新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 32歳ニート…就職を考えたときに必要なことは?

32歳ニート…就職を考えたときに必要なことは?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・32歳のニートの就職は不可能ではないものの、年齢や経験などのネックがあることに注意
    ・32歳未経験から就職するためには高望みせず採用されやすい業界を選び、面接対策をしっかり行う
    ・未経験でも就職しやすい業界には、介護やIT、物流、建設業界などが挙げられる
    ・まずは資格取得や職業訓練、アルバイトなどを始め、就活への準備を進めよう
    ・ニートから就職活動を始めるには、就職支援機関のサポートを受けるのがおすすめ

32歳はまだ30代に入って間もない年齢ですが、もしニートの状態であれば将来への不安が現実味を帯びてくる歳でもあります。
しかし、「そろそろ就職しようかな?」と思ってもどうしたら良いかわからないという人もいるはず。
32歳のニートが就職したいと考えた場合、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。

◆32歳ニートが就職を考えたとき、どんな問題がある?

結論から言うと、ニートのまま32歳を迎えてもここから就職を目指すことは不可能ではありません。
しかし、若い人や仕事を続けてきた人と比べると状況は厳しいと言わざるを得ないでしょう。

【同じ未経験なら若い人材の方が有利】

ニートには社会人未経験の人が多いため、求人を探す際には「未経験者歓迎」というものを選ぶことになります。
しかし、未経験での就職は若い人材の方が有利。
その理由は、若ければその分知識を吸収するのも速く、すぐに仕事に慣れることができるからです。
固定観念が強くないので、職場に馴染みやすいというメリットも。
また、若いと定年までの期間が長く、長期的に会社に貢献してくれるという期待も持てます。
同じ求人に20代と30代から応募があり、どちらも未経験だとしたら企業は若い人材を選ぶことが多いでしょう。

【30代の就職は経験重視】

同じ30代の人材であれば、そこで比較されるのは仕事の経験です。
30代の人を選考するなら、企業は今までどんな経験をしてきたか、どんなスキルを持っているかという点を重視するでしょう。
32歳となると、新卒で就職していれば10年程度の社会人経験があるということ。
もし卒業後ずっとニートを続けていて正社員経験がないとなると、状況は厳しいと言わざるを得ません。

32歳でニートの場合、就職を考えるとこのような苦境に立たされていることになります。
ただし、きちんと対策をすれば正社員になることもできるかもしれません。


◆32歳未経験から就職するためのコツ

それでは、ニートから就職を目指すために必要な方法を考えていきましょう。

【求人に対して高望みしない】

「大手企業に入りたい」「経験はないけど企画や開発をやってみたい」など、自分の経験やスキルに対して不釣り合いな求人を選ぶのは避けたいところ。
年収や勤務地、待遇についてもある程度の妥協は必要です。
何度も不採用になると、就活が長引くばかりか自信も喪失し、またニートに戻ってしまう恐れがあります。
それでもやりたいことがあるなら、まずは自分の能力に合った仕事に就き、経験を積んでから転職するのが良いでしょう。

【面接対策をきちんと行う】

働きたい意欲があっても、面接がうまくいかず採用に至らないという人もいるかもしれません。
ニートの場合は特に、人と話すことに苦手意識があったり、身だしなみに関するマナーに疎かったりという人も多いようです。
自己流で面接に臨んでいる人は、まず自己分析や企業研究などの方法を調べてみましょう。
話し方や服装などについても、もう一度見直してみることをおすすめします。

【人手不足の業界を狙う】

自分の能力に見合った仕事を選ぶことも大切ですが、人気の業界の場合、応募数が多く採用に至らないケースも増えてしまいます。
そんなときは、人手不足の業界を狙ってみるというのも1つの手。
求人倍率が低く、採用されやすい仕事なら就職も成功するかもしれません。
必要とされている職場で働くことができれば、自信にもつながるでしょう。


◆未経験でも就職しやすい業界

「人手不足の業界には就職しやすい」と説明しましたが、ここからは具体的にどんな業界があるのかご紹介します。
人手不足だと未経験者を歓迎していることも多く、ニートの就職にもおすすめです。

