仕事しながら転職活動するのは辛い?しんどい?無理のないやり方を紹介

仕事しながら転職活動するのは辛い?しんどい?無理のないやり方を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 仕事しながら転職活動を行うことは無理ではない
  • 仕事しながら転職する際は、きちんとスケジュールを管理する必要がある
  • 仕事しながら転職活動を行うと、体力面やスケジュール面で辛いときがある
  • 残業時間を減らしたり有給休暇を取得したりして、仕事しながら転職活動をしよう
  • 転職エージェントを使えば、仕事しながらでも転職活動を進めやすい

「転職を考えているけれど、仕事しながら転職活動を進められるか不安…」という方も多いのではないでしょうか。仕事しながらの転職活動はスケジュール管理が難しいと感じる面もありますが、成功させるコツを理解すれば問題なく行えます。このコラムでは、在職中の転職活動を成功させるやり方や注意点などを解説するので、仕事しながら転職したい方は参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事しながら転職活動はできない?

仕事しながら転職活動を進めることは、時間の確保や精神的な負担を考えると難しいため、できないと思っている人もいるようです。しかし、働きながら転職活動を行うことはできます。仕事しながらの転職活動には、メリット・デメリットの両方があるため、どのように転職活動を進めたいか考えて、自分に合った方法を選択すると良いでしょう。

仕事しながら転職活動するにはスケジュール管理が必須

在職中に転職活動を行う場合、使える時間が限られているため、スケジュール管理を徹底する必要があります。仕事が終わってから寝るまでの時間や休日を有効活用しなければ、仕事しながら転職活動を進めるのは難しいでしょう。仕事と転職活動を並行して行うと、体力面・精神面ともに辛いと感じる可能性があります。仕事をしながら転職先を探す際は、無理のないスケジュールを立てましょう。転職活動に掛かる期間が分からない方は、「転職はどれくらいかかる?準備期間の目安や早めに終わらせるコツを解説」を参考にしてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事しながら転職活動を行う際に辛いと感じるポイント

仕事しながら転職活動を行う際に辛いと感じるポイント

  • 仕事と転職活動の両立は時間がない
  • 入社日を決めるのが難しい
  • 面接の日程調整がしにくい

仕事しながら転職活動を進める際、「仕事と転職活動の両立が大変」「面接のための日程調整が難しい」などと感じてしまうこともあるようです。ここでは、働きながら転職活動を行うときに「辛い」と感じるポイントを対処法とあわせて紹介します。

仕事と転職活動の両立は時間がない

じっくり転職先を選べるのが仕事しながら転職活動を行うメリットですが、両立する時間を設けるのが難しいのも事実です。仕事が終わったあとに応募書類を用意したり面接に行ったりするのは、精神面・体力面ともに厳しく、しんどいと感じる人もいます。対処法として、「残業をしない」「隙間時間を有効に使う」など少しでも時間を作るよう心掛ければ、忙しいなかでも転職活動を進めやすくなるでしょう。どうしても仕事が忙しく、転職活動との両立が難しい方は、退職してから転職先を探すほうがおすすめです。仕事と転職活動に追われ、疲れてしまった人は「転職活動に疲れたときはどうする?うまくいかない場合の対処法を解説!」もあわせてご覧ください。

転職先の入社日を決めるのが難しい

仕事しながら転職活動を進めると、退職日が分からず転職先への入社日が決まりにくいのがデメリットです。面接では、必ずといって良いほど入社できる時期を質問されます。はっきりした退職時期が分からない場合は、大まかな目安を答えましょう。転職の場合、面接から1〜3ヶ月以内に入社するのが理想です。極端に遅い入社日を希望すると、不採用になる可能性があるので注意しましょう。入社日を調整しやすくするためには、事前に退職日をなるべく迷惑をかけない時期に設定しておくのがおすすめです。仕事が一区切りついたタイミングや、業務の引継ぎをある程度進めている状態に合わせて転職を行えば、入社日も決めやすくなるでしょう。

面接の日程調整がしにくい

仕事しながらの転職活動は自由になる時間が少ないため、面接の日程調整が難しいのがデメリットです。特に平日にしか選考を行っていない企業の場合、仕事終わりに面接に向かうため、心身への負担が大きく辛いと感じるでしょう。しかし、面接のスケジュール調整が難しいと、「志望度が低い」と判断されて不採用になる可能性も。仕事しながら転職活動を行う際は、心身の負担軽減とスムーズな日程調整のために、同時に複数の企業への応募を避けるのが無難です。仕事しながら転職活動を行う人の多くは、有給休暇を取得する傾向にあります。事前に日程を調整し、採用担当者に「この日であれば有給休暇を取得しているので面接に伺えます」と伝えて交渉してみましょう。

どうしても休めない場合の対処法

仕事しながら転職活動を行う際、有給休暇を取得できないという人もいるようです。そのような場合は、休日に複数の企業で面接をまとめて受けたり、自宅でオンライン面接を受けられないか確認したりすると良いでしょう。また、転職先の企業の勤務時間外や休日に面接の対応をしてもらえる可能性もあります。今後の面接スケジュールを確認する際に、仕事を休めないため平日や日中の面接が難しい旨を相談してみるのも一つの手です。

仕事しながら転職活動を成功させるやり方

仕事しながら転職活動を成功させるやり方

  • 求める条件に優先順位をつける
  • 自己分析や企業研究を行う
  • 応募先に合わせた履歴書や職務経歴書を送る
  • 十分に対策したうえで面接を受ける
  • 内定を受けた段階で会社に退職を申し出る
  • 業務の引継ぎや退職準備を行う

仕事と転職活動を両立し、転職を成功させるには工夫が必要です。ここでは、在職中の転職活動を成功させるやり方を流れに沿って紹介します。仕事しながら転職活動を進めたい方は参考にしてください。

1.転職先へ求める条件に優先順位をつける

仕事しながら転職活動を行う際は、転職先に求める条件に優先度を設定して、効率的に応募する求人を絞り込みましょう。応募先を決めるときは、最優先の条件は決して妥協しないのがポイントです。転職を急ぐあまり重要な条件を満たしていない企業に応募すると、入社後にミスマッチを感じやすくなります。妥協するのは2番目以降に重視する条件だけにしましょう。なお、同時期に応募する企業数は、仕事と転職活動を両立できる範囲にとどめておくよう、心掛けてください。転職先選びに迷ったら、在職中にハローワークを利用するのも一つの手です。「ハローワークで転職を成功させるには?在職中の相談は可能?使い方を紹介!」では、ハローワークを活用した転職方法について解説しているので、ご参照ください。

2.自己分析や企業研究を行う

転職を決めたら実現したい目的を明確にして、自己分析と企業研究を行います。転職を決断したきっかけとなる出来事から考えると、自己分析や企業研究がうまくいくでしょう。仕事しながら転職活動を行う場合、社会人としてのビジネスマナーや今までの実績、スキルなどが評価されます。自己分析を行い長所や短所、強みを理解したうえで自分を魅力的にアピールできれば、採用担当者の心証が良くなるでしょう。転職したい理由や企業選びの軸がはっきりしているのも、好印象を与えられるポイントです。

3.応募先に合わせた履歴書や職務経歴書を送る

面接に進むには、採用担当者が「会って話したい」と思うような履歴書や職務経歴書を送り、書類選考を通過する必要があります。応募先の企業が求める人物像を把握し、ニーズに合わせて履歴書や職務経歴書の書き方を変えましょう。仕事しながら転職活動をする際、履歴書や職務経歴書を書く時間が足りないと感じる場合もありますが、自己分析や企業研究の内容をもとに「志望動機」「自己PR」を記述すれば、好印象を与えられる可能性が高まります。

4.十分に対策したうえで面接を受ける

仕事しながら転職活動を行うなかで書類選考を通過したら、すぐに面接の日程を調整し、本番に向けて練習を行いましょう。面接対策は、応募先の企業の社風や希望する職種に合わせて行います。必要なスキルは職種や業界によって異なりますが、どの企業も中途採用では即戦力になるかどうかを重視しているようです。未経験の職種への転職でも、適応力や協調性の高さをアピールすれば、即戦力と判断してもらえるでしょう。

5.内定を受けた段階で会社に退職を申し出る

仕事しながら転職活動を進めている場合、志望度の高い企業から内定が出た段階で転職活動を終え、在職中の会社に退職日の相談をしましょう。退職の相談をするのは直属の上司です。会社が忙しい時期を避け、引き継ぎや退職手続きを考慮して退職日を決めるのが、円満退職の秘訣といえます。会社によっては引き止めに合う可能性もありますが、しっかりと退職の意思を伝えましょう。なお、退職理由を説明する義務はありません。「ネガティブな理由だから伝えたくないな…」というときは、一身上の都合で通しましょう。

