高卒でも国家公務員になれる?

公務員への就職を考えている方に向けて、公務員として働く魅力や仕事の特徴についてご紹介します。
「国家公務員」と「地方公務員」の違い、それぞれの試験についても触れているので、公務員を目指している方は参考にしてください。
さらに、民間を目指すか公務員になるか迷っている方にも役立つ情報をまとめました!

公務員として働く魅力

公務員は国民や地域住民のために、公共性の高い仕事に従事できるのが魅力です。
その身分や待遇は法律によって守られているため、雇用と収入面での心配がありません。民間企業は経営の状況次第でリストラやボーナスカットがあるため、この点は大きなメリットといえるでしょう。

自己の利益を追求する民間企業と比べ、公務員は公共のために奉仕したい人に向いている仕事です。
公務員というと市役所の窓口で働いているイメージがありますが、その職域は実にさまざま。福祉や医療、財政、まちづくりなど多方面で活躍することが可能です。民間企業に勤めると企業が展開する事業分野に特化した業務に携わることになりますが、公務員であれば幅広い仕事を体験できるでしょう。

公務員にはさまざまな職種や業務がありますが、大まかな分類は「国家公務員」と「地方公務員」の2つです。
次項からは、それぞれの仕事と特徴について確認していきましょう。

国家公務員とは

国家公務員とは、国の行事や国民全体にかかわる業務を担う公務員のこと。医療や教育といった暮らしに身近な分野から、国の財政運営や外交、防衛まで実にさまざまな領域で活躍しています。
業務内容は府省庁ごとに異なりますが、被災地の復興や地方創生、少子化問題といった国家全体の課題に取り組むスケールの大きさが特徴です。

国家公務員は「一般職」「総合職」「専門職」に分かれ、専門職は皇宮護衛官や外務省専門職員、航空管制官や国税専門官など、特定の行政分野にかかわる職種からなっています。
国家公務員はこれからご紹介する地方公務員と比べ、全体として国に近い仕事が多いといえるでしょう。

国家公務員を目指すには

国家公務員は高卒に人気の就職先で、倍率は高い傾向にあります。これからご紹介するどの試験に挑戦するにしても、必ずしっかりとした事前準備が必要と考えましょう。
国家公務員の試験は難易度別に実施されるのが一般的で、高卒向けの試験としては「国家公務員一般職試験(高卒程度)」というものがあります。
また、大卒向けには「一般職試験(大卒程度試験)」「総合職試験(大卒程度試験)」があります。

このようにご説明すると、「高卒は総合職にはなれないの?」と疑問に思う方がいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。試験名に含まれる「高卒」「大卒」はあくまで試験レベルの目安であり、年齢などの受験資格を満たせば高卒の方が総合職試験を受けることも可能です。
ただ、総合職試験では有名大学の学生と採用枠を競わなければならないため、難易度は相当高いと思った方が良いでしょう。
また、総合職の方が給与水準は高いですが、一般職であっても勤続年数や職務成果によって昇給していきます。
ちなみに、専門職についても、試験は大卒程度試験と高卒程度試験に分かれています。

地方公務員とは

地方公務員とは、地方公共団体に勤務する公務員のこと。県庁や市役所職員のほかに、警察官や消防士も地方公務員に含まれます。

地方公務員は国家公務員と比べ、地域住民に近い場所で仕事をするのが特徴です。地域の人たちの生の声を聞きながら、街の発展や問題解決に取り組む面白さがあるでしょう。

地域の教育や福祉、産業などを支え、地域の課題に向き合う地方公務員は、国家公務員のようなスケール感はありませんが、「地元に尽くしたい」という思いがある人に向いているでしょう。

地方公務員を目指すには

地方公務員を目指すためには、各自治体が実施する採用試験に応募することが一般的です。受験資格や試験の形式は自治体により異なるので、まずは各自治体のWebサイトなどで募集要項をチェックしてみましょう。
試験の内容は自治体によりますが、「上級(大卒程度)」「中級(短大卒程度)」「初級(高卒程度)」の区分で行なわれるのが一般的です。
こちらも「高卒だから上級は受けられない」というわけではなく、自治体が定める受験資格の内容によっては高卒の方が中級、上級を受けることも可能です。近年では学歴を要件とする自治体は減少傾向にあるので、試験区分や受験資格はよく確認しておきましょう。

試験の難易度ですが、初級は通信教育などを利用し独学で合格する人も多いようです。一方、上級の難易度は国家公務員一般職に相当するともいわれ、1人勉強するのに限界を感じたら予備校に通う必要があるかもしれません。

普通、給与の水準は級が上がるのと比例して高くなり、職場によっては上級と初級で出世のペースに差がでることも考えられます。
上級は将来の管理職や幹部候補生として扱われ、幅広い業務や専門性の高い業務、責任の大きい仕事を任されることが多いようです。
試験を受ける際は自分のレベルとやりたいこと、将来のプランを見極めた上で、どの級を目指すのかを決めましょう。

民間企業も視野に入れよう

公務員の仕事内容を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
「資格を取るのが大変そう」と思った方もいるかもしれません。
公務員の仕事に強いこだわりがなければ、他の求人も見てみてはいかがでしょうか?

実は、正社員経験がなくても、若い人手が欲しい企業はたくさんあるのです。
このコラムを提供しているハタラクティブは、そんな若年層に特化した就活・転職エージェント。
専任のキャリアアドバイザーがマンツーマン体制で正社員になるお手伝いをさせていただきます。履歴書作成のコツから面接対策まで、就職にまつわるあらゆるサポートを行っています。また、未経験OKの求人を1,000件以上持ち合わせているほか、書類審査の通過率は91.4%、内定率は80.4%という高い実績が強みです。
もし就職について悩みがありましたら、ぜひ1度ご相談ください。

豊富な求人の中からあなたの適性に合ったお仕事を紹介すると共に、書類の書き方や面接対策など、就職活動をしっかりサポートします。まずはお気軽にご相談を。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