新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 19歳フリーターは就職したほうが良い?将来のために今できること

19歳フリーターは就職したほうが良い?将来のために今できること

公開日:

19歳フリーターは就職したほうが良い?将来のために今できることの画像

【このページのまとめ】

  • ・19歳フリーターはできるだけ早く就職活動をしたほうが良い
  • ・フリーター期間が長くなると、採用ハードルが上がり就職率は下がる傾向がある
  • ・19歳フリーターの本音は「もっとアルバイト生活を楽しみたい」
  • ・長期的にフリーターを続けるのは、年齢とともにアルバイト求人が減るリスクがある
  • ・正社員になるメリットは、「収入が安定する」「社会的信用が得られる」など
  • ・19歳フリーターは、ビジネスマナーを身につけて就活を成功させよう

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

19歳でフリーターをしている方のなかには、「できればこのままバイト生活を続けたいけど、就職しないで大丈夫?」と不安を感じている人もいるでしょう。フリーターでも年齢が若いうちは、正社員の給料とそれほど変わらない金額を稼げます。とはいえ年齢を重ねると、正社員とフリーターでは給与や待遇面での差を感じやすくなるのも事実です。このコラムでフリーターが就職すべき理由を知り、将来を考えるヒントにしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

19歳フリーターが就職すべき3つの理由

就職ハードルは年齢とともに高くなります。「いつか就職しよう」と考えていると、いつの間にか就職しづらい状況になる恐れがあるため、ある程度年齢の若いうちに就職しておくことが大切です。

ここでは、19歳フリーターが就職すべき理由を、大きく3つに分けてご紹介します。「なぜ今就職すべきなのか」を詳しく確認しましょう。

1.19歳フリーターはブランクが長いほど就職率が下がる

まず初めに、フリーター期間が長いほど就職率が下がるというデータがあるためです。2012年の労働政策研究・研修機構の調査によると、フリーター期間が6ヶ月以内の就職率が64.0%(男女計)であるのに対し、3年以上の場合は48.9%(男女計)まで低下することが分かりました。細かいデータは以下のとおりです。

フリーター期間が6ヶ月以内の就職率

全体:64.0%
男性:72.5%
女性:56.5%

フリーター期間が1~2年以内の就職率

全体:52.2%
男性:60.0%
女性:42.9%

フリーター期間が3年以上の就職率

全体:48.9%
男性:57.0%
女性:38.3%

上記から、男女の性別による違いはあるものの、フリーター期間が長いほど就職率が下がる傾向にあると考えられます。特に女性は、フリーター期間が3年以上になると就職率は30%代にまで下がるデータもあり、早めの就活が就職成功への鍵になるでしょう。

2.採用の場でフリーターになった理由を質問される

次に、採用の場で「なぜ学校を卒業後(中退後)に就職しなかったのか」といった内容を質問される傾向があるためです。日本では「新卒一括採用」が主流とされており、「新卒で就職しなかったのは、何か問題があるのでは?」という懸念を抱きやすい事情があります。

フリーター期間が短ければ、「一度フリーターになったが、就職の必要性を感じて考えを改めた」といえますが、ブランクが長くなれば「今まで就職チャンスは何度もあったのでは?」と疑念を抱かれやすく、回答の難易度はさらに上がってくるでしょう。採用担当者に「計画性がない」といったマイナス印象を与えないためにも、19歳フリーターはブランクをできるだけ作らないことが大切です。

3.年齢の若い19歳フリーターにはポテンシャル採用がある

最後は、年齢が若い19歳フリーターのうちであれば、ポテンシャルを評価してもらえる可能性があるためです。年齢がある程度上がってくると経験やスキルが重視され、求められる能力が徐々に高まる傾向にあります。しかし、年齢が若いうちは、経験やスキルの代わりに本人の人間性や可能性、就職への意欲などを評価してもらえることも。社会人経験のない19歳フリーターが就職するなら、ポテンシャル採用が受けられる若いうちがチャンスです。

参照元
労働政策研究・研修機構(JILPT)
「労働政策研究報告書 No.148 2012」図表2-23
(2020年12月21日)

19歳フリーターの本音は…

19歳のフリーターができるだけ早く就職したほうが良いことは、お分かりいただけたのではないでしょうか。それでも、就職を迷ってしまう人には、以下のような本音があるようです。

できるならフリーターを続けたい

「フリーター生活が楽しい」「就職したら自由がなくなりそう」など、フリーター生活の続行を望む声も聞かれます。アルバイトは、自分の都合に合わせてシフトを組めたり勤務先を変えやすかったりするなど、メリットの多い働き方です。多少の不安があっても、今の楽しさや居心地の良さを手放したくないと考える19歳フリーターは多いでしょう。

フリーターでも稼げば良いのでは?

