1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ハローワークに初めて行く人向け利用ガイド!

ハローワークに初めて行く人向け利用ガイド!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ハローワークには、職業紹介、職業訓練、雇用保険の手続きといったサービスがある

    ・仕事を探す際は求職申込書を提出し、ハローワークカードを手に入れよう

    ・ハローワークでは地元企業を含む全国各地の求人が見つかる

    ・求人は中小企業が多く、大企業を目指す人、高待遇を望む人には不向き

    ・より手厚い支援を受けたいなら、こちらから転職エージェントを使うのがおすすめです!

ハローワークに初めて行く人向け利用ガイド!の画像

「初めてハローワークで仕事を探そうと思うけど、具体的なサービス内容や求人の探し方が分からない…」という方はいませんか?

このコラムでは、求職申込みのやり方や求人の特徴、ハローワークでの求職活動に向いている人の傾向をまとめました。

基本手当の受給方法や、就職に必要なスキルが身につく職業訓練の内容にも触れているので、初めてハローワークを利用する方はぜひご覧ください。

ハローワークと転職エージェントのサービス内容の比較もあるので、自分に合った求職活動の方法が分かります!

初めてのハローワーク!何ができる?

ハローワークは正式名称を「公共職業安定所」といい、就職困難者のセーフティネットとしての役割を持つ行政機関です。主には職業紹介と雇用保険関係の手続きができ、職業紹介は仕事を探している人なら国民の誰もが利用できます。

就職・転職支援

ハローワークは窓口で就職相談を受け付けるほか、仕事を探す人の属性に応じて、新卒向けの「学生職業センター」、パートで働きたい人の「パートバンク」、育児をする人向けの「マザーズハローワーク」、若年層向けの「わかものハローワーク」など、各種施設を設置。求人紹介や個別相談、就職支援セミナー実施し、求職者をサポートしています。

雇用保険の手続き

雇用保険とは国が管掌する強制保険で、原則として労働者を有する全ての事業所に適用されるものです。

雇用保険の役割は働く人や仕事を探す人をサポートすることであり、各種給付金を通して失業の予防や雇用状態の是正、雇用機会の拡大を図っています。

ハローワークで手続きする給付金には、失業中に受け取れる「基本手当」があるので覚えておきましょう。

職業訓練

ハローワークでは、職業訓練に関する手続きも行っています。職業訓練とは、就職に必要な技能や知識を身につけられるもので、求職者を対象に無料(テキスト代は自己負担)で実施されます。

「やりたい仕事があるけどスキルがない」「スキルを身につけて入社後すぐに活躍したい」という方にとっては、参加する価値が大きい制度でしょう。

ハローワークは全国550箇所以上に設置されているため、初めて利用する場合は最寄のハローワークがどこか調べてみてください。情報を得るには、厚生労働省職業安定局が運営する「ハローワークインターネットサービス」を利用するのが便利です。

参照元:ハローワークインターネットサービス

初めてなら確認したい、ハローワークで仕事を探す方法

ハローワークで初めて仕事を探す際は、最初に求職申込みの手続きを行います。求職申込みから採用までの流れを確認していきましょう。

1.求職申込みをする

最寄のハローワークを訪れ、「求職申込書」に必要事項を記入します。

 〈求職申込書の主な項目〉

 ・氏名、生年月日、連絡先

 ・希望する仕事

 ・希望就業形態

 ・希望収入

 ・希望勤務時間

 ・就職する上でのその他の希望

 ・今までに経験した仕事

記入する内容を家でじっくり考えたい人は、ハローワークインターネットサービスを通してネット登録することもできます。しかし、Webでの登録は仮登録として扱われるので、仮登録から1週間以内にハローワークを訪れ本登録を済ませてください。

2.ハローワークカードを受け取る

求職申込みが受理されたら、ハローワークカードが渡されます。ハローワークでの相談や求人紹介の際に必要になるので、ハローワークを訪れる時は必ず持参しましょう。

3.求人を探す

ハローワークでは、地元企業や全国の求人を探せます。職員に相談しながら探したり、ハローワークに設置されたパソコンで検索したりして、希望条件に合った仕事を見つけましょう。ハローワークインターネットサービス使うと、自宅のパソコンから求人情報を調べることもできます。

