1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ハローワークは就職に使える?メリットとデメリット

ハローワークは就職に使える?メリットとデメリット

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ハローワークは求人の紹介、各種セミナー、失業給付の手続きなど就職支援サービスを提供している公的機関
  • ・全国各地に設置され、そのエリアに特化して求人を扱うため、特定の地域で探している人にはメリットが感じられる
  • ・応募に関して相談できるのもハローワークならではの魅力
  • ・ただし、相談員によって対応にバラつきがあること、実際の条件と求人情報が異なるなどのトラブルも施設によってはある
  • ・利用する際は、求人について必ず相談員に聞く、聞く内容は具体的にしておく、など求職者側で工夫することも必要
  • ・内定率を上げたいなら複数サービスを併用するのがおすすめ。就職転職エージェントではハローワークと同様に就活についての相談も受け付けている

就職や転職をする際に、ハローワークの利用を考えたことがある方もいるでしょう。ハローワークは職業紹介をする行政機関で、
職業相談や転職セミナーの実施なども行っています。 ここでは、ハローワークの利用方法と、そのメリットとデメリットについてご説明します。

◆ハローワークとは?

ハローワークの就職支援サービスとはどのようなものがあるでしょうか。ハローワークは、求職者も求人募集をしている企業も無料でサービスが受けられる公的機関で、全国各地に約550か所設置されています。(2017年6月時点) 

主なサービスは職業紹介ですが、他にも求職者が自分のキャリアについて相談できる「職業相談」や、面接の練習をしてくれる「面接対策」「転職セミナー」の開催などを行っています。仕事に必要なスキルを身につけるための職業訓練校の受付や、失業保険受給のための手続きもハローワークの仕事です。 

利用するには、まず自宅か希望勤務地の近くのハローワークに行き、求職者としての登録を行います。「求職申込書」という用紙に、自分の個人情報、今までの職務経歴、学歴、希望職種、希望勤務地、勤務条件などを記入します。 

登録が済んだら、ハローワークにある端末から求人情報を検索することができます。気になる仕事の情報を印刷して窓口に持って行き、該当求人に応募可能と判断されるとその場で企業側にコンタクトしてもらえます。 

書類選考がある場合は履歴書を送付し、ない場合は面接日程を決めて紹介状をもらいます。紹介状は面接当日に面接担当者へ渡しましょう。

◆ハローワークを使うメリット・デメリット

・メリット

ハローワークは各自治体に設置されているため、そのエリアが所在地の企業やお店が求人を出すことが多いと言えます。そのため特定のエリアで求人を探している人にとっては、インターネットに載っていない可能性のある地元密着型の求人を見つけることができるというメリットがあります。 

また、経験のある職員が職業相談や面接対策を行ってくれるという安心感もあるでしょう。

・デメリット

一方で、公的機関なので営業時間は基本的に平日の17時半までが一般的で、場所によっては混雑が予想されます。仕事をしている人にとっては通うのが難しい時間帯と言えるでしょう。 

面接練習や転職セミナーの実施は各ハローワークによって実施の有無が異なり、職員によっても対応が大きく違うこともあります。 

加えて、企業側が無料で求人を掲載できることから、募集終了の求人が長く掲載されていたり、求人の条件と契約条件が異なる、などのトラブルも中にはあるようです。

◆ハローワークを利用する際の注意点 

前の項目で紹介したハローワークのメリット・デメリットを理解した上で「利用してみたい」と思っている方もいると思います。そんな方のためにここでは、ハローワークを利用する際の注意点についてご紹介します。

◇限られた情報だけで見極めようとしない

ハローワークの求人票を見ると、項目ごとにシンプルに記載されているだけなので、求人票の情報だけで企業を見極めるのはなかなか難しいものがあります。

民間の求人サイトや求人情報の感覚で応募を判断することは避け、必ず希望の求人について窓口の相談員に聞いてみましょう。相談できるというのがハローワークならではの良さでもありますから、積極的に活用することをおすすめします。

◇質門や疑問がある場合は聞く内容を具体的にしておく

先程も触れた通り、相談員に対応してもらえるのがハローワークならではのメリットではありますが、人によって対応にバラつきがあることも確か。その点を少しでもカバーするために自分の質門や疑問は具体的にしておくと良いでしょう。

自分が聞きたいことのポイントが明確になっていれば、相談員の方もアドバイスがしやすく、自分が欲しい情報を引き出すことができるのではないでしょうか。

◆就職転職エージェントの利用もおすすめ! 

就職や転職を検討している方は転職エージェントを利用するのもひとつの手です。転職エージェントはハローワークと同様に無料で求職者に職業紹介をする企業です。 

求人を行う企業側が報酬を支払うので、ハローワークとは違い一般には公開していない非公開求人が豊富にあることが特徴です。これらには人材採用を重要視している会社、採用が活発な成長中の企業、大手企業などが含まれる傾向にあります。 

また、管理職向け、エンジニア向けなどある程度求職者のタイプに特化していることが多いため、求職者は自分の志向に合ったエージェントを探すことができるのも特長です。

ハタラクティブは、20代の若年層や第二新卒に特化して就職支援を行っています。そのため、取り扱う求人も若手社員向けや未経験歓迎のものが豊富。 

専任の就活アドバイザーが付き、カウンセリングからお仕事紹介、面接のサポートまで一貫して担当します。

 

履歴書の書き方や自己PRの仕方など丁寧なアドバイスを行っていますので、ぜひ一度ご相談してみてはいかがでしょうか。



関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    ハローワークに相談するメリットとデメリット

  • image

    ハローワークの使い方は?登録から内定までの流れを解説

  • image

    ハローワークを使った転職活動の方法とメリット・デメリット

  • image

    ハローワークを初めて利用するときの流れは?必要な手続きや求人応募の仕方

  • image

    相談無料のハローワーク、利用のメリットとデメリット

  • image

    転職エージェントとハローワークは何が違う?

  • image

    第二新卒も新卒応援ハローワークを利用できる?メリット・デメリットとは?

  • image

    ハローワークの紹介状とは?もらってからの注意点と提出方法

  • image

    ハローワークを利用した転職!どんなメリットがある?

  • image

    ニートの就職は、ハローワークに相談してみよう

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる