高卒からの就活!成功のコツ

このページのまとめ

  • 最近は学歴よりも経験やポテンシャルを重視する企業が増えている傾向がある
  • やる気や若さ、人柄などを重視している企業から選ぶと就活がスムーズにいきやすい
  • 面接では高卒で就職に踏み切った理由を聞かれることが多いので、将来性を交えて回答するとよい
  • 学校やバイト先で通用していたことがマナー違反とされることもあるので注意する

高卒から正社員として就職を目指すときに、就職活動において気をつけたいことはどんな点でしょうか。
ここでは「高卒からの就活の特徴」「面接を受けるときのコツ」「高卒におすすめな資格」「高卒向けの求人」「高卒者の履歴書の書き方」「正社員になったら」という6つの視点で、高卒からの就活を成功させるために押さえておきたいポイントをご紹介します。
高卒ならではのメリット、デメリットを理解した上で、高校生を卒業してからの就職に対する悩みを解決し、自分の個性や適性に合ったやりがいのある仕事を見つけてみませんか?

高卒の就活について

高卒から正社員になるには

高校卒業後、就職するという道を選ぶと学校からのバックアップを通して正社員になることができます。しかし、内定が出ない、希望の求人がなく自力で探す必要があるなどの理由から、フリーターになることもあるようです。高卒から正社員を目指して就職活動をする場合、求人の情報収集や仕事選びにコツがあります。やる気や若さ、人柄などを重視している企業を選びましょう。具体的な選び方を知りたい方は、専門の就職支援サービスを活用するのがおすすめです。

高卒フリーターの面接のコツ

正社員就職を目指す高卒のみなさんが、面接を受ける際に気をつけたいのはどんなことでしょうか?近年は大学進学が一般的になりつつあるため、高卒という早期に就職に踏み切る理由を知りたい傾向があるようです。正社員を募集する企業の採用担当者が面接で見ているのはどんな点なのか、また社員として採用したいのはどんな人材なのか、考えてみましょう。面接で将来性を感じてもらうような伝え方とは?高卒就活の面接のコツをまとめました。

高卒就活におすすめの資格

正社員就職を目指す高卒のみなさんにおすすめの資格にはどんなものがあるでしょうか?医療系、IT系、各種専門職など、求人募集の多い仕事の傾向から、特に高卒フリーターのみなさんにおすすめの資格をいくつかご紹介します。ただし、資格を取得したからといって必ず就職に有利に働くとは限りません。資格を取得する意味や必要性についても一緒に考えていきましょう。

高卒向けの求人の探し方

近年は学歴が選考に影響することは減ってきていますが、まだまだ「大卒以上」となっている求人も多くあります。若くてバイタリティがある、早く社会に適合できるなど、高卒ならではのメリットを生かして仕事をしやすい業界や職種について知っておけば、就職や転職がスムーズにできるでしょう。長続きしてやりがいを感じられる仕事に就けるように、当ページでご紹介する高卒歓迎求人の探し方のコツを参考にしてください。

高卒フリーターの履歴書のコツ

フリーターやニート生活から脱却して、正社員就職を目指す高卒のみなさんが、就職活動で履歴書を書く時は、どんなことに気をつけたらよいでしょうか。高卒ならではの注意すべきポイントはあるのか?採用担当者が応募書類の中で見て知りたいことは何なのか?丁寧できちんとした履歴書を準備することは、社会人への第一歩。好感度を高める履歴書のコツを押さえて、就活を成功させましょう。

高卒から正社員になったら

見事内定を勝ち取り、フリーターやニートからの脱却に成功した高卒のみなさん。でも就活はまだ終わっていません。正社員の内定をもらった後はどうすればよいでしょうか?学校やバイト先で通用していたことがマナー違反とされることもあります。正社員として仕事をする職場に早くなじめるよう、入社の準備はもちろん、礼儀やマナーについても学び、万端にしておきましょう。社会人生活をスムーズにスタートさせるためのポイントをまとめました。

高卒女性が活躍できる仕事は?

