高卒の就職活動のポイント

このページのまとめ

  • 高卒の就職内定率は上昇しており、工業、福祉、商業などの分野での内定が増えている
  • 書類選考や面接で採用担当者にアピールすることで、学歴をカバーすることもできる
  • 就職活動の際は、自己分析や企業研究を徹底し、就活の軸を定めることが大事
  • 高校生の就活は学業優先が基本のため、複数者への求職活動には注意する

高卒フリーターの方が就職活動をする場合、悩むポイントはどこでしょうか。
就職活動をしたくても学歴に自信がなく、採用担当者に自分がどう評価されるのか不安だという方は少なくありません。
特に普通科出身の高卒者の場合、大卒者と比べて特定の専門分野の知識や技術を極めていないことが不安要素になるようです。
では、高卒者のフリーターが活躍できる仕事は、どのようなものがあるのでしょうか。高卒者を歓迎する求人の中から、自分の適性に合った正社員の求人を探すための情報をご紹介します。

高卒の仕事探しの方法とは?

近年では高卒の就職内定率は上昇しており、工業、福祉、商業などの分野で内定をもらう方が増えています。いずれも専門的な知識というより、技術力やコミュニケーション能力を重視する傾向にあるので、接客などのアルバイト経験があればアピールポイントになるでしょう。自分の適性を分析し、やりたい仕事を考え、必要であれば資格を取得することで、フリーターを卒業し、就職することが可能です。自己分析の方法や書類作成の仕方、面接の自己PRで気をつけることなど、高卒のフリーターの方が正社員として就職するのに活用できる実用的な情報をお届けします。

高卒の就職先特徴について

正社員未経験の高卒者を歓迎する求人は、比較的個人を顧客とするものが多めです。専門的な知識を必要とする仕事というより、コミュニケーション能力や接客技術を求められる職種での需要が高いでしょう。アパレルやデパート、飲食店などは接客が中心なので、フリーターからでも十分に正社員になれる可能性があります。また、工業系の現場仕事は学歴を問わない求人が多いので、高卒フリーターの方も就職しやすいかもしれません。ただ、肉体労働が中心になるので、体力的に厳しい側面も。力仕事に自信のある方や健康管理がきちんとできる方が向いている仕事と言えるでしょう。就職活動は、「入社できそうだから応募する」のではなく、自分の適性を見極めることが大切です。

高卒向け就職支援をしているところ

高卒の就職活動における悩みで多いのは、大卒者のように専門で深く勉強した分野がないことへの不安や仕事量の割に賃金が低いことなどがあげられます。確かに普通科の高校出身者の場合、専門の深い領域の勉強をしていないので、専門的な道に進みたいと思った際に、就職活動で不利になってしまうことがあるかもしれません。しかし、在学中やフリーター時代の経験をもとに、自分の長所やできることをピックアップし、書類選考や面接で採用担当者にアピールすることで、学歴をカバーすることもできます。また、高卒OKの正社員求人の中には、仕事内容と賃金のつり合いが取れていない仕事があるかもしれませんが、より広範囲から探せば仕事内容に見合った額の賃金がもらえる求人の情報が見つかるはずです。応募書類作成のポイントや自己PRのアドバイス、適性に合った求人情報の紹介などがある就職支援サービスを利用すれば、高卒フリーターを卒業し、自分が納得できる正社員の仕事に就けるかもしれません。

高卒就活の成功体験談から学ぶ就活のコツ

高卒の就職活動は、技術やコミュニケーション能力を重視する傾向にある工業、福祉、商業分野での正社員求人を探すのが良いでしょう。ただし、求人を探す際にはいくつか注意するポイントがあります。例えば、工業系の職種は肉体労働が多いので、体力に自信のない方は働き続けることが難しいかもしれません。就職活動は、決して就職すること自体がゴールではなく、長期にわたり安定して働き続けることができる環境に身を置くことがゴールです。そのためにも、自分の適性や長所を知り、自分に合った仕事を探すことが大切になります。一人での就職活動が不安だという方は、書類作成のアドバイスや非公開求人の紹介を行っている就職エージェントのハタラクティブを利用してみませんか。就職を成功させるためのノウハウを持った就活アドバイザーがあなたを全面的にサポートします。ハタラクティブを利用して正社員になった方の中には、高校卒業後にアルバイトを続けていた方、高校在学中に内定が貰えなかった方などがいます。ハタラクティブで就職活動を成功させ、現在正社員として活躍している方の体験談を掲載しているので、就職活動を始めることで、どんな可能性が待っているのか、ぜひご覧ください。

高卒で就職?それとも進学した方がよい?

