埼玉県で正社員として就職するメリット・デメリットを解説

埼玉県で正社員として就職するメリット・デメリットを解説の画像

この記事のまとめ

  • 埼玉の正社員求人には不動産や住宅、小売関係など暮らしに密着した職業が多い
  • 埼玉にはさまざまな観光スポットや施設があるため、旅行やサービス業の求人も多い
  • 埼玉の正社員求人は首都圏内では比較的多いため、多様な選択肢から選びやすい
  • 埼玉の主要産業は製造業のため、正社員でものづくりの仕事をしたい人にも適している
  • 埼玉で正社員就職を目指すならしっかりとキャリアプランを考えることが大切

「埼玉の正社員求人の特徴は?」「就職するのにメリットはある?」と気になる方もいるでしょう。埼玉県は都内への通勤者が多いベッドタウンであり、暮らしに密着した求人が充実。また、主要産業の製造業のほかに農業も盛んです。埼玉は首都圏内では比較的求人数が多く、正社員就職にも挑戦しやすい環境があります。このコラムでは、埼玉の求人事情や働くメリット・デメリット、就活のポイントもまとめたので、ぜひご覧ください。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

埼玉県の正社員の求人事情とは?

この項では、埼玉の正社員の求人事情をご紹介します。どのような特徴があるのか、以下で詳しく確認してみましょう。

暮らしに密着した仕事が充実

都内へのアクセスに便利、かつ緑豊かなベッドタウンである埼玉は、人口も増加傾向にあります。そのため、住宅設備や不動産業、物販、冠婚葬祭のセレモニーサービスといった人々の暮らしや生活に密着した仕事の正社員求人が多いのが特徴です。
そのほかにも、卸売や小売業、製造業など、幅広い業種の正社員就職の求人が充実。ファミリー向けの大型ショッピングモールもあるので、販売スタッフや飲食店のスタッフなど、接客サービス業の正社員求人も多くあります。

観光地としての埼玉

観光、旅行、サービス業の正社員求人が多く見られるのは、幅広い年齢層の観光客が楽しめる多彩な観光スポットがある埼玉ならではの特色といえるでしょう。
アニメの舞台となった狭山丘陵をはじめ、埼玉には緑豊かな自然環境が魅力の観光スポットや、ランドマーク的な施設が多くあります。
多種多様な観光スポットや施設があるため、人を楽しませる仕事をしたい方やサービス業に就きたい方は、幅広い選択肢から仕事を選べるでしょう。

サービス業に興味のある方は「サービススタッフの仕事」のコラムでサービス業の仕事内容について詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

農業が盛ん

東京の隣に位置し、都心からもそれほど遠くないにもかかわらず、農業産出額は全国で上位に入る、近郊農業の盛んな埼玉。農業に関する求人も多く、県全体として、農家への就職や農業経営を支援する行政のサポート制度にも力を入れています。中には「日帰り」できる仕事として、都心からの求人募集を行っている農家もあるようです。

狭山茶や深谷ねぎが有名ですが、それ以外にも里芋やブロッコリー、ほうれん草、切花の百合など、穏やかな気候と平坦で肥沃な土地環境で育った農産物が充実。東京都心から100km圏内であるという地理的に有利な条件を生かして首都圏に多く流通しています。

農家への就職については「農家へ転職するのは難しい?農業の現実や失敗しないためのポイントを解説」のコラムでも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

埼玉県で正社員として働くメリット

埼玉県で正社員として働くメリットには、「首都圏内では求人数が比較的多い」「ものづくりに携われる環境がある」などがあります。以下で詳細に確認しましょう。

首都圏内では求人数が比較的多い

埼玉は首都圏内での求人数が比較的多いため、自分の希望や生活スタイルに合わせた仕事選びをしやすいところがメリットといえるでしょう。
厚生労働省の「一般職業紹介状況(職業安定業務統計):雇用関係指標(年度)」によると、2022年の時点で埼玉県は首都圏内で東京都に次いで有効求人数が多いことが分かります。

地域有効求人数(正社員)
東京都174万5,579件
埼玉県56万5,139件
神奈川県55万1,961件
千葉県40万9,457件
茨城県29万9,230件
栃木県23万8,950件
群馬県22万1,093件

引用:厚生労働省「一般職業紹介状況(職業安定業務統計):雇用関係指標(年度)

埼玉は有効求人数が多いだけではなく、業種や職種も多種多様です。交通アクセスも利便性が高いため、勤務地や通勤時間など、自分の生活スタイルに合わせた仕事選びがしやすいでしょう。

参照元
厚生労働省
一般職業紹介状況(職業安定業務統計)

ものづくりに携われる環境がある

主要産業が製造業の埼玉は、メーカーへの就職やものづくりの仕事をしたい人にとっては、希望業種や職種への就職につなげやすい環境といえるでしょう。
埼玉には、自動車の部品やシートなどの内装をつくる自動車関連メーカー、食料品や化学工業、金属製品などさまざまな分野の企業があります。また、アクセスの良さや広い土地があることから埼玉に工場を設置する企業も多いため、工場で勤務したい人にとっても求人を探しやすい環境といえるでしょう。

情報サービス業が着実に成長している

埼玉では情報サービス業が着実に成長しており、IT業界への就職を目指す人にとってはチャンスの多い環境といえます。行政でも情報サービス業の発展に向けて注力しており、特に中小企業への支援に力を入れているようです。そのため、今後も情報サービス業の躍進に期待ができ、安定した働き方につながると考えられるでしょう。
また、これまで埼玉県外で勤務していた人であっても、情報サービス業の経験があれば、そのスキルや経験を活かして転職しやすいというメリットもあります。

