ニートが就職するには?6つの理由別の対処法やおすすめの職種をご紹介!

ニートが就職するには?6つの理由別の対処法やおすすめの職種をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • ニートから就職するには、自分の現状に合った対策を取ることが大事
  • ニートからの就職におすすめの職種は、「介護職」「プログラマー」「事務職」など
  • ニートから就職するには、できるだけ早めに行動を起こすのがポイント
  • ニートから効率的に就職するには、就職サイトやエージェントなどの活用がおすすめ

「ニートが就職するにはどうすれば良い?」という疑問を持っている方も多いでしょう。就職を目指すニートの方は、「なぜ自分がニートになったのか」を明確にして、今できることを考えてみてください。
このコラムでは、ニートになった理由別の対処法やおすすめの職種をご紹介。また、ニートから就職活動を効率的に進める方法も解説しています。「現在ニートで就活が怖い」という方は、ぜひご一読ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートが就職するにはどうしたら良い?

ニートが就職するにはどうしたら良い?の画像

ニートから就職するには、「なぜニートになったのか」や「ニートを続けている理由」を明確にして、それに応じた対処法を取ることが大切です。以下でそれぞれの手順について解説します。

ニートになった理由および就職しない理由を明確にする

まずは、ニートになった理由や就職しない理由を明確にしましょう。よくある理由としては以下のような内容が挙げられます。

  • ・病気や怪我で働けなくなった
  • ・就活に失敗してしまった
  • ・一度正社員として就職したが企業とのミスマッチで退職した
  • ・人間関係に不安を感じている
  • ・親の収入で十分生活できている
  • ・理想の就職先が見つからない
  • ・スキルや経験がなくてできる仕事がない
  • ・ブランク期間を深掘りされそうで怖い

「なぜ就職しなかったのか」は、対処法を考えるときだけでなく、面接で聞かれたときにも役立つので、なるべく具体的にしておきましょう。

新型コロナウイルス感染症のニートへの影響

総務省統計局の「労働力調査(基本集計)2022年(令和4年)平均結果の概要 3完全失業者 図6 間z年失業者数の推移(13p)」によると、ニート数は2012年から2019年までは減少傾向で、285万人から162万人にまで減少しています。しかし、2020年には192万人、2021年には195万人と増加。2022年には179万人と再び減少に転じました。ニート数増加の背景として考えられるのは、2020年に流行した新型コロナウイルス感染です。感染症の流行で多くの企業は経営難に陥ったことが、それに伴って失業者数が一時的に増加した理由の一つだと考えられます。

理由に応じた対処法を取る

ニートになった理由が明確になったら、次はそれに応じた対処法を考えましょう。たとえば、「人間関係に不安がある場合は人と関わる機会が少ない仕事を選ぶ」「スキルに自信がない場合は未経験OKの仕事を選ぶ」などが考えられるでしょう。

参照元
総務省統計局
労働力調査(基本集計)2022年(令和4年)平均結果

ハタラビット

自分に合う仕事とは?
適職相談しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分の経験で就職・転職できるのかな…
  • 自分に合う仕事ってなんだろう?
  • 求人の選び方がわからない

仕事探しや就活の悩みにも、1人1人の状況に向き合ってサポートします。

就活のプロがあなたの強みや希望を引き出し、ぴったりの求人をご紹介!
ハタラクティブでは、面談から求人の選び方・面接対策・内定に至るにまで、一貫して丁寧なサポートを強みとしています。
内定まで最短で2週間。まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

ニートが就職するには?6つの理由別の対処法

ニートが就職するには?6つの理由別の対処法の画像

この項では、ニートになった6つの理由別の対処法を紹介します。自分の現状と照らし合わせながら、今何ができるかを考えてみてください。

1.就活に失敗した経験がある場合

就活に失敗した経験があるニートの方は、前回失敗した原因を洗い出したうえで、解決方法を考えてみましょう。たとえば、緊張が原因で面接が上手くいかなかった場合は、第三者に協力してもらって練習するのがおすすめです。家族や友人と面接練習をしたり、就職・転職エージェントの模擬面接を活用したりすることで、面接の雰囲気に慣れておくと良いでしょう。
模擬面接の方法は、「模擬面接とは?やり方や聞かれることを解説!オンラインでも対策できる?」のコラムで確認できます。

