30代フリーターは転職エージェントを使って正社員を目指すのがおすすめ!

30代フリーターは転職エージェントを使って正社員を目指すのがおすすめ!の画像

この記事のまとめ

  • 30代フリーターが就職を成功させるには、転職エージェントの利用がおすすめ
  • 転職エージェントでは求人紹介や選考対策などの就職支援を受けられる
  • 30代のフリーターは、就活に集中するために貯金したりアルバイトを減らしたりしよう
  • 30代フリーターの就活成功の秘訣は「就職の軸」の確立
  • 30代フリーターは、良い求人を見つけるために複数の転職エージェントに登録しよう

正社員経験なしの30代がフリーターから脱するには、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは未経験歓迎・ポテンシャル重視の求人を多数取り扱っているため、転職サイトを使って一人で就職活動を行うより、正社員になりやすい傾向にあります。このコラムでは、30代のフリーターの就職活動に転職エージェントがおすすめの理由を紹介。就職を成功させるコツも解説しているので、参考にご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

30代フリーター向けの転職エージェントとは

30代フリーター向けの転職エージェントとはの画像

未経験歓迎・人柄重視の求人を多数取り扱っている、フリーター・ニート向けの転職エージェントなら、30代から正社員になれる可能性があります。30代のフリーターと一口にいっても、人それぞれ抱える事情は異なるでしょう。転職エージェントを選ぶ際は、以下の基準も参考にしてください。

・子育て中の30代フリーター:時短勤務や週2~3日勤務が可能な求人を扱う転職エージェント
・希望する職種が決まっている30代フリーター:その職種に特化した転職エージェント
・社会人経験がある30代フリーター:ハイクラス向けの転職エージェント
・経歴に自信がない30代フリーター:書類選考を免除してくれる転職エージェント
・働きながら転職したい30代フリーター:土日や平日の夜に稼働している転職エージェント

利用する転職エージェントを決める際は、地域ごとの求人数をチェックするのも大切です。全国展開している大手の転職エージェントも、特定の地域の求人は少ない可能性があるので、あらかじめ確認しておきましょう。また、支援実績や正社員としての就職成功率を参考に、転職エージェントを選ぶのも成功のコツです。「転職エージェントの賢い使い方とは?おすすめする理由やデメリットも解説!」では、転職エージェントの選び方を紹介しています。30代フリーターで正社員を目指している方は、合わせてチェックしてみましょう。

転職エージェントによって対象者が異なるので注意

年代や地域、業種、経験の有無などによって転職エージェントの対象者は異なります。自分の条件にそぐわない転職エージェントを選んでしまうと、登録を断られたり求人を紹介してもらえなかったりすることも。ミスマッチで就職活動のスタートが遅れないように、自分が対象に当てはまる転職エージェントを選びましょう。

30代フリーターに転職エージェントがおすすめな理由

30代フリーターに転職エージェントがおすすめな理由の画像

転職エージェントを利用すれば適切な就職支援が受けられるので、1人で就活を進めるよりも早く正社員になれる可能性があります。そのため、正社員就職を目指している30代のフリーターには、転職サイトと転職エージェントの併用がおすすめです。

プロのアドバイザーに就職支援をしてもらえる

転職サイトと転職エージェントの一番の差は、就活をサポートしてくれるアドバイザーの有無です。転職エージェントでは求職者の就職活動を成功させるため、希望条件のカウンセリングを行い、適切な求人を紹介してくれます。主な就職支援の内容は以下のとおりです。

・カウンセリング
・求人紹介
・応募書類の添削
・面接対策(模擬面接)
・企業との連絡代行(面接日程の調整や待遇面の交渉)
・入社後のフォロー

カウンセリングや求人紹介、応募書類の添削など一連の就職支援は、就活ノウハウを持つアドバイザーが行います。応募書類での添削では書類作成の基本的なマナーに加えて、フリーターの経歴がマイナスイメージにならない書き方のコツを教えてもらえることも。また、面接対策ではフリーターが聞かれやすい質問への回答や自分の強みをアピールする方法を指導してもらえます。本番を想定した模擬面接も実施している転職エージェントもあるので、会話でのやり取りに苦手意識がある人は活用してみましょう。ほかにも、転職エージェントでは就職活動が成功するように「志望動機の考え方」や「初めての就職活動の心得」などの就活ノウハウが身につくセミナーを実施しています。初めて就職活動を行う30代のフリーターは、セミナーにも積極的に参加してみましょう。

