転職活動は在職中と退職後のどちらが有利?メリット・デメリットを解説

転職活動は在職中と退職後のどちらが有利?メリット・デメリットを解説の画像

この記事のまとめ

  • 在職中の転職活動は、経済面は安心だが現職との両立が大変
  • 退職後の転職活動は、時間を充分に取れるがブランクや経済面でリスクを伴う
  • 在職中と退職後のどちらが有利ということはないので、自分の現状に合わせて考えよう
  • 在職中に転職活動するなら、入社日などをスムーズに調整できるようにしておこう
  • 退職後に転職活動を行う場合も、在職中から準備を進めておこう

転職を決心した際に、在職中・退職後どちらのタイミングで転職活動をすべきか悩んだことはありませんか?
実際には、どちらが有利でどちらが不利といったことはなく、自分に合ったやり方を選ぶのがベストです。
このコラムでは、在職中と退職後に転職活動を行うメリット・デメリット、在職中の転職活動を段取り良く行うコツを紹介。退職後に転職活動をする場合の注意点も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

在職中に転職活動するメリット・デメリット

在職中の転職活動と退職後の転職活動に、それぞれメリットとデメリットがあります。どちらのタイミングで転職活動をするかは、現在の職場での立ち位置や仕事量などと照らし合わせて判断しましょう。
ここでは、在職中に転職活動を行うメリット・デメリットを紹介します。

在職中に転職活動するメリット

在職中の転職活動は、失業状態にならず気持ちに余裕を持って行えるのがメリットです。

収入が途絶えず生活が安定する

在職中に転職活動を行う利点の一つとして、経済面の安定が挙げられます。仕事を続けていれば収入が途絶えないため、今までの安定した生活を変えずに転職活動に励めるでしょう 。
経済的に余裕がないとどうしても焦りが出てしまい、納得のいかない職場に転職を決めてしまう可能性も否定できません。
在職中の転職活動ではそのような焦りを抱くことなく、生活と心にゆとりを持って転職先を探せます。

ブランク期間が生まれない

在職中の転職活動では、なかなか転職先が決まらなくても職歴のブランクが生じません
また、仕事を続けることでスキルや経験を着実に身につけられ、転職活動でのアピールポイントを増やせるでしょう。

現職に留まる選択ができる

在職中に転職活動を行うと、改めて今の職場の良さが分かったり、「現職でもう少し経験を積んでから転職した方が良い」と思ったりすることがあります。
そんなとき、転職をやめて現職にとどまれるのは大きなメリット。在職中の転職活動では、転職先を探しつつも転職しない選択肢を持つことが可能です。

在職中に転職活動するデメリット

一方で、在職中の転職活動は現職との両立に苦労するなどのデメリットがあります。

現職と転職活動を両立する忙しさ

現在の仕事と転職活動を両立しなくてはならないため、今までよりもさらに忙しくなることは覚悟しなければなりません
現職が忙しいと情報収集や書類作成などに充分な時間をとるのが難しく、面接のスケジュール調整にも苦労することがあります。

応募企業の面接が平日のみの場合や、残業が多い仕事の方は、有給休暇を取る・ほかの人に業務を引き継ぐなど事前に対策をしておきましょう。

職場の人に転職活動を知られないよう神経を使う

転職活動していることが職場にバレると、引き止めにあったり信頼を失ったりする可能性があるため、一般的に「転職活動していることは隠した方が良い」とされています。
そのため、在職中の転職活動では同僚や上司にその事実を隠すよう配慮しなくてはなりません。特におしゃべりな人や噂好きな人がいる場合は、うっかり口を滑らせないように細心の注意が必要となり、気疲れしてしまう可能性があります。

転職へのモチベーションを維持できないことがある

在職中の転職活動は、精神的にも経済的にも余裕がある安心感から、途中で決心が揺らいでしまうことも考えられます。
特に転職活動が思うようにいかないと、「やっぱり今の職場でいいや」と現状で妥協してしまうこともあるため注意が必要です。

入社時期の調整に手間取る

在職中の転職活動では、面接で入社時期を聞かれた際に即答できないことがあります。

個人差はありますが、一人で多くの仕事を抱えていたり、重要なポジションについていたりする場合は、引き継ぎだけでかなりの時間を要する可能性も否定できないからです。
企業によっては数ヶ月待ってくれる場合もありますが、スムーズに退職手続きができるよう段取りを考えておく必要があるでしょう。

このように、在職中の転職活動にはいくつかのデメリットがあります。ただ、基本的には失業状態が長引く心配がないことから、「在職中に転職活動した方が良い」といわれています。
特に、経済的な不安がある方や次の仕事が決まるかどうか自信がない方は、在職中に転職活動するのがおすすめです

退職後に転職活動するメリット・デメリット

次に、退職後に転職活動を行うメリット・デメリットを紹介します。

退職後に転職活動するメリット

退職後の転職活動では、仕事探しに使える時間を確保しやすいのが大きなメリットとなります。

時間があるので仕事探しに専念できる

退職後に転職活動を行う最大のメリットは、仕事探しや選考対策に使える時間がたっぷりあることです。自己分析や企業の情報収集にじっくり取り組むことができるのに加えて 、資格取得にも挑戦できるでしょう。

仕事のストレスから解放される

現在の仕事に強いストレスを感じている場合、退職すると仕事の負担から解放され前向きな気持ちで転職活動に臨めます。

デメリット

一方で、退職後の転職活動は経済面や職歴面での不安を伴うのがデメリットです。

収入がないので生活が不安定

退職後は安定した収入がなくなるため、経済面での不安を抱えながら転職活動をすることになります。退職後の転職活動を考えている方は、数ヶ月収入がなくても乗り切れる程度に貯蓄をしておいた方が良いでしょう

