高卒の仕事選び!自分に合った仕事を見付けるポイント

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 高卒の仕事選び!自分に合った仕事を見付けるポイント

公開日:

最終更新日:

高卒で仕事を選ぶ際、選べる職種が狭まるのではないかと考える方や、就職活動に不利になりやすいのではないかと考える方もいます。高卒で就活を行う際には、「高卒ならではの強みを活かせる仕事」を選ぶことも1つの方法です。今回は、高卒で仕事を選ぶ際のポイントについてお話していきます。

◆高卒の仕事選びは選択肢が狭まる?

高卒で仕事選びをすると、「選択肢が狭まってしまうのではないか?」と考える方も多いようです。大学新卒を採用対象とする企業は多く、高卒で就職をすることによって昇給や出世が遅く、上限があるということも事実です。 職種によっては、就職試験を受けることが難しい場合もあります。

一方で、高卒の強みともいえる年齢の若さや、柔軟性に富んだ思考力、じっくりとキャリアを積むことができる点などが就職試験に有利に働く場合もあります。
志望者のコミュニケーション能力の高さや、若さなどに着目し、積極的に採用を行う方法を「ポテンシャル採用」といいます。中小企業などでは、積極的にポテンシャル採用を行う企業も多く、高卒の強みを活かしやすいといえます。

◆資格取得で選択肢を広げる道も

高卒から就職をする場合、職種に合わせた専門的な資格を取得することによって、仕事の選択肢を広げることができる場合もあります。学歴に関わらず受験することができる国家資格の中でも人気なのが、宅地建物取引士や不動産鑑定士、行政書士や公認会計士などの資格です。

宅地建物取引士は、「宅健士」とも呼ばれ、不動産売買や仲介に関する仕事を行います。不動産鑑定士は、土地や建物などの不動産に対し、適正な価値を付けるために必要な資格です。
どちらも不動産業界には必要不可欠であるため、資格保持者は業界からのニーズが高いといえます。

法的文書の作成や、提出手続きの代行を行うために必要な行政書士資格や、企業の決算の監査を行ったり、経営コンサルタントなどを行なったりする公認会計士資格などは、高度な専門知識を必要とする資格であり、資格取得が容易ではないことも事実です。

高校を卒業してから時間が経っている場合などは、高卒の強みである「若さ」を活かしきれなくなってしまうことも考えられます。
これらの資格取得に挑戦する場合は、タイミングや資格取得に自分の能力が合っているかどうかなどを、総合的に吟味することも大切です。

◆高卒の強みを活かせる職種とは

高卒の強みを活かすことができる職種としては、不動産、プログラマーやシステムエンジニアなどの技術職、営業や販売、サービス業などの人と接する仕事などが挙げられます。
不動産や、プログラマー、システムエンジニアなどの専門的な知識もしくは技術を必要とする職種は、高卒の若さを活かしやすいといえます。

これは、専門知識や技術習得などに時間をかけることができるためです。
また、営業や販売、サービス業などの人と接する仕事は、学歴に関係なく結果を残しやすい職種であるともいえます。
努力ややる気などが結果に反映されやすい職種であり、人と接することが好きな方にとっては、能力を活かしやすい仕事であるといえます。

高卒の仕事選びに不明点や、不安がある方は、転職エージェントを利用することも1つの方法です。
ハタラクティブは、高卒、既卒、第二新卒などの若年層に向けた就活サポートサービスを行っています。利用者の内定獲得率は80%以上と、高い実績があり、経験豊富な就活アドバイザーがあなたの就活をサポートします。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