ハローワークによっては新着の求人を掲示するほか、業種や地域別にファイリングされた求人を閲覧できる場合もあるので、隅々までチェックしてください。

「どんな仕事が向いているか分からない」という場合は、職員に希望を伝えて相談しながら求人を探すのがおすすめです。

4.選考対策をする

求人に応募した後は、履歴書などの応募書類を用意し面接を受けることになります。応募後に慌てないよう、求人を探しながら応募書類の書き方や面接のマナーを確認しましょう。

選考対策のやり方が分からない時は窓口で職員に相談すると、採用者目線に立ったアドバイスがもらえます。ハローワークでは応募書類の書き方や面接対策のセミナーも実施されているので、利用すると良いでしょう。

5.紹介を受ける

応募したい求人が決まったら窓口の職員に伝えます。職員が会社に連絡をとった上で「紹介状」を渡してくれるので、面接の際は必ず持って行くようにしてください。

6.面接・採用

当日は応募書類と紹介状を持参し指定された会場に向かいます。服装は特に指示がない場合はスーツです。

採用が決まれば採用通知が届く流れですが、採用条件は必ず書面(雇用契約書、雇用通知書)で受け取り、入社前に確認しましょう。「ハローワークの求人票と条件が違う」といったトラブルがあれば、すぐに職員に相談してください。

ハローワークではどんな求人が見つかるの?

ハローワークには地元企業の求人が多く集まっており、地元で就職したい人におすすめ。また、ハローワークは全国にネットワークがあるため、全国各地の仕事を探すことも可能です。

初めてのハローワーク、服装と持ち物はどうする?

仕事を探す場所、という意識でかしこまった気持ちになるかもしれませんが、職業相談や求人閲覧、雇用保険の手続きに行くだけなら普段着でOK。会社帰りでスーツの人も見かけますが、ジーパンやTシャツという人もいますし、基本的にはどんな格好でも問題ありません。

ただ、模擬面接を受けに行く時、自分のスーツの着こなしが正しいか職員にチェックしてもらいたい時は、スーツを着用していきましょう。

持ち物ですが、初めて求職活動に行く時は記入済みの履歴書を持っていくと、求職申込みがスムーズになるほか、職員に自分の経歴を説明する手間が省けます。また、職員に頼んで添削してもらうこともできるでしょう。ただ、履歴書は必須ではないので、自分が必要と感じたら持参してください。

ハローワークの公的職業訓練(ハロートレーニング)

ハローワークでは、就職やキャリアアップに必要なスキルが身につく公的職業訓練を実施しています。受講手続きはハローワークで行うので、興味がある方は最寄のハローワークを訪れましょう。

訓練を受けられるのはどんな人?

これから働こうとしている全ての人が訓練を受けられます。基本手当を受給している人を対象とする訓練を「公共職業訓練」、受給していない人を対象とする訓練を「求職者支援訓練」といい、公的職業訓練はこの2種類の総称です。失業中の人はもちろん、学卒者やスキル習得を目指す在職中の人に向けた訓練もあります。

職業訓練にはどんなコースがあるの?

訓練のコースは、事務系やIT、建設、サービス、製造、デザイン、理美容など多様な分野を学べるでしょう。昨今のニーズに合わせた学習内容も用意されており、例としてはシステム開発やWeb設計が挙げられます。ほかに、女性向けのコースや資格が取得できるコースがあり、自分に合ったものを選択できます。

取得できる資格の例としては、「介護職員初任者研修」や「第一種電気工事士」、「宅地建物取引主任者」があります。

ハローワークインターネットサービスから全国のコース情報が検索できるため、職業訓練について初めて知ったという方はぜひアクセスしてみましょう。

初めて基本手当を受給する時の手続き

基本手当の受給手続きの画像

雇用保険の中には、失業者を対象とした「基本手当」と呼ばれる給付金があります。基本手当には、失業中の方が生活の心配をすることなく求職活動に専念できるよう支援する目的があり、退職後に一定の要件を満たすと受給できます。

初めて受給する方は、詳しい受給条件や手続きの流れを確認していきましょう。

基本手当を受給できる条件

原則として、基本手当の対象となるのは離職前の雇用保険加入期間が12ヶ月以上あり、かつ積極的に就職しようとする意思がある人です。出産を控えている、家事に専念するつもりである、怪我で現在仕事をするのが難しいなど、すぐに就職しない方は支給の対象となりません。

