転職活動は在職中と退職後のどちらですべき?伝えるタイミングはいつ?

転職活動は在職中と退職後のどちらですべき?伝えるタイミングはいつ?の画像

この記事のまとめ

  • 在職中の転職活動は「時間」に余裕がない代わりに「金銭面」に余裕がある
  • 在職中に転職活動するなら、入社のタイミングから逆算して現職へ退職意志を伝えよう
  • 退職後の転職活動は「体調」や「精神」面に余裕がない代わりに「時間」がある
  • 退職後に転職活動を行う場合も、在職中から準備を進めることで余裕ができる
  • 在職中と退職後のどちらが有利かはないため、自分の現状に合わせて考えよう

転職活動を在職中にするか退職後にするか悩んだことがある方は多いのではないでしょうか。原因は「時間面」「体調面」「精神面」などがあるようです。一般的には在職中に転職活動を開始することによるメリットが多いものの、退職後にした方が合っている方もいるでしょう。このコラムでは、ご自身に合った転職活動の時期を判断できるように解説します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職活動は在職中?退職後?

転職活動は在職中でも退職後でも、どちらのタイミングで行っても問題はありません。しかし、一般的には在職中に行うほうが、金銭的・精神的に余裕が持てるため良いとされています。

在職中に転職活動するメリットやデメリット

在職中に転職活動するメリットやデメリットは「時間」と「金銭面」がキーワードとなります。在職中は「金銭面」に余裕はあるものの、「時間」に余裕のないことが一般的です。ここでは、具体的に在職中に転職活動するメリットやデメリットを紹介します。

在職中に転職活動するメリット

在職中に転職活動するメリットは、安心して活動を始められることにあります。退職後に比べて「時間的余裕」があるからです。ここでは、在職中に転職活動するメリットを具体的に紹介します。

金銭面の問題を考えなくて済む

在職中に転職活動をすることで、金銭面の問題を考えずに済むようになるでしょう。選考時には、スーツや消耗品なども必要になるために、何かとお金がかかります。退職後に転職活動を始める場合は収入がなくなるため、金銭的な不安から焦って転職先を決めてしまう可能性も。一定の収入があることで精神的にも安定しやすく、自分に合った企業をじっくりと見つけやすくなるのです。

転職先と現職の比較ができる

在職中に転職活動を始めることで、現職と転職先の比較ができます。たとえば「自分の価値観に合っているか」「責任は大きいか小さいか」「業務内容に興味が持てるか」などを比べて、自分にとってどちらで働くのが良いのか判断できたり、転職の目的や志望動機が明確になったりするでしょう。

ブランクが発生しない

在職中に転職活動を行い、期間を空けずに転職が成功すればブランク期間が発生しません。とくに長期間のブランク期間を設けていると、面接官に「なぜ働いていない期間があるのか」「働かずに何をしていたのか」など疑念を抱かれることも。退職後にすぐ転職先が決まるとは限らないため、予想より長い空白期間になってしまうこともあるでしょう。ブランクは長いほど選考で不利になるので、不要な空白期間を作らないためにも在職中に転職活動を行うのがおすすめです。

焦らず転職活動ができるため選択の幅が広がる

在職中に転職活動をすれば、選択の幅が広がります。現職に留まる選択ができるからです。転職活動では、自分の価値観に合った企業に巡り合えるとは限りません。転職先が決まる前に退職してしまうと、価値観に合う企業が見つからずに空白期間が長くなる可能性があります。また、転職活動で多くの企業を見た体験から、現職が合っているか再確認するきっかけにもなるのです。現職が自分に合っていると認識することで、現職で活躍したいという想いが芽生えてくるでしょう。

在職中に転職活動するデメリット

メリットがある一方、在職中の転職活動は時間に余裕がないなどのデメリットも存在します。在職中の転職活動は、基本的に仕事をしていない時間帯に進めなければならないからです。ここでは、在職中に転職活動するデメリットを紹介します。

時間が取れないことが多い

転職活動を在職中に行う場合は、一般的に「時間」の面で課題を覚える傾向があるようです。「書類作成」「面接練習」「日程調整」などは業務時間外に行わなくてはならないためです。休日を使って行う必要があるものの、どうしても外せない予定もあるでしょう。「残業をしない」「休憩はしっかり取る」「スキマ時間を有効に使う」など意識的に時間を抽出すれば、忙しい中でもスケジュールどおりに達成できる可能性は高まります。