2.会社とのミスマッチで退職した経験がある場合

一度就職したものの、会社とのミスマッチで退職してしまった場合は、自己分析や企業研究を徹底して自分に合う会社を見極めましょう。ミスマッチは、自分のことや企業のことをよく理解していないまま就職した際に起こる場合が多いからです。自己分析の方法は「自己分析とは?実施のメリットと就活・転職活動での必要性を解説」、企業研究の方法は「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」のコラムを参考にしてみてください。

正社員登用制度を利用してミスマッチを防ぐ方法も

就職後のミスマッチを避けるには、正社員登用制度が導入されている会社にアルバイトとして入るのも一つの手です。正社員登用制度を活用すれば、業務内容や社風が合うかどうか確かめてから正社員を目指せます。ただし、正社員登用制度があるからといって必ずしも正社員になれるとは限らないので、求人を選ぶ際は登用実績をよく確認しましょう。正社員登用制度について詳しく知りたい方は、「正社員登用制度とは?読み方や必要な実績・試験について解説!」もご参照ください。

3.人間関係に不安を感じている場合

就職後の人間関係が不安な場合は、応募先企業の職場見学に参加するのがおすすめです。一緒に働く社員の雰囲気を事前に確かめておけば、就職後の不安を軽減できます。それでも人間関係への不安を払しょくできない場合は、ほかの社員と関わる機会が少ない職種に就くのも効果的です。
他者との関わりが少ない仕事は、「人と関わらない仕事を紹介!メリット・デメリットや仕事の探し方を解説!」のコラムでご紹介しているので、気になる方はチェックしてみましょう。

4.理想の就職先が見つからない場合

理想の就職先がなかなか見つからないときは、希望条件に優先順位をつけてください。希望が多過ぎると、条件にマッチする求人が見つかりにくくなるからです。今はすべての希望条件を満たせなくても、職歴を積めば、将来的に理想の会社に就職できる可能性もあります。そのため、前向きな気持ちで「今はどの条件を優先したいか」を考えてみましょう。
仕事を選ぶ基準は「仕事の決め方がわからない!どんな働き方をしたいのか自分の基準で考えよう」のコラムに載せているので、ぜひご一読ください。

5.スキルや経験に自信がない場合

スキルや経験がなくて就職できない場合は、未経験者を歓迎している会社や教育制度が整った就職先を探しましょう。「未経験OK」「教育制度あり」といった求人を出している会社の多くは、入社後に人材を育成する前提で選考を行います。能力よりも人柄やポテンシャルを重視されやすいため、職歴に自信がなくても挑戦しやすいでしょう。
未経験からチャレンジできる仕事を探しているニートの方は、「受かりやすい仕事って?未経験者歓迎の求人が多い業界とは」や「ニートから就職を目指す女性におすすめの仕事は?職歴なしで就活するコツ」のコラムもご参照ください。

未経験OKの求人を探している方向けの

求人一覧はこちらから

6.ブランク期間を深掘りされそうで怖い場合

面接でブランク期間について深く聞かれるのが怖い場合は、面接官からの質問を想定して回答を考えておきましょう。想定される質問としては、以下のようなものが考えられます。

  • ・卒業してから今までなぜ就職しなかったのですか
  • ・ブランク期間に何を得ましたか
  • ・ブランク期間に得たものを入社後にどう活かしますか

このような質問に対する回答を事前に用意しておけば、面接当日も焦らずに対応できるでしょう。

ブランク期間のあるニートが面接で好印象を与えるには

ニートとして面接官に好印象を与えるポイントは、できるだけ前向きに回答することです。過去の失敗や反省を述べて終わりにせず、その反省を今後どう活かしていきたいかを明確に述べましょう。面接でブランク期間について述べるときのポイントが知りたい方は、「空白期間を面接で聞かれたら?「何もしてない」はOK?答え方や例文を紹介」のコラムも要チェックです。

就職活動においてニートの方が抱える不安の解決策は、「ニートからの就職のコツを紹介!支援機関を使って就活を有利に進めよう」にも載せているので、ぜひご覧ください。

ニートから就職するのにおすすめの職種は?