なお、加入期間が12ヶ月に満たない場合でも、倒産や解雇により離職した人は「特定受給資格者」、体力の不足などやむを得ない事情で離職した人は「特定理由離職者」として扱われ、離職前の保険加入期間が6ヶ月以上あれば給付金を受け取れます。

手続きには離職票が必要ですが、離職票に記載された退職理由が正しいものか必ず確認するようにしましょう。

基本手当の受給手続き

1.離職票をもらう

普通であれば、退職後10日前後で会社から離職票が郵送されます。離職票は受給手続きに必要な書類なので、しばらく経っても手元に届かない場合は会社に問い合わせてください。

万一会社に要求しても発行されない、事業主が行方不明になった場合などはハローワークに問い合わせてみましょう。

2.ハローワークでの求職申込み、書類の提出

ハローワークで求職申込みを行った後、受給手続きに必要な書類を提出します。提出物は以下のとおりです。

・雇用保険被保険者離職票ー1(口座番号などの記入欄がある書類)

・雇用保険被保険者離職票ー2(離職日以前の賃金支払状況が記載された書類)

・個人番号確認書類:

マイナンバーカード、通知カード、個人番号の記載のある住民票(住民票記載事項証明書)のうちいずれか1種類

・身元(実在)確認書類:

(1)運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、官公署が発行した身分証明書・資格   明書(写真付き)などのうち、いずれか1種類

(2)公的医療保険の被保険者証、児童扶養手当証書など

 ※(1)の書類がない方は、(2)の書類が2種類必要

・写真(最近の写真、正面上半身、縦3.0cm×横2.5cm)2枚

・印鑑

・本人名義の預金通帳またはキャッシュカード

3.受給資格の決定

提出した書類をもとに受給資格の決定が行われます。この際、退職理由についても判定されるため、「会社都合退職なのに自己都合にされている」など、退職理由に異議がある場合はハローワークに相談しましょう。

受給資格が決定したら受給説明会の日取りが案内され、「雇用保険受給資格者のしおり」が渡されます。

4.雇用保険受給者初回説明会

説明会では基本手当受給に関する重要事項が伝えられるため、指定された日時に必ず出席しましょう。持ち物は「雇用保険受給資格者のしおり・印鑑・メモ・筆記用具」です。

説明会では雇用保険受給資格者証と失業認定申告書が渡され、1回目の認定日が知らされます。

5.失業の認定

基本手当を受け取るには、原則として4週に1回失業状態であることの認定を受ける必要があります。説明会で知らされた認定日にハローワークを訪れ、雇用保険受給資格者証とともに求職活動の状況などを書き込んだ失業認定申告書を提出します。

なお、基本手当を受け取るためには、前回の認定日と次の認定日の間に最低2回の求職活動が必要。

求職活動として認められる活動は、以下のようなものです。

・求人応募

・ハローワークが行う職業相談や職業紹介を受けた

・ハローワークが行う各種セミナーや講習の受講

・民間の職業紹介会社などが行う職業相談、職業相談、セミナーなどを受けた

・公的機関が行う職業相談、セミナーなどを受けた

・再就職に向けた各種国家資格試験、検定試験の受験

6.受給

認定日から通常5営業日程度で基本手当が振り込まれます。再就職が決まるか給付期間が終わるまでの間は、失業の認定と受給を繰り返しながら求職活動を行う流れです。

基本手当が受け取れる期間は、原則として離職日の翌日から1年間。手続きが遅れるほど貰える額が減ってしまうので、退職後は離職票を手に入れたらすぐにハローワークを訪れましょう。

初めてハローワークで求職活動するメリット・デメリットは?

