新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 在職中と退職後…どちらで転職活動すべき?

在職中と退職後…どちらで転職活動すべき?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・在職中の転職活動は、生活面は安心だが現職との両立が大変
    ・退職後の転職活動は、時間を充分に取れるがブランクや経済面でリスクを伴う
    ・どちらが有利かではなく、自分の現状に合わせて考えよう
    ・在職中に転職先を探すなら、入社日などをスムーズに調整できるようにしておこう
    ・悩んでいるなら、転職エージェントの活用もアリ!

転職を決心した際に、在職中・退職後どちらの期間で転職活動をすべきか、悩んだことはありませんか?
実際には、どちらが有利でどちらが不利といったことはなく、自分に合ったやり方を選ぶのがベストです。
本コラムでは、在職中と退職後のメリット・デメリット、在職中の転職活動を段取り良く行うコツを紹介します。

◆転職は在職中・退職後どっちが有利?

在職中と退職後では、どちらにもそれぞれメリットとデメリットがあるため、現在の職場での立ち位置や仕事量などと照らし合わせて判断しましょう。

【在職中のメリット・デメリット】

●メリット

・収入が途絶えず生活が安定、転職先が決まらないことで焦らない
在職中に転職する利点の一つとして、経済面の安定が挙げられます。
仕事を続けていれば収入が途絶えることがないため、今までの安定した生活を変えずに転職活動に励むことができます。
経済的に余裕がないと、どうしても焦りが出てきてしまい、せっかく転職したのに失敗してしまう場合もあります。
そのような焦りを抱くことなく、生活と心にゆとりを持って納得できる転職先を探せるのは、転職活動の際の強みと言えるでしょう。

・転職が決まるのに時間がかかっても、ブランク期間が生まれない
もしなかなか転職先が決まらなくても、在職中ならその期間中もブランクになりません。
スキルや経験も着実に身につけることができ、転職活動の際のアピールポイントも増やすことができるでしょう。

●デメリット

・現職と転職活動を両立する忙しさ
現在の仕事と転職活動を両立しなくてはならないため、今までよりも更に忙しくなることは覚悟したほうがいいでしょう。
また、情報収集や書類作成などに充分な時間をとることが難しく、面接のスケジュール調整も厳しいものに。
応募企業の面接が平日のみの場合や、残業が多い仕事の方は、有給休暇を取る・他の人に業務を引き継ぐなど、事前に対策をしておきましょう。

・職場の人知られないよう転職活動する必要があり、神経を使う
職場の混乱を招かないためにも同僚や先輩、上司に知られないように神経を使う必要があります。
特におしゃべりだったり噂好きな人がいる場合は、うっかり口を滑らせたりしないように細心の注意が必要となり、それだけでも気疲れしてしまう可能性があります。

・仕事がある状態なので転職へのモチベーションを維持できないことも
仕事をしながらだと、精神的にも経済的にも余裕がある安心感から、途中で決心が揺らいでしまうことも考えられます。
特に転職活動がなかなか思うようにいかないことが続くと、「やっぱり今の職場でいいや」と現状で妥協してしまうこともあるため、注意が必要です。

・現職の引継ぎがあるので入社時期の調整が手間
在職中だと、面接で入社時期を聞かれた際に即答できないことも。
退職する際は、どうしても仕事の引き継ぎがついて回ります。
個人差はありますが、一人で多くの仕事を抱えていたり、会社で重要なポジションについている方は、引き継ぎだけでかなりの時間を要する可能性も否定できません。
企業によっては数ヶ月待ってくれる場合もありますが、スムーズに退職手続きができるよう、段取りを考えておく必要があるでしょう。


【退職後のメリット・デメリット】

●メリット

・時間があるので仕事探しに専念できる
退職後の最大の強みは、転職活動に充てる時間がたっぷりあることです。
その分自己分析や企業の情報収集などにもじっくり取り組むことができるほか、資格の取得に挑戦することもできます。
退職後に転職活動を考えている方は、与えられた時間を有効活用するように心がけましょう。

●デメリット

・収入がないので生活が不安定
退職後は当然安定した収入がなくなるため、経済面での不安を抱えながら転職活動をする方もいるでしょう。
不安な気持ちから転職活動にも焦りが生じ、納得のいかない転職先で妥協してしまう可能性もあります。
退職後の転職活動を考えている方は、数ヶ月収入がなくても乗り切れる程度に貯蓄をしておいた方がいいでしょう。
また、失業保険の給付も受けられるので、自分の経済面や転職活動の状況と上手く折り合いをつけながら利用しましょう(給付開始までに時間がかかりますが、自己都合退職の場合でも利用できます)。

・就職活動が長引くとブランクができる
退職後は転職活動が長引けばその期間はブランクとなります。
ブランクが長いと、面接官にあまりいい印象を持たれない場合も。
すぐに転職先を見つけることができればそれが一番ですが、職場に求める条件や目指すものは人それぞれ違うため、長期戦になる可能性も充分有り得るでしょう。
余力があるならば資格取得の勉強なども並行して行い、ブランクの期間を有効に活用するといいかもしれません。

・自己管理できない人には不向き
退職後は健康管理や生活リズムの調整などを自分で行わなくてはなりません。
仕事をしていないと生活が不規則になりがちになる場合もありますので、そのような方には不向きです。


どちらがより有利ということはないですが、経済面やブランクなどのリスクは在職中の方が少ないといっていいでしょう。
ただし、職場が忙しくてなかなか休みが取れないなど、転職活動と仕事の両立がどうしても難しい方は、退職後がおすすめです。


◆在職中の転職はここに注意!

在職中に転職活動をする方は、以下の点に注意しましょう。

・履歴書には現在在職中であることを明記する
相手先に在職中である旨を伝えておけば、面接や入社日の調整がスムーズになります。
履歴書の学歴・職歴欄に「現在在職中」あるいは「現在に至る」と表記しておきましょう。

・履歴書に連絡可能な時間帯を記す
勤務中はどうしても電話に出られないなどの不都合がある方は、履歴書の「本人希望欄」に連絡可能な時間帯を明記しましょう。

・退職予定日や出社可能日を記す
退社予定日・出社可能日が未定でも、現職の引き継ぎ期間などを考慮し、目安として明記しておいた方が、企業側も調整がしやすくなります。

・具体的な転職活動のスケジュールを立てる
在職中は限られた時間の中で転職活動をすることになるため、できるだけ具体的なスケジュールを組み、無理なく動けるようにしましょう。

・職場に転職活動を知られないためには……
転職活動をしていることを職場に知られないためには、職場のパソコンで求人サイトを見ない、転職活動に会社のアドレスを使わないなど、形跡を残さないように徹底しましょう。

・有給休暇を使う
急な残業が心配、ゆとりを持って転職先を探したいという方には有効な方法です。有給休暇に余裕がある・持て余している方は、この機会に消化するのも良いかもしれません。


◆仕事探しはハタラクティブへ!

できれば在職中に転職活動をしたいけれど、現職と両立できるか心配という方は、転職エージェントを活用してみませんか?
転職エージェントのハタラクティブなら、企業とのやり取りや面接の日程調整などを全て代行!在職中の方も安心して転職活動に専念できます!
在職中・退職後どちらの期間で転職活動をするか迷っている方も、ぜひご相談ください。
あなたのペースに合った方法を一緒に考えていきましょう。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