高卒でなれる公務員

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 高卒就職TOP
  4. >
  5. 高卒就職先
  6. >
  7. 高卒でなれる公務員

高卒で正社員やフリーターから公務員として就職するには、あらかじめどのような情報を仕入れておく必要があるでしょうか。

目指せる職種に多く見られる特徴、公務員の仕事環境のメリットとデメリット、筆記試験に合格する秘訣、面接官に好印象を持たれるためのヒント、大卒の公務員との仕事内容の違いなど、高卒で公務員就職を目指すアナタのためのお役立ち情報が盛りだくさんです。

【このページのまとめ】
・高卒OKの公務員職種の特徴は、体力が重視されるものが多い
・公務員のメリットは安定した雇用、デメリットは個人の業務実績が給与に反映されにくいこと
・公務員の試験勉強は、予備校、通信教育、独学など方法は様々
・高卒の場合は体力やコミュニケーション能力をアピール
・大卒と比べると高卒が受験できる公務員職種の幅は少なめ

  • 高卒OKの公務員職種の特徴

    高卒でなれる公務員の特徴は、大きく分けて2つあるでしょう。

    1つ目の特徴は学力よりも体力が重視されることです。裁判所職員や税務職員など事務職もありますが、土木や建築、警察官、自衛官など体力の要る仕事が目立つので、知力を求められる正社員の経験がないフリーターの方でも対応しやすいのではないでしょうか。
    学力が重視される仕事は、高卒よりも大卒や院卒など高学歴でなければ受験できない職種に多く見られます。

    もう1つの特徴は公務員試験に合格した後、職業専門の訓練学校を卒業しなければ就職できない職種の求人が比較的多いことです。
    警察官や自衛官だけでなく、事務職でも税務職員や家庭裁判所調査官など専門の知識や技術の訓練が必要とされます。

    求人を探して受験勉強を始める前に自分の適性をしっかり見極めて、高卒でなれる公務員試験に合格した後まで視野に入れて進路を選択することをオススメします。

  • 公務員のメリットデメリット

    どの学歴からも人気の高い公務員ですが、当然メリットとデメリットの両方があります。メリットで最も大きなものは、不景気で解雇される心配がないことでしょう。
    リーマンショック以降、民間企業の正社員でも高卒の就職内定率は上昇傾向にあると言われていますが、景気に左右される社員よりも雇用が安定した公務員としての就職を望む声はフリーターでも多く聞かれます。

    また大卒と比較した高卒でなれる公務員の種類と特徴ですが、警察官や税務職員など募集がある職種の多くは試験合格後に訓練学校で仕事に必要な知識と技術を十分に身につけてから就職するので、安心して仕事を始められます。

    一方高卒でなれる公務員の主なデメリットの1つは、個人の業務実績が給与に反映されにくいことです。
    民間の企業の正社員であれば個人の実績によって昇給したりボーナスが多くもらえたりしますが、どの種類の公務員でも、給与は国民の税金から出ているので、景気が良くなっても給与アップがしにくくなっています。

  • 公務員試験勉強のコツ

    高卒でなれる公務員試験を受験する場合、予備校で授業を受けたり通信教育でテキストを購入するのも良いですが、自分1人で勉強を習慣づけられるのであれば高校生時代の教科書を使った独学で十分対応できるでしょう。

    また前職が民間企業の正社員かフリーターかによって合格しやすい募集枠は異なります。前職が正社員であれば社会人採用枠の求人に応募すると良いでしょう。
    高卒でなれる試験の種類によっては筆記試験で専門科目がなく、論文と面接の比重が大きいので、前職の職務経験を上手にPRできれば高校生の段階での学力にあまり自信がなくても合格に近づけます。

    一方でフリーターは社会人採用枠で応募することはできますが、職歴がないのでPR材料が乏しく、就職する気があるのか疑われてしまうこともありうるので面接重視の採用方法では通過するのは難しいかもしれません。

    なのでどの種類の試験に応募すれば良いか迷っている人は、高校生から学力を伸ばせば合格の可能性が高くなる一般枠で応募することをオススメします。

  • 面接突破のための対策

    高卒の公務員試験の面接は職歴により合否が分かれます。
    高校卒業後に企業の正社員として就職した場合は前職の業績を話し、就職後に自分のキャリアを活かせることを面接官にPRすれば好印象を得やすいでしょう。

    できれば志望職種と共通する仕事内容を中心にPRすると、面接官がアナタの仕事で活躍する姿をイメージしやすいため選考で有利に進めるでしょう。

    しかしフリーターの場合は、職歴が空欄であるため面接では新卒や大卒、正社員経験者などよりも不利になってしまいがちです。
    主な理由は社会人であっても社会のマナーが身についていないことと、就職意欲が薄いと思われがちなことです。正社員経験に替わるPR材料は、学生時代やフリーター時代の経験でしょう。