特定の職種では知識やスキルを満たしている必要があることから、最終学歴や専攻課程を応募資格として提示することがあるようですが、それ以外で限定する例は、ほぼないのが一般的。高卒の女性も例外ではなく、昔に比べて職種の選択肢は幅広いものになっています。ここでは、高卒の女性が目指しやすい職種や企業が学歴以外に気にする点について詳しくまとめましたので、就活の参考にしてみてください。

高卒で稼げる仕事とは

「高卒で稼げる職業には就けない」と思っていませんか?最近は学歴よりも経験やポテンシャルを重視する企業が増え、高卒でも大卒と同様に稼いでいる方も多く見受けられます。営業職やプログラマーなど、専門性が高く必須資格が少ない職種が多いのも特徴です。高卒で稼げる職業に就く方法や職種例とともに、取得しているとさまざまな職種でアピールできる資格についても詳しくご紹介します。

高卒で安定した仕事に就くには

選考において学歴を重視する企業はありますが、全ての求人に当てはまるという訳ではありません。「高卒だから仕事を選べない」と感じるのは、仕事の探し方に問題がある可能性も。とはいえ高卒は大卒と比べて求人数が少ない傾向があるため、就活に一定の難しさや不安を感じる人は多いようです。ここでは「高卒から目指しやすい安定した職業」について詳しくご紹介。安定した職業とは何かを知り、視野を広げて探してみることが大切です。

高卒で就職したい!その気持ちは変わらない?

このコラムを読んでいる方の中には、現在高校生の方もいるでしょう。
高卒での就職を考えているからこそ、このページをご覧になっているのだと思います。
もし、あなたが就職するか進学するのか悩んでいるのなら、高卒で就職することで、どんなことがあるのか知っておいた方がよいでしょう。
メリット・デメリットの双方を知ったうえで、それでも就職をしたいのであれば、就職活動を途中で投げ出すようなことはないはずです。

【メリット】
高卒で就職することのメリットは、何と言ってもいち早く社会人の仲間入りをし、自立した生活を送れること。
一般的な大学生よりも、2年ほど早く社会経験を積める点は、とても貴重な体験だと言えるでしょう。
また、学生と比べると金銭的な面でのメリットもあります。

【デメリット】
高卒で就職した場合のデメリットは、メリットと相反するようですが、収入の面です。
高卒の給与は大卒に比べ、少ない傾向にあります。先に入社したにも関わらず、後から入社してきた大卒者よりも給与が少ないというケースも。
生涯年収も大卒者に比べるとした下回ってしまう傾向にあります。

上記に挙げたように、高卒での就職はメリット・デメリットが存在します。
特に気持ちが就職することに向かっている場合、良い面しか見えなくなってしまいがち。就職か進学かで迷っているなら、一度立ち止まって考えてみましょう。
実際に、高卒で就職した人の話を聞くのも良いかもしれません。
どちらの選択が自分に合っているのか、短期的な視点ではなく、長期的な視点で見てみることをおすすめします。
また、就職を考える段階で、自分の興味のある分野に学歴制限がないかをチェックしておく必要もあるでしょう。
高卒を歓迎する企業もあれば、大卒以上でなければ応募できない企業もあります。
就職は、人生の大切な節目の一つ。後悔しない選択のためにも、じっくりと考えてみましょう。

就職せずに、フリーターのままで平気?

高校を卒業し、「しばらくはアルバイトで生活をすればいいかな」という考えの人は少なくありません。
なかには、在学中に就職活動に失敗してしまい、そのままアルバイト先で働くという人も。「アルバイトは楽しいし、正社員になった友達との差もあまり感じない」という理由から、気が付けば長い間フリーター生活を続けてしまったという人は意外と多いもの。
しかし、時間が過ぎればあらゆる問題と向き合うことになります。下記にいくつか例を挙げてみましたのでチェックしてみてください。

収入面で差を感じる

正社員とアルバイトの収入は、はじめのうちはそれほど大きな差はありませんが、正社員は昇給制度があるので、徐々に収入が上がっていきます。
アルバイトにも昇給制度があることが多いですが、長期的に働くことを前提としていないケースが多く、責任のある仕事を任されることが少ない為、それほどの昇給は望めません。
加えて、正社員には、ボーナスや各種手当、退職金などの制度があるのが一般的。年を重ねるごとに収入に大きな差が生まれてきます。
正社員の友達との差を感じなかった人も、次第に差を感じ始めることになるでしょう。

福利厚生の適用範囲が限定的

正社員は、収入面以外にも福利厚生の恩恵を受けることができるのが特徴です。
会社によっては、育児休暇や時短制度など、ライフスタイルの変化に対応する充実した福利厚生を設けている会社もあり、安心して働くことができるのも正社員の特徴と言えるでしょう。
アルバイトの場合、正社員と同じだけの福利厚生を受けるのは難しいかもしれません。

バイト期間がブランクとされることがある

高校を卒業し、一度も正社員として就職していない場合、採用担当者が卒業後から就職活動をするまで何をしていたか気になるのは当然のことと言えるでしょう。
何かやむをえない事情や目的があったわけではない場合、採用にプラスに働くとは考えずらいもの。できるだけ、ブランク期間がない方が就職活動には有利です。

