転職エージェントの賢い使い方を知って自分に合った企業を見つけよう!

転職エージェントの賢い使い方を知って自分に合った企業を見つけよう!の画像

この記事のまとめ

  • 転職エージェントの上手な使い方をするためには、自分で事前準備することが重要
  • 転職エージェントは求人紹介や応募書類の添削、面接対策などのサービスを提供している
  • 自分が希望する業界や年齢層に特化した転職エージェントを選ぶと良い
  • スムーズに転職活動を進めたい人は複数の転職エージェントに登録するのがおすすめ
  • 転職エージェントの担当者との相性が悪いときは、変えてもらうこともできる

転職活動を進めるにあたり、「転職エージェントの賢い使い方が知りたい」と考える人は多いでしょう。このコラムでは、応募書類の添削や面接対策といったサービス内容の詳細や自分に合った転職エージェントの見つけ方、賢い使い方をするために必要な情報をまとめています。転職エージェントの賢い使い方を知り、転職活動にお役立てください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

転職エージェントの賢い使い方をするために

転職エージェントは、求人紹介や書類添削、面接対策など転職活動を全面サポートしてくれます。ただし、賢い使い方をするためには、すべてを任せ切りにするのではなく、自分で必要な準備や工夫をすることが重要です。以下を参考に、転職エージェントを最大限活用してみましょう。

自分でできる準備はしておく

転職エージェントの賢い使い方の一つとして、「面談前に、ある程度自分のことを説明できるように準備しておくこと」が挙げられます。事前準備しておけば、担当者に自分の情報をすぐに伝えられるので、転職活動がスムーズに進みます。

希望をまとめておく

転職エージェントの面談前に最低限考えておくべき項目は、以下のとおりです。

・転職(就職)時期
・職種
・残業時間や福利厚生などの条件
・興味がある企業

自分が希望する転職時期や職種、働き方などを伝えられるように準備しておきましょう。また、実際に働き始める時期も明確にしておくとスケジュールが立てやすくなります。そのほか、自分が興味を持った企業についても質問すると、有益な情報が得られることもあるでしょう。

目的を明確にしておく

転職エージェント利用前に転職理由を言えるよう準備しておくと、面談がスムーズに進みます。スキルアップやキャリアアップ、働く環境の見直しなど、明確な転職目的を伝えれば適切な求人情報を提供してくれるでしょう。

履歴書を持っていく

面談時に履歴書や職務経歴書を持参するのも、転職エージェントの賢い使い方です。履歴書を持っていけば、担当者があなたの経歴や情報を把握する助けになります。転職エージェントの担当者は、求職者の現状を正確に把握することで初めて、その人に合った対応ができるようになるのです。さらに、応募書類の添削もしてもらえるので、持って行って損はないでしょう。応募書類の書き方が分からなければ、経歴や現在の状況をメモにまとめて持っていくのがおすすめです。

面談では嘘をつかない

自分を良く見せるために、実際と異なる転職理由や職歴を伝えることは避けましょう。転職エージェントで適切なサポートを受けるためには、担当者と信頼関係を築くことが大切です。嘘をついてしまうと、自分に適した求人を紹介してもらえないので注意しましょう。就活に不利になるような言いづらい情報でも、担当者に隠さず話すことで、うまく先方企業に伝えてくれたり、ネガティブなイメージにならないように対策を考えてくれたりします。

担当者の意見に流され過ぎない

転職エージェントを利用する際は、担当者の意見をすべて受け入れる必要はありません。自分の転職に関する希望や目的をしっかりと説明したうえで、自分の希望と異なる求人を提案された場合は断りしましょう。入職後のギャップを生まないためには、担当者の意見に流されず、「本当に自分の希望に合っている求人なのか」を冷静に判断することが重要です。転職のプロである担当者の意見を聞くべき部分と、自分の希望を通すべき部分をしっかりと見極めましょう。

転職エージェントは複数登録するのがおすすめ

転職活動を効率的に進めるには、総合的な転職エージェントを2つ、さらに自分の年齢層や就きたい職種に特化したエージェントも2〜3個登録するのがおすすめ。複数の転職エージェントに登録すれば、より多くの求人と出会えたり、異なるサービスを受けられたりします。

