ニートの就職先に工場がおすすめな理由

ニートの就職先に工場がおすすめな理由の画像

【このページのまとめ】

  • ・将来の不安や家族の負担を考えると、早く就職した方が良い 
    ・年齢が若い方が選べる仕事の選択肢が広がる 
    ・工場勤務はすぐに覚えられる仕事が多く、ニートがチャレンジしやすい 
    ・工場には、製造、検品、梱包などの仕事がある 
    ・就職サイトやハローワーク、就職エージェントで仕事を探そう

ニートにおすすめの就職先の一つが、工場勤務。
ここでは工場の種類や詳しい仕事内容、ニートにとって工場が働きやすい理由をご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ニートが就職した方が良い理由

ニートのほとんどは親に生活費を頼っていますが、親が高齢になって働けなくなったり死亡したりすると、生活の手立てがなくなってしまいます。
若いうちはニートでも「自分の好きなことができる」と思って毎日を過ごせるかもしれませんが、将来への不安は日増しに大きくなり、社会とのつながりがないことに孤独を感じるようになるかもしれません。
友人が多いニートの場合、かつての同級生が出世し結婚して家庭を持つ姿を見ているうちに、自分が取り残された気分になることもあります。ニートに対する社会の風あたりは強いので、ニートの自分に引け目を感じる人もいるのではないでしょうか。
また、ニートを続けていると家族への負担が途切れませんし、自分自身への自信も失われていくでしょう。
このように、ニートのデメリットは数多く、仕事に疲れて一時的に休息をとる場合、病気や怪我でやむを得ず働けない場合を除いて、早めに仕事を探す必要があります。

そして仕事を探すのであれば、できる限り早く職探しを始めましょう。
一般的に未経験の人の就職は若ければ若いほど可能性があるといわれます。企業はある程度年齢が高い人材に経験と即戦力となるスキルを求めますが、若い人材に関してはポテンシャルで採用するケースがあるからです。
若いと「仕事の覚えが早い」と思われますし、企業は「入社後に成長してくれそうだ」と期待します。
スキルがないまま年齢を重ねると選べる仕事の選択肢が減ってしまうため、「ニートをやめたい」と思ったら、1日も早く行動を起こすことが大切です。

ニートに工場勤務がおすすめな理由

ニートが働き始めるのにおすすめな仕事として、工場での勤務が挙げられます。ニートには「対人関係を築くのが苦手」「人と話すのが苦手」という人が多いですが、工場勤務はお客様との会話がないため、比較的自分のペースで仕事をすることができます。
いずれは違う仕事がしたい場合でも、まずは工場勤務で働くことに慣れたり、資金を貯めたりというやり方もあるでしょう。工場での仕事はルーティン業務が多いので、一度仕事を覚えれば精神的にも余裕をもって働ける点もメリットです。
また、工場での仕事は経験や資格を問わない求人が多いため、働いた経験がなくてもチャレンジしやすいのが特徴です。
仕事は単純作業が多い面がありますが、それが苦にならないという人は、ニート脱出のきっかけとして工場でのお仕事を考えてはどうでしょう。

工場にはどんな種類があるの?

工場には、例えば自動車工場や食品工場などの種類があります。自動車工場での仕事は車が好きな人におすすめで、名前が知られた有名企業の工場で働くやりがいがあるでしょう。自動車工場では「期間工」と呼ばれる期間に定めがある働き方が主流で、寮に住み込みで働くことが多いようです。
期間工は契約期間が限られているものの、工場によっては契約の更新ができる、正社員に登用されるなど、長期的に働ける環境があるのがメリット。半年、1年といったタイミングで慰労金が支給されたり、大手であれば福利厚生が充実していたりする点も、自動車工場で働く魅力です。

自動車にあまり興味がない人は、生活に身近な食品工場を検討しても良いかもしれません。食品工場の仕事はケーキやコンビニ弁当など作る製品によって内容が異なりますが、容器に食品を詰めたり総菜を加工したりする業務があります。
単純作業が多いため、「ルーティンでも飽きない」人におすすめです。働く人は女性が多い傾向があるようです。

ほかにも家電や化学製品、印刷など工場によってつくっている製品はさまざま。作業内容や勤務地、待遇などを確認し、自分に合った工場を見つけましょう。

工場ではどんな仕事をしているの?