ハローワークは無料で仕事が探せる便利な機関ですが、メリットもあればデメリットもあります。

初めて利用する方は、ハローワークの性質を理解した上でより良い求職活動ができるよう、その両面を知っておきましょう。

メリット

ハローワークのメリットの1つは求人数の多さ。

ハローワークは各所に拠点があって無料で求人掲載できるため、全国の企業から求人が集まります。2019年10月9日時点の求人数は1,184,577件にのぼり、沢山の選択肢があると分かるでしょう。

求人を選ぶ時は、「わかものハローワーク」「マザーズハローワーク」のように特定の求職者に特化したサービスも利用でき、効率的に自分に合った仕事を探すことが可能です。

デメリット

ハローワークでは求人を掲載する企業の内情までは把握しきれないため、いわゆるブラック企業が存在するのも事実です。常時求人が出続けている企業、規模に対して募集人数が多い企業は人材を使い捨てている可能性があるので気をつけましょう。

また、求人が無料掲載できる仕組みは多くの求人獲得につながる一方で、「空求人」が増えるというデメリットがあります。空求人とは、企業が自社の知名度を高めたり、社員に面接の練習をさせたりするために出す求人で、企業側に「本当は採用するつもりがない」点が問題です。良い求人を見つけたと思っても、採用されることはありません。

ハローワークの求人票には写真がなく社内の様子をイメージしにくい点も、職場環境を気にする人にとってはデメリットとなるでしょう。

ハローワークに向いている人・向いていない人の特徴とは

公的職業訓練(ハロートレーニング)とはの画像

効率的に就職を成功させるには、自分にハローワークのサービスが向いているかどうかを考えると良いでしょう。

特に初めてハローワークを利用する場合は、向いている人・向いていない人の特徴を知ることが大切です。

ハローワークの利用が向いている人

家の近くでサービスを利用したい人

ハローワークは全国に550ヶ所以上の拠点があり、都市部・地方に関わらず万遍なく設置されているのが特徴です。民間企業による有料職業紹介事業所は都市部に多いため、訪れるのが難しい人はハローワークを利用するのが良いでしょう。家の近くにハローワークがあれば、初めてでも気軽に立ち寄れます。

幅広い求人を探したい人

ハローワークは無料で求人掲載できることから、民間のサービスに比べて求人登録している企業数が多いのが特徴。地元企業はもちろん、全国各地の求人を見つけられます。より多くの業種や職種から仕事を選びたい人は、ハローワークに向いているでしょう。

中小企業で働きたい人

ハローワークには中小企業の求人が多いため、就職する際に企業規模を気にしない人、大企業より中小企業に就職したいという人は仕事を探しやすいでしょう。

ハローワークに向いていない人

大企業に就職したい人

説明したように、ハローワークで多いのは中小企業の求人です(※)。大企業を目指したい人には、ハローワークは向いていないでしょう。

参照元:厚生労働省 - 一般職業紹介状況(職業安定業務統計)2019年8月調査

(産業・事業所規模別新規求人数)

手厚い支援を受けたい人

ハローワークは就職・転職支援以外にも、雇用保険の手続きなどを行っています。窓口の職員に相談しながら仕事を探せますが、職員が忙しいと対応が後回しになったり、状況によっては十分な時間をとってもらえなかったりすることもあるでしょう。

在職中に転職活動をしたい人

ハローワークの開庁時間は8時台から17時台までのところが多く、夜に利用することはできません。土日は開庁していないハローワークも多いので、土日休みの仕事をしながら転職活動する人にとっては、利用できる時間がかなり限られてしまいます。

ハローワークが「自分が求める条件に合わないな」と感じたら、次の項目でご紹介する転職エージェントの利用も検討してみましょう。

ハローワークについてのQ&A

職業紹介や雇用保険関係の手続きができるハローワークですが、実際に利用したことがない方には分からないことも多いでしょう。ここでは、ハローワークに関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

ハローワークはニートでも利用できますか?

ハローワークは仕事を探している人なら、年齢や経験を問わず誰でも利用できるサービスです。まずは居住地を管轄しているハローワークに行き、求職申込みをしてみましょう。詳しくは「ハローワークはニートも対象?支援内容と活用法」に記載しているでの、ご一読ください。

若年層向けの「わかものハローワーク」と通常のハローワークの違いは何ですか?

「わかものハローワーク」は若者に特化した「ヤングハローワーク」のことで、正社員を目指している若年層の求職者を専門的に支援する機関です。年齢制限があり、「正社員経験がない」もしくは「正社員経験が浅い人」を対象としています。詳しくは「ヤングハローワークで就活しよう!サービス内容や利用方法をご紹介」をご確認ください。

ハローワークに行く時の服装は決まっていますか?

