就職したいニートの悩み!ブランク期間の答え方

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職したいニートの悩み!ブランク期間の答え方

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ブランク期間がある人でも就職は可能だが、ブランクの年数や年齢によっては難しくなる
    ・面接では、ブランク期間の理由を聞かれることが予想されるため、きちんと理由を考えておく
    ・ブランク期間の理由がネガティブなものでも嘘をつくなどせずに正直に伝え、働く意欲や熱意でアピールする
    ・ブランク期間があることで消極的にならず、自分のアピールポイントを探す、アルバイトや資格取得の勉強をするなど、できることをする

ニートの人が就職を目指すとき、ネックとなるのは仕事をしていないブランク期間。特に自分自身で納得のいく理由を持てずにいる人は、面接などでうまく説明できないと悩んでいるのではないでしょうか。
このコラムでは、就活にブランク期間がどう影響するか、どのように伝えるべきかをまとめています。

◆ブランク期間があっても就職可能?

学校を卒業してから、または前職を辞めてから、仕事をしていない「ニート」期間があると、就活でマイナスなイメージになるのではないかと不安に感じる人もいるのではないでしょうか。
実際には、仕事をしている人の転職に比べれば簡単ではありませんが、ブランク期間があることで就職が不可能になるということはないでしょう。
しかし、ブランク期間が就職に影響しないとされているのは、その期間が短い場合と年齢が若い場合に限られます。

年齢が若ければ、多少のブランク期間があったとしても、正社員として働ける会社を見つけるのは難しいことではありません。企業が若い人材を採用する場合、応募者のスキルや経験を重視していないことが多いからです。
全くの未経験だったとしても、新卒の学生のように一から育て、ゆくゆくは自社で活躍してくれることを期待するポテンシャル採用を実施している企業も多数存在します。
そういった企業であれば、やる気や働くことへの意欲を伝えることができれば就職も夢ではないでしょう。

一方、年齢が30代前後の人で長期のブランク期間がある場合、就職は想像以上に難しくなります。
一般的に30代という年齢は、新卒入社して働いてきた人であれば、会社である程度の仕事を任される立場になっていることが多いでしょう。
ブランク期間が長い人の場合、社会人としてのマナーや仕事に必要なスキルを身につけていないことがほとんどであるため、同年代の応募者がいれば、企業は社会人経験を積んでいる人を選んで採用すると考えられます。

このように、ブランク期間が長ければ長いほど、年齢が上がれば上がるほど、就職の難易度は上がる傾向にあるため、就職を目指すのであれば、少しでも早く行動することが大切です。


◆面接ではブランクの理由が問われる

ブランク期間のある人の就活ではほとんどの場合、面接でブランクに関する質問をされることになるでしょう。
企業がブランクのある応募者を選考するとき、その期間が長ければ長いほど、すぐに辞めてしまうのではないかという不安を感じても不思議ではありません。そのため、そういった不安要素を取り除くために、質問を通して応募者がどんな人物なのかを知ろうとするのです。

面接で聞かれることが多いのは、なぜブランク期間ができたのか、期間中は何をして過ごしていたのかといった点。
ブランクができたことに対して、納得できる理由があるのかないのか。やむを得ない理由がない場合や、長引いている場合には、反省点や改善すべき点を考えているかなど、企業が知りたい点を考慮し、自分の気持ちをうまく伝えられる回答を用意しましょう。


◆ブランク期間の伝え方

前項でお伝えしたように、ブランク期間に関する質問を受けた場合には、企業が知りたい点を汲み取り、うまく伝わるように回答を考える必要があります。
しかし「回答を考える」というのは、嘘をつくことではありません。ブランク期間を短くしたり、前職の退職理由を偽った場合、嘘が発覚したときには経歴詐称となり、内定が取り消されることも考えられます。あくまでも事実の中で、どのように伝えられるかを考えるということです。

資格取得のために勉強していた、留学していたなどの前向きな理由や、病気や介護といったやむを得ない理由の場合はそのまま伝えるといいでしょう。
また、前職を辞めた納得させられる理由がない、ニート期間中何もしていなかったなど、正直に伝えるとマイナスになってしまいがちな理由であっても、正直に話すことが大切です。正直に話した上で、反省していることや、現在は働くことに意欲を持って就活をしているという点をアピールしましょう。


◆ネガティブな理由をどう伝える?

他人を納得させられる理由がない状態で、働いていない期間があった場合、それをマイナス要素として捉える人が多いのは当然のことではないでしょうか。
とくに、その期間が年単位で続いている場合、働く意志のない「ニート」であると判断され、就活に与える影響は大きくなります。
しかし、前項でお伝えしたように、ブランク期間ができた理由がネガティブなものであったとしても、正直に伝えることが大切です。

採用担当者はたくさんの人物と面接しているため、理由がネガティブなことであったとしても、驚くことはないでしょう。逆に、嘘の経歴や理由を並べたところで、見破られてしまう可能性の方が高いかもしれません。
また、書類審査を通り、面接の機会を与えられているということは、その時点で採用される可能性がゼロではないということ。
社会人経験やスキルのない人物を雇うのであれば、重視するのは、正直さや意欲といった人間性でしょう。取り繕ったり自分を大きく見せようとしたりせず、今の自分ができる範囲でのアピールをすればいいのではないでしょうか。


◆ブランクのある人が就職するには

ブランク期間がある人の就活が上手くいかない要因の一つは、ブランク期間そのものよりも、それによって消極的になってしまうということです。
自分の経歴に自信が持てないと、うまく自分をアピールできなくなってしまいます。しかし、企業が採用を決めるときに見ている点は、ブランク期間があるかどうかなどの経歴だけではありません。
アピールポイントが分からないという人は、学生時代に頑張ったことや、得意なことや、好きなことを考えてみると意外なアピールポイントが見つかることもあります。まずは自分自身を知ることから始めてみましょう。
また、入社に対する意欲や熱意を、担当者にきちんと伝わるようにアピールすることも大切です。

それでも就活を始めることに不安を感じているのであれば、就職をする前にアルバイトなどで働く経験をしてみたり、資格取得の勉強をしてみたりすることをおすすめします。
なにもせずにいるよりも、就職に向けて動いているという事実があれば、働く意思があるという説得力のあるアピールになるはずです。

ブランク期間の長い人や、就職自体が初めてという人の中には、どのように就活を始めればいいか分からないという人もいるのではないでしょうか。
そういった場合は、就活をサポートしてくれるエージェントを利用するのも一つの方法です。
就活エージェントのハタラクティブは、若年層を対象とした就活支援サービスを行っています。
マンツーマンのカウンセリングで、一人ひとりの状況や応募企業に合わせた支援が可能。また、ご紹介するのは、若さや熱意などポテンシャル重視で採用をしている企業が多いため、ブランク期間が長い人や、正社員が未経験という人も、たくさんの方が就職に成功しています。
企業とのやりとりを全てエージェントが代行し、個人では聞きづらいような不明点などをクリアにすることで、入社後のミスマッチも防止。就活前のカウンセリングから入社後のフォローまで、きめ細かい支援で就活の不安を払拭します。
ぜひハタラクティブにご相談ください。



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