19歳フリーターのなかには、「正社員並みに稼げていれば良いのでは?」「生活していける十分な金額を稼いでいるから就職する必要はない」といった考えも、少なくありません。特に、高時給のアルバイトをしていれば、多くのシフトに入らなくてもある程度ゆとりのある生活が可能です。フリーター生活が充実していれば、あえて正社員になる必要性は感じられないのでしょう。

19歳がフリーターでいる6つのリスク

19歳フリーターのなかで、就職を迷っている方や正社員になる必要性を感じられない方は、フリーターのままでいるリスクも知っておきましょう。主なリスクを6つご紹介します。

1.一人暮らしの場合、働けないときは生活費に困る

19歳フリーターの場合、病気やケガで働けなくなると収入はゼロになります。アルバイトは働いた分だけ給与が支払われる仕組みです。一人暮らしで生活費をすべて自分のアルバイト代でまかなっている人は、生活できなくなる恐れもあるでしょう。

2.年齢が上がればフリーター求人が減る

年齢が上がると、応募できるフリーター求人は減る傾向にあります。年齢が若い19歳のうちは柔軟性が高く体力もあるため、フリーター求人は豊富に揃っているものです。しかし、高齢フリーターは、「指示を出しづらい」「体力がなさそう」といった点が懸念され、需要が減ってくるのが現実です。

3.仕事の幅が広がらずスキルアップが叶わない

19歳フリーターに任せられる仕事は正社員に比べて簡単なものが多く、業務の幅が狭い傾向にあります。仕事に慣れてもアルバイト業務の範疇を超えて仕事を任せてもらえません。「新しい仕事を覚えたい」という向上心がある場合、フリーターのままでいるのは不利になるでしょう。

4.フリーターを長期間続けても収入は増えない

正社員は年齢に応じて経験やスキルが身につき、昇進や昇給による収入アップが可能です。対してフリーターは、年齢が上がっても収入はほぼ横ばいといわれています。長く続けたからといって収入は増えないでしょう。

5.19歳フリーターでも稼げば扶養を外れ税金が掛かる

今は親の健康保険上の扶養に入っている人でも、年収が130万円を超えると扶養から外れます。これまで健康保険料を支払っていなかった人は、アルバイト先の社会保険に入ったり、自分で国民健康保険に加入したりしなければなりません。保険料に加え、住民税や所得税といった税金の支払い義務もあるため、「フリーターでは思ったより稼げない」と感じる場合もあるでしょう。

6.就職が遅くなるほどキャリアアップが遅れる

「いつか正社員になろう」と思っていても、就職時期が遅くなると、同世代と比べてキャリアアップが遅れることも考えられます。年齢が若い19歳のうちはそれほどキャリアの差はありませんが、30代を超えて未経験で就職しようとした場合、すでに同世代が経験や実績を積み昇給・昇進しているタイミングの可能性が高いです。この差を埋めるには、並大抵の努力では難しいといえるでしょう。

19歳フリーターが就職する4つのメリット

続けて、19歳フリーターが正社員になるメリットをご紹介します。「正社員は大変なイメージ」「自由がなさそう」などと就職を嫌煙してしまう気持ちも分かりますが、実際は正社員になる魅力も多いので、ここでしっかりチェックしてみましょう。

1.収入が安定する

フリーターから正社員になると、安定した収入を得られます。シフト制のアルバイトの場合、月によって入れる出勤日数や時間が異なると、収入が上下してしまうこともあるでしょう。正社員の場合はあらかじめ基本給が設定されているため、基本的に収入が大きくブレることはありません。雇用も安定しているため、よほどの事情がない限り解雇される心配もないでしょう。

2.待遇面がアップする

フリーターのままでいるよりも、待遇面がアップするでしょう。会社によっては住宅手当や家族手当、役職手当といった各種手当や、産休・育休制度、資格取得支援制度、退職金制度といった、さまざまな制度が用意されています。社会保険が完備されている場合は、雇用保険や健康保険、厚生年金保険、労災保険などの社会保険に自動的に加入することに。健康保険料と厚生年金保険料は会社と折半になるのもメリットです。

3.社会的信用が得られる

19歳フリーターでも正社員になれば、社会的信用度が高まります。社会的信用を得られると、クレジットカードを作成する際や、住宅や車のローンを組むときにスムーズです。そのため、結婚を機に、社会的信用を得ようとフリーターから正社員になるケースも少なくありません。

4.経験に応じてスキルアップ・キャリアアップできる

正社員は、経験や実績、資格などに応じてスキルアップやキャリアアップができます。同じ職種を長く続けるだけでなく、営業職から企画職、販売職から広報といったキャリアパスも用意されているため、努力次第で自分の道を切り開くことが可能です。

