1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒の転職ー新卒採用との違いとは

第二新卒の転職ー新卒採用との違いとは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・第二新卒は、新卒採用で入社後1年~3年程度の求職者のこと

    ・新卒と第二新卒の違いは、社会人経験があること、職務経歴書が必要になることなど

    ・退職後と在職中のどちらに転職活動を進めるかをしっかり考えることが大切

    ・イベントへの参加や転職エージェントを利用して多角的に求職活動をするのがおすすめ

新卒採用と第二新卒の転職では、何が変わるのでしょうか。

求職活動をしている人の中には、一度会社に就職したものの、早い段階で転職を希望する人も少なくありません。そんな方に向けて、第二新卒と新卒の違い、転職を成功させるポイントをご紹介します。

◆第二新卒ってなに?

一般的に第二新卒とは、「新卒採用で入社後1年~3年程度の求職者」のことを指します。
第二新卒には法的な定義はなく企業によって違いがあるようですが、短期間でも正社員として企業に勤めた経験があるので、社会人未経験の新卒と区別して「第二新卒」と呼ばれています。 

第二新卒は、卒業して数年程度の若い人材であるため、すでにキャリアを積んだ人と比べて教育して育てやすい、会社の社風に馴染みやすい、柔軟で適応力があるという意見があります。

また、採用する企業側からも注目度の高い求職者と言えるでしょう。 

近年、この第二新卒に該当する求職者は増加傾向にあり、第二新卒の採用に前向きな意見を持つ企業も増えつつあります。 

新卒一括採用にこだわらず、若年層を幅広く採用したいという企業もあり、今後は第二新卒の転職活動における企業選択の幅も広がっていくのではないでしょうか。

◆新卒との違いは?

第二新卒の転職は、新卒時とどのような違いがあるのでしょうか。

第二新卒の特徴をまとめてみました。

・新卒時と比べると情報収集の場が少ない

第二新卒は、新卒時に比べると企業説明会やセミナーなどが少ない傾向があります。

そのため、企業研究や応募先企業を検討する際には、自分から積極的に情報収集することが大切です。

新卒の時のイベントほど多くはありませんが、イベントへの参加やインターネットの活用など、多角的に求職活動を進めると良いでしょう。

また、転職の転職に関するさまざまなサービスを提供する転職エージェトへ相談してみるのもおすすめです。

・入社研修を省略することがある

社会人未経験で就職した場合、入社研修などで会社の方針や社会人としての基礎を学びます。

一方、第二新卒は正社員として働いた経験があるため、社会人に必要なビジネスマナーが身に付いている場合がほとんどのため、新たに基礎を学ぶ時間(研修期間)を短縮することがあります。

また、業務経験によっては即戦力として期待されるケースもあるようです。

面接を受ける前に改めて社会人としての礼儀・マナーが守れているかをチェックしておきましょう。

・職務経歴書が必要

新卒時にはなかった職務経歴書の提出を求められる場合があります。

職務経歴書は、履歴書に書ききれない、前職の業務内容や経験を自由に記入する書類です。企業によって提出の有無が変わるため、あらかじめ確認しておきましょう。

・面接は個人面接が主流

新卒時は集団面接が多いのに対し、第二新卒では個人面接が多い傾向にあります。

面接官を役職の高い人が担当することもあるため、緊張しないよう事前に練習するなどして面接対策をしておきましょう。

・転職する理由を問われる

採用面接で必ずと行っていいほど聞かれるのが転職の理由です。

「スキルアップのため」「やりたい事がある」などのポジティブな転職理由の場合は、そのまま伝えれば良いでしょう。

しかし、「自分に合わない仕事だったから」「人間関係が上手くいかなかったから」などが理由の場合、そのまま伝えるとマイナスなイメージで伝わりがちです。

そんなときは、転職理由を前向きな志望理由に繋げ、一貫性を持たせると印象良く伝わるでしょう。

なぜ転職を希望するのか、どうしてその企業に入社したいのかを明確にしておくことが大切です。

◆転職するタイミングは?

転職するタイミングは、退職後か在職中かの2種類考えられます。

自分の性格や置かれている状況によって、転職のタイミングを考えることが大切です。

転職の時期によって、求職活動にどのような違いがあるのかをまとめました。

【退職後】

・時間がたくさんあるため、求職活動に専念できる

・面接などのスケジュール調整がしやすい

・給与がなくなるため、ある程度貯金する必要がある

・転職先がなかなかきまらないと、焦りを感じ、妥協してしまう人もいる

・転職活動に時間が掛かると貯金がなくなり、生活のことを考える必要がある

【在職中】

・給与面の心配がない

・社会人経験を積みながら求職活動ができる

・転職先がなかなか決まらない場合も仕事を続けることができる

・業務終了後や休日に転職活動をするため、忙しくなる

・仕事よ面接日が重なるなど、スケジュール調整が大変

このように、退職後または在職中に転職活動をするということは、それぞれメリット・デメリットがあります。

求職活動に使える時間だけでなく、金銭面、生活面においても大きな違いがあります。

転職活動を始める前に、自分にはどちらのタイミングが合っているのかをよく検討してから行動に移すようにしましょう。

◆第二新卒の転職、どうやって成功させる?

第二新卒の転職を成功させるには、転職フェアや転職エージェントを利用して多角的に求職活動をするのがポイントです。

また、新卒と第二新卒では応募書類や面接に違いがあるため、事前にしっかりと準備をしておくことが大切です。 

第二新卒を採用する企業は年々増えつつありますが、求人情報が豊富な新卒時と比べると、どうやって情報収集や企業研究をしてよいか分からないという人も多くいます。

そんなときは、就職・転職サポートサービスのハタラクティブへ相談してみるのがおすすめです。

第二新卒をはじめ、フリーターや既卒など、若年層向けの転職支援サービスを提供するハタラクティブでは、転職に役立つ情報が充実しています。

専任の就活アドバイザーが、希望に合った求人紹介をするだけでなく、応募書類の添削や面接対策までしっかりフォローします。

転職に疑問や不安のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    第二新卒は「新卒」・「中途」どっちなの?

  • image

    第二新卒って誰のこと?転職に有利といわれる根拠とは?

  • image

    第二新卒と新卒の違いってなに?

  • image

    第二新卒採用の特徴

  • image

    既卒と第二新卒の違いとは?どちらが有利?定義や就職のコツも紹介

  • image

    第二新卒から就職を目指す方を徹底サポート

  • image

    第二新卒とフリーターの違い!正社員就職のチャンスは?

  • image

    第二新卒が理想の求人とめぐり合う方法

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる