

面接の時に緊張してうまく思いを伝えきれなかった、言いたいことを後から思い出した、など面接に心残りがある場合、お礼メールという手段で、補足内容を伝えたいと思うかもしれません。

◆お礼メールを送る際のマナー

・タイミング

お礼メールを送るとしたら、そのタイミングは「面接終了後すぐ」、最低でも1日以内が鉄則です。
企業の人事担当者は、毎日大勢の面接をこなしています。面接日から時間が経ってしまってからのメールでは記憶が薄れている可能性も高く、間延びした印象を与えてしまいかねません。ましてや採用結果が出てからでは何の意味もありません。
「お礼はすぐに」と覚えておきましょう。

・内容

タイミング同様、内容にも十分気をつけたいところ。
熱意のあまり、だらだらと長文になったり、一方的な思いを押し付けるような内容では逆効果です。
また、内定を催促するような内容や、採用結果を教えて欲しいというニュアンスの文面ももちろんNG.
あくまでも、面接に対する「お礼」であることを忘れずに、シンプルな文章でまとめましょう。
ひと目でお礼メールだとわかる件名、署名、連絡先などの情報記入も忘れずに。

◆文章スキルに自信がなかったら、転職エージェントの活用がおすすめ

転職活動においては、面接終了後に必ずしもお礼メールを送る必要はありませんが、社会人になってからは、仕事でビジネスメールを送る機会が増えるでしょう。

シンプルでわかりやすい文章、気持ちが伝わる表現、視覚的にも読みやすいメールを作成するには、コツがあります。

自分の文章スキルにいまいち自信がない方や、間違っていないか不安だという方は、就職・転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。
転職エージェントの就活アドバイザーは就職のプロです。履歴書やエントリーシートの正しい書き方はもちろん、文章での効果的な自己PR方法についてもアドバイスしてもらえるでしょう。
基本的なビジネススキルのひとつであるメール作成のコツを身につけることができれば、正社員として仕事をするようになってからも活かせるのではないでしょうか。


20代を中心とした若年層に特化した転職サービスのハタラクティブでは、既卒フリーター、大学中退、高卒、第二新卒など学歴に対応した正社員求人を紹介すると共に、悩みや弱点についてのアドバイスや、強みを活かせるPR方法や面接対策などもしっかり行っています。
約5万件の豊富なカウンセリング経験を持つ就活アドバイザーを味方につけて、転職活動を成功させませんか。
まずはお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