大学院中退後の就職活動はどのように取り組めば良い?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大学院中退フリーターからの就職

2018/06/21

【このページのまとめ】

  • ・研究内容が合わなかったり人間関係につまづいたりと、大学院中退する理由は人によってさまざま
    ・先輩や教授に相談したり、他の大学院に移ったりするのも選択肢の1つ
    ・大学院を中退すると、一般的な新卒生と比べて年齢が上がっていることや粘り強さのなさを懸念されることから就職活動が不利になる可能性もある
    ・目的を達成するための中退であることを伝えれば、好印象を与えられる場合もある
    ・中退を決心したら早めの就職活動に取り組むのが大事

「大学院中退してから就職活動をするのは不利なの?」と、不安に感じている方はいませんか。
当コラムでは、大学院を中退する理由や中退前にできることを解説。
さらに、大学院中退後の就職活動についても紹介します。

◆大学院を中退したいと思う理由と、中退前にできること

大学院を中退したいと思う理由は人によって異なります。
辞めたいと思う理由によっては、中退する前に改善できることがあるかもしれません。
中退前にできることをまとめたので、参考にしてみてください。

「研究内容が自分に合わない」と感じる人は、教授や先輩に相談してみましょう。
大学院では、目的をもって楽しく研究が行えるよう、自分に合った内容を模索することが大切です。

「研究室の人間関係につまづいた」「担当教官との相性が悪い」などの理由で悩んでいるときは、研究室を変えたり、別の大学院に移ったりするのも1つの手です。
人間関係が原因でやりたい研究に支障をきたすことなく、無理をしない方向を考えてみましょう。

また、不安や悩みで精神的に余裕がない場合は、休学するという選択肢もあります。
落ち着いた頃に中退を後悔する可能性もゼロではないため、まずは心身の回復に努めましょう。

大学院を中退すると、その後のキャリアプランに影響が出るかもしれません。
中退したいと考えている方は、現状を見つめ直し、他の選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょうか。



◆中退してから就職するのは不利?

大学院を中退し、興味のある分野で就職を希望する人もいることでしょう。
しかし、大学院中退後の就職は、不利なイメージがあるのが現状です。
なぜ中退後の就職は不利と言われているのでしょうか。

・学部新卒と比べ年齢が上がっている

大学院を中退するときは、新卒と比べて年齢が上がっています。
若い人材を求めているという企業は少なくないため、年齢が上がっていると、それだけでマイナスに捉えられるケースも。

・研究室のサポートを受けられない

大学院に在籍していれば教授の推薦を受けられる可能性があります。
中退するとこのようなサポートが受けられないので注意が必要です。

・中退に対して「粘り強さが足りない」と判断する企業がある

企業によっては、中退を「物事への取り組みが中途半端」と判断するところも。
中退という事実から「入社してもすぐ辞めてしまうのでは?」と懸念される可能性もあります。

大学院中退のデメリットを述べてきましたが、目的を達成するために中退の道を選ぶ人も少なくありません。
悩みながら大学院へ通うよりは、就職活動をして社会人としての経験を積むのも1つの手と言えるでしょう。

 

◆中退後の就職を成功させるには

中退を決心したら、間をあけずに就職活動を始めるのが大切です。
ブランクがあるとマイナス評価につながりやすくなるため、早めの行動を心がけましょう。

就職活動では、中退の理由を問われることになります。
中退理由はネガティブな説明をせず、「ほかにやりたいことがあった」「別の道で自分の可能性を試したかった」など、前向きな姿勢を見せるようにしましょう。
採用担当者を納得させられるような中退理由を伝えれば、好印象に繋がるかもしれません。

大学院を中退しても、研究を進行する上で得られた知識やスキルは自身の糧となっています。
就職活動では、これまでの経験をどのように活かしていくかが大切です。

「初めての就職活動で右も左も分からない」「説得力のある志望動機を伝えたい」と考えている方は、エージェントを活用してみませんか。
若年層に特化した就職・転職支援サービスのハタラクティブでは、プロのアドバイザーがマンツーマンの体制でサポート。
カウンセリングを通してあなたの強みを把握し、希望条件に適した求人を紹介することでミスマッチを防いでいます。
既卒や未経験歓迎の求人を多数取り揃えているほか、履歴書の書き方や面接マナーも指導。
ハタラクティブのサービスを有効活用し、就職活動を効率的に進めましょう!




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