ニートから就職するのにおすすめの職種は?の画像

ニートから就職するのにおすすめの職種としては、以下が挙げられます。

  • ・介護職
  • ・警備員
  • ・清掃員
  • ・工場作業員
  • ・プログラマー
  • ・営業職
  • ・接客スタッフ
  • ・事務職

正社員

電話対応含む一般事務

  • 年収 227万円 ~ 259万円

  • 大手企業,未経験OK,土日祝休み,賞与あり,学歴不問,安定的な仕事,昇給あり

上記は資格がなくても就ける場合が多く、ニートから挑戦しやすい職種です。資格取得支援制度を導入している企業もあるので、就職後のステップアップを目指したい方は、求人を選ぶ際にチェックしましょう。「ニートが就職しやすい6つの職種」のコラムでは、ニートからの就職におすすめの職種をより詳しく解説しているので、こちらもお役立てください。

ニートが就職するには早めの行動が大事!

ニートから就職するには、できるだけ早く行動するのが大事です。その理由を以下で解説しているので、ぜひご覧ください。

ブランク期間が延びるとますます就職しづらくなる

ニートとして就職せずにいると、ブランク期間が延び、次第に就職の難易度が上がります。ブランク期間が長ければ、それだけ「ブランク期間に何をしていたのか」の説明が重要になるからです。特に、何の目的もなくニートを続けていた場合は、面接官が納得する理由を述べるのが難しく、採用を避けられる恐れがあります。20代のうちは若さやポテンシャルである程度カバーできますが、30代や40代になるとスキルや経験も求められるようになるので注意が必要です。

スキルや経験を早めに積めば理想の会社への転職も可能

すべてが理想通りではなくても、理想とする仕事に関連する職種であれば、就職してみるのも良いでしょう。なぜなら、その会社で積んだ経験やスキルを活かして、将来的に理想の会社に転職できる可能性があるからです。はじめから希望通りの会社に就職するのは難しくても、いくつかの会社で職歴を積んだあとであればスムーズに就職できる場合があります。

未経験から正社員へ 体験談」では、社会人未経験から正社員への就職を成功させた方の体験談を載せているので、興味のある方はご一読ください。ほかにも、ニートから就職した方の体験談をいくつか読んで、参考にしてみると良いでしょう。

ニートが効率良く就職するには?

ニートが効率良く就職するには?の画像

就職活動を効率良く進めたいニートの方におすすめのサービスは、主に以下の3つです。

  • ・就職サイトのフリーワード検索
  • ・公的な就職支援サービス
  • ・民間の就職/転職エージェント

それぞれの特徴を以下で解説するので、自分に合った方法を試してみてください。

就職サイトのフリーワード検索を活用する

就職サイトのフリーワード検索では、自分が検索したい用語を自由に記入できるので、条件に合う求人を探しやすくなります。ニートの方は、「未経験歓迎」「社会人未経験OK」「学歴・職歴不問」といったワードで検索すると、挑戦しやすい求人が出てくるでしょう。就職サイトを活用した求人の探し方は、「仕事の探し方がわからない人へ!フリーター・20代・新卒など状況別に解説」にも載せているので、あわせてご覧ください。

公的な就職支援サービスを利用する

ハローワークやジョブカフェ、サポステといった、厚生労働省管轄の就職支援機関を活用するのもおすすめです。厚生労働省の「就職活動を続ける若者のみなさま、事業主のみなさまへ」によると、それぞれのサービスによって支援対象者や支援内容が異なることが分かります。
利用先を選ぶ際は、以下の表を参考にしてみてください。

