攻略!転職エージェントの使い方

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 攻略!転職エージェントの使い方

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職エージェントでは、求人紹介や応募書類の添削、面接対策のサービスがある

    ・いきたい業界や自分の年代に特化したエージェントを選ぶと良い

    ・面談前に希望条件を整理し、より自分に合った求人を紹介してもらおう

    ・転職エージェントの利用は全て無料で、相性が悪ければ担当者を変えられる

攻略!転職エージェントの使い方の画像

第二新卒など転職活動中で転職エージェントの使い方について迷っている方はいませんか?

当コラムでは自分に合った転職エージェントを見つけ、効果的な使い方をするために必要な情報をまとめています。

転職活動にぜひお役立てください。

◆転職エージェントとは?サービス内容と上手な使い方

まずは、転職エージェントのサービス内容について知っていきましょう。

 

【面談】

電話やWebの申し込みフォームから登録した後は、まず面談が行われます。

面談では、主に求職者の今までの経歴を確認し、仕事の希望をヒアリング。その他、今の職場の退職方法など、就活に関係する悩みがあれば相談することが可能です。

求職者1人に対して専任の担当者がつくので、面談をした担当者がその後もサポートしてくれます。

 

【求人の紹介】

面談での希望や条件に基づいて、求職者に合うと思われるが求人が紹介されます。

エージェントが保有するのは一般の就職・転職サイトには掲載されていない非公開求人なので、自分1人では探せなかった企業に出会えるのが利点です。

 

【企業とのやり取り】

応募する企業が決まったら、面接の日程調整などの企業とのやり取りは全てエージェントが行います。内定後、入社意思や内定辞退を伝える連絡もエージェントがしてくれ、選考中に生じた疑問も担当者が企業に聞いてくれるので安心です。

必要があれば、給与交渉などにも応じてもらるので、エージェントをうまく使えば満足度の高い就職・転職ができるでしょう。

 

【応募書類や面接対策】

応募書類の添削や面接対策を受けられるのは、エージェントを利用する大きなメリット。

エージェントは企業に直接取材して求人を得ているため、企業に関して多くの情報を持っています。

そのため応募先企業に合わせた対策が可能で、中には事前に質問を把握して教えてくれるケースもあるようです。

 

【入社後のアフターケア】

内定した後も、入社後に悩みがあれば相談できます。

中には入社1ヶ月後、2ヶ月後、3ヵ月後と定期的に仕事の様子をヒアリングし、アドバイスしてくれるエージェントもあります。

◆数ある転職エージェントから自分に合うサービスを見つける方法

転職エージェントの選び方の画像

転職エージェントを選ぶ際に基準となるのが以下のポイント3つです。

・自分が転職したい業界や職種に特化している 

・自分の年齢層や経歴で応募可能な求人が多い 

・紹介実績、内定実績が高い

 

転職エージェントは強い業界や求職者、求人数の多さなどによって、特化している部分が異なります。

どんな業界・求職者に強いのか、紹介実績はどのくらいあるのかなどの詳細は各エージェントのWebサイトに載っていることが多いので、調べてみるのがおすすめ。

自分が転職したい業界や職種が分からない人は、趣味や興味のあることなど、自分の中の「好き」と共通する業界に強い転職エージェントを探してみるのも良いでしょう。

それでも迷う場合は求人数・紹介実績・内定実績などの数字が高いということを基準にすると判断しやすくなります。 

一般的にこれらの内容はサービス内容を紹介しているページがサイト内にあるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

例えば、正社員未経験の人がベテラン向けのエージェントに登録しても満足のいく対応を望むのは難しいので、「どのエージェントを選ぶか」は就活を成功させる1つ目のポイントとなるでしょう。

◆転職エージェントを最大限活用するコツ

エージェントは就職・転職のあらゆるサポートをしてくれますが、全てを任せ切りにするのではなく、自分で必要な準備や工夫をすればより就活・転職に役立てられます。

以下を参考に、エージェントを最大限活用してみましょう!