求人を探しにいく場合には普段着で問題ありません。ただし、だらしない格好などは避けて常識の範囲内で服装を選ぶと良いでしょう。詳しくは「ハローワークに行くときの服装と持ち物について」をご一読ください。

ハローワークで面接練習はできますか?

ハローワークは求人紹介だけでなく、面接練習も行っています。面接練習は平日の日中に開催されており、予約をすれば誰でも利用可能です。申し込み方法などは、「ハローワークの面接練習を活用しよう!申込方法や服装はどうする?」に掲載しています。

ハローワークと転職エージェントの違いは何ですか?

どちらも職業紹介や就職のためのサポートサービスを行っていますが、転職エージェントは非公開の求人を多く取り扱っています。ハタラクティブは、フリーター・既卒・第二新卒などの若手に特化して転職サポートを行っている転職エージェントです。プロの就活アドバイザーが親身に相談にのりますので、初めての転職で不安な方もまずは1度お気軽にご相談ください。

初めての就職・転職は、ハローワーク以外のサポート機関も検討しよう

ハローワークのデメリットをカバーする就職支援サービスとしておすすめなのが、就職・転職エージェントです。

エージェントでは就職・転職の知識が豊富な担当者が一貫してサポートを行ってくれます。メールや電話のやり取りにも対応しているので、不安や疑問をその都度解消できるのも心強いポイント。担当者は面接の日程調整や条件交渉といった企業とのやり取りを代行してくれるので、初めて就職・転職活動する人も安心です。

転職エージェントにはハローワークにあるような「空求人」はないため、効率的に仕事を探せます。ハローワークの求人票は情報量が不十分な場合も多いですが、エージェントは企業を詳しく調べているので、応募前に細かな業務内容や社内の雰囲気が分かり、納得の上で選考に進めるでしょう。

「自分はハローワークに向いていないかも」と思ったら、ぜひ就職・転職エージェントの活用を考えてみてください。どちらを利用するか迷っているなら、両方に足を運んで判断してみてはどうでしょうか。

エージェントは特定の業界や求職者(若年層、ミドル層など)を得意としている場合が多いので、利用する際は自分に合ったサービスを意識しましょう。

もしあなたが20代で仕事を探している場合は、ハタラクティブに登録してみませんか?

ハタラクティブは若年層に特化した就職・転職エージェントで、一人ひとりに合わせたカウンセリングや求人提案、選考対策などの手厚いサポートを実施しています。既卒や第二新卒の方はもちろん、フリーターの就職支援にも力を入れているので、正社員就職が初めての方もご安心ください。

ハタラクティブを使った場合の内定までの期間は、最短で2週間。当サービスは80.4%という高い内定率を維持しており、「就きたい仕事が分からない」「応募書類の書き方に不安ある」という人も、プロのアドバイスで効率的に就活を進めることが可能です。

「とりあえず相談だけしたい」という方のご利用も歓迎しておりますので、ぜひお気軽にご登録ください!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    ハローワークに必要な持ち物は?求職や失業保険給付などの目的別に解説

  • image

    ハローワークへ初めて行く方に!服装選びのコツ

  • image

    ニートを脱出したい!初めてのハローワーク、使い方とは

  • image

    ハローワークに行くときの服装と持ち物について

  • image

    ハローワークの使い方は?登録から内定までの流れを解説

  • image

    ハローワークカードってなに?作成手順や紛失した場合の対処法を解説

  • image

    何を持っていけばいい?ハローワークに行くときの持ち物

  • image

    ハローワークを使った転職活動の方法とメリット・デメリット

  • image

    ハローワークの職業相談でできることは?聞かれる内容や流れを紹介

  • image

    転職したい!ハローワークの活用方法

  • image

    ハローワークを活用して効率よく正社員を目指そう!

  • image

    ハローワークで行う退職後の手続きとサービスをご紹介!

  • image

    ハローワークの面接練習を活用しよう!申込方法や服装はどうする?

  • image

    高卒の就活でハローワークは有効?エージェントとの比較も

  • image

    ハローワークのサービス内容と利用方法について

  • image

    ハローワークってどんなところ?利用方法は?

  • image

    職安(公共職業安定所)とは就職・転職の強い味方!利用方法を詳しく紹介

  • image

    ハローワーク求人への効率的な申し込み方5選

  • image

    ニートが知るべきハロワの利用方法とは?

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?