新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大学院中退後の就職は難しい?就活を成功させるポイントとは

大学院中退後の就職は難しい?就活を成功させるポイントとは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・大学院中退後の就職活動では、大学や教授のサーポートが受けられないので注意が必要
  • ・大学院の中退を考える前に、辞めたい理由や今後のキャリアプランを明確にする
  • ・大学院中退後は、既卒枠や第二新卒で就職活動をするのが一般的
  • ・大学院を中退した場合、就職後の給与は大学卒と同じ扱いになる

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

大学院生の中には、研究や勉強に行き詰って中退を考える人もいるでしょう。また、人間関係や経済的な問題に悩んでいる人もいます。
大学院の中退を考えている方は、辞めたい理由や今後のキャリアプランを明確にしてみましょう。大学院中退後に就職をする場合は、新卒枠ではなく、既卒枠や第二新卒で応募するのが一般的。このコラムでは、中退後に就職するメリット・デメリットや就活を成功させるポイントについてまとめました。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

大学院中退を考える理由とは

大学院生が辞めたいと思う理由は、研究や実験の内容に関する悩みや人間関係に関する悩みが多いようです。
大学院では専門的な研究や教育が行われますが、研究が思うように進まなかったり、自分が考えていた方向性とズレてしまったりすると、研究内容に興味が持てなくなり中退や就職を考えることもあるでしょう。
下記では大学院生が辞めたいと思う主な理由をご紹介します。

研究内容が合わない

最初は目的を持っていた研究でも、途中から理解ができなかったり、行き詰まったりすることで大学院の中退を考える人もいるでしょう。研究の成果がなかなか表れず、将来に不安を覚える人も多いようです。大学院を続けるためには、研究する意義を感じているか、楽しく研究ができているかも大切だといえるでしょう。どうしても研究内容に不満があるのであれば、研究室を変えるのも一つの手です。

人間関係で悩んでいる

大学院では教授に頼まれる仕事が多く、自分の時間が持てないと不満が溜まり、中退したいという気持ちが芽生える人もいます。また、教授によっても研究室の雰囲気は異なるので、自分の性格に合わないとストレスを溜め込んでしまうことも多々あるでしょう。頼れる先輩や同期がいれば研究室内の悩みも相談できますが、そうでなければ、悩みや不満を1人で抱え込んでしまいます。
研究室では1日のほとんどを同じメンバーや室内で過ごすため、人間関係に悩む人も多いようです。

経済的な理由

大学院を修了する前に、家庭状況や家計の変化などで学費が支払えないといった経済的な理由から中退や就職など、せざるを得ない人も少なくありません。
大学によって金額の大きさは異なるものの、大学院に通うには高い学費を支払う必要があります。学費が支払えなくなった場合には、退学せずに休学して学費を貯めたり、奨学金を借りたりするのも一つの方法です。条件によっては返還の必要がないものもあります。学校に相談することで対処法が見えてくることも。経済的な理由で大学院を辞めようと考えている人は、ほかの手段に目を向けてから大学院の中退を考えてみても良いでしょう。
大学院中退後の就職活動について詳しく知りたい方は「大学院を中退したその後の進路と就職活動について」のコラムをご覧ください。

大学院中退で就職するメリットとデメリット

大学院中退後に就職をする場合は、大学院卒と比べて早く社会人経験を積めるというメリットがあります。その一方で、新卒や大学院卒と比較して就職先の選択肢が狭まってしまう可能性もあるでしょう。また、志望の就職先を専攻分野にするかどうかも就職活動に大きく関わってくるといえます。この項目では、大学院を中退して就職する際のメリットとデメリットをご紹介しますので、参考にしてください。

メリット

大学院中退後に就職した場合は、大学院を卒業する人たちと比べて一足早く社会人になれます。社会人経験を早く積むメリットは、収入を得ることで自立ができたり、技術を習得できたりすることです。
専攻以外の分野で就職を希望する場合は、中退からの方が志望理由が明確になりやすい傾向があります。中退から違う分野へ就職する際には、「新しい分野に挑戦するために思い切って中退しました」というように、中退理由と志望理由を重ねて前向きに伝えることが可能です。新しいことに挑戦したいという意欲は、熱意のアピールにもなるでしょう。そのため、就職を希望する分野によっては、大学院中退でも就職活動に大きな影響はないといえます。

デメリット

大学院を中退すると、就職活動の際に学校推薦や教授推薦が受けられなくなってしまいます。そのため、自分の専攻分野での就職を考えている場合には不利になる可能性が高いでしょう。また、大学院を中退した場合は既卒や第二新卒などの中途採用となることが多く、新卒や院卒よりも応募できる企業が限られてしまう可能性もあります