6.業務の引継ぎや退職準備を行う

仕事しながら転職活動に成功し、退職日が無事に決まったら、余裕を持ったスケジュールで自分の業務の引継ぎと退職準備を行います。後任の担当者が分かりやすいように、マニュアルを作ったりデータをまとめたりしましょう。後任者と直接話して、退職前に疑問や不明点がないか確認しておくのも大切です。引継ぎに不備があると、退職後もやり取りが発生する可能性も。また、会社からの貸与物の返却や書類の発行依頼など、事務的な手続きも忘れずに行ってください。「退職が言いづらいときはどうする?仕事を円満に辞めるためのコツも解説」では、会社を辞めるコツをまとめています。「退職を伝えにくい…」と悩んでいる方は参考にしてください。

仕事しながら転職活動を進める際の注意点

仕事しながら転職活動を進める際の注意点

  • 社用の携帯やパソコンは使わない
  • 仕事をおろそかにしない
  • 転職活動の期限を決める

仕事しながら転職活動を行う場合、在職中の職場に迷惑を掛けたり、いつまでも転職先を探し続けたりしないよう、注意しなければなりません。ここでは、仕事しながら転職活動を進める際に気を付けると良い注意点を紹介します。

社用の携帯やパソコンは使わない

仕事しながら転職活動を行うなかで使用する連絡先は、必ず私用のメールアドレスや電話番号を記入します。会社から支給された携帯やパソコンを使って転職活動を行うと、職場にバレてトラブルになる可能性が高いので控えましょう。仕事中に転職サイトや求人を閲覧するのもマナー違反です。また、社内で共有カレンダーに予定を登録している人は、転職活動関係の予定を記入しないように注意しましょう。不自然なスケジュールを入れていると不信感を持たれかねません。

在職中は仕事をおろそかにしない

仕事しながら転職活動を進める際、転職活動ばかりに気を取られて仕事をおろそかにすると、在職中の職場に迷惑が掛かってしまいます。転職の意思がすでに固まっているという場合でも、与えられている仕事にはしっかりと取り組むようにしましょう。

転職活動の期限を決めておく

仕事しながら転職活動を進めていると、収入や立場が安定していて急ぐ必要がないため、転職先探しが長引きがちです。「半年以内」「1年以内」など期限を設定し、メリハリをつけて転職活動に臨みましょう。転職活動が長引くと転職先に求める条件が厳しくなり、結果的に転職がうまくいかない可能性も。仕事しながら転職活動を行うのは簡単ではありません。多忙で時間を捻出するのが難しかったり、転職について周囲に相談しにくかったりして、思うように転職活動を進められない方もいるでしょう。

仕事しながら転職活動も両立させたい方は、ハタラクティブの利用をおすすめします。ハタラクティブは若年層向けの転職エージェントです。初回にカウンセリングを行い、結果に基づいた求人を紹介します。応募書類の添削や面接の日程調整、条件交渉なども専任のアドバイザーにお任せください。ハタラクティブの利用に料金は発生しません。仕事しながら転職活動を行う際、負担を軽減したいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。

仕事しながら転職活動をする際に役立つFAQ

ここでは、仕事をしながら転職活動を行えるか悩んでいる方の疑問にお答えします。転職活動を行うタイミングに悩んでいる方は、ぜひチェックしてみましょう。

仕事をしながら転職活動は無理?

仕事しながら転職活動を行うことは可能です。ただし、心身への負担が大きいので無理のないスケジュールを立てる必要があります。毎日仕事終わりに求人を探したり面接を受けたりすると、「しんどい」「辛い」と感じることもあるでしょう。適度に趣味の時間を設けてストレスを解消しながら転職活動を行うことをおすすめします。転職活動に伴うストレスとの上手な付き合い方は、「転職活動で感じるストレスは?転職先でうまくいかないときの対処法」でまとめているので、参考にしてください。

仕事しながら転職活動するのは違法なの?

仕事しながら転職活動をしても違法にはなりません。ただし、仕事中に面接に行ったり社用の携帯やパソコンを転職活動に使ったりすると、処分を受ける可能性があります。最悪の場合、懲戒解雇になるので注意しましょう。「譴責処分とは何のこと?懲戒処分の7つの種類や出世・転職への影響を解説!」では、処分の種類や転職への影響をまとめています。仕事をしながら転職活動を行う方は、トラブルにならないようにチェックしておきましょう。

仕事をしながら転職活動するときにおすすめのやり方は?

転職エージェントを利用すれば、仕事しながら転職活動を行う際の負担が軽減されます。求人の選定や応募書類の添削、面接日程の調整などを行ってくれるので、転職活動に時間を割くのが難しい方にもおすすめです。ハタラクティブでは、働きながら転職活動を行いたい方の転職支援を行っているので、まずはお気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