転職エージェントの賢い使い方とは?おすすめする理由やデメリットも解説!

転職エージェントの賢い使い方とは?おすすめする理由やデメリットも解説!の画像

この記事のまとめ

  • 転職エージェントの賢い使い方の一つは、自分でできる準備をしておくこと
  • 転職エージェントは、求人紹介や選考対策などの転職支援サービスを提供している
  • 転職エージェントを利用すれば、業界や企業について詳しく知れる
  • 転職エージェントは、求人数や種類を重視して選ぶのがおすすめ

転職活動を進めるにあたり、「転職エージェントの賢い使い方が知りたい」と考える方は多いでしょう。転職エージェントを賢く使うには、自分でできる準備を事前に済ませておくことが重要です。このコラムでは、転職エージェントのサービス内容や、賢い使い方をするために必要な情報を紹介。さらに、自分に合った転職エージェントの見つけ方も解説しています。転職エージェントの賢い使い方を知り、転職活動にお役立てください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職エージェントの賢い使い方

転職エージェントの賢い使い方の画像

転職エージェントは、求人紹介や書類添削、面接対策などによって、転職活動を全面サポートしてくれます。ただし、賢い使い方をするためには、すべてを任せ切りにするのではなく、自分で必要な準備や工夫をすることが重要です。以下を参考に、転職エージェントを最大限活用してみましょう。

1.自分でできる準備はしておく

転職エージェントの賢い使い方の一つは、「自分のことを説明できるように、面談前に準備しておくこと」です。事前準備しておけば、自分の情報をアドバイザーにすぐ伝えられるので、転職活動がスムーズに進みます。具体的な準備方法は、下記をご覧ください。

希望条件をまとめる

転職エージェントの面談前に最低限考えておくべき項目は、以下の4つです。

転職(就職)時期
職種
残業時間や福利厚生などの条件
興味がある企業

自分が希望する転職時期や職種、働き方などを伝えられるように準備しておきましょう。また、自分が興味を持った企業に関する質問も用意しておくと、有益な情報を得やすくなります。

転職目的を明確にする

転職理由は、転職エージェントを利用する前に考えておくのがおすすめです。「何となく職場を変えたい」といった曖昧な理由ではなく、スキルアップやキャリアアップ、働く環境の見直しなど、明確な転職目的を伝えると、適切な求人情報を提供してもらえます。転職目的が定まっていない方は、「転職の目的がないままで良い?職場を変える理由を整理する方法を解説!」のコラムを参考に、転職の目的を明確にしてみてください。

2.面談に履歴書を持っていく

面談時に履歴書や職務経歴書を持参するのも、転職エージェントの賢い使い方です。履歴書は、アドバイザーが求職者の経歴や情報を把握し、適切な求人を紹介する助けになります。また、応募書類の添削もしてもらえるので、履歴書を持って行って損はないでしょう。応募書類の書き方が分からない方は、「履歴書の書き方は?職歴や志望動機が思いつかないときの対処法も解説」のコラムを参考にしてください。面談までに準備が間に合わない場合は、経歴や現在の状況をメモにまとめて持っていきましょう。

3.サービスを使い倒す

使えるサービスをとことん活用するのも、転職エージェントの賢い使い方の一つです。転職エージェントは、求人紹介や選考対策、面接の日程調整、給与の交渉、企業からのフィードバックなど、求職者の転職活動を全面的にサポートしています。そのため、サービスを上手く活用すれば、1人でやるよりもスムーズに転職活動を進めることが可能です。エージェントが提供している転職支援サービスは、このコラムの「転職エージェントのサービス内容」で紹介しているので、チェックしてみてください。

4.複数の転職エージェントに登録する

転職活動を効率的に進めるには、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。複数登録しておくことで、より多くの求人と出会えたり、異なるサービスを受けられたりします。複数の転職エージェントを併用する際は、他社のサービスを利用している旨をアドバイザーに伝えると、スケジュール調整がスムーズです。また、個人的に応募している企業がある場合も、選考状況や志望度を伝えましょう。複数の転職エージェントを利用することに不安がある方は、「転職エージェントのおすすめ活用法!複数使うべき?面談はどうする?」のコラムもご覧ください。

転職意欲の高さを伝えるのが転職成功のポイント!