複数の転職エージェントを併用する際は、担当者に他社のサービスを利用している旨を伝えると、スケジュール調整がスムーズです。また、個人的に応募している企業がある場合も、選考状況や志望度を伝えましょう。複数の転職エージェントを利用することに不安がある方は、「転職エージェントのおすすめ活用法!複数使うべき?面談はどうする?」も参考にしてみてください。

転職エージェントのサービス内容

転職エージェントのサービス内容の画像

転職エージェントの一般的なサービス内容は、面談・求人紹介・企業との交渉代行・応募書類の添削・面接対策・アフターフォローなどです。以下で詳しく紹介するので参考にしてください。

面談

転職エージェントに登録したあとは、まず担当者との面談が行われます。面談は、転職エージェント社内の面談スペースや電話、Webなどで実施されるのが主流です。
面談では、担当者が求職者の経歴を確認し、仕事への希望をヒアリング。そのほか、今の職場の退職方法や転職活動のスケジューリングといった、就活に関係する悩みを相談することが可能です。求職者1人に対して専任の担当者がつくので、面談をした担当者がその後の転職活動もサポートをしてくれます。

求人の紹介

面談での希望や条件に基づいて、求職者に適した求人が紹介されます。転職エージェントは、一般の就職・転職サイトには掲載されていない非公開求人の紹介も行っており、自分一人では見つけられなかった企業に出会えるのが利点です。また、企業の風土や職場環境といった細かい情報も聞けます。

企業とのやり取り

面接日程の調整や待遇面の交渉といった企業とのやりとりを代行してくれるのも、転職エージェントの特徴です。担当者が取り次ぐ事柄には、以下のようなものがあります。

・面接日程の調整
・残業時間や福利厚生などの質問
・給与や入社時期などの交渉
・企業側からの評価をフィードバック
・入社日の調整

面接の日程調整だけでなく、内定後の入社意思や内定辞退を伝える連絡も、転職エージェントの担当者がしてくれます。選考中に生じた疑問も担当者が企業に聞いてくれるので安心です。
転職エージェントによっては、残業時間や給与の交渉など、企業に直接言いづらいことを代弁してくれることも。転職エージェントは、使い方次第でいくらでも就職・転職の満足度を高められるのです。

応募書類の添削や面接対策

応募書類の添削や面接対策を受けられるのは、転職エージェントを利用する大きなメリット。担当者が書類選考に通過しやすい応募書類の書き方をアドバイスしてくれます。
また、転職エージェントは企業に直接取材して求人を得ているため、面接時の質問の傾向や欲しい人物像といった企業に関する多くの情報を持っています。なかには、事前に面接で出される質問を教えてくれる転職エージェントもあるようです。そのほか、面接に臨む際の服装やメイク、態度など初歩的な不安や疑問にも対応してくれます。

入社後のアフターケア

入社後も、悩みがあれば転職エージェントの担当者に相談できます。入社1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後と、定期的に転職後の様子をヒアリングし、アドバイスをしてくれる転職エージェントもあるようです。実際に勤務したあと、条件や雰囲気にギャップを感じた場合は、転職エージェントの担当者に相談することで、企業に条件の見直しや交渉をしてくれます。

転職サイトとの違いとは?
転職エージェントと転職サイトは、どちらも無料で利用できる点は同じですが、自分一人で転職活動を進めるか・プロにサポートしてもらうかという点に違いがあります。転職エージェントとは、企業から人材紹介の依頼を受け、そのニーズに見合った人材(求職者)を探して紹介するサービス。担当者が、企業と求職者の橋渡しをしたり、求職者の転職をサポートしたりします。一方、転職サイトはネット上に求人情報を掲載。求職者は、それらを自由に閲覧し、自分に合った求人探しから応募、採用されるまでのフローを自分で行います。

転職エージェントを活用するか迷っている方は、「転職エージェントとの面談時のマナーや注意点をご紹介!」を参考にしてみてください。転職エージェントを利用する際のポイントを詳しく解説しています。

転職エージェントの利用がおすすめな理由

転職エージェントの利用がおすすめな理由の画像

この項では、転職エージェントを活用するメリットを紹介します。転職エージェントの利用がおすすめな理由は、効率的に転職できることや、高年収の求人を扱っていることです。詳しくは以下の解説をご覧ください。