高校を卒業して就職するか進学するか悩んでいる人は少なくありません。どちらの道に進むべきか悩んでいる場合、まずは、それぞれの道へ進んだ場合のメリット・デメリットを知ることが大切です。

高卒で就職した場合

メリット
・若いうちから社会経験を積むことできる
・学生に比べ、自由になるお金を得ることができる
・早い段階で自立した生活が送れるようになる

デメリット
・大卒に比べ、収入が低い傾向にある
・大卒に比べ、求人数が少ない
・転職を考えた場合、大卒者向けの企業には転職できない

高卒で就職した場合、いち早く社会人として活躍できる反面、収入面や求人選びでデメリットを感じることが多いようです。
大卒よりも、一般的に4年間多く働いたとしても、生涯年収は高卒の方が低いというケースもあります。
また、職種や業界によっては、求人募集をかける際に学歴制限を設けている企業もあるので、やりたいことが明確になっている場合、高卒でチャレンジできるのか調べておくとよいでしょう。

メリット・デメリットを知ったうえで、高卒で就職したいと思うなら、後悔することは少ないはずです。
では、就職を成功させるために必要なこととは何なのでしょうか?
就職活動では、自分の「就活の軸」は何なのかを見極めることが重要になります。次の項目で、就活の軸について詳しく説明します。

就活の軸を定めることの大切さ

「就活の軸」を知っていますか?
何となくは聞いたことがあっても、よく分からないという方もいるでしょう。
就活の軸は、簡単に言うと、「自分が仕事をするうえで、何を大切にしたいか」ということを表すもの。「仕事を選ぶ際に大切にしている基準」とも言い換えられます。
どうして就活の軸を持つことが重要なのでしょうか。

「仕事をするうえで大切にしたいことは、働いてから決めればいい」
そんなふうに思っていませんか?

それも全くの間違いではありません。実際に、働きながら見えてくるものもあるでしょう。しかし、就活の軸が明確になっていなかったことにより、入社後にミスマッチを感じる人は意外と多いもの。就活の段階で明確にしておくことが大切なのです。
就活の軸を明確にすることで得られるメリットは、入社後についてだけではありません。下記のようなメリットがあげられます。

企業選びに迷いがなくなる

仕事への期待感や働くことに対して前向きになっている就活中は、どの企業も魅力的に見えてしまい、応募企業を絞り込めなくなってしまうことも。
「〇〇企業も良いし、△△企業も良さそう!」「できるだけ多くの会社に応募して、一番良いと思う会社に入りたい!」という気持ちも分かりますが、あまりにも多くの企業に応募するのはそれだけで、体力を消耗してしてしまいます。
多くの企業を選び過ぎた結果、1つ1つの企業に対しての対策がおろそかになることも考えられるでしょう。
選択肢を絞り込み過ぎてしまうのは可能性を狭めているようでおすすめはできませんが、ある程度の取捨選択は必要です。
就活の軸が明確になっている場合、応募企業を選別するのに役立ちます。大切にしたいことが明確になっているので、一時の感情で条件のよい企業に引きずられてしまう可能性がなくなります。
効率的に、自分に合った企業を選ぶことができるので、就活での負担を少なくすることができるでしょう。

入社後のミスマッチを防ぐことができる

先ほどもお伝えしたように、就活の軸が定まっていないと企業のメリットに引きずられがち。自分の望む働き方を明確にしたうえでの判断なら問題ありませんが、そうでない場合は、入社後に後悔してしまうことが考えられます。
例えば、本当は自分が大切にしたいことが「仕事を通して誰かの役に立つこと」だったにも関わらず、収入や待遇の良さで企業を選んでしまった結果、入社後にやりがいを感じられず後悔してしまうというようなケースです。
自分が最も大切にしたいこと、譲れないことが分かっていれば、このような失敗をすることはないでしょう。

面接での回答にぶれがなくなる

就職活動をしていると、あらゆる段階で志望動機について聞かれます。
履歴書、一次面接、二次面接、最終面接…と段階を踏んでいくごとに、志望動機について深く掘り下げて質問してくる企業も少なくありません。
企業側が深く掘り下げて質問してくる意図は、回答に一貫性があるか、入社したいという気持ちにぶれがないかを確認するため。
就活の軸がはっきりとしていれば、根底に回答を裏付ける明確な企業選びの基準があるため困ることはないでしょう。
履歴書の段階から最終面接まで、一貫性のある説得力のある回答ができるはずです。

上記のように、「就活の軸」が就職活動に役立つのは間違いありません。
早速、自分の就活の軸を見つけましょう。

就活の軸を見つけてみよう!

