圧迫面接の特徴と対処法とは

圧迫面接の特徴と対処法とはの画像

正社員の就職面接で、わざと嫌な質問をされた経験があったら、それは「圧迫面接」です。困らせたり、不快な思いにさせることに一体どんな意図があり、どう対処したらいいのでしょうか。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

圧迫面接の特徴と対処法とは

「圧迫面接」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。就職や転職の面接で、面接官からわざと嫌な質問や返答に困るような質問をされることを圧迫面接と言います。なぜそんなことをするのだろうと思う方もいるかもしれませんが、模範のような回答しかしない求職者に対して本音を見たり、とっさの対応力を試したりといった意図があるようです。

では、実際にはどんな内容が質問されるのでしょうか。「圧迫面接」の具体例を挙げながら、その質問の意図を探っていきましょう。

「なぜ今になって正社員での就職を目指そうと思ったのですか。アルバイトの方が気が楽ではありませんか。」

正社員としてのやる気を見ている質問です。圧迫面接ではよくあるものです。また、アルバイト経験をどう仕事に活かしていきたいのかを、どれだけアピールできるかも重要になってきます。

「転職の回数が多いですね。」

この場合は、転職回数の多さを経験の豊富さに置き換えて、それらをどのように仕事に活かしていきたいのかをアピールすることが大切です。前の会社の不満を言ったりせず、前向きな回答を心がけるといいでしょう。

「○○部署を希望されていますが、別の部署に配属されたら、嫌になってすぐに辞めてしまうのではないですか。」

希望の部署でどんな仕事をしたいのかは答えられても、他の部署のことになったら答えに詰まってしまいそうですね。会社自体にどれだけ興味があるのかを、しっかりとアピールすることが重要です。

圧迫面接には、威圧感を与える、否定する、横柄な態度をとる、しつこく聞く、興味のない態度を見せるなど、さまざまな特徴が挙げられます。ただ、求職者のことが嫌いでそのような質問をしているのではありません。取り乱す、ムッとする、泣くなど感情的にならないよう、リラックスして冷静に答えることが大切です。

希望する企業での内定を勝ち取るためにも、圧迫面接に対する心構えは必要です。就職や転職に関する豊富なノウハウがあるハタラクティブなら、面接対策をしっかりとサポートします。圧迫面接への対処はもちろん、圧迫面接がない企業のご紹介もお任せください。正社員としての充実した毎日を、ハタラクティブと一緒に実現させましょう。

この記事に関連するタグ