大学院を中退した場合の給与は大卒と同じ扱いになる
業種や企業によっては、大卒と院卒で初任給や給与水準に差がある企業がほとんど。もし、大学院を中退した場合の給与は大卒と同じ扱いになるため、院卒と比べると給与が低くなるのが現状です。厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況(1p)」によると大学院修士課程修了(男女計)の初任給は238,900円に対して、大学卒(男女計)の初任給は210,200円となっており、大学院卒の方が2~3万高いことが分かります。しかし、大学院を中退し大学卒になった場合、給与は低めになりますが、大学院卒と比べて学費を払う期間が短く、給与も早くから貰えるため、一概に大学院卒の方が得だとは言い切れません。大学院卒と大卒の差について詳しく知りたい方は「大学院卒と学部卒の違いとは?就活はどう変わってくるのか」でも解説しているので参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況

大学院を中退する前にできること

大学院を中退する前に、まず辞めたい理由を明確にしてみましょう。周りの人や学校に相談をしたり、休学をしたりするなど、中退する前に対処可能な方法を探してみることがおすすめです。

中退の理由を明確にする

「なぜ、大学院を中退したのか」といった理由は、辞めたあとの就職活動へ大きく影響するため、中退する前に理由や目的を明確にしておきましょう。中退の理由によっては就職活動が不利になってしまうことも考えられます。なぜ辞めたいのか、辞める以外の対処法はないのかなど冷静に考えてみましょう。考えをまとめるために、紙に書き出してみるのもおすすめです。

休学する

大学院生も休学の手続きを取れます。休学をしてリフレッシュをしてから研究室に戻るのも一つの方法です。また、休学中に就職活動をして、就職先が決まればそのまま中退をするという人も。研究に行き詰っていたり、今後のキャリアプランについて悩んでいたりするのであれば、1度立ち止まってみることも大切だといえるでしょう。
休学をする場合は修了までの期間がズレたり、大学によっては休学中も多少の学費がかかったりする場合もあるので、事前に学校の規則を調べて計画的に行動しましょう。

中退後のキャリアプランを考える

大学院を中退した場合は特に、就職活動でキャリアプランを重視される傾向があります。そのため、大学院を中退したら、どんな職種につきたいか、何をやりたいかという目標を定めることが重要です。
企業がキャリアプランを聞く目的は、経営方針のニーズに合った人物であるかの判断材料のためや、応募者の積極性や今後の可能性を見極めていると考えられます。もし、就職したい企業が決まっているのであれば、志望企業での働き方を想像しつつキャリアプランを考えるのも良いでしょう。
キャリアプランを考えてみた際に、今の専攻分野での活躍を望むのであれば、中退より卒業を目指すほうが実現しやすいと考えられます。
キャリアプランの立て方が分からないという方は「キャリアプランとは?伝える際のポイントと回答例を紹介!」のコラムを参考に考えてみましょう。キャリアプランを描くことで、大学院でやるべきことが明確になり、研究に対するモチベーションを上げられるかもしれません。

大学院中退者は新卒枠で就職できないって本当?

大学院を中退した場合は、「既卒」または「第二新卒」枠で就職活動を進めるのが一般的です。採用された場合には中途入社扱いになる企業が多いでしょう。企業によって設けている枠が違うため、求人を探す際に自分がどの枠に当てはまるのか確認する必要があります。
企業の社風によっては「大学院を卒業している」という学歴よりも、個々の実力やポテンシャルを重視している場合も。中退を選択した場合は自分に適した応募枠で、しっかりとした対策を練って就職活動をするのがおすすめです。

厚生労働省は卒業から3年以内なら新卒枠での求人を推奨している
2010年に厚生労働省は「青少年雇用機会確保指針」を改正し、卒業から3年以内の既卒者は新卒枠で応募受付するように推奨しました。大学院を中退しても、大学を卒業してから3年以内なら、新卒枠で就職活動ができる企業は多くなっています。新卒で入社した場合には、新人研修や新人教育なども新卒採用の人と同じように受けられる企業が多いようです。

参照元
厚生労働省
3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!

大学院を中退したら内定は取り消しになる場合も

すでに内定をもらっている状態で、大学院を中退した場合は、企業が内定を出した条件によって対応が異なります。内定を出した条件が「大卒」の場合は内定は取り消されない可能性はありますが、「大学院修了見込み」の条件が含まれていた場合には取り消される可能性は高くなるでしょう
突然の内定取り消し…その理由とは?」でも解説していますが、内定者が大学などを卒業できなかった、経歴を偽っていたなども内定の取り消しが可能な理由の一つになってしまいます。そのため、内定を貰い就職先が決まっている場合には卒業した方が効率的でしょう。

理系の大学院を中退すると大手への就職活動は厳しい?