キャリアアップが難しい

収入面でも触れましたが、アルバイトは、長期的な雇用を前提としていないので、責任のある仕事を任せてもらえるケースは少ないと言えるでしょう。
そのようなことから、経験を積むチャンスや専門知識を蓄えることができる環境が整っているとは言い難いのが現実です。
一方、正社員は、長期雇用が大前提。会社側は積極的に社員の教育にあたります。責任ある仕事を任され、教育制度や研修制度などを受けられることが多く、スキルの向上や成長が望めます。

生活が安定しない

長期的な雇用を約束されていないため、急に仕事を失う恐れも。給与も時給や日給制なことが多く、働いた分だけしかもらえません。
体力に自信がある若いうちは良いかも知れませんが、年を重ねるごとに厳しくなるのは言うまでもありません。
アルバイトの求人数も、若いうちは豊富ですが、年齢が上がるにつれて減少する傾向にあります。安定した生活を送るのは難しいかもしれません。

アルバイトで生計を立てることは、自由で気楽な反面、長期的なことを考えると不安要素が多いと言えるでしょう。
さらに、年齢が上がると求人数が減るのはアルバイトだけではありません。正社員も同様です。
募集をしていたとしても、年齢を重ねた人に求められるものは、実績やキャリア。アルバイトからの転職は難しいと言えるでしょう。
正社員を目指すなら、1日でも早く就職活動を始めることが大切です。

就活に役立つ資格

高卒で就職を目指す場合、職種によっては資格が有利になることも。余裕があるなら、就職活動と並行して勉強するのも良いかもしれません。
資格は客観的な評価を裏付けることができるので、大きな自信につながるはずです。
ここでは、取得難易度や汎用性を鑑みて役立つ資格を挙げましたので、参考にしてください。

普通自動車免許

営業職や配送の仕事など、運転することが仕事の場合は、募集の必須条件になっています。職種によってはAT限定でOKの企業も増えているため、「マニュアル車は難しそう」「AT限定でしか免許を持っていない」という人も安心です。
免許を持つことで職種の選択肢が広がる可能性もあるので、自分が目指したい職種や取得に掛かるコストを考慮して、免許取得を考えてみても良いかもしれません。

TOEIC(トーイック)

英語力の証明に役立つ資格がTOEIC。出題される内容はビジネスシーンや日常生活を題材としたものが中心で、語彙力や表現力が問われます。
企業が期待するスコアとしては600点前後。700点以上であれば、英会話が必須の仕事でも問題なくコミュニケーションが取れると判断されることが多いようです。
入社後も昇進や海外赴任の条件としてTOEICのスコアを採用しているところがあるため、継続してテストを受けるのも良いでしょう。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

パソコンの資格はいくつかありますが、中でもおすすめなのがMOS。なぜ、MOSがおすすめなのかというと、まず理由として挙げられるのが認知度の高さでしょう。
MOSは、Microsoft Office Specialistの略。学校や企業で使用されているほとんどがMicrosoft Office製品のアプリケーションです。オフィスソフトの使用が必須の業務が中心ということも多いので、どの程度のスキルを持っているのかアピールすることができます。

登録販売者

一般用医薬品を専門に販売できる資格で、薬事法改正によって誕生しました。これまで、販売には薬剤師が必須でしたが、一般用医薬品の9割を占める第2種・3種を登録販売者が販売できるようにすることで、薬剤師不足を解消する資格として期待されています。
勤務先はドラッグストアや薬局になるため、地域を問わず仕事が見つかりやすいのは大きなメリット。一般用医薬品を扱う小売店でもニーズがあり、活躍の場は拡大しています。

いくつか資格を挙げましたが、覚えておいてほしいのが「資格取得には時間もお金も掛かる」ということ。資格の有無で応募可否や採用難易度が変わらないなら、就職活動をスタートさせたほうが、より早く正社員の道に進める可能性が高いでしょう。

自分が目指したい業界や仕事、時間的・金銭的コストに余裕があるかという点を踏まえてじっくり検討してみてください。

高卒の方におすすめの業界

高卒の方の中には、学歴がネックにならないか気にしている方もいるようですが、業種や職種によっては、学歴や経験を問わない仕事はたくさんあります。
ここでは、学歴不問で未経験者を歓迎していることが多い業界についてまとめましたので、求人探しの参考にしてみてください。