転職活動を成功させたい方は、転職意欲の高さを転職エージェントのアドバイザーに伝えましょう。アドバイザーは、求職者と企業を結び付けるのが仕事です。そのため、転職意欲の高さが伝われば、スピード感を持って対応してもらいやすくなります。転職時期を遅くても半年後くらいに設定したり、積極的に質問したりして、就業意欲をアピールしてみてください。

そもそも転職エージェントとは

そもそも転職エージェントとはの画像

転職エージェントとは、転職を考えている求職者と人材を探している企業の橋渡しをするサービスです。求職者は、ヒアリングや面接対策、応募書類作成のサポートなど、さまざまな転職支援サービスを受けられます。転職エージェントは、企業からの依頼を達成することで報酬を受け取っており、求職者に無料で転職支援サービスを提供しているのが特徴です。

転職エージェントのサービス内容

転職エージェントの一般的なサービス内容は、面談や求人紹介、選考対策、企業との交渉代行などです。以下で詳しく紹介するので参考にしてください。

面談

転職エージェントに登録したあとは、まずアドバイザーとの面談が行われます。面談は、転職エージェント社内の面談スペースや電話、オンラインなどで実施されるのが主流です。
面談では、アドバイザーが求職者の経歴を確認し、仕事の希望をヒアリングします。求職者は、今の職場の退職方法や転職活動のスケジューリングといった、就活に関係する悩みを相談することが可能です。求職者1人に対して専任のアドバイザーがつき、その後の転職活動もサポートしてくれます。
転職エージェントの面談目的や注意すべきポイントが知りたい方は、「転職エージェントの面談内容とは?当日の服装や持ち物について解説!」のコラムをご覧ください。

求人紹介

面談での希望や条件に基づいて、求職者に適した求人が紹介されます。転職エージェントは、一般の就職・転職サイトには掲載されていない「非公開求人」の紹介も行っており、自分一人では見つけられない企業に出会えるのが利点です。また、企業の風土や職場環境といった細かい情報も聞けます。

応募書類の添削や面接対策

応募書類の添削や面接対策を受けられるのは、転職エージェントを利用する大きなメリットです。アドバイザーが、選考に通過しやすい応募書類の書き方や、面接での受け答え方をアドバイスしてくれます。面接に臨む際の服装やメイク、態度など、初歩的な不安や疑問にも対応してくれるのが特徴です。面接対策の必要性は「模擬面接と転職エージェント活用のメリット」で解説しているので、ぜひご一読ください。

Webサイトに載っていない情報が得られることも

転職エージェントは企業に直接取材している場合が多いため、「面接時の質問の傾向」や「欲しい人物像」といった、企業に関する多くの情報を持っています。なかには、面接で出される質問を事前に教えてくれる転職エージェントもあるようです。
企業とのやり取り代行

面接日程の調整や待遇面の交渉といった企業とのやりとりを代行してくれるのも、転職エージェントの特徴です。アドバイザーに取り次いでもらえる事柄には、以下のようなものがあります。

面接日程の調整
残業時間や福利厚生などの質問
給与や入社時期などの交渉
企業側からの評価をフィードバック
入社日の調整

転職エージェントは、面接の日程調整や内定後の入社意思・内定辞退を伝える連絡、残業時間や給与の交渉などを代行してくれます。また、選考中に生じた疑問も、アドバイザーが企業に聞いてくれるので安心です。転職エージェントは、使い方次第でいくらでも就職・転職の満足度を高められます。