ここでは工場で働くイメージを掴めるよう、工場の大まかな仕事内容をご説明していきます。

製造

原材料の加工作業や組み立てなどを行います。ライン作業ではベルトコンベアーを流れてくる製品を加工していきます。最初は「時間が限られ難しい」と感じる人が多いですが、慣れると手際よくこなせるようになるでしょう。

ピッキング

指示書や伝票に書かれた物品を倉庫の棚から取り出す作業です。工場によってはかなり重量のあるものを運ぶこともあるため、体力が必要にります。
フォークリフトを使う場面もあるので免許があるとスキルアップできるでしょう。

検品

規格に合わない不良品がないかなど、品質や安全性のチェックを行います。衣類の場合はほつれや破れがないか、機械製品であれば正常に作動するかの確認になるでしょう。

梱包

工場から出荷する際に必要な梱包を行います。製品を指定された箱や袋に入れるのが主な仕事。製品が傷つかないように丁寧に作業する必要があります。

求人を選ぶ時に気をつけること

目についた求人に闇雲に応募してしまうと、作業内容が自分に合わなかったり、勤務地が自宅からアクセスしにくい場所だったりと、後々問題が出てしまいます。
仕事を探す時は求人に記載された条件にしっかり目を通し、不明点があれば面接の時に尋ねるようにしてください。
家からどのくらいの距離があるかはもちろん、自転車やバイクで通勤可能か、駐車場があるのかもチェックのポイント。残業が多いと給与が高くなり、少ないと自由時間が増えますが、いずれにしても残業の有無は確認しておきたいところです。中には夜勤シフトの求人もあるので、勤務時間が自分が働きたい時間と合致しているかも見ておきましょう。寮に住んで働く場合は、家具や家電は備え付けなのか、食堂はあるのかといった点も、初期費用や日々の生活にかかるお金を決めるので知っておいて損はありません。

こんなときどうする?工場での就職に関するお悩みQ&A

ここでは、ニートの方向けに、工場勤務に関するお悩みや、ニートが就職しやすい職業・仕事についてまとめました。すべてQ&A方式で分かりやすくお答えしているので、ぜひご参考にしてください。

ニートの就職先に工場がおすすめの理由って?

他者との会話がほとんどなく、比較的自分のペースに合わせて仕事ができるからです。
生産効率を重視して雑談を禁止している場合もあり、比較的他者との会話が少ない工場の仕事。「対人関係を築くのが怖い」「人と話すことが苦手」という方でも始めやすいメリットがあります。また、工場ではルーティン業務が多く、一度仕事を覚えてしまえば精神的に余裕をもって働けること、実務経験や資格を問わない求人が多いことが、ニートの方におすすめの理由です。


自分に合った工場の求人をお探しの方は、ぜひ就職エージェント「ハタラクティブ」へご相談ください。ハタラクティブでは、専任アドバイザーがヒアリングを行い、自分の性格や適性に合った求人をご紹介。応募書類の添削や面接対策も実施しているので、初めて就活をする方でも安心です。サービスはすべて無料なので、ぜひこちらからお気軽にご登録ください!

工場の具体的な業務内容を教えてください。

ライン作業やピッキング、生産・工程管理などです。
工場勤務といえど、食品、自動車、機械加工など、扱う製品によって作業内容は異なります。ただし、どこの工場でも比較的に頻繁に行われている業務は、複数の従業員で製品の加工・検品をする「ライン作業」や、指示書に書かれたものを倉庫から取り出す「ピッキング」、管理計画に基づき原材料の発注や人員計算を行う「生産・工程管理」などが挙げられます。詳細は「工場に就職するメリットや具体的な業務とは?」のコラムを確認してみてください。

工場以外でニートが就職しやすい職業は?

人手不足の人材は就職しやすいといえます。
たとえば介護職や警備員、ITエンジニアやプログラマーなど。ほかにも、営業職や接客業は比較的就職しやすい職種といえますが、ノルマが設けられる場合が多く、プレッシャーに感じる人はほかの職種を視野に入れてみましょう。詳細は「ニートが就職しやすい仕事6選!」をご覧ください。

ニートに住み込みの仕事が向いているって本当?

実家から離れて就職したい方にはおすすめです。
住み込みの仕事では、社員向けに寮・社宅などの住まいが準備されています。自分で部屋を探して借りるよりも、安い料金で住めるのがメリットです。会社によっては無料で住めたり、賄いや社員食堂を完備していることも。住み込みのメリットや注意点については、「ニートにとってメリットたくさん?住み込みのお仕事」をご参考にしてください。

初めての就活を助けてもらおう

求人は就活サイトやハローワークなどを使って探せますが、今までに全く働いたことがない人やニート歴が長い人は、アドバイスを受けながら仕事を探せるハローワークがおすすめです。
ハローワークでは設置された端末で求人検索ができるほか、仕事の探し方や求人の見方がわからなければ相談員に質問できます。1人での仕事探しに不安があれば、職員と一緒に求人を見ることもできるでしょう。
加えて、履歴書などの応募書類の書き方や面接の対策法も教えてくれるので、就職活動が始めての人には大変心強い存在といえます。

民間の就職エージェントでもハローワークと同じく職業紹介のサービスを行っていますが、エージェントではサービスの利用開始時から専任の担当者がつき、仕事が決まるまでをきめ細かくサポートしてもらえる良さがあります。
中でも若年層に特化したハタラクティブでは、未経験の方にも求人をご紹介し、カウンセリングから企業ごとの面接対策まで一貫したサービスを提供しています。
「就職するか迷っている」という相談のみのご利用も歓迎しておりますので、一度アドバイザーと話をしてみませんか?

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION