フリーター就活のコツまるわかりガイド

フリーターの就活は、新卒や中途の就活とは少し勝手が違います。
長年フリーターだった方、学生時代に就活経験がなかった方は「今更就活をしても正社員になれないのでは?」という不安や、いざ就活をはじめるにしても「何からはじめていいのかわからない」と思っていませんか?
実際、就活に必要な情報についても新卒や中途向けのものはあふれていますが、フリーター向けのものは少なく、フリーターにとって十分な就活の環境が整っていないのが現状です。就活は誰にとっても不安なもの。多くのフリーターの就活を支援してきたハタラクティブの就活アドバイザーと一緒に、成功するための就活をはじめましょう。

【このページのまとめ】

  • ・フリーターからの正社員への就職は、就活アドバイザーがしっかりフォロー
  • ・まずは就活全体の流れを把握しよう
  • ・自分に合う仕事を探す方法や書類作成、面接対策なども要チェック
  • ・内定後には、手続きや書類の準備が必要。入社前にきちんと確認しよう

フリーターが就活する時に知っておきたいこと

フリーターが正社員になるための就活準備

フリーターが就活する時に必要な履歴書や経歴書について

フリーターが正社員になるために面接で気をつけること

フリーター就活が成功していざ内定をもらったら

フリーターが就職する上で、知っておかなくてはならないことや、対策しておかなくてはならないことは、このようにたくさんあります。 「もうこのあたりはできているな」と思う項目があっても、抜けているポイントは発生するもの。今一度転職のやり方をチェックしてみることをオススメします。 また、インターネットで情報を集めているだけでは、不十分である場合も多いです。 対策の方法や、就職のために身に付けなくてはならないスキルは、一人ひとりの状況によって違いがあるからです。やはりいろいろな人に相談して、自分にあったアドバイスをもらうことがフリーターの就職への近道といえるでしょう。 そこで、ハタラクティブでは一人ひとり個別に就活カウンセリングを行い就職までの道のりをサポート。 あなた専任の就活アドバイザーが上記項目すべてを丁寧にアドバイスし、しっかりと就職へと導いてくれます。 フリーターの自分に足りないものは何か、どこから始めるのがあなたにとって最適か。まずは確かめることから就職活動を始めませんか?

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブは、既卒・第二新卒やフリーターの方の就職活動を支援するサービスです。
新卒採用に偏重している日本社会においては一般的に正社員経験のないフリーターの就活は難しいと言われています。だからこそ、ハタラクティブではこのようなフリーターの置かれている状況を変えるため、転職のやり方がわからないフリーターのために正社員就職支援を行っています。

正社員を目指す方へ。まずはフリーターの就職にかかる市場の説明、そして希望の求人条件や将来のキャリアプランについてじっくりとカウンセリングを行います。その後は、企業選定のポイントから書類作成から面接対策、そして面接の日程調整から就職後のフォローまで一貫してサポート。一人で就活をしていると情報が偏り、疑問や心配な事についても相談できる相手がいないもの。一人ひとりに専任の就活アドバイザーがつくハタラクティブであれば「まだやりたい仕事が見つからない」「正社員になれても、長く続けられるか不安」「転職のやり方がわからない」という方であっても安心です。

■正社員未経験のフリーターが就職できる会社は?
正社員経験がないままフリーターとして働き続ける方は少なくありません。では、そんなフリーターが正社員就職できる企業にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、正社員未経験でフリーターとして働く人の多くは若者です。そのため、体力的な面での強さが求められる業務を行っている建設系の会社、パソコン操作が苦手な人が多い会社などで正社員未経験者向けの求人募集が多いです。また、フリーターから正社員に就職する方法の1つに、正社員登用制度があります。フリーターが多く活躍する会社では、正社員登用制度が整えられていることが多々あり、その制度を用いて採用された方も多いでしょう。フリーターから正社員になると雇用形態が変わりますが、行う業務自体は変わらないため、正社員未経験者でも正社員就職が可能です。今現在フリーターとして働いていて正社員未経験の方は、若者を中心に集めている会社や正社員登用実績がある会社を探してみてはいかがでしょうか。

■20代のフリーターが就職しやすい職種は?
20代のフリーターが就職しやすい職種としては、販売職や営業職、事務職などが挙げられます。販売職では、自社の商品を販売したり、サービスを紹介したりしているため、アパレルショップや家電量販店での募集が多いです。ファッションに興味がある方や接客が好きな方に向いているでしょう。また、営業職は、主にBtoB(企業間取引)やBtoC(企業と消費者の取引)に分かれて営業を行っています。BtoBの場合は1契約あたりの単価が高く、BtoCの場合は単価が安いなどの違いはありますが、人を相手にしている点ではどちらも同じです。そのため、知識や学力よりもコミュニケーション能力の方が重視されるので、20代のフリーターからでも就職しやすいです。コミュニケーションスキルに自信がある方はチャレンジしてみてください。事務職は、どの業界の会社でもある程度需要があるため、広く門戸が開かれています。事務職は事務的なスキルがあれば、20代のフリーターも活躍できます。事務職に就職したい方は、日商簿記検定や秘書技能検定、MOSなどの資格を取得すると就職しやすくなるでしょう。医療業界でも事務職に従事する人材が求められているので、医療事務を目指す方は、医療事務検定試験やメディカルマナー検定試験にチャレンジしてみてください。転職のやり方がわからない方は、20代のフリーターが就職しやすい職種を狙いましょう。

ページトップへ