新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事の決め方がわからない!どんな働き方をしたいのか自分の基準で考えよう

仕事の決め方がわからない!どんな働き方をしたいのか自分の基準で考えよう

公開日:

最終更新日:

   
   
   

【このページのまとめ】

   
  • ・仕事を決められない人は条件に高望みをしたり、自信や目的がなかったりする
  • ・仕事の決め方のコツは好き嫌いや得意不得意から考えること
  • ・仕事の決め方は人それぞれであり自分が納得できる仕事を選ぶことが大切

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!


就職活動や転職活動を始めるとき、志望する業界や就きたい仕事が決まっていないという人は多いでしょう。なんとなくで選んでしまった、周囲やインターネットの評判だけで決めてしまったという場合、入社後にミスマッチが起きてしまう場合も。そこで、このコラムでは仕事の決め方に関するポイントをいくつか紹介していきます。

仕事の決め方のコツ

現代にはさまざまな仕事があり、医療や飲食、金融、出版、物流など職種は多岐に渡ります。企業も数多く存在しているので、その中からやりたい仕事や自分に合った仕事を探し出すのはなかなか難しいでしょう。ここでは仕事選びに悩んでいる方に向けて、仕事を決めるためのコツをご紹介していきます。

自分の好きなこと・得意なことを洗い出す

まずは、自分の好きなことやできることを洗い出してみましょう。その仕事が好きかどうかは、仕事の選び方の大きな基準です。好きなことや得意なことを活かせれば、仕事に対するモチベーションも上がり、高い満足度で働けるでしょう。

自分の嫌いなこと・やりたくないことを避ける

嫌なこと、やりたくないことからも考えてみましょう。やりたいと思う仕事がすぐにわからなくても、嫌いなことややりたくないことはすぐに思いつくはずです。条件や待遇のみで判断して自分がやりたくない仕事に就いてしまえば、無理に続けたところでストレスが溜まる一方でしょう。どうしてもやりたいことがわからないときは、嫌いなことや苦手なことに関する仕事は省いて考えてみるのも一つの方法です。

人に必要とされる・感謝される仕事を選ぶ

「誰かのために何かしたい」「人の役に立ちたい」という気持ちがあるのなら、それを活かせる仕事を探しましょう。誰かに必要とされたり感謝されたりすることで、嫌な気持ちになる人はいないはずです。自分の仕事を通じて人に喜ばれ感謝されていると実感できれば自然と業務に打ち込むことができ、長く働き続けられるでしょう。

「やりたい」より「なりたい」に目を向ける

就職や転職をしたときに、好きなことを仕事にしたのにうまくいかなかったという人もいるでしょう。そういったケースでは、その仕事で「好き」や「やりたい」といった希望が叶った時点で満足した、あるいは飽きてしまったという意見が見受けられます。こういったタイプの人は「やりたい」より「なりたい」を基準に考えることでうまくいきやすいです。内容にもよりますが、「○○をやりたい」よりも「○○になりたい」の方が成し遂げるまでに時間がかかります。そのため、仕事に飽きを覚えてしまうタイプの人は、「なりたい」を優先することでやりがいを持って仕事に取り組めるでしょう。

◆仕事を決められない人の特徴

就職したいのに仕事の決め方がわからないという人には、いくつかの特徴があります。自分が当てはまらないか、確認してみましょう。

自己分析や企業研究をしていない

自己分析や企業研究をせず、「なんとなく」や「とりあえず」で就職・転職先を選ぼうとしている人はなかなか仕事を決められません。自分の性格や得意不得意、企業や業界を志望する理由・魅力などをはっきりさせないままでは、志望動機や自己PRの軸もブレてしまいます。求人に応募したとしても、内定を勝ち取るのは難しいでしょう。

やりたいことがわからない

やりたいことがわからない、見つからないという理由で、就職・転職活動が行き詰まっているという人も多いようです。やりたいことがわからなくなってしまう理由は、大きく2つのパターンに分けられます。

自分の強みがわからない

前述した自己分析が足りないと、自分の強みを理解することは難しいです。仕事の決め方において、自分が持っている強みを活かせる企業かどうかは重要なポイント。よって、自分の強みがわからないからやりたい仕事もわからないという考えになってしまう人が多いのです。

現在と別の仕事に就きたいが具体的な希望がない

「今の仕事は合っていないから辞めたいけど、転職したい企業や業界もない」と考えている場合です。ある程度の期間を働いて現在の仕事が合わないと感じても、そこから先のビジョンが無ければ転職に踏み出すことは難しいでしょう。

仕事に対して高望みをしている

なかなか就職ができない人は、仕事の決め方の段階で企業に高望みをしてしまっている場合があります。業務内容や勤務地、給与、休日数などの条にこだわり過ぎたり、納得のいく企業を見つけるまで時間をかけたりすることが多いようです。また、一流企業や大手企業にのみ応募を絞って視野を狭めてしまい、本当に自分に合った企業選びができずにいるという場合も。理想の仕事を追い求めるのは悪いことではありませんが、現実的に自分の能力や適性を考え、ある程度の折り合いをつけるのが大切だといえます。

学歴やスキルがなく就職することに自信がない

学歴やスキルがない人も、仕事の決め方に悩んでいる場合が多いです。自信のなさから、「こんな自分が採用されるはずがない、応募するだけ無駄だ」と諦めてしまっていることも…。反対に、採用してくれるならどこでもいいとやみくもに応募しても、内定をもらえる可能性は低いでしょう。もし採用されたとしても、企業とのミスマッチが生まれてしまう可能性が高いです。その結果、「今の仕事は向いていない。別の仕事ならもっとできることがあるかもしれない」と考えるようになり、転職回数だけが増え続けるという悪循環に陥ってしまいます。

失敗を恐れて行動ができない

仕事選びで失敗を恐れるあまり、行動が起こせないタイプです。まだ社会に出て間もない20代の若者や、就職・転職をしたことのない人に多い傾向があります。「応募した企業がブラックだったら…」「今の会社より悪い環境になってしまったら…」といった不安ばかりが先行してしまい、一歩を踏み出せなくなってしまうのです。

本当にやりたい仕事をするための自問自答

これから仕事を決める、あるいは転職先を考えるといった方は、求人に応募する前に以下の質問を自分自身にしてみましょう。

自分の好きなことに関係する仕事か?

選んだ企業が自分の「好き」に関係しているかは、仕事の決め方にも関わる大切な要素です。企業自体や業務内容が自分の好きなことに直接、あるいは間接的に繋がっているのであれば、モチベーションやパフォーマンスを高く保って仕事を続けられるでしょう。

給与のために嫌いな仕事をやろうとしていないか?

「接客業は嫌だ」「事務はしたくない」など、やりたくないことがわかっているはずなのに、条件や待遇の良さで仕事を選んでいないかという問いかけです。給与の高さのほか、通勤が楽・残業がなく休日が多いなどの条件を優先して嫌いな職業に就いても、仕事は長続きしないでしょう。むしろストレスが溜まってしまい、心身に不調をきたしてしまう恐れもあります。

仕事に対して満足感が得られそうか?

働く中でやりがいや満足感を見つけられそうかを考えることも大切です。満足感があればさらに質の良い仕事をしようと努力でき、目標を持って働けるでしょう。

自分に向いていると思えるか?

自分に向いていると思える=得意分野である可能性は高いです。得意なことであれば、やりがいや楽しみを見つけやすくなるでしょう。人にはそれぞれ得意不得意があるので、自分に向いていない仕事に就いて無理して働く必要はありません。

続けていける自信はあるか?

生涯この仕事を続けられるかということも大切です。もし定年を迎えるまで働くとしたら、続けられる自信のある仕事かを考えてみましょう。実際には終身雇用制度のない会社もありますが、資格が必要な専門性の高い仕事は長期間働ける可能性が高く、経験を積めば知識や技術が磨かれていくでしょう。

仕事を決めることに悩んでしまう方へ

考えれば考えるほど、仕事の決め方がわからなくなる…そういった方は、難しく考え過ぎている可能性があります。以下のポイントを意識して、少し気持ちを楽にしてみましょう。

自分に合った基準で仕事を選ぼう

仕事の決め方に絶対ということはありません。自分の中で譲れないものや軸となるものがある場合は、それを優先するべきです。最終的に自分が納得できる形で仕事を決めるようにしましょう。

将来について強く意識しすぎなくて良い

将来については、仕事を決める段階で強く意識しすぎなくて大丈夫です。就職してから何年後までに新しい資格をとって役職に就いて…と、キャリアプランを立てるのは決して悪いことではありません。しかし、将来を意識しすぎると具体的なプランが固まるまで行動できなくなってしまうこともあります。

就職した会社で一生働く必要はない

就職した会社で長く勤めるに越したことはありませんが、そこで一生働き続ける必要はありません。新しい職場で働き始めてみて、もし合わないと感じれば転職することもできます。応募した企業で定年まで働かないといけないと、深刻に考え過ぎないようにしましょう。

仕事内容が自分の性格や能力に合っているかも大切

自分の性格や能力で活躍できる業務内容かを考えることも大切です。たとえば、内向的で口下手な性格の場合、営業職就いてもうまくいく可能性は低いでしょう。このように、働きたいと思った企業の仕事が自分の性格や能力に合っているかどうかも、応募する前に見直してみてください。

自分に合う仕事や職場はある

就職や転職に失敗している方は、過去の経験から仕事を決めることに臆病になってしまうかもしれません。しかし、自分に合った仕事というのはどのような人にも存在します。そもそも自分に合った仕事というのは「好き」や「得意」を活かせることだけでなく、無理せず自分らしく働けることも条件の一つです。無理をして働いても、充実感や達成感を得られない仕事はすぐに合わないと感じるようになるでしょう。また、働き方を正社員にこだわる必要もありません。アルバイトやパートから正社員登用されることもあるため、やりたい仕事があれば積極的にチャレンジすると良いでしょう。

仕事の決め方は人それぞれ

仕事の決め方に明確な正解はありません。自分の好きなことを仕事にしたいと考える人もいれば、勤務時間や休日日数などプライベートを重視した仕事を選ぶ人もいます。何が正しくて何が間違っているということはないので、自分が納得できる仕事の決め方をしましょう。

自分に向いている仕事がわからないときは、第三者の意見を聞いてみるのも一つの手です。ハタラクティブの就職・転職アドバイザーは、得意分野や適性を見極めた上で条件に合った求人を紹介します。もちろん、サービスはすべて無料です。仕事の決め方に迷っているのであれば、ぜひハタラクティブをご利用ください。

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?