退職後、受給資格を満たす場合は失業保険(基本手当)の給付を受けられます。ただし、自己都合退職の場合は給付開始までに2カ月間の給付制限期間があるので、最低限の貯金は用意しておきましょう。

参照元
ハローワークインターネットサービス
基本手当について

転職活動が長引くとブランクができる

退職後に転職活動が長引けばその期間は職歴のブランクになります。
企業にもよりますが、ブランクが長いと面接官にあまり良い印象を持たれない場合もあるでしょう
すぐに転職先が見つかればそれが一番ですが、条件を満たす職場と出会えなければ転職活動が長期化する可能性も充分あります。余力があれば資格取得の勉強などを並行して行い、ブランク期間を有効に活用するのがおすすめです。

生活リズムが崩れる

退職後は健康管理や生活リズムの調整を自分で行う必要があります。仕事をしていないと生活が不規則になりやすいので、そのような方には退職後の転職活動は不向きです。

在職中に転職活動をスタートしたほうが良いと分かっていても、仕事量が多く現実的に難しい方もいるでしょう。また、現職に対して心身の限界を感じている場合は、体調を崩す前に退職した方が良い場合もあります。
在職中の方が経済的な余裕を持って仕事を探せるとはいえ、転職活動と仕事の両立が難しい方は退職後の転職活動を検討しましょう。
転職活動の時期に悩んだときには、「転職活動は退職後と在職中のどちらが良い?見極めポイントと不安解消のコツ」のコラムも参考にしてください。不安を解消し、すっきりした気持ちで転職活動をスタートしましょう。

在職中と退職後の転職活動で人事担当者の評価は変わる?

「できる限り転職活動を有利に進めたい」と思う方にとって、気になるのが人事担当者からの目線です。「在職中に転職活動をすると中途半端な印象を与えてしまうのでは?」「退職後の転職活動では計画性がないと判断されてしまうのでは?」と、不安を抱いてしまうこともあるのではないでしょうか。
しかし、転職活動のタイミングで合否が決まることはないので安心してください。
最終的に、転職活動のタイミングは自分の事情や性格、現在の環境を考慮したうえで決定すれば問題ありません。
仕事を辞めてから転職活動する人の割合は?メリット・デメリットも紹介!」では、退職後に転職活動をする人の割合をまとめています。転職活動の時期を決めかねている方は、参考までにご覧ください。

退職後に転職活動する場合の3つのポイント

在職中に転職活動をするよりも、リスクが大きい退職後の転職活動。退職後に転職活動を行うのであれば、以下の3つのポイントを意識して行動してみてください。

1.短期決戦を意識する

退職後の転職活動は、短期決戦のつもりで臨むのがおすすめ。退職後でも短期で転職先が決まれば、経済的な心配やブランクのリスクを避けられます。
一方で、転職活動の期間が長くなると、「仕事への意欲が低い」「転職先に求める条件が多い」といった印象を抱かれてしまう可能性も。
退職後に仕事から解放されると、「いったん休憩して自分のペースで転職活動しよう」と思う方もいるでしょう。しかし、時間があるからと余裕を持ち過ぎるのは危険です。自由に使える時間を活かして、効率良く転職活動を進めましょう。

2.離職期間中に何をしていたかを説明できるようにする

短期決戦を理想としていても、残念ながらそれが叶わないこともあります。そのような場合に重要なのは、「離職期間中の時間をどう使っていたのか」を具体的に説明できるようにすることです。
何も答えられないと、「ただ何となく過ごしていたのだろうか」とマイナスイメージを抱かれてしまいます。
一方、「キャリアアップのため資格取得の勉強をしていた」というように具体的な過ごし方を伝えられれば、イメージアップにつなげられるでしょう。
「離職期間中に何をしていたのか?」という質問を直接されない場合でも、自己PRや志望動機などで積極的に伝えるのがおすすめです。

3.在職中にやるべきことをこなしておく

転職活動そのものは退職後に行うとしても、在職中から準備は進めておきましょう。事前準備がしっかりとできていれば、退職後の行動もスムーズになります。
在職中にやっておくべき行動は、具体的に以下のとおりです。

・転職活動の流れを把握する
・自己分析と企業分析

転職活動の流れや手順、平均的な期間を知っておけば、いざ転職活動がスタートした際に慌てずに済みます。かかる期間の目途が立っていれば、貯蓄の計画も立てやすくなるでしょう。
また、転職活動が成功するかどうかは、十分な自己分析・企業分析ができるかにかかっています。自己分析・企業分析は時間がかかるため、できれば退職前から進めておきましょう。

自己分析や企業分析ができないと「せっかく転職したのに思っていたのと違っていた」というミスマッチが起こりかねません。納得のいく転職をするためにも、ぜひ早めに取り組んでみてください。

「できれば在職中に転職活動をしたいけれど現職と両立できるか心配」という方は、転職エージェントのハタラクティブを活用してみませんか?
ハタラクティブなら、企業とのやり取りや面接の日程調整などをすべて代行。在職中で忙しい方の効率的な転職活動をサポートします。もちろん、退職後に転職活動する方への支援も行っているのでご活用ください。
また、在職中・退職後どちらのタイミングで転職活動をするか迷っている方に対しては、現在の状況をヒアリングしたうえでアドバイスいたします。あなたに合った転職活動の方法を一緒に考えていきましょう。

関連タグ

  • arrow