入社後のアフターケア

入社後、一人で解決できないような悩みがあれば転職エージェントのアドバイザーに相談できます。実際に勤務したあと、条件や雰囲気にギャップを感じた場合は、アドバイザーに相談して条件の見直しや交渉をしてもらいましょう。転職エージェントのなかには、入社1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後と、定期的に転職後の様子をヒアリングし、アドバイスをしてくれるところもあるようです。

利用の流れ

転職エージェントを利用して転職する場合、以下の流れで進めるのが一般的です。

1.転職エージェントに登録をする
2.面談の日程を決める
3.アドバイザーと面談をする
4.面談内容をもとに求人を紹介してもらう
5.気に入った求人に応募する
6.応募書類の添削や模擬面接をしてもらう
7.面接を受ける
8.内定が出たら入社日を調整する
9.現職を退職する
10.新しい会社に入社する
11.アフターサポートを受ける

登録から内定までの流れは「転職エージェントのデメリットとは?メリットや登録の流れもあわせて解説!」のコラムで解説しているので、気になる方はあわせてご参照ください。

転職エージェントは再登録もできる?

転職エージェントを退会したあとに再登録することは可能です。エージェントによっては、「再登録は不要で、以前の担当アドバイザーに連絡すれば再利用できる」という場合もあるので、利用していたエージェントのルールを確認しましょう。

転職エージェントが利益を得る仕組み

転職エージェントは、基本的に成功報酬型のビジネスモデルを採用しています。成功報酬型とは、転職エージェントが企業と求職者のマッチングを行ったのち、実際に採用が決まって雇用契約が結ばれたら、企業から報酬が入る仕組みです。その報酬が転職エージェントの主な収入源となっているため、求職者は無料でサービスを利用できます。

転職サイトのビジネスモデルは?

転職サイトは、成功報酬型もしくは掲載課金型のどちらかで利益を得ているのが一般的です。成功報酬型は、応募課金タイプと採用課金タイプに分けられ、前者の場合は求職者が応募した際、後者の場合は求職者の採用が決まった際に報酬が発生します。それに対し、掲載課金型は、Webサイト上に企業の求人情報を掲載することによって掲載料がもらえる仕組みです。
転職エージェントと転職サイトのどちらを利用すべきか悩む方は、「転職エージェントより求人サイト?」のコラムを参考にしてください。

転職エージェントの利用がおすすめな4つの理由

転職エージェントの利用がおすすめな理由は、転職のプロに相談できることや、非公開求人を紹介してもらえる可能性があることです。詳しくは以下の解説をご覧ください。

1.転職に精通したプロに相談できる

転職エージェントでは、転職についてのノウハウを知り尽くした、プロのアドバイザーに悩みを相談できます。不採用が続いている、面接がうまくいかないなど、転職で分からないことや不安なことがあっても、プロ視点でのアドバイスをもらえるのが大きな魅力です。

2.業界や企業に関する情報を詳しく知れる

転職エージェントを利用すれば、業界や企業に関する詳しい情報を知れます。アドバイザーは企業と直接やり取りをしており、求人情報には載っていない業界の情勢や企業の雰囲気などを把握しているからです。「面接時の質問の傾向」や「企業が求める人物像」など、気になることがあれば遠慮なく聞きましょう。

3.非公開求人を紹介してもらえる場合がある

転職エージェントを利用すると、一般の求人サイトでは取り扱っていない非公開求人を紹介してもらえる場合があります。公にすれば応募が殺到するような、優良求人を紹介してもらえる可能性があるのは大きなメリットです。非公開求人の特徴は、「フリーター向け転職サイトの選び方!エージェントの活用方法も解説します」のコラムに載せているので、気になる方はチェックしてみましょう。

4.転職エージェントが扱う求人は高年収の傾向にある

転職エージェントが扱う求人は高収入の傾向です。厚生労働省の「労働市場における雇用仲介の現状について(12p)」によると、転職エージェントを含む民間職業紹介事業者・ハローワーク・求人メディアのうち、最も年収帯が高いのは転職エージェントの求人で、350万~1,500万円となっています。ハローワークは218万~552万円です。求人メディアの年収帯は職種によって大きく差があり、低い職種だと200万~500万円、高い職種だと300万~1,500万円となっています。
この結果から、高収入の職種への転職を狙っている方は、転職エージェントを利用すると希望が叶う可能性が高いといえるでしょう。

転職エージェントを活用するメリットは、「転職エージェント利用のメリット」でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
第1回「労働市場における雇用仲介の在り方に関する研究会」資料

転職エージェントは使わない方がいい?3つのデメリット

転職を検討している方のなかには、転職エージェントを使わない方が良い人もいます。転職エージェントの主なデメリットは以下のとおりです。

・アドバイザーによって、サポートの質に差がある
・早期に転職する前提で話を進められる場合がある
・転職活動を自分のペースで進められない

ただし、上記のデメリットは、「合わなかったらアドバイザーを変えてもらう」「面談の最初に、転職時期を明確に決めていないことを告げる」「自分自身でも企業の情報を調べ、エージェントに任せっきりにしない」といった方法を取ることで解決できます。転職エージェントを使うべきか悩んでいる方は、このコラムの「転職エージェントの利用がおすすめな4つの理由」とも比較しながら、利用を検討してみてください。

転職エージェントを選ぶときに重視する3つのポイント

転職エージェントを選ぶときに重視する3つのポイントの画像

転職エージェントを選ぶ際は、「エージェントの種類が自分に合っているか」「求人数は豊富か」「相性の良いアドバイザーがいるか」などを基準にしましょう。それぞれのポイントは、以下で詳しく解説しています。

1.転職エージェントの種類が自分に合っているか

転職エージェントを選ぶ際は、種類が自分に合っているかを判断しましょう。転職エージェントの種類は、大きく分けて「総合型」と「特化型」の2つです。総合型が業界や業種を問わず多くの分野の求人を取り扱っているのに対し、特化型は特定の業界に特化した求人を取り扱っています。分野を問わず新しい仕事にチャレンジしたい方は総合型、目指したい分野がある方は特化型というように、自分の希望に合わせて選ぶと良いでしょう。転職エージェントの種類は「転職エージェントの種類によって服装は変える?利用の基本を解説」でも紹介しているので、あわせてご参照ください。

2.求人を多く取り扱っているか

求人を多く取り扱っているかどうかも、転職エージェントを選ぶうえでは重要なポイントです。求人数が多ければ、その分選択肢も広がります。一般では取り扱っていない優良企業の求人に出会う可能性を高めたい方は、一般公開している求人数だけでなく、非公開求人の取扱数にも着目しましょう。

3.相性の良いアドバイザーがいるか

転職エージェントを利用する際は、相性が良いアドバイザーがいるかどうかの確認も重要です。アドバイザーとの相性が良ければ、意思疎通が図りやすいので、転職活動が円滑に進みます。アドバイザーとの相性は、実際に会わないと分からないので、複数の転職エージェントを利用しながら、自分に合ったアドバイザーを見つけてみましょう。

アドバイザーとの相性が悪いときは報告しよう

転職エージェントのアドバイザーとの相性が悪い場合は、アドバイザーを変えてもらうこともできます。相性が合わないまま転職活動を進めると、希望どおりの転職ができない可能性が高いので、我慢せずに報告しましょう。まれに、エージェント側からアドバイザーを変更することもありますが、その場合は希望する業界により詳しく、経験値が高いアドバイザーに変わる場合が多いようです。求職者側に問題があるというわけではないので、気にせずサービスを利用しましょう。

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこと

転職エージェントとの面談では、嘘をついたり、ドタキャンをしたり、アドバイザーにすべて任せっきりにしたりするのはやめましょう。これらは、アドバイザーからの信用を失うことにつながり、転職活動が上手くいかなくなる可能性を高めます。面談を控えている方は、以下の注意点を意識してみてください。