 対象者主なサービス内容
ハローワーク施設によって異なる職業紹介
雇用保険
雇用対策
ジョブカフェ
(若年者のためのワンストップサービスセンター)
若年層向け就職セミナー
職場体験
カウンセリング
職業相談
職業紹介
サポステ
(地域若者サポートステーション)
働くことへの悩みを抱えた15~49歳就職に向けた相談や支援
コミュニケーションのスキルアッププログラム
職場体験
職場実習
就労体験

参照:厚生労働省「就職活動を続ける若者のみなさま、事業主のみなさまへ

ニートから活用できる就職支援機関については、「ニートが使える就労支援機関は?ひきこもりから就職する方法を解説」のコラムでより詳しく解説しています。ただし、対象者や主なサービス内容は居住地によっても異なるので、お住まいを管轄する施設の情報もよくチェックしておきましょう。

参照元
厚生労働省
トップページ

民間の就職・転職エージェントに頼る

就職活動に行き詰まっているニートの方には、就職・転職エージェントに頼る方法もあります。就職・転職エージェントとは、求職者の就職活動を全面的にサポートしてくれるサービスのことです。
基本的なサービス内容を、以下にまとめました。

  • ・求人紹介
  • ・応募書類の添削
  • ・面接対策
  • ・企業とのやり取り代行
  • ・アフターフォロー

細かいサービス内容はエージェントによって異なるので、複数のエージェントに登録したうえで、自分に合ったものを選んでみるのも良いでしょう。

「ニートを雇ってくれる会社を探したいけど、どうしたら良いか分からない」「1人で就職活動をするのがつらい」という方には、就職・転職エージェントのハタラクティブの利用がおすすめ。ハタラクティブは、ニートやフリーター、既卒といった若年層に特化した就職・転職支援サービスです。専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンで丁寧にカウンセリングを行い、一人ひとりに合った求人をご紹介します。応募先の企業に特化した選考対策を行うため、企業ごとの対策方法が分からない方も安心です。また、1分程度で行える適職診断も受けられます。
ハタラクティブでは、すべてのサービスを無料で利用できるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ニートが就職するには?4つのQ&A

ここでは、就職を目指すニートの方が抱える不安を解決します。就職に不安がある方は、ぜひ以下の回答をお役立てください。

ニートからの就職は30代や40代でも可能ですか?

ニートからの就職に「何歳まで」という明確な期限はありません。しかし、30代以降は即戦力が求められる傾向にあるため、職歴がないままニートを続けると次第に就職が厳しくなる場合があります。ニートから早く就職すべき理由は、「ニートって何歳まで?20代のうちに就活すべき理由や注意点を解説!」のコラムにも載っているので、ぜひご参照ください。

高卒ニートは就職できますか?

高卒ニートの方も就職は可能です。選考では、「なぜ進学しなかったのか」「卒業後に何をしていたのか」を聞かれやすいので、面接官に納得してもらえるような回答を考えておきましょう。面接時の注意点は「ニートの就職面接対策!ブランクの説明や苦手意識をなくすコツ」のコラムで確認できます。なお、求人を選ぶ際は、「高卒可」「高卒OK」「学歴不問」といった条件に注目すると、就職成功の可能性を高められるでしょう。

理想の就職先が見つかりません…

理想に合う求人が見つからないニートの方は、自分の希望条件を見直してみることが大切です。希望条件が多過ぎたり、理想が高過ぎたりすると、条件に合う求人がなかなか見つからない可能性があります。理想の就職先が見つからないときの対処法は、このコラムの「4.理想の就職先が見つからない場合」でも解説しているので、確認しておきましょう。

ニートから就活するには何から始めたら良いですか?

就職サイトや就職エージェントに相談・登録することをおすすめします。就職サイトは、どこでも気軽に求人を閲覧できるのが魅力です。しかし、求人への応募や選考対策、企業とのやり取りなどはすべて自分で行わなくてはなりません。一方、就職エージェントは求人紹介から入社後のアフターフォローまで、求職者の就職活動を全面的に支援してくれるのが特徴です。就職エージェントを利用して就職活動を円滑に進めたい方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