退職の意志を伝えるタイミングが難しい

在職中に転職活動をすると、現職に退職意志を伝えるタイミングが難しいことがあります。退職意志を伝えるタイミングを間違えてしまうと、入社日の変更など転職スケジュールに影響を及ぼします。たとえば、退社を伝えるタイミングが遅すぎて転職先の入社日が迫っている場合、「業務引き継ぎ」「後任探し」「入社予定の企業の希望」などがうまくいかずにトラブルになることも。入社予定の企業と入社時期の折り合いがつかない場合、内定取り消しされる恐れも考えられます。法律上では希望退職日の2週間前までに伝えれば退職はできますが、各企業の就業規則などで定められている時期に伝えるのが基本。業務引き継ぎまでの時間を計算して、内定をもらってから2ヶ月以内に入社できるようスケジューリングしておきましょう。

職場の人に気を遣う

在職中に転職活動をすることで、有給休暇が多くなったり、付き合いが悪くなったりすることから、職場の人に気を遣うことが出てきます。しかし、明確な道筋が決まっていない中で、退職意志を伝えると居心地が悪くなる可能性も。そのため、内定が出た後や自分の中で退職の意志が固まるまで、明言は避けるのが無難といえるでしょう。

モチベーションが保てない場合がある

「志望先の企業に落ち続けている」「現職が忙しくなってきた」などの理由から、転職活動に対するモチベーションを保てなくなることがあります。「能力不足」と感じていることでモチベーションが低下するのです。モチベーションが低下したら、転職活動の目的を思い直すと良いでしょう。仕事へのモチベーションを根本から回復させたい方は「仕事のモチベーション回復方法」をご覧ください。

競業避止義務が定められている場合は要注意

就業規則で競業避止義務が定められている場合、同業他社への転職は就業規則違反に当たる可能性があります。そのため、在職中に転職活動をする場合、就業規則を確認してから行動しましょう。競業避止に関して詳しく知りたい方は「競業避止義務とは?同業他社への転職で気を付けること」で解説しています。

退職後に転職活動するメリットやデメリット

退職後に転職活動するメリットやデメリットも在職中の転職活動と同様、「時間」と「金銭面」がキーワードとなります。退職後は「時間」に余裕はあるものの、「金銭面」に余裕のないことが一般的です。ここでは、具体的に退職後に転職活動するメリットやデメリットを紹介します。

退職後に転職活動するメリット

退職後の転職活動をする場合、「時間面」で大きなメリットを得られます。ここでは退職後の転職活動のメリットをまとめました。

時間に余裕を持てる場合が多い

先述のとおり、退職後の転職活動は「時間面」で大きなメリットがあります。今まで仕事をしていた時間が転職活動の時間に置き換えられるからです。たとえば「自己分析」「企業研究」「面接練習」などに納得するまで取り組めるでしょう。そのため、在職中に転職活動する場合と比較して、自分に合った企業に応募でき、満足できる転職活動がしやすくなります。ほかには、長中期間で達成したい目標を持つ時間に充てられます。今までのキャリアを振り返り、今後歩んでいきたい方向性にチェンジする期間にも使えるでしょう。

入社タイミングに対して柔軟に対応できる

退職後の転職活動は、入社タイミングに柔軟に対応できることも一つのメリットでしょう。働いていなければ、選考や入社日程を転職先の都合に合わせることができます。在職していると、内定をもらってから入社まで数ヶ月かかることも。あまりに日程が合わないと内定取り消しになる可能性もあるので、すぐに入社できるのは退職後に転職活動を行うメリットといえます。

仕事のストレスから開放される

退職後は仕事のストレスから解放されるため、転職活動に注力しやすくなります。働きながら並行して転職活動を行うのは、物理的にも精神的にも大変なもの。考えがまとまらなかったり、意識が散漫になったりすることもあるでしょう。仕事を辞めれば仕事のことを考える必要もなくなるため、ストレスがなくなり転職活動に意識を向けることができます。ただし、転職活動の時間をほかのことに使い過ぎて、空白期間が長くならないように注意しましょう。

急募求人で有利になることも

退職後に転職活動をすると入社タイミングを合わせられるため、急募求人で有利になるケースも少なくありません。急募求人は、すぐにでも入社できる人を確保したいため、入社タイミングが柔軟に合わせられる人材を求めているからです。そのため、同じようなスキルや経験を持った応募者がいる場合、すぐに入社できるという点で有利に進められるでしょう。