 

【履歴書を持っていく】

面談の時に履歴書や職務経歴書を持参すると、担当者があなたの経歴や情報を把握する助けになります。

書類の添削もしてもらえるので、余裕がある人は準備しておくのがおすすめ。応募書類の書き方がわからければ、メモ程度で良いので簡単な経歴や現在の状況についてまとめておきましょう。

エージェント側としても求職者の置かれた状況を正確に把握することで、その人に合った対応ができるようになります。

 

【事前に希望をまとめる】

頭の中でも、紙に書き出してリスト化するのでも良いですが、面談前に仕事に求める希望や条件を整理しておきましょう。

特に転職をする人は、今より〇円年収アップしたいなど、具体的な条件を伝えることで要望に合った求人を紹介してもらいやすくなります。

 

【目的を明確にする】

エージェントではその人に合った求人提案が行われますが、求職者側の目的がはっきりしないと、適切な求人を探したりアドバイスしたりできません。

「自分のやりたい仕事がわからない」と相談をするのは良いですが、その際はさらに具体的に、「自己分析を手伝って欲しい」「自分の経歴から応募できる仕事がどんなものか知りたい」という目的を持つと、より有効なアドバイスが得られるでしょう。

 

【目的を明確にする】

複数のエージェントを併行して利用するのは構いませんが、その際は他社のサービスを利用していると伝えると、スケジュール調整がスムーズになります。個人で応募している会社がある場合も、選考状況や志望度を知らせるようにしましょう。

他のサービスを使っているからと気を悪くされることはないので、その点はご安心ください。

◆使い方が分からない?転職エージェントに関する疑問と回答

転職エージェントを利用する際に、疑問に思いがちなポイントをまとめました

 

・サービスの利用にお金はかかる?

エージェントは契約が成立した企業から紹介料を得ているので、求職者側にお金がかかることは一切ありません。

 

・途中で担当は変えてもらえる? 

変更してもらえます。エージェントでは二人三脚で就職・転職を目指すので、担当者との相性は大切です。

変更をお願いするのは失礼ではないので、自分の気持ちを伝えてください。

 

・年齢制限はある?

設けていないところがほとんどです。

ただし、ミスマッチを防ぐためにも、「○○の業界に特化」「ミドルクラスの転職に強い」など、サイトに記載されている転職エージェントの特徴が自分と合っているか確認することをおすすめします。

 

・面談にはスーツで行くべき?

面談は面接ではないので、清潔感があればカジュアルな格好でもOKです。担当者との顔合わせの場と考え、あまり緊張せずに向かいましょう。

 

・エージェントを利用したら必ず転職しなければいけない?

そんなことはありません。エージェントでは「転職すべきか迷っている」という相談も受け付けてるので、少しでも就職・転職に興味のある方は気軽に利用してみると良いでしょう。転職すべきタイミングかそうでないのか、プロ目線でのアドバイスがもらえます。

 

・正社員経験がないけど大丈夫?

エージェントには中途者向け、20代向けなどさまざまな種類があります。若い人材を求める企業は多いので、20代向けのエージェントでは職歴がない人もアドバイスを受けながら正社員を目指せるでしょう。

 

今回は転職エージェントの使い方について詳しくご紹介しました。自分がどんなことを大事にして転職したいのか整理しておき、転職エージェントごとの強みを知ってから利用することで効果的な使い方をすることができます。ぜひ参考にしてみてください。 

 

若年層に特化した就職・転職エージェントのハタラクティブでは、第二新卒の方をはじめ、フリーター、高卒、既卒など様々な方に合う正社員求人をご紹介しています。 

また、内定率80.4%(2015年7月現在)というのも魅力の1つ。これまで約6万件のカウンセリングを行ってきたハタラクティブだからこそ、多くの就職・転職を実現することができています。 

フリーターから正社員を目指したい方、就活が初めての方、転職を考えている方といった正社員として活躍したい全ての人をサポートするのがハタラクティブです。

ぜひお気軽にご登録ください!

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