    高卒から受験資格がある求人は、応募条件が大卒以上の求人ほど知識やスキルは重視されていないので体力やコミュニケーション能力に自信があることを上手にPRすれば、合格の可能性はあります。

    また、中途採用の面接の際はスーツを着るようにしましょう。職歴の有無にかかわらず、身だしなみのマナーは大切です。リクルートスーツではなくて良いので、スーツを着用すると中途採用される可能性が高くなります。

  • 公務員の仕事内容

    公務員の一般職には事務系や技術系があります。公務員は事務系と技術系に分かれているものの、どちらも地域に根付いたサポートを提供している点では共通です。
    事務系の職種は一般行政事務、学校事務、警察事務が挙げられ、書類の整理や窓口対応、システムの管理などを行っています。対内的なものから対外的なものまで業務は多岐に渡り、様々な業務に対応するための幅広い能力が求められるでしょう。

    技術系の職種は建築、土木、機械、電気電子、化学、農学など専門的な領域で分かれています。地域創生を担い、地域の調査、計画や施策の策定・施行、環境保全、技術支援などを行っています。専門的な知識を活かし、自然環境をはじめとする地域の特色に合わせて各エリアを支援。市の発展に寄与できる職業です。

    その他、国税専門官や財務専門官、裁判所職員、労働基準監督官、国会職員など、それぞれの局・署でプロフェッショナル、スペシャリストとなり、調査や指導、管理を通して国家を陰で支えています。

  • 大卒公務員との仕事内容の違い

    同じ公務員でも高卒は大卒と大きな違いがあります。

    大卒で受験できる公務員職種は事務系から技術系まで幅広くあります。官僚や国税専門官など法律関係の仕事が多く見られ、給与はもちろん高卒よりも高めです。
    資格や免許があれば教師や司書にもなれて、高卒で就職できる警察官でもキャリア組を目指せます。人をまとめたり、人に教えることが得意な方に向いている仕事が多いです。

    一方高卒から募集がある公務員職種は、大卒ほど高度な知識を求められることはあまりありません。事務職もありますが肉体労働が多いので、仕事内容は体力的にハードになりがちです。
    高校生から公務員になる場合は、大卒のようにリーダーになる前提の仕事ではないので、就職できればフリーター時代の経験でも活かすことができます。公務員試験も独学で対応できるレベルなので、健康状態に自信があればオススメできます。
    高校生から公務員になる場合でも、高卒と大卒の需要の違いは民間企業の正社員と変わらないと言えます。

高卒の公務員には様々な職種があります。国家公務員であれば、国家公務員一般職(大卒程度・高卒程度)が一般的です。その他の職種は専門性が高くなります。税務職には、国税調査官と国税徴収官、国税査察官の3つから成る国税専門官が挙げられます。公安職は国家の治安維持に関する業種です。警察官や皇宮護衛官、入国警備官、刑務官(刑務所・少年院)、検察庁、海上保安官などの職種があります。身体的な能力が求められるのも、公安職の特徴です。その他には、国会職員や国会図書館(総合職・一般職)、国立大学法人職員、食品衛生監視員なども国家公務員の一部です。

国家公務員には様々な職種があることがわかりましたが、地方公務員にはどのような職種があるのでしょうか。見ていきましょう。地方公務員の場合は、行政職・事務職、技術職、公安職に分かれています。行政・一般職は、警察事務や学校事務などがあります。警察事務は警察本部や警察署における会計を担当します。女性が多い傾向にあります。学校事務は高校で働く都道府県職員と小中学校で働く市町村職員に分かれています。警察官は警視正以下の階級になると、地方公務員扱いです。消防吏員(消防士)は地方公務員で、市区町村単位で採用選考が行われます。県庁・道庁・都庁・府庁の職員も地方公務員です。また、市役所の職員も同様です。市にも区分が設けられており、「政令指定都市」「中核市」「一般市」で採用日程などが異なります。東京都の場合は、23区の区役所に特別区職員と呼ばれる地方公務員が配置されています。東京都23区の区役所は地方自治体に比べて財源が豊かなので、このような制度が敷かれています。特別区職員はⅢ類であれば、高卒からすぐにチャレンジ可能です。

かんたん30秒登録

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ0120-979-185年中無休 24時間対応

高卒で就職できる公務員の主な特徴は、事務職よりも力仕事の求人が多いことと大卒に求められる高度な知識や思考力の需要が少ないことでしょう。
筆記試験は勉強の習慣がつけば独学でも対応できます。
正社員ならば社会人採用枠で応募できますがフリーターの方は学力の比重が比較的高い一般枠での応募がオススメです。

高卒の公務員は雇用は安定していますが、高収入は得にくいという難点もあります。高度な知識の需要があるかどうかが高卒と大卒の大きな違いでしょう。
試験は独学で対応することができますが、正社員経験者は専門科目がない社会人採用枠での受験がオススメです。職種選びや面接の対策はハタラクティブにご相談ください。

ページトップへ

Leverages

© 2013-2017 Leverages Co., Ltd.