ニートから脱出したい!その原因や就職先を探すための方法を解説

ニートから脱出したい!その原因や就職先を探すための方法を解説の画像

この記事のまとめ

  • ニートになる原因は、学生時代のつまずきや対人関係への苦手意識などがある
  • ニートから脱出したいと思う原因は、将来への不安や不規則な生活を見直したいため
  • ニートから抜け出せない原因は、働くことへの恐怖心や仕事の探し方がわかないこと
  • ニートからの脱出を目指すなら、就職エージェントに相談してみることがおすすめ

ニートになる原因は人によってさまざま。ニートであることに焦りを感じているけど、なかなか抜け出せない…とお悩みの方もいるでしょう。ニートを抜け出すには、ネガティブになりすぎないことが重要です。このコラムでは、脱ニートを目指すきっかけや抜け出せない原因を包括的に解説しています。また、就職先を探す際のコツも紹介するので、ニートからの卒業を検討している人は参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニートになる人の原因

ニートになる原因として、前職での経験や家族との関係などに問題を抱えている場合があるでしょう。ここでは厚生労働省の調査をもとにニートになりやすい人の特徴を解説します。

学生時代につまずきを経験している

学生時代にいじめや不登校を経験し、自信を失ってしまったことがニートになる原因として多いようです。厚生労働省の「ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書」によると、ニートの37.1%が不登校を経験しています。また、全体の半数ほどが「ひきこもり」や「精神科や心療内科で治療を受けた」経験があるとのこと。学生時代の体験をもとに、精神的な問題がニートの原因になっているようです。

対人関係に苦手意識がある

ニートのなかには、人との関わりが苦手な方も多いようです。厚生労働省の「ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書」によると、ニートの人は「人と話すのが不得意」という項目が64.4%と突出しています。また、就職活動をするうえで苦手に感じていることは「面接に通る」75.1%、「面接で質問に答える」64.8%、「職場で友達をつくる」64.6%。この結果から、ニートの人は対人関係への苦手意識が強く、それが原因となって就労困難になっていると考えられます。

参照元
厚生労働省
ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書(概要)

ニートになる原因と心理的要因は?生活を改善して正社員就職を目指す方法」でもニートになる原因を紹介しているので、あわせてご覧ください。

ニートを脱出したいと思う原因

厚生労働省によって「15~34歳で、非労働力人口のうち家事も通学もしていない人」と定義されているニート。ニートになる原因や期間は人それぞれですが、「ニートから脱出したい」と考えている人もいるでしょう。ここでは、ニートを脱出したいと思う原因を解説します。

将来に対する不安

若いうちは周囲にもニートやフリーターが多いので、将来に対して不安を感じない人が多い傾向にあります。しかし、年齢が上がるにつれて漠然とした不安を感じるように。特に、金銭面や親の年齢、介護などによる環境の変化がニートを脱出したい原因になるようです。

収入が欲しい

将来に対する不安から収入が欲しいと思う人もいれば、「親からの金銭援助では足りない」「欲しい時に欲しいものを買いたい」という理由で収入を求める人もいるでしょう。一定の収入を得たいという思いがニートを抜け出す原因となります。

外の世界が知りたい

外出をほとんどしない人の場合、インターネットやテレビなどメディアを通した情報ばかりになるでしょう。そのため、外の世界で起きていることを知りたい、体験してみたいと考えることがニートを抜け出す原因となります。

生活が不規則

仕事や通学がないため、「○時に△△をする」といった時間の縛りがありません。好きなときに寝起きしたり食事をしたり、といった不規則な生活を送っているニートの人も多いでしょう。不規則な生活が続き「規則正しい生活をしたい」「健康的な生活を取り戻したい」という思いがニートを抜け出す原因になります。

社会的信用を得たい

ニートに対するネガティブなイメージを持つ人は少なくないのが現状です。年齢を重ねると周囲も就職したり役職を得たりするため、「自分はニートで社会的信用がない」と焦る人も。また、クレジットカード審査が通らない、ローンが組めないなど、生活面にも支障が出ることが多いようです。

ニートから抜け出せない3つの原因

前述のように、ニートでいることに焦りを感じて脱ニートを目指す人がいるようです。しかし、ニート状態から抜け出すのは一定の難しさがあります。抜け出せない原因としてよく挙げられるのは以下の3つです。

1.働くのが怖い

学校を卒業してから1度も働いたことがない、人間関係が原因で前職を辞めたからトラウマがあるなど、働くことへの恐怖感がニート状態から抜け出せない原因の1つになっています。
特に引きこもりがちな場合は、家族以外の人と話す機会がないので人と関わることが怖いと感じるようです。また、インターネットなどで得た情報から「○○の仕事は厳しい」「働くのは辛い」といった先入観で判断している人もいるでしょう。

2.やりたい仕事が見つからない

働くことに対して抵抗はないものの、求人を見ても興味のある仕事が見つからない、何をしたいか分からないという場合も、ニートを続けてしまう原因です。やりたい仕事が見つからない場合はカウンセリングを受けるのも一つの手。「ニートがカウンセリングを受けられる場所とは?就職相談の受け方をご紹介!」でカウンセリングを受けるメリットや相談できる場所を紹介しています。