就活の軸を見つけるには、自己分析が有用です。
自己分析には、さまざまなやり方がありますが、今回は比較的取り組みやすい簡単なものをご紹介します。

【1】過去に経験したことを洗い出す

学生時代に取り組んだことや経験したことを思い出してみましょう。頭の中での整理よりも、紙に書き出して可視化することをおすすめします。
この時に注意したいのが、「結果が出ていないから…」「華やかな経験ではないから」と、いった理由で、洗い出す内容を絞り込まないこと。
あくまでも客観的な視点で書き出していきましょう。自分では大したことないと思っていることでも、実際には素晴らしことだったということは往々にしてあるものです。
例えば、「毎日欠かさず、読書をしている」ということを、ただの習慣だからと判断し、自己分析から省略してしまうのではななく、取り敢えず書き出すことが大切。自分でも気がつかなった自分自信の強みや長所が分かることもあるのです。

【2】経験から考える

【1】で洗い出した経験から、「強み」や「長所」、「何がモチベーションになっているのか」などを探っていきます。
それらの経験を「なぜ取り組んだのか」「なぜ、続けられたのか」「その経験から、何を感じたのか」など、繰り返し掘り下げていくうちに、あなたが仕事で何を実現したいのか、どんな仕事ならモチベーションを持って働けるかが見えてきます。
失敗した経験だったとしても、その時に学んだことや乗り越えるために努力したことが、あなたの長所や強みになっている可能性も。途中でやめてしまわず、最後まで自問自答を繰り返してみましょう。

【3】就活の軸を固める

上記の作業で、さまざまな経験から共通するパターンが見つかったと思います。
それがあなたが特に大切にしている価値感やモチベーションの動機になっている可能性が高いと思って間違いありません。
それらを、就職活動に当てはめて考えてみましょう。具体的には、下記のように進めると効率的です。

1.どんなことをしている時にやりがいや楽しさ、充足感が得られるのかを具体的にまとめる

2.上記を実現するには、「どのような職場環境が必要か」を考える
 長所や強み、短所を踏まえ「どのような仕事が向いているのか」も考える

3.上記から、仕事をするうえで何を大切にしたいかを明確にし、就活の軸とする

前項でも触れたように、就活の軸は自分の経験から導き出されたものなので、志望動機の背景が分かりやすく説得力のあるものになります。
自分なりの根拠を持って就職活動を進めることができるようなると、大きな自信につながるはずです。

就活に企業研究が必要な理由

就活の軸が決まったら、就活の次の段階へ進みましょう。
まず、就活の軸を参考にしながら、気になる企業をピックアップしていきます。
企業研究の重要さを見落としている就活生はたくさんいますが、企業研究は採用の合否に影響する大切な作業の1つ。
では、企業についてどんな部分を調べて、どのように就活に役立てたらよいのでしょうか。
まずは、企業研究をする目的を知ることが重要です。

企業研究をする目的

企業研究は、文字通り企業を研究することです。しかし、応募企業について詳しくなれば良いというものではありません。
企業研究の目的を知り、ポイントを押さえて企業研究をすることで、「企業研究のゴール」を意識しながら効率的に企業研究を進めことができます。

企業研究の目的は、以下の2つに集約されます。

・気になる企業の中から、より自分に合った企業を見つけるため
・応募企業への熱意を明確なものにするため

同じ業界の中には、似たような事業を展開する企業がたくさんあります。
その中から、自分の就活の軸に合った企業を見つけるには、企業研究が欠かせません。業界での立ち位置や他の企業とどんな点が違うのかを把握することがポイントです。
企業研究が進み、同業他社との違いを理解することができれば、具体性のある志望動機を作成することができるようになります。
企業が採用したいと考える人材に共通するのは、「どれだけの熱意があるか」という点。企業研究をおろそかにしてしまった場合、競合他社との差別化ができず、志望動機は具体性のないものになりがちです。
「ほかの企業でもいいんじゃないかな…」というような説得力のない志望動機では選考を通過するのは難しいでしょう。
上記2点の企業研究をする目的を意識して、企業研究に取り組みましょう。

企業研究の進め方

企業研究は以下の項目を押さえて研究しましょう。

企業の基本情報

経営理念や組織風土、設立年度など

企業規模

営業利益や売上高、資本金、従業員数など

事業内容

どのような商品やサービスをどのように提供しているのか

取引きをする対象

企業(法人)を対象に取引きをするB to B(Business to Business)なのか一般消費者を対象とするB to C(Business to Consumer)なのか、ターゲットとする年齢層はどのくらいなのかなど

資本構成

外資系、独立系、系列系など

勤務条件

給与や福利厚生、勤務時間、休日など

資本構成は、評価制度や社風などに影響を与える傾向があります。外資系は、成果主義の印象が強めですが、最近では日本でも取りいれている企業は少なくありません。
自分の就活の軸をポイントに、自分に適性の合った企業を探しましょう。

企業研究、どうやって調べたらいい?