IT業界の仕事については「IT業界の仕事」のコラムで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

埼玉県で正社員として働くデメリット

ここでは、埼玉で正社員として働くデメリットを紹介します。埼玉での就職を考える際に、どのような点がデメリットになり得るのか以下で確認してみましょう。

業界を先導する企業が都内にあることが多い

埼玉の求人数は首都圏内では比較的多いとはいえ、業界を先導したり、第一線で活躍したりできる企業の多くが東京都内を拠点としています。そのため、希望の業種や職種に就けたとしても、業界の第一線で活躍したいと考えている人には、物足りなさを感じる場合もあるでしょう。
とはいえ、主要産業が製造業の埼玉には、業界をリードするような大手メーカーの本社が設置されていることも少なくありません。

将来的に国際的スキルが必要になる可能性がある

埼玉県の「令和4年度 埼玉県内企業に対する海外ビジネス意向調査結果」によると、日本製品の海外需要が増加していることから、販路拡大を目的として海外進出に意欲を見せる企業もあるようです。インターネットを通じて国際的に商品を販売できる越境ECや、オンライン展示会に対してメリットを感じている企業も。そのため、将来的に国際的な取引の増加や、海外製造に移行する企業もあるでしょう。それに伴い、国際的なスキルや語学力を身につける努力が必要とされる可能性もあります。

製造業に限らず、変化が激しい時代にあるため、常に安定しているとはいえないでしょう。そのため、自分の希望する働き方を実現するためには、業界研究や企業研究をしっかり行い、仕事選びに活かしていくことが大切です。

業界研究のやり方については「業界研究のやり方は?就活に役立つノートの作り方とポイントを紹介」のコラムで解説しています。
また、企業研究については「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」のコラムで詳しくお読みいただけるので、ぜひ業界・企業研究に役立ててください。

参照元
埼玉県
海外ビジネス意向調査

移動手段に車が必要な場合がある

埼玉県にはJR線のほか、東武鉄道や西武鉄道など複数の路線が通り、電車の利用が便利な地域もあります。
一方で、路線から離れた地域では、移動手段として車が必要なところも。車で通勤する場合、運転免許の所持や車の維持費などが必要となり、コストが掛かることもあるでしょう。

埼玉県で正社員就職を目指すときのポイント

ここでは、埼玉で正社員就職を目指すときのポイントを紹介します。以下で詳しく確認してみましょう。

主要な産業や興味のある分野を把握する

埼玉で正社員就職を目指すのであれば、主要な産業や興味のある分野について調べるのがおすすめです。主要産業を把握することで、求人数が多いなかから探せたり、地域経済を支えているような産業であれば、給与水準が高かったりする場合もあるでしょう。
また、主要産業を調べるうちに、関連する業種や職種などで自分が興味を持てる分野が見つかる可能性もあります。主要産業や自分が関心のある分野を把握することで、求人探しの選択肢を広げられるはずです。

就職したい理由を明確化する

志望動機を伝える際は、就職したい理由を明確にしておきましょう。面接官は「なぜ自社でなければならないのか」という点を見ているため、企業研究や自己分析をしっかりと行い、明確に言語化しておくことが大切です。また、差支えない範囲で「なぜ都内ではなく埼玉を選んだのか」も説明できると、勤務条件について面接官から納得を得られることもあるといえます。

就職後の生活について想定しておく

就職後の生活について事前に想定しておくことで、入職後の生活に対してギャップが少なくなり、安定した働き方にもつながるでしょう。
特に、埼玉県外から埼玉の企業に就職や転職をする場合、仕事だけではなく生活スタイルや収支のバランスも少なからず変わります。たとえば、家賃や食費、日用雑貨費、地域によっては車や車の維持費も必要となるでしょう。就職や転職後の収入と合わせて確認しておくことで、経済的・精神的に安定した働き方につながるといえます。

就職活動のプランを立てる

埼玉で正社員就職を目指す際は、就職活動のプランを立てるのも重要です。求人の応募と面接は、基本的に2〜3ヶ月内で行われます。そのため、同じ期間に複数の企業に応募している場合には、選考スケジュールを調整しなければならないこともあるでしょう。また、業界研究や企業研究に加え、書類作成や面接対策なども必要になるため、早めに計画を立てておくのがおすすめです。

就活のスケジュ―ルについては「就活はいつから始まる?スケジュールと事前にしておくべきことを紹介」のコラムでも紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

キャリアプランを考える

求人探しの際に、勤務条件のみを重視した場合、実際に働き始めてからギャップを感じてしまう可能性もあります。入職後のミスマッチを防ぐためにも、自分がどのような働き方をしたいのか、業務に携わりたいのかなどのキャリアプランを考えることが大切です。
また、志望動機とともに「応募企業で何を実現したいのか」などのキャリアプランを伝えることで、面接官に入社後のイメージや仕事への意欲を伝えられるでしょう。

「埼玉で就職したいけど、どうすれば良いか分からない」「キャリアプランの作り方や選考対策が不安…」という方は、若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください!

ハタラクティブでは、専任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの希望条件や適性にぴったりの求人をご提案します。「未経験者歓迎」「学歴・職歴不問」の求人も取り扱っているので、スキルや経験に不安がある方も安心です。1分程度で適性を簡単に診断できる「適性診断」もあります。サービスの登録・利用はすべて無料なので、ぜひお問い合わせください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次