噓をつく

自分を良く見せるために、実際と異なる転職理由や職歴を伝えることは避けましょう。嘘をついてしまうと、自分に適した求人を紹介してもらえなくなってしまいます。転職エージェントで適切なサポートを受けるためには、アドバイザーと信頼関係を築くことが大切です。就活に不利になるような言いづらい情報でも、先方企業に上手く伝えてくれたり、ネガティブなイメージにならないように対策を考えてくれたりするので、アドバイザーには正直に話しましょう。

ドタキャンする

転職エージェントとの面談をドタキャンするのも、避けるべき行為です。ドタキャンをすると、アドバイザーから「転職意欲が高くない」「予定にルーズな人」という印象を持たれ、その後の転職活動のサポートを熱心に行ってもらえない可能性があります。もし、どうしても外せない予定が入ってしまった場合は、すぐに電話で連絡を入れ、日程を変更してもらいましょう。

アドバイザーの意見に流される

転職エージェントとの面談では、アドバイザーの意見に流され過ぎないように注意しましょう。アドバイザーに言われるがままに求人に応募すると、入社後にミスマッチが起き、早期離職につながる可能性があります。そのため、自分自身でも企業の情報をよく調べたうえで、「本当に自分の希望に合っている求人なのか」を冷静に判断しましょう。転職のプロであるアドバイザーの意見を聞くべき部分と、自分の希望を通すべき部分をしっかりと見極めることが大切です。

転職エージェントとの面談で気をつけるべきことは、「転職エージェントとの面談時のマナーや注意点をご紹介!」のコラムでも解説しています。面談をスムーズに進めるためにも、事前にきちんと確認しておきましょう。

転職エージェントの使い方や選び方に迷っている若年層の方は、20代のフリーター・既卒・第二新卒の転職支援に特化した「ハタラクティブ」の利用をご検討ください。ハタラクティブは、未経験歓迎の求人を豊富に取りそろえているため、転職を機に新しい分野に挑戦したい方も安心です。また、応募書類の添削や面接対策なども行っているので、万全の状態で本番に臨めます。転職でお悩みの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

転職エージェントの使い方に関するQ&A

ここでは、転職エージェントの使い方に関するお悩みをQ&A方式で解決します。転職エージェントの使い方に悩んでいる方は参考にしてください。

転職エージェントの利用にお金はかかる?

転職エージェントは契約が成立した企業から紹介料を得ているので、求職者側にお金がかかることは基本的にありません。転職エージェントのサービス内容や使い方を詳しく知りたい方は、「転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」もチェックしてみてください。

途中で担当の就活アドバイザーは変えてもらえる?

変更してもらえます。転職エージェントでは二人三脚で就職・転職を目指すので、担当者との相性は大切です。変更をお願いするのは失礼ではないので、自分の気持ちを正直に伝えてください。
また、担当者との面談は「面接」ではないため、あまり緊張せずに向かいましょう。転職エージェントに向かう際の不安や疑問がある方は、「転職エージェントとの面談の服装はどうする?当日までに必要な準備を解説!」を参考にしてみてください。

エージェントを利用したら必ず転職しなければいけない?

そのようなことはありません。転職エージェントでは「転職すべきか迷っている」という相談も受け付けているので、少しでも就職・転職に興味のある方は気軽に利用してみると良いでしょう。転職すべきタイミングかそうでないのか、プロ目線のアドバイスがもらえます。また、複数の転職エージェントを併用している場合は、その旨を伝えましょう。ほかのエージェントで応募している企業から内定が出た際も、速やかに報告してください。

正社員経験がないけど大丈夫?

転職エージェントには中途者向け、20代向けなどさまざまな種類があります。正社員経験がない人は、未経験歓迎の求人や人柄重視の求人を多く扱っている転職エージェントを選ぶと良いでしょう。
ハタラクティブでは、正社員経験がない方の就職もしっかりサポートします。経歴に不安がある方も、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