退職後に転職活動するデメリット

一方、退職後の転職活動で最も大きいデメリットは、「生活面」での安定が失われてしまうことでしょう。ここでは具体的に退職後の転職活動のデメリットを解説していきます。

生活が不規則になる

退職後に転職活動する場合は、生活が不規則になりやすいでしょう。働いていれば決まった時間に出勤したり業務を始めたりと、自然と規則的な生活になるもの。仕事を辞めることで「1日中ゴロゴロしてしまう」「歩く習慣がなくなる」「夜型生活になる」など、不規則な生活となり心身の不調を訴えることになりかねないのです。転職活動では、「仕事を問題なく行える」状態で挑む必要があります。生活習慣が整っていない、不規則な状態で選考に臨んでも、「だらしない」「規律が守れなさそう」などネガティブな印象を与えてしまいます。

収入が途絶えるため不安定になる

転職活動を退職後に始めると、収入が途絶えるため体調面や精神面が不安定になる可能性があります。転職活動は「雑費」「交通費」「衣類代」など何かと費用がかかるためです。貯蓄があれば、数ヶ月は生活できるかもしれませんが、都合よくいかないことも。金銭面に不安を残さないためにも、退職後に失業保険の手続きを進めるなどして対処しましょう。「ハローワークインターネットサービス」から手続きの方法が確認できます。

参照元
ハローワークインターネットサービス
雇用保険手続きのご案内

転職活動が長引くと不利になりやすい

一般的に退職後の転職活動で3ヶ月以上空白の期間があると不利に働きやすいといわれています。採用側からしたら「空白の期間何をやっていたのか」に意識が向くためです。空白の期間に「転職をするために資格勉強をしていた」などと前向きな理由が答えられれば問題はないでしょう。しかし、「単に働きたくなかった」などという理由で空白期間を設けてしまうのはおすすめしません。

退職後に税金等の手続きを自分で行わないといけない

退職すると、税金や国民健康保険等の手続きを自分で行わなければいけません。退職後すぐに転職した場合は新しい会社が対応してくれますが、そうでない場合はすべて自分で対応することになります。そのため、公的手続きに時間が取られてしまい、就職活動に集中できない可能性も。退職してから転職活動をする場合は、どのような公的手続きが必要なのか、予め確認しておきましょう。

在職中と退職後の転職活動で人事担当者の評価は変わる?

基本的には、在職中や退職後でも3ヶ月以内に転職活動を終わらせれば、有利不利はありません。ただし、業界や会社によるものの、3ヶ月以上を過ぎると、退職後の転職活動は不利に働くこともあります。最終的には自分自身の価値観と合わせて、転職活動を在職中にするか、退職後にするか判断するようにしましょう。
転職活動は仕事を辞めてから? 在職中?無理なく転職を叶えるスケジュール」では退職後に転職活動する人の割合をまとめています。転職活動のタイミングを決めかねている人は、ぜひご参考にしてください。

在職中に転職活動するポイント

在職中に転職活動するポイントは「時間」です。前述したとおり、在職中の転職活動は就業後や休日に行う必要があり、時間的余裕が取れないことも。自分一人ですべてを負わずに、外の専門機関に任せることを検討することもよいでしょう。ここでは、在職中にとくに気をつけたいポイントを紹介します。

エージェントを利用する

在職中から転職活動を行うときは、転職エージェントを活用するとよいでしょう。転職エージェントに登録すれば、希望条件に合った求人を連絡してくれたり、応募企業と選考日程の調整を代行してくれたりします。さらに、面談やカウンセリングを行えば自己分析や志望動機のヒントをもらえることも。業務の合間を縫って1人で選考対策をするよりも、効率良く転職活動を行えます。
転職エージェントのメリット・デメリットについてより詳しく知りたい方は、「就職エージェントとは?活用するメリットやデメリットを知ろう」をあわせてご覧ください。

内定予想時期から逆算して退職意志を伝える

退職意志を伝えるタイミングは、退職日の1~3ヶ月前といわれています。ただし、「民法627条」によると以下の記載があります。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
2 期間によって報酬を定めた場合には、使用者からの解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
3 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三箇月前にしなければならない。

民法によると、条件はあるものの退職日から2週間以内で退職意志を伝える場合、法律的に問題はないでしょう。しかし、会社側にも事情があります。円満に退職したいと考えている人はとくに、1ヶ月以上前を目安に意志を伝えるようにしましょう。

参照元
e-Gov法令検索
民法

退職後に転職活動するポイント

退職後に転職活動するポイントは「規則正しい生活習慣」や「短期集中」です。規則正しい生活習慣をして、短期集中で転職活動をした方が、よい結果に結びつきやすいからです。具体的に紹介していきます。

規則正しい生活を心がける

退職後の生活では、とくに「運動」「食事」「睡眠」といった生活習慣を乱さないように気をつけましょう。生活習慣が乱れることで、体調や精神に支障をきたし、万全な状態で転職活動を行えなくなります。「有酸素運動を1日30分はする」「23時までに寝床につく」など具体的な目標を立てて、ルーティンを作ることで、生活習慣は整いやすくなるでしょう。ただし無理は禁物なので、手の届く小さな目標から始めることをおすすめします。