求人サイトには載っていない情報を得られることも

転職エージェントなら、転職サイトには公開されていない好条件の求人にも応募できるため、より良い就職先を見つけられる可能性が高まります。また、転職エージェントは企業と直接やり取りしている場合が多いので、職場の雰囲気や詳しい業務内容といった、Webサイト上だけでは知り得ない情報を持っていることも。ミスマッチが起きにくく、30代のフリーターも好条件で正社員になれる可能性が高いのが非公開求人の魅力です。

正社員経験なしで利用できる転職エージェントもある

転職エージェントと聞くと「正社員経験がないと断られそう…」と考える人がいますが、未経験・職歴なしのフリーターも利用できるところもあります。昨今増加傾向にあるニートやフリーターが正社員になれるよう、就職支援を行う転職エージェントは多いので、探して登録してみましょう。

基本的に無料で利用できる

経済的な理由で転職エージェントの利用をためらうフリーターもいますが、基本的に利用料は無料なので心配する必要はありません。転職エージェントは求職者の就職が決まると、就職先の企業から成功報酬を受け取ります。そのため、求職者が転職エージェントに費用を支払うケースはほとんどありません。スマートフォンがあれば簡単に登録できるので、正社員を目指す30代のフリーターは試しに転職エージェントを利用してみることをおすすめします。

転職エージェントと転職サイトの違いは?

経験豊富なプロが求人紹介や応募書類の添削、模擬面接などを実施してくれるのが転職エージェントの特徴です。一方、転職サイトを利用する場合、自分で応募先を決めて選考対策を行う必要があります。初めての転職活動で1人では不安な30代フリーターは転職エージェント、自分のペースで転職を進めたい方は転職サイトを利用すると良いでしょう。また、転職サイトと転職エージェントを併用した就職活動もおすすめです。

30代フリーターが転職エージェントを利用する流れ

転職エージェントの利用を検討している30代フリーターは、以下のフローを参考にしてみてください。

・1.転職エージェントに登録する
・2.面談予約をする
・3.転職エージェントのアドバイザーと面談をする
・4.面談結果をもとに求人を紹介してもらう
・5.転職エージェントを通して求人に応募する
・6.応募書類の添削や面接対策をしてもらう
・7.応募企業と面接をする
・8.内定獲得
・9.内定企業へ入社する

転職エージェントによって細かいフローは異なりますが、一般的には上記の流れで就活が進みます。なかには、就活中のサポートだけでなく、就職後のフォローをしてくれる転職エージェントも。悩みを相談できたりアドバイザーが近況を定期的に確認してくれたりするので、転職後の不安をすぐに解消できます。転職サイトを使って1人で就活するよりも、手厚いサポートを受けられるのは転職エージェントの魅力です。転職後も継続してサポートしてもらいたい30代フリーターは、アフターフォローが充実している転職エージェントを選びましょう。

30代フリーターが転職エージェントを使う前の準備

30代フリーターが転職エージェントを使う前の準備の画像

就職活動に向けて資金を確保したりスケジュールを調整したりして、転職エージェントを利用する準備を整えましょう。30代フリーターの転職活動では、正社員にならなかった理由の説明や企業研究の度合いが合否を左右するポイントになります。念入りに事前準備を行い、転職エージェントを使った就職活動を成功させましょう。

就活に注力できるようにスケジュールを管理する

正社員を目指す30代フリーターが就活を成功させるには、集中して応募書類の作成や面接対策に時間を取れるように、スケジュール管理を徹底する必要があります。アルバイトを控える、ほかの用事を入れないなど、就活に充てられる時間を確保しておきましょう。

就職活動に必要な資金を貯める

就職活動は何かと出費がかさむため、あらかじめ貯金しておくことをおすすめします。たとえば、証明写真の撮影費用はスーツ代、面接用の交通費などが必要です。就活中は時間を捻出するためにアルバイトを控えなければならないので、どうしても収入が下がりがち。経済面で困らないように、生活費+就活費用くらいは貯めておいたほうが良いでしょう。厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況(20p)」によると、転職活動の期間(転職活動を始めてから直前の勤務先を離職するまでの期間)は、「1ヶ月以上3ヶ月未
満」が28.8%、「転職活動期間なし」が23.6%、「1ヶ月未満」が18.3%です。そのため、30代のフリーターが正社員を目指す際は、3ヶ月分の生活費や就職活動費を貯金しておくと経済的な不安を軽減できます。