3.仕事の探し方が分からない

就職やアルバイト経験が少なく、仕事の探し方が分からないことが原因になるようです。求人の見つけ方や応募の仕方が分からないなど、具体的な就活方法が分からずにニートを続けてしまうのでしょう。

ニートから脱出するために原因を解消する方法

不安要素を考え過ぎることが、ニートを脱出したいと思っても動き出せない原因となってしまうこともあるでしょう。ニートから脱出するためにどのような思考に気をつければ良いのか、以下で紹介するので確認してください。

先のことを想像し過ぎない

先のことを考え過ぎるとマイナスな感情になりニートから抜け出せない原因になる可能性があります。「就職活動で失敗するかも」や「就職できても人間関係をうまくやっていけるか」など、ニート期間が長いと不安に思うことも多くあるでしょう。しかし、これは想像に過ぎません。実際に動き出してみると新しい価値観を知り、前向きに楽しめる可能性も。リスクを考えることは仕事をするうえで大事なことですが、楽観的に考える思考を持つことも大切です。

自分を責めない

ニートは世の中から悪いイメージを持たれがちです。そのため、ニートでいることを責めてしまう人もいるでしょう。しかし、ニートになった原因は人それぞれ。すべて自分のせいだと思い込む必要はありません。まずは自分の状況を客観的に見つめ、得意なことや好きなことなどを分析してみると良いでしょう。そこから就きたい職業が見つかる可能性があります。

失敗しても良い

失敗を恐れることがニートから脱却できない原因になっている人もいるでしょう。成長するために失敗は付きもの。就職活動をすれば、書類選考で落とされたり、面接がうまくいかないことはよくあることです。就職活動には慣れが必要なので、落ち込む必要はありません。経験したことを活かして成長につなげられれば良いでしょう。

ニートの原因を知って焦ることなく就職先を探そう!

ニートを脱出するには、焦らず少しずつ動き出すことが大切です。ここまで解説してきたニートになる原因をもとに自身の経験を振り返り、得意とすることを探してみましょう。向いていそうな仕事を絞り込んでいくと自信をもってニート脱却へ動き出せるはずです。

まずは働くことに慣れる

まずは無理のないペースで働きはじめると良いでしょう。いきなり、フルタイムで働くとニート期間とのギャップにより長続きしない可能性があります。アルバイトや在宅勤務など、自分で働く時間を調整できるものからはじめると次第に働くことに慣れるはず。コミュニケーションや生活習慣を改善し就職へのハードルを下げることが大切です。ニートの人におすすめの仕事探しについて「ニートの仕事探しのポイントは5つ!おすすめの仕事もご紹介」でご紹介しています。

就職エージェントを活用する

仕事をはじめたいけど勇気がでないという方は、就職エージェントに相談すると良いでしょう。就職エージェントは無料で利用できます。そのため気軽に相談可能。企業とのつながりがあるため、応募する前に会社の雰囲気や細かい情報を入手できます。ニートを脱出したいけど不安という方は、就職エージェントに相談しながら自分に合う就職先を探してみると良いでしょう。

ハタラクティブでは、若年層に向けて就職支援を行っています。「ニートから脱出したいから誰かに相談したい」や「どこからはじめれば良いのか知りたい」という方はぜひハタラクティブへお問い合わせください。経験豊富なアドバイザーが一人ひとりに合った就職活動をサポートします。未経験歓迎や研修充実の求人を多く用意しているので、久しぶりの就職やはじめての就職の方も安心して就職可能。すべてのサービスが無料なのでお気軽にお問い合わせください。 

ニートになる原因に関するFAQ

ニートになる原因にはさまざまな要因があるようです。ここでは、ニートの人に対する疑問にお答えします。

ニートになる人の傾向とは?

ニートになる人の傾向として自己肯定感の低さがあるようです。その原因として、学生時代や前職の経験などさまざま。さらに、社会との関わりが少なくなるとニート脱却が難しくなっていきます。このコラム「ニートになる人の原因」でニートになる人の傾向を紹介しています。自身の経験と照らし合わせてください。

ニートはなぜ働かないの?

「働くことに恐怖を感じている」や「やりたいことが見つからない」ことが、ニートを脱却できない原因として考えられます。また、働かない原因として精神的な問題を抱えている人もいるでしょう。「ニートから抜け出せない3つの原因」で詳しく解説しています。

ニートから脱出するためにはどうすれば良い?

ニートから脱出するためには、焦らず無理のない範囲で働きはじめることが大切。これまでの生活となるべく変化の少ないものを選ぶことがおすすめです。アルバイトや在宅勤務などからはじめて、徐々に生活習慣を変化させていくと良いでしょう。ニートから就職を目指すならぜひハタラクティブへお問い合わせください。若年層に向けた求人を無料でご紹介しています。

この記事に関連するタグ