短期集中で転職活動に臨む

退職後の転職活動はとくに短期集中で臨みましょう。長期間ブランクがあると、転職活動に不利に働くことが多く、モチベーションも持続しません。短期で終わらせるコツは、転職活動に必要な段取りをスケジューリングしておくこと。なお、スケジュールを立てても計画どおりにいかないことは多いため、時間に余裕があればうまくいかないときに備えて、別の対策も準備しておくとよいでしょう。

転職活動のタイミングは状況に合わせて判断しよう

転職活動のタイミングは状況に合わせて判断しましょう。基本的には在職中に転職活動することがおすすめですが、退職後でも長期間のブランクがなければ選考に大きな影響は出ないといわれています。「金銭面」「時間面」「体調面」などを考慮して判断するとよいでしょう。また、求人数の多くなる時期など、企業が積極的に採用活動をしている時期に合わせて活動を開始するのもおすすめです。求人数が多くなる時期を具体的に知りたい方は、「転職活動に最適な時期はいつ?求人が出るタイミングとは」をご覧ください。

在職中も退職後もスムーズな転職活動を実現させるには

スムーズな転職を実現させるには、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントとは、人材を募集している企業と求職者をマッチングさせるサービスのこと。転職エージェントを利用すると、「効率的に仕事を探せる」「自己分析できる」「書類の添削や面接練習などが可能」といったメリットがあります。エージェントによって利用対象者や紹介する企業の得意分野が異なるため、自分に合ったエージェントを選ぶと転職活動がうまく行きやすいでしょう。

転職の経験が少なく、一人で活動を進めるのが不安という方は転職エージェントのハタラクティブを利用してみませんか?ハタラクティブは転職活動未経験の方でも、キャリアアドバイザーが親身になって、サポートいたします。

転職活動に関するQ&A

転職活動をする場合、時間や気持ちに余裕のないときも多いでしょう。いろいろな悩みや不安があるかと思います。そこでここでは、転職活動をするときの悩みや疑問をQ&A方式でご紹介します。

転職活動でやっておいたほうがよいことは?

転職活動でやっておいた方がよいことは、「書類作成」「業界研究」「面接練習」などです。準備を怠るとスムーズに転職できなくなる可能性があるため、早めの行動をおすすめします。転職活動でやることを具体的に知りたい方は、「転職でやることをチェック!準備リストに沿って効率良く手続きを進めよう」をご覧ください。

転職活動を在職中に成功させる秘訣は?

転職活動を在職中にする場合、短期集中で挑みましょう。時間が経てば経つほど転職活動へのモチベーションが下がる傾向にあるからです。職探しや書類作成、面接のスケジューグなど同時並行で行わなくてはいけないため、内定から逆算して段取りを立てるようにすると順調に進みやすいでしょう。在職中に転職活動を成功させるコツについて詳しくは「働きながら転職活動するのは無理?詳しいやり方や成功のコツをご紹介」で紹介しています。

在職中に転職活動するのは違法?

在職中に転職活動をしても基本的には、違法とはなりません。しかし、「就業規則」に「就業避止義務」とある場合、主に部長や、課長などの役職者に対しては同業他者への転職が禁止されていることもあります。一般社員の場合でも、罰せられる可能性があるため、職場の就業規則を確認しておきましょう。就業規則については「第二新卒が覚えておきたい就業規則とは」をご覧ください。

転職活動時の退職理由や転職理由の答え方は?

前向きな理由を答えるようにしましょう。なりたい自分を思い描いた時に、志望する職場でなければ達成できないことを伝えるようします。面接官は多くの志望者を見てきたため、欺くことは不可能でしょう。もし、運よく内定をもらえたとしても、入社後に罪悪感を感じたり、同じ状況になったらボロが出たりする可能性も。最悪の場合、退職を強いられる場合もあるので、充分に注意しましょう。

転職活動で内定後に条件が違った場合はどうなる?

内定後の書類が違う場合は、会社都合にも自己都合にもなりません。「労働基準法第15条」によると、明示された労働条件と実際の条件が異なる場合、労働者側から契約を解除できる旨が記載されています。そのため、ハローワークなどに相談すれば、何らかのアクションを起こしてくれることも。「雇用条件を確認して適切かどうか判断しよう!聞き方や通知書の請求方法も」も参考にしながら相談してみましょう。

参照元
e-Gov法令検索
労働基準法

この記事に関連するタグ