参照元
厚生労働省
令和2年転職者実態調査の概況

自己分析で転職理由を明確にする

30代のフリーターは、転職エージェントを利用する前に自己分析を行い、「なぜ正社員になりたいのか?」を明確にしましょう。転職サイトが提供している自己分析ツールを利用するのもおすすめです。理由がはっきりしなくても、「転職を考えたきっかけ」「今の仕事での不満」など要素が分かれば、転職エージェントを利用する際に相談しやすくなります。自己分析は履歴書や職務経歴書を書いたり志望動機を考えたりするのにも役立つので、積極的に取り組んでみましょう。

就職したい業界や職種について調べる

転職エージェントを利用する前に、大まかに就職したい業界や職種の方向性を決めておくとカウンセリングでスムーズに話ができます。求人に「未経験OK」と書かれていても、業界・職種によっては予備知識や資格を求められる可能性があるので注意が必要です。30代のフリーターが正社員を目指す際は、希望する業界・職種の情報収集を行いましょう。最低限必要な知識やスキルを把握しておくことで対策がしやすくなり、書類選考に通過しやすくなります。

フリーター期間の説明を用意する

30代のフリーターは、転職エージェントを利用する前に「なぜ今までフリーターとして働いていたのか」理由をまとめておくのがおすすめです。転職エージェントのカウンセリングは面接とは異なるので、正直な理由を伝えて構いません。「正社員として働く自信がなかった」「体調を崩していた」など、本音を伝えることで、アドバイザーとともにネガティブな印象を与えないフリーター期間の説明を考えられます。ポジティブな言い換えができれば、面接で好印象を与えられるでしょう。「フリーターの空白期間を逆手にとって就活を有利に立ち回ろう!」は、上手なアピールを考える際の参考になります。

30代フリーターが転職エージェントを活用するコツ

30代フリーターが転職エージェントを活用するコツの画像

転職エージェントを使って就活を成功させたい30代のフリーターは、活用のコツを押さえておきましょう。転職エージェントに登録しただけでは、就活の成功率は上がりません。ポイントを押さえて転職エージェントの利点をフル活用し、正社員での就職を実現しましょう。

1.複数の転職エージェントを利用する

30代のフリーターが就活を成功させるには、複数の転職活動を利用することをおすすめします。フリーターの就職支援に特化した転職エージェントを2社以上登録して、求人を探したりアドバイスを受けたりしましょう。複数の転職エージェントに登録することで出会える求人の数が多くなり、自分の希望条件を満たす企業を見つけられる可能性が高まります。また、「転職エージェントとは?複数に登録すべき?使うメリットや比較方法も紹介」で紹介しているとおり、転職エージェントとの相性を見極められるのも複数利用の魅力です。

2.就職意欲や希望をしっかり伝える

転職エージェントをフルに活用するには、アドバイザーに就業意欲の高さや希望条件をしっかり伝える必要があります。優先的に非公開求人を紹介してもらったりセミナーを案内してもらったりするためにも、就業意欲の高さをアピールしましょう。希望条件をきちんと共有できていれば、適切な求人の紹介を受けやすくなります。希望条件が明確になっていない場合も、就業意欲はきちんと示しておくのが大切です。転職エージェントから「いつまでの就業をご希望ですか?」と聞かれることが多いので、2ヶ月後・半年以内・できるだけ早くなど、具体的に答えましょう。

「就職の軸」を明確にするのが成功のカギ

30代のフリーターが転職エージェントを活用するには、「就職の軸」をはっきりさせるのが大切です。「なぜ正社員になりたいのか」「正社員として実現したい目標は何か」を考え、軸を固めておけば就職先への希望も可視化されていきます。就職の軸が定まっていないと、応募する求人に一貫性がなく採用担当者に不信感を持たれることも。希望条件ややりたい仕事がはっきりしている求職者のほうが好印象を得やすいので、就活を成功させるためにも就職の軸は決めておきましょう。

3.幅広い業界の求人を視野に入れる

転職エージェントを活用して就活を成功させるには、広い視野で求人を選ぶことが大切です。最初から「この仕事以外やりたくない」「向いていないから候補から外す」と狭い視野で探していると、就職のチャンスが減ってしまいます。転職エージェントのアドバイザーは、あなたを客観的に見て求人を紹介してくれるので、興味がなくてもまずは真剣に話を聞いてみましょう。自分では向いていないと思っている業界・職種も、働きやすい好条件の求人が見つかる可能性もあります。