効率的に転職できる

転職エージェントを利用すると、効率的に転職できます。その理由は以下のとおりです。

・転職のプロによるカウンセリングを受けられる
・転職のプロのサポートによってスムーズに転職活動を進められる
・応募書類の添削をしてもらえる
・希望に近い求人を紹介してもらえる
・非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
・企業の詳細な情報を入手できる

カウンセリングでは、職歴やスキルを転職のプロに客観的に分析してもらえます。さらに、個人では見つけられない非公開求人の情報を紹介してもらうことで、より転職活動を効率化できるでしょう。

転職エージェントが扱う求人は高年収の傾向にある

高年収の求人を扱っているのも、転職エージェントの利用がおすすめな理由の一つです。厚生労働省の「労働市場における雇用仲介の現状について(12p)」によると、民間職業紹介事業者 (転職エージェント)・ハローワーク・求人メディアのうち、転職エージェントで扱う求人が最も年収帯が高いようです。つまり、転職エージェントは、幅広い業種の求人だけでなく、高年収の職種の求人も豊富に扱っているといえます。
転職エージェントを活用するメリットに関しては、「転職エージェントを利用するメリット」でも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
労働市場における雇用仲介の現状について

転職エージェントを選ぶときに重視するポイント

転職エージェントを選ぶ際に基準となるのが以下の3つのポイントです。

・自分が転職したい業界や職種に特化しているか
・自分の年齢層や経歴で応募可能な求人が多いか
・紹介実績や内定実績が高いか

転職エージェントを探すときは、どのような業界・求職者に強いのか、紹介実績はどのくらいあるのかなどの判断基準を持ちましょう。これらの詳細は各エージェントのWebサイトに載っていることが多いので、調べてみるのがおすすめ。
自分が転職したい業界や職種が分からない人は、自分の年齢層や正社員としての経験年数、経歴などに特化した転職エージェントを探してみてください。また、趣味や興味のあることといった、自分の中の「好き」と共通する業界に強い転職エージェントを探してみるのも良いでしょう。

担当者との相性が悪いときは変えてもらおう。
転職エージェントを利用した転職活動で重要なのは、担当者との相性。「希望が伝わらない・聞いてくれない」「自分の希望する分野に弱い」「連絡が取りづらい」など相性が悪い場合は、エージェントの総合窓口に連絡して担当者を変ええてもらいましょう。
エージェント側から担当者を変更することもありますが、その場合は、希望する業界により詳しく経験値が高い担当者に変わる場合が多いようです。前向きな変更がほとんどなので、気にすることはありません。

転職エージェントの使い方に関するQ&A

ここでは、転職エージェントの使い方に関するお悩みをQ&A方式で解決します。転職エージェントの使い方に悩んでいる方は参考にしてください。

転職エージェントの利用にお金はかかる?

転職エージェントは契約が成立した企業から紹介料を得ているので、求職者側にお金がかかることは一切ありません。転職エージェントのサービス内容や使い方を詳しく知りたい方は、「転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」もチェックしてみてください。

途中で担当の就活アドバイザーは変えてもらえる?

変更してもらえます。転職エージェントでは二人三脚で就職・転職を目指すので、担当者との相性は大切です。変更をお願いするのは失礼ではないので、自分の気持ちを正直に伝えてください。
また、担当者との面談は「面接」ではないので、清潔感があればカジュアルな服装でもOKです。担当者との顔合わせの場と考え、あまり緊張せずに向かいましょう。転職エージェントに向かう際の不安や疑問がある方は、「転職エージェントとの面談の服装と当日までに必要な準備について解説!」を参考にしてみてください。

エージェントを利用したら必ず転職しなければいけない?

そんなことはありません。転職エージェントでは「転職すべきか迷っている」という相談も受け付けているので、少しでも就職・転職に興味のある方は気軽に利用してみると良いでしょう。転職すべきタイミングかそうでないのか、プロ目線のアドバイスがもらえます。また、複数の転職エージェントを利用している場合は、その旨を伝えましょう。ほかのエージェントで応募している企業から内定が出た際も、速やかに報告してください。

正社員経験がないけど大丈夫?

転職エージェントには中途者向け、20代向けなどさまざまな種類があります。正社員経験がない人は、未経験歓迎の求人や人柄重視の求人を多く扱っている転職エージェントを選ぶと良いでしょう。転職エージェントを利用することに不安があるフリーターは、「転職エージェントをフリーターが利用するメリット」を参考にするのがおすすめです。

関連タグ

  • arrow