この項目では、具体的にどのようにして企業研究を進めるかをまとめています。

企業のWebサイト

企業のWebサイトを見るのは基本中の基本です。しかし、Webサイトの情報を見ただけで企業研究をしたつもりになっている人は少なくありません。
ここで確認できるのは、企業の概要や企業側がアピールしたい強みなど。この情報にプラスして客観的な視点を取り入れることがポイントです。

ニュース

ニュースは業界の動きやトレンドを知るのに有効です。Webニュースであれば、過去の記事を検索することもできるので、ここ数年の情報を収集することができます。
日頃からニュースや新聞を見るのを習慣にしておくとよいでしょう。

専門誌

各出版社から、企業の情報や動向をまとめた専門情報誌が出版されています。業界での立ち位置や特徴などを理解するのに役立ちます。
同業他社との比較もできるので、企業研究には欠かせません。

会社説明会

会社説明会のメリットは、実際に働いている人のリアルな声を聞けること。詳しい仕事内容や職場の雰囲気を知るチャンスです。
登壇する人の雰囲気からも会社の様子を推測することができるでしょう。可能であれば、OB・OG訪問をするのもおすすめです。仕事のやりがいや大変さなど、実際に働いている人にしかわからない話しを聞くことは、就活においてとても貴重なことです。就活のアドバイスもしてもらえるかもしれません。
また、会社・職場見学に足を運ぶのもよいでしょう。

高校生の就活スケジュール

高校生が正社員を目指して就職する場合、就職活動による学業への負担や影響を考え、就活スケジュールが決められています。
学業を優先できるようなルールになっていますが、スタートしてしまえばあっと言う間。就活スケジュールを事前に確認し、後悔のないよう主体的に就職活動を進めていきましょう。
具体的な日程は、下記の通りです。

就活スケジュール

・7月1日
学校に送られてきた高卒者向けの求人が開示されます。
一般公開される求人票だけでなく、中には指定校推薦枠の求人も。就活の軸を参考に、気になる企業を早めに絞っておきましょう。

・7月上旬~
興味のある企業が見つかったら、先生に企業・職場見学の問い合わせを依頼します。企業・職場見学は、実際に働く人の様子を知ることができるので、自分が働いているイメージも掴みやすく、入社後のミスマッチを防ぐのにも効果的です。
顔を覚えてもらえれば、面接でも良い印象を与えられるかもしれません。

・9月5日
応募書類の提出スタート。応募書類を学校経由で応募先企業に提出します。
企業から選考日程の連絡が来るのを待ちましょう。

・9月中旬~
採用選考がスタートします。書類選考や面接、適性検査が一般的。面接の練習は、できるだけ人前で練習しましょう。

高校生の就活の特徴

先ほどもお伝えしたように、高校生の就活は学業優先が基本。そのために、日程などのルールなど、細やかな配慮がされています。
その中でも覚えておきたい特徴的な決まりは、一定の間は一社に絞って就職活動をしなければならないという点です。
就職活動は、思っている以上に大変なもの。同時に複数の求職活動を進めることへの負担を懸念して、このようなルールが定められています。
一定期間が過ぎれば、2社ほど同時に就職活動進めることができますが、スタートの段階で1社に絞り込んでおく必要があるのが高校生の就活の特徴です。
就活の軸を定め、企業研究を十分にし、就活のスタートを切ることがポイントだと言えるでしょう。

高校を卒業して一人での就活が不安な方は、就職支援サービスを活用するのも一つの手。ハタラクティブは、若年層に特化した就職支援を提供しています。
経験豊富なキャリアアドバイザーがマンツーマン体制でカウンセリングを実施。「どんな仕事が自分に向いているのかわからない…」「やりたい仕事があるけど、自分に適性があるのか不安」という方も安心。
応募書類作成のアドバイスや面接対策、面接日の日程調整の代行もしているので、効率的に就職活動を進めることができるのが特徴です。
ご紹介する企業は、キャリアアドバイザーが実際に足を運んだ信頼できる企業だけ。職場の雰囲気や仕事内容も詳しくお伝えできるので、入社後のミスマッチを防ぐことができます。
サービスは、全て無料。まずは、お気軽にご相談ください。

高卒就職のお役立ち情報

高卒フリーターから就職活動をする場合、学歴に対する不安や求人の中から自分の適性に合った仕事を探すのが難しいなどの悩みが多いようです。最近では、景気が回復傾向にあるため高卒の就職率は上昇傾向にあります。高卒者を歓迎している求人の中から、やりがいを感じられる自分に合った仕事を見つけ、キャリアを積んでいくには、どうしたらよいのでしょうか?将来を見据えた就職を実現するためには何が大切なのか、就職を有利にするおすすめの資格やコミュニケーション能力の活かし方、対価に見合った求人の探し方など高卒フリーターの就職に役立つ情報をご紹介します。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