4.満足できるまで対策を依頼する

転職エージェントを利用するなら、自分が納得できるクオリティになるまで選考対策を依頼しましょう。転職エージェントの利用は基本的に無料なので、何回選考対策を依頼しても費用負担はありません。十分な自己アピールができる履歴書や職務経歴書の作成、面接対策ができるまで添削・アドバイスを受けましょう。

5.アドバイザーとの相性が悪いときは変えてもらう

転職エージェントを活用するうえで最も大切なのは、担当アドバイザーとの相性です。「本音で話しにくい」「希望を無視される」など、少しでも違和感を覚えたら早めに担当を変えてもらいましょう。転職エージェント側も求職者の就職を成功させたいと考えているため、基本的にアドバイザーの変更は迅速に行ってくれます。ただし、転職エージェントによっては担当変更が難しいことも。登録する前に、あらかじめアドバイザーを変更できるか確認しておくと安心です。担当が変わったからといって、就活に悪影響が出ることはありません。アドバイザーとの相性に悩む30代のフリーターは、担当変更を申し出てみましょう。

アドバイザーと良好な関係を築こう

30代のフリーターが就職を成功させるには、担当のアドバイザーと良い関係を築くのが大切です。アドバイザーは基本的に複数の求職者を担当しています。そのため、レスポンスの早い人・就業意欲の高い人を優先的にサポートする傾向にあるようです。アドバイザーからの連絡はできるだけ24時間以内に返信し、就職への熱意を示しましょう。なお、希望と異なる求人を提示された際は、具体的な理由を挙げてはっきり断ることも大切です。理由を共有することで求人紹介の精度が高まり、ミスマッチを防げます。

30代フリーターが転職エージェント経由で就職しやすい職種

未経験歓迎・フリーター歓迎をうたっている求人は、30代フリーターが就職しやすい傾向にあります。たとえば、以下のような業界・職種は転職エージェント経由で就職しやすいでしょう。

・介護職
・IT業界
・販売職
・接客業
・営業職
・事務職

スキル・経歴不問だったり人手不足だったりする上記の業界・職種は、30代フリーターも就職しやすい仕事といえます。介護業界は高齢者の増加、IT業界は技術者の不足により、通年求人を出している企業が多い傾向です。「専門性を身につけたい」「将来困らない仕事に就きたい」という方は、介護業界やIT業界での就職を検討してみましょう。また、経歴に自信がない方は、コミュニケーション能力やトークスキルが重視される販売職や営業職がおすすめです。売上が重視される仕事なので、スキルや資格がなくても実力で評価してもらえるため、30代フリーターも採用されるチャンスがあります。

正社員になりたい30代フリーターは早めの行動が大切

30代フリーターが正社員を目指すなら、1日も早く就職活動に乗り出すのが成功の秘訣です。厚生労働省の「若年者雇用対策の現状等について(14p)」によると、日本では15~34歳で雇用形態がパート・アルバイトの者、もしくは探している仕事の形態が「パート・アルバイト」の者をフリーターと定義しています。そのため、35歳以上になるとフリーター歓迎の求人に応募しても採用されにくくなるようです。35歳以上になると正社員として働くためにスキルや実績を求められます。経歴に自信がないフリーターは30代前半のうちに行動を起こしたほうが、就職の成功率が高まるでしょう。

参照元
厚生労働省
第1回 今後の若年者雇用に関する研究会資料

スキルに自信がなければ職業訓練も活用してみよう

スキルに自信がない30代フリーターは、転職エージェントとあわせてハローワークで実施している職業訓練も活用しましょう。職業訓練とは、就職するために必要なスキルを身につけられる公的な制度です。PCスキルや簿記、医療事務など就職に役立つスキルを身につけられるため、正社員になれる可能性が高まります。職業訓練の受講は基本的に無料です。ただし、受講資格を得るためには面接や試験を受けて合格する必要があります。

ハローワークは公共の就職支援機関

公的な就職支援機関であるハローワークは、正社員を目指す30代のフリーターの味方です。転職エージェントのように求人を探したりセミナーを受けたりできるので、積極的に利用してみましょう。職業訓練も実施しているので、就活の成功率を高めたい人にもおすすめです。都道府県の各地域にハローワークが設置されているので、最寄りの所在地を調べて足を運んでみてください。ハローワークを利用するか悩んでいる方は、「転職エージェントとハローワークの違いを比較!併用は可能?利用方法も紹介」をチェックしてみましょう。