IT業界

IT業界は技術革新のスピードが早く、他の事業領域に進出している企業も多いことから、成長性のある業界と言えます。人材確保も積極的に行われているため、求人数は比較的多いでしょう。個人のスキルを評価する傾向が強い業界なので、スキルアップや資格取得を支援する制度、未経験者を着実に育成する教育制度を導入している企業も見られます。学歴や経験を問わずチャレンジしやすい点は大きな魅力ですから、高卒の方を始めフリーターや正社員経験のない方にもおすすめしたい業界です。したので、求人探しの参考にしてみてください。

職種は幅広いですが、最初はネットワークエンジニアやプログラマからキャリアをスタートさせるケースが多いでしょう。そこで経験を積んだ後にシステムエンジニアや技術営業などにステップアップする例もあるようです。
現在も新しい技術がどんどん生まれ、他領域への進出も積極的ですから、今後さらに新しい職種が誕生する可能性もあるでしょう。

販売・サービス業界

販売・サービス業界は、アパレル、食品、日用品、美容…など、扱う商品やサービスの種類が多岐に渡るため、求人数も多いのが特徴です。学歴や経験を問わない職種も多く、未経験者の方も応募しやすい業界と言えるのではないでしょうか。
特に接客や販売の仕事をフリーター時代にしていた人にとっては親和性の高い業界で、入職してから仕事に慣れるまでがスムーズなのも人気が高いポイントの1つ。人と接することが好きな方はやりがいを感じやすい仕事が多いでしょう。

また、自分が興味のある分野の仕事が見つけやすいのも、この業界ならではの特徴です。好きなジャンルの商品やサービスを扱う仕事なら、意欲的に取り組める可能性が高く、スキルアップにも繋がるのではないでしょうか。
加えて、自然とコミュニケーション能力が磨かれる点も魅力。業界を問わず高いコミュニケーション能力は求められる素養ですから、転職時に役立つでしょう。

建設業界

2020年の東京オリンピックや震災の復興事業により需要が高まり続けている建設業界。同時に、技術者の高齢化によって若い人材が不足しているのが業界全体の課題でもあります。
組織力の強化、幹部候補の育成を目的に、若年層を歓迎している企業は多いでしょう。未経験者がチャレンジしやすい職種としては、技術系の現場職。一から育成したいという企業が多く、技術を身に付けることで転職時も有利になりやすいのが特徴です。
中でも、建築施工管理技士や電気工事士などの資格はニーズが高く、収入アップに繋がることから人気のようです。

手に職を付けられる職種が多いこと、1つの物を完成させる達成感がある点に魅力を感じる方は向いているかもしれません。経験と技術が評価されるため、在職年数を重ねるほどキャリアアップしやすいでしょう。

介護・福祉業界

高齢化社会を背景に、ニーズが高まっている介護・福祉業界。近年では採用枠を未経験者まで広げるほか、外国人労働者を受け入れる方針が政府から発表されるなど、人材確保に積極的な業界です。異業種企業の新規参入も顕著で、これまで異業種で蓄積してきたノウハウを基盤に、多様化するニーズに対応する動きも見られます。そのため、求人数も他業界と比べると多く、採用の間口は広いと言えるでしょう。
無資格でもアシスタントとして入職できるため、補佐業務を経験しながら介護福祉士などの資格取得を目指すのが、一般的なケースのようです。資格取得支援制度を導入している事業所も多く、従業員がスキルアップをしやすい環境は魅力的と言えます。
業務内容と賃金が見合っていない…というイメージが先行しがちですが、2019年10月を目処に勤続年数に応じた賃金アップを政府が発表したり、処遇を改善しようとする傾向が業界全体としてあるため、1つの選択肢として考えてみても良いのではないでしょうか。

上記のように、学歴や経験を問わず人材を確保したいという業界や職種はたくさんあります。学歴を理由に就職や転職を諦めるのではなく、「どのようなキャリアを築くことが可能なのか」という視点で考えてみるのが良いでしょう。
自分の興味やこれまでの経験と照らし合わせて、絞り込んでみてはいかがでしょうか。

今回は高卒の方の就活をテーマに、就活に関する幅広い情報をご紹介しました。フリーターをしている方、あるいはしようと思っている方は、将来どんな自分になっていたいのか考えるところから始めてみてください。
その理想を叶えるために、自分がどのような働き方、仕事をするべきかよく検討しましょう。

もし就職を考えるなら、就活をサポートしてくれるエージェントの利用もおすすめです。
若年層に特化したハタラクティブでは、常時1,500件以上の求人からあなたの条件や適性に合わせてぴったりのものをご紹介します。

これまで5万件以上のカウンセリングで得たノウハウを活かし、求職者一人ひとりに専任の就活アドバイザーが対応。求人の提案に加えて、履歴書や職務経歴書の添削、面接日程の調整、面接対策など、細やかなサービスであなたの就活を後押しします。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