19歳フリーターが就職を成功させる3つのヒント

ここでは、19歳フリーターが就職活動を成功させるためのヒントを3つご紹介します。意外に簡単なことなので、すぐに実践してみてください。

1.できるだけ早く行動を始める

就職へ少しでも気持ちが傾いたら、できるだけ早く就活をスタートしてみましょう。「やり方が分からない」「うまくいくかどうか不安」と思っても、やっているうちにできるようになるものです。先述したように、年齢が若いうちはポテンシャルが評価されるため、採用ハードルはそれほど高くありません。悩むよりもまず行動に移してチャンスを逃さないのが、19歳フリーターが就職を成功させる近道です。

2.ビジネスマナーを身につける

社会人経験のない19歳フリーターは、ビジネスマナーをしっかり身につけておきましょう。ビジネスマナーには、身だしなみのマナーや応募書類のマナー、話し方・伝え方のマナーなどがあります。「服装やヘアスタイルを就活仕様にする」「正しい敬語を使えるようにする」「あいさつ・お礼をきちんと行う」など、簡単なことから実践していけば、採用担当者に好印象を与えられるはずです。

3.ブラック企業に気をつける

求人のなかには、ブラック企業が潜んでいる可能性もあるため気をつけましょう。19歳フリーターがブラック企業を見抜くには、できるだけ多くの企業の公式Webサイトを見比べて、情報収集を徹底的に行うのがポイントです。求人募集の内容を見ただけで、その企業の良し悪しは分かりません。多くの情報を集めておくことで、「業務内容がきちんと明記されていない」「離職率が高い」といった違和感に気付けるようになるでしょう。

19歳フリーターにおすすめの就職方法

最後に、19歳フリーターにおすすめの就職活動の方法をご紹介します。就活のやり方を自分なりに考えることも大切ですが、間違った方向へ進めてしまっては意味がありません。以下で、基本的な就活のフレームワークを確認しておき、効率よく進めましょう。

バイト先の正社員登用制度を利用する

アルバイト先の業務内容や社風が気に入っている場合は、その会社の正社員登用制度を利用するのも手です。まずは、職場のリーダーに正社員登用制度の有無や利用する条件について話を聞いてみてください。正社員登用には、履歴書の提出や面接がある場合もあるため、必要に応じて対策を行いましょう。

フリーター向けの就職サイトを利用する

就職サイトを通して自分に合った求人を探し、応募する方法です。就職サイトには、新卒向け、既卒向け、転職者向けなどさまざまなタイプがあるため、既卒向け・フリーター向けを選ぶようにします。人に頼らず自分の目で求人を探したい、すき間時間に就活を進めたいといった方に適しているやり方です。

ハローワークを利用する

最寄りのハローワークを利用する方法も、よくある就職活動の手段です。19歳フリーターがハローワークを利用するには、窓口で「求職者登録」したい旨を伝えましょう。ハローワークでは、登録後に渡されるハローワークカードを使って、求人検索や窓口での就職相談、セミナーへの参加などを行なえます。なお、ハローワーク関連施設には「わかものハローワーク」や「ジョブカフェ」といった正社員を目指す若年層向けサービスもあるので、求職者登録の際に、窓口で自分に適したサービスを聞いておくと良いでしょう。

若年層向けの就職エージェントを利用する

「自分一人で就職活動を進めるのは難しそう」「できるだけ時間を掛けずに就職したい」といった19歳フリーターは、若年層向けの就職エージェントを活用する方法がおすすめ。「就職エージェント」と聞くと難しそうに聞こえるかもしれませんが、簡単にいうと就職支援を行う民間サービスのことです。求人サイトとの違いは、エージェントが就活をフォローしてくれるので、分からないことや不安なことを相談しながら就活を進められる点。就活で行き詰まりがちな企業探しも、エージェントがカウンセリングをもとにピックアップしてくれるので、スムーズです。

とはいえ、就職エージェントには、新卒向け、転職者向け、専門業界向けなど種類が豊富にあり、どのサービスを利用しようか迷ってしまうことも。そんなときは、若年層向け就職エージェントのハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。

就職エージェントのハタラクティブでは、フリーターや既卒、第二新卒といった若年層の方向けに、就職サポートサービスをご提供しています。専任のアドバイザーが、あなたの希望や適性を整理したあと、ピッタリの求人をご紹介。興味のある求人が見つかったあとは、応募書類作成のノウハウや面接対策のやり方をアドバイスしながら、マンツーマンで採用選考をサポートいたします。さらに、選考のスケジュール調整や企業との交渉もハタラクティブが代行。アルバイトで忙しい方も、効率よく就活を進められます。サポートはすべて無料なので、19歳フリーターから正社員を目指したい方は、ぜひお気軽にご相談ください!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