【介護】

2017年の日本の高齢化率は27.7%。年々高齢化が進む一方労働力人口は減少しているため、介護業界は人手不足になっています。
職種としては、資格がなくても始められる老人ホームやデイサービスの介護スタッフが最適です。
仕事内容は食事や入浴など高齢者の身の回りの介助。
初心者向けの資格「介護職員初任者研修」は比較的難易度が低いので、すぐに取得を考えても良いでしょう。

【IT系】

どの企業も電子化、オンライン化を推進しているため、IT系業界も求人数が増加中。
特にプログラマーやシステムエンジニアなどの職種で需要が高くなっています。
業務に当たってはプログラミング言語やデータベース、ネットワークなどの知識を習得する必要がありますが、未経験でも意欲がある人材なら歓迎するという企業も。
パソコンに苦手意識がなければチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

【物流】

運輸業は、ECサイトの隆盛で人材不足が続いています。
業界の高齢化も進んでいるため、32歳であれば受け入れてくれる企業もあるでしょう。
求人が多いのは、宅配や長距離トラックなどのドライバー。運転が好きならぴったりの仕事です。
ほかに、倉庫で仕分けやピッキングに従事する職種もあります。

【建設】

建設業も、物流と同様に若手の人材が減少している業界。
「職人」と呼ばれ厳しいイメージが強い仕事のため、若者が離れていっていることが人手不足の原因の1つとなっているようです。
近年は待遇改善に取り組んでいる企業も多いので、福利厚生などをしっかり確認すると良いでしょう。
未経験から始められる職種は、大工や配管工、塗装工、設備工事など。体力に自信がある方におすすめです。

参照元:内閣府 - 平成30年版高齢社会白書 http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2018/zenbun/pdf/1s1s_01.pdf


◆就職に向けた準備、まずはここから始めよう

ニート期間が長い場合、急に就活を始めたり毎日活動したりということは難しいかもしれません。
また、全くスキルがない状態では不安ということもあるでしょう。
そのような人は、以下のようなことから始めてみてはいかがでしょうか。

【資格の勉強をする】

やりたい仕事が決まっている場合は、まず資格取得を目指してみるのも一法。
未経験者には、先に挙げた介護職の「介護職員初任者研修」のほか、IT系の「ITパスポート」「基本情報技術者」なども適しています。
運転免許を取得するのも良いでしょう。

【職業訓練を受ける】

ハローワークで紹介している職業訓練は、テキスト代のみの負担で受けることができます。
コースは非常に幅広く、パソコンや、デザイン、農林業、美容関係などさまざま。
数カ月間、学校のような形式で通うものが多いようです。

【アルバイトを始める】

アルバイトや派遣で働くことは、正社員として仕事をするための準備にもなります。
まずは単発のアルバイトや、人と接する機会が少ない職種から始めてみましょう。
しっかり経験を積めば就活の際のアピールポイントにすることも可能です。


◆一人で就職活動をするよりも就職支援を受けてみよう!

実際に就職活動をすることになった場合、一人で求人探しや面接対策をするよりも就職支援機関を利用するのがおすすめです。

就職支援を受けられる場所で代表的なものはハローワーク。求人紹介のほかに就職関連のセミナーの開催なども行っています。
ハローワーク以外に行政が手がけているサービスには、ジョブカフェが挙げられるでしょう。カウンセリングや職業相談が受けられ、それに即した求人紹介もしてくれます。
ハローワークとの違いは、若者に特化している点。
利用できるのは15歳から34歳までとなっていることが多いようですが、設置都道府県によって対象年齢が異なる場合があります。
事前に公式サイト等で確認しておくと良いでしょう。


32歳でニートから正社員になるのは簡単なことではありません。
そのため、業界選びや意識の持ち方、準備の進め方などには注意が必要です。
ハタラクティブは、未経験からの正社員就職に特化した支援を行っています。
過去40,000人をサポートした実績で、あなたの就職を強力にバックアップ。
マンツーマンで正社員までの道のりを支援します。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