転職エージェントを利用した30代フリーターの体験談

ここでは、転職エージェントを利用して就職を成功させた30代フリーターの体験談を紹介します。経歴に自信がなく、なかなか行動に移せない30代フリーターは、以下を行動のきっかけにしてみてください。

T・Iさん(30歳・男性)時給1,300円→ 月給29万円
「「30代フリーターを雇ってくれるのであればどこでも良い」と思っていましたが、転職エージェントを利用したことで良い仕事に就けました。
自分は、専門学校を卒業してからずっとアルバイトや派遣をしており、正社員として働いたことはありませんでした。気づいたら30代で、「正社員になるのはもう最後のチャンスかな」と思い就活をスタート。初めは履歴書の書き方すら分からずに苦労しましたが、転職エージェントのハタラクティブに登録してからは、とても心強かったです。書類に何を書けば良いか、面接でどうアピールしたら良いかなど、企業ごとの特色を踏まえたうえでアドバイスをくれたので、効率的に就職活動を進められました。就職先は小さな会社ですが、長く働けるようにがんばりたいと思います。」

上記以外の体験談も参考にしたい30代フリーターは「みんなの就職エピソード」をチェックしてみてください。

30代から正社員を目指すなら未経験歓迎の求人が狙い目

未経験歓迎の正社員求人は、30代のフリーターも採用される可能性があります。スキルや経歴、実績よりも人柄を重視して採用してくれる会社が多いので、30代からの正社員としてスタートしたい方におすすめです。未経験歓迎・フリーターOKの求人を中心に紹介してくれる転職エージェントもあるので、30代で就活中の方は探してみましょう。

転職エージェントの利用を検討している30代フリーターは、ぜひハタラクティブをご活用ください。ハタラクティブは、フリーターやニート、既卒・第二新卒などの就職支援に特化した就職・転職エージェントです。特に、フリーターの就職実績が豊富で、正社員経験がない方の就職ノウハウが充実しています。人柄やポテンシャルを評価する企業の求人を多数取り扱っているため、経歴に自信がない30代フリーターにも転職のチャンスは十分です。サービスの利用はすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください。

転職エージェントを利用する30代フリーターに関するQ&A

ここでは、転職エージェントを利用する30代フリーターが抱えやすいお悩みをQ&A方式で解決します。

30代フリーターにおすすめの転職エージェントは?

30代フリーターには、「未経験歓迎」や「フリーター歓迎」の求人を多めに取り扱っている転職エージェントがおすすめです。ただし、転職エージェントによってサービス内容は異なるので、自分が転職に求めることを明確にしたうえで選びましょう。転職エージェントの選び方は「転職エージェントのおすすめ活用法!複数使うべき?面談はどうする?」も参考にしてください。

転職サイトと転職エージェントはどちらが良い?

30代のフリーターは転職サイトと転職エージェントを併用して就活するのがおすすめです。フリーターからの応募を歓迎する企業は、転職サイトにも求人を掲載しています。正社員就職を目指すフリーターは、転職エージェントで就職支援を受けつつ、転職サイトも使って希望条件に適した求人を探してみましょう。「フリーターは転職サイトを使うべき?おすすめやエージェントの活用法も解説」では転職サイトを利用するメリットをまとめています。

アルバイト経験は職歴に入る?

アルバイトの経験は、基本的に職歴とは見なされません。ただ、応募企業の業務内容に関連するアルバイトや、勤務期間が長いアルバイトの場合は評価してもらえる可能性があるので、応募書類や面接でアピールすると良いでしょう。職歴がアルバイトのみの30代フリーターは、「履歴書の職歴欄にアルバイト経験は書くべき?アピールできる書き方」こちらもご一読ください。

30代フリーターの転職に職務経歴書は必要?

30代フリーターが転職する際は職務経歴書が必要です。職務経歴書では、今まで携わってきた仕事や、持っている知識・スキルなどをアピールできるので、丁寧に作成しましょう。職務経歴書については「転職活動で職務経歴書は必要?自己PRといった項目別の書き方を解説」で詳しく解説しています。応募書類の書き方を教わりたい方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

30代フリーターの転職には資格が必要?

資格がなくても転職できます。応募企業の業務に役立つ資格であれば選考が有利になる可能性もありますが、資格の有無よりも実務経験を重視する会社が多いのが実情です。30代フリーターは、資格の取得にこだわらず、いち早く転職活動を進めるのが無難でしょう。「転職は資格なしでも大丈夫?20代・30代・40代別の採用ポイントを解説」もチェックしてみてください。

この記事に関連するタグ