大手企業や自分が研究している分野を活かせる企業に就職たいのであれば、大学院を中退すると院卒と比べて不利になる可能性は考えられます。上記でも述べましたが、中退すると就職活動する際に大学推薦や教授推薦をもらえなくなるため、大手企業や自分の専門分野に就職したい方は大学院を卒業した方がメリットは多いはず。しかし、研究内容に興味が持てず卒業後も違う道を進むのであれば、就職先でスキルや経験を積んでも良いでしょう。
理系の大学院中退から就職への道を目指す方法」のコラムでは、理系大学院を中退した際の影響や、中退したくなったときの対処法をご紹介していますので、ご覧ください。

大学院中退後の就職を成功させる4つのポイント

中退後はすぐに就職活動を始めるのがポイントです。また、中退した理由を明確にして、しっかりと対策を考えると良いでしょう。

1.中退後すぐに就職活動を始める

大学院を中退してから就職活動を始めるまでの期間が長くなってしまうと、中退理由だけではなく空白期間の説明も求められることがほとんどです。空白の期間が長いと、企業側に「やる気がないのではないか」「採用してもすぐ辞めてしまうのではないか」と思われてしまう恐れがあります。そのため、早めの行動が大切だといえるでしょう。やむを得ない理由での中退や空白の期間ができてしまった場合には、きちんと説明することが大切です。

2.専攻分野と関連のない企業も選択肢に入れる

就職活動を成功させるためにも専攻分野以外も視野に入れると良いでしょう。業種や職種にこだわり過ぎると、求人が限られてしまうため就活成功のチャンスが減ってしまいます。就職活動を成功させるためには、自分のキャリアプランを軸にして、少しずつ視野を広げて考えるのがポイント。大学院を中退する場合には研究している専門分野以外にも挑戦しようとする気持ちが大切です。

3.中退しても大学院での経験をアピールする

就職活動では、大学院に進学できたスキルや経験をアピールしましょう。大学院では研究内容だけではなく、課題を見つけて取り組み、論文を発表するなどの経験も積んでいるはずです。大学院では何を学び、どのようなスキルを身に着けたのかといったことに向き合い、どのように今後に活かしていけるのかを面接官に売り込むことが大切です。

4.中退理由を前向きに考える

就職活動において大学院を中退した経験を不利なものにしないために、中退理由を前向きに捉えて、言語化してみましょう。中退理由を問われたときに、「実験で思うような結果が得られなかった」とマイナスのイメージで伝えてしまうと、面接官から「仕事も結果が出ないとすぐに辞めてしまうのではないか」と思われる可能性も。そうならないためには、中退理由を自己アピールの一部に変換する必要があります。これまでに得た経験を掘り下げて、企業の経営方針と併せて伝えられると好印象を与えられるでしょう。

中退理由をごまかしたり嘘をついたりしない
大学院を中退した事実や理由は、ごまかさずに正直に伝えることが大切です。履歴書に嘘の記載をすると、面接で矛盾が生じ、嘘がばれてしまう恐れもあります。嘘がばれた場合、信憑性に欠けてしまい、面接官にマイナスの印象を与えてしまうでしょう。また、学歴を詐称した場合には「軽犯罪法 第1条15号」によって罪に問われる可能性もあります。大学院を中退した事実を隠したりせず、これまでの経験をポジティブに捉えて就職活動を進めると良いでしょう。

参照元
e-Govポータル
軽犯罪法

大学院を中退すると大学のサポートが受けられないため、就職活動は1人で進めなければいけません。就職・転職サービスのハタラクティブでは、プロのアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたのご希望に合わせた求人をご紹介。
やりたいことが決まっていない方でも、今後のキャリアプランについてアドバイザーと一緒に考えられます。また、中退理由を前向きに捉えるためのアドバイスも。
1人で悩んで就職活動が長引くよりも、プロに相談するほうが仕事探しを効率良く進められます。まずは、お気軽にご相談ください。

大学院を中退後に就職を考えている方のお悩みに答えるQ&A

大学院を中退した後の就職活動を不安に思っている方も多いでしょう。ここでは大学を中退後の就職活動の悩みをQ&A形式で解決していきます。

大学院中退だと就活で印象が悪いですか?

面接で中退理由を聞かれた際に、ポジティブな回答を心がければ、企業に好印象を与えることもできるでしょう。たとえば、「○○が嫌になったから」のような内容ではなく、「本当にやりたいことは○○だと気づいたから」のように前向きな理由を伝えることが大切です。詳しくは「大学院中退者の就活ポイント」でも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

大学院を中退したら履歴書にどう書く?

履歴書には「大学院中退」と記載しましょう。「大学院中退の履歴書はどう書く?学歴の正しい記載方法と就職の叶え方」にもあるとおり、大学院に入学しているのに「大卒」と書くと、経歴詐称になってしまいます。後からトラブルになるのを避けるためにも、事実を正確に書くようにしましょう。また、「大学院を中退したら就活はどうなる?内定を得るためのコツも解説」でも解説しているように、「大学院中退」と記載した下に、簡潔にその理由を書いておくことをおすすめします。

大学院を中退したら内定取り消しになるの?

内定が取り消しになるかどうかは、企業が何を重視して採用活動を行っているかによるでしょう。たとえば、大学院卒業見込みを採用条件としていた場合は、条件から外れてしまうため内定取り消しになる場合も。一方、個人の能力を重視する企業なら、中退しても内定取り消しにならないこともあります。詳しくは、「大学院中退で内定取り消し?就職にどう影響するかを解説」でも紹介しているので、ぜひ御覧ください。

大学で就活のサポートを受けられなくなるのが不安

1人で就活することに不安がある方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。あなたの適性に合った求人のご紹介はもちろん、書類の書き方や面接対策まで、就活をしっかりとサポートします。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