ニートの就職には工場がおすすめ!その理由や働くメリットなども紹介

ニートの就職には工場がおすすめ!その理由や働くメリットなども紹介の画像

この記事のまとめ

  • ニートに工場勤務がおすすめの理由は、経歴を問わず自分のペースで働けるため
  • 工場の仕事内容は組み立てやピッキング、検品などがある
  • 工場の仕事は一人で黙々と作業したい人や人付き合いが苦手な人、未経験者におすすめ
  • 工場の仕事は、単純作業が苦手な人や体力に自信のない人には向かない
  • ニートから工場の仕事に就くなら、就職支援サービスの利用がおすすめ

ニートにおすすめの就職先の一つに「工場」があります。どのような仕事があるの?と気になる方もいるでしょう。工場の仕事は、年齢や学歴を問わず、未経験者でも就職しやすいため、ニートからも十分にチャンスがある仕事です。
このコラムでは、ニートにとって工場勤務がおすすめの理由を解説します。また、工場業務の種類や具体的な仕事内容、メリット・デメリットも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニートに工場勤務がおすすめな理由

ニートに工場勤務がおすすめな理由の画像

ニートからの就職におすすめな仕事として、工場での勤務が挙げられます。
ニートには「対人関係を築くのが苦手」「人と話すのが苦手」という人が多いようですが、工場勤務はお客さまとの会話がないため、比較的自分のペースで仕事をすることが可能です。経験や資格を問わない求人も多く、働いた経験がなくてもチャレンジしやすいのが特徴。また、工場によっては単純作業やルーティン業務がメインとなることから、一度仕事を覚えれば精神的にも余裕をもって働ける点もメリットといえます。
いずれは違う仕事がしたい場合でも、まずは工場に勤めることで働くことに慣れたり、資金を貯めたりというやり方もあるでしょう。

ニート生活から抜け出すには早めに行動を始めよう

ニートを続けている方は、就職に向けて早めに行動を始めることが重要です。
一般的に未経験の就職は若ければ若いほど可能性があるといわれています。会社はある程度年齢が高い人材に対して、経験や即戦力となるスキルを求めますが、若い人材に関しては「仕事の覚えが早い」「入社後に成長してくれそう」といったポテンシャルで採用することが多いようです。
スキルや職歴がないまま年齢を重ねると、選べる仕事の選択肢が減ってしまいます。そのため、「ニートをやめたい」と思ったら、できるだけ早く動き出しましょう。ニートと年齢について詳しく知りたい方は、「ニートって何歳まで?20代のうちに就活すべき理由や注意点を解説!」もチェックしてみてください。

ニート生活はデメリットが多い

若いうちは、ニートでも「自分の好きなことができる」と思って毎日を過ごせるかもしれませんが、将来への不安は日増しに大きくなり、社会とのつながりがないことに孤独を感じるようになる可能性があります。
たとえば、かつての同級生が出世し結婚して家庭を持つ姿を見ているうちに、自分が取り残された気分になることも。ニートに対する社会の風あたりは強い傾向にあるので、ニートの自分に引け目を感じる人もいるでしょう。このままニート生活を続けていると、自分に対する自信も徐々に失われていきます。このようなデメリットを抱える前に、早めに就職活動を始めるのがおすすめです。

工場の主な仕事内容

工場の主な仕事内容の画像

ここでは、おすすめの工場勤務について主な仕事内容をご紹介します。

組み立て

組み立て作業は、決められた位置に部品を取り付けていく仕事です。製造業の会社に多く、工場によって金属や電子部品、プラスチックなどの部品があります。また、製品によっては工具を使用することもあるようです。
基本的に毎日決まった作業を行うので、一度手順を覚えてしまえばスムーズに進められるのが魅力。一人で黙々と作業がしたい方におすすめです。

正社員

製造職

  • 月給 432万円 ~ 550万円

ピッキング

ピッキングとは、指示書や伝票に書かれた物品を倉庫の棚から取り出す作業です。工場で扱う製品によってはフォークリフトを使って運ぶこともあるため、免許があるとスキルアップできるでしょう。
正確性が求められるので、細かい作業が得意な方や集中力に自信がある方におすすめです。

検品

工場で製造された製品の品質や安全性のチェックを行います。検査方法は「目視検査」「外観検査」「道具を使用する検査」などがあり、どれも細やかな作業です。体力に負担なく働けるため、女性にもおすすめ。未経験の求人も多く、ニートからの就職先としても狙い目といえるでしょう。

正社員

半導体材料の最終検査スタッフ

  • 月給 365万円 ~ 465万円

梱包

製造した製品を工場から出荷する際に必要な梱包を行います。製品を指定されたダンボール箱や袋に入れるのが主な仕事内容です。製品が傷つかないように丁寧に作業する必要があります。力仕事がほとんどなく、未経験から十分に活躍できるので、まずは仕事に慣れることから始めたいニートにおすすめです。

機械オペレーター

機械オペレーターは、工場にある機械を操作して部品を加工する仕事です。作業自体は機械が行うため、その間は動作確認や不具合などのチェックをします。ルーティン業務がしたい方や、淡々とした作業が好きな方におすすめ。特別な資格やスキルは必要ありませんが、マニュアルに沿って機械を操作するので、丁寧な作業が求められるでしょう。

資格が必要な工場の仕事は?

フォークリフトや溶接作業など、工場で働く業種によっては資格が必要です。しかし、工場勤務で活かせる資格のなかには難易度が低く、数日で取得できるものも多く存在します。就職先の視野を広げたい方は、一度検討してみるのも良いでしょう。

ニートにおすすめの工場で働くメリット・デメリット

誰もが挑戦しやすくおすすめの工場勤務ですが、それぞれメリットやデメリットも存在します。下記で詳しく解説しているので、工場勤務が自分に合った仕事かどうか参考にしてみましょう。

工場で働くメリット

工場で働くメリットは、自分のスキルや経験を気にせず挑戦できることです。

年齢や学歴、性別等を問わない

工場勤務は仕事内容の幅広さから、年齢や学歴、性別などを問わない会社が多いようです。工場の仕事内容は、「体力を使う作業」「座って行う作業」「機械を扱う作業」などさまざまなものがあります。そのため、自分の能力に合った仕事が見つかりやすいといえるでしょう。職歴がなく、ニートの経歴に自信がない方にもおすすめです。

未経験者歓迎の求人が多い

未経験者歓迎の求人が豊富なことも、工場勤務におけるメリットの一つ。工場の仕事は会社毎にマニュアル化されているものも多いため、特殊な業種を除いて経験やスキルは必要ありません。工場勤務はニート期間を経て久しぶりに働く方や、初めての就職先としてもおすすめできます。
未経験から仕事を探す際のポイントは、「未経験でも就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」もあわせて参考にしてください。

人付き合いが苦手な方も働きやすい

人付き合いが苦手な方にも、工場勤務はおすすめです。工場の仕事内容は一人で黙々と進める作業が多く、周囲とのコミュニケーションも最低限で済むことがあります。そのため、会社の人間関係によるストレスが少ないといえるでしょう。

プライベートと仕事の両立が図れる

工場勤務は、プライベートと仕事の両立がしっかり図れる仕事です。休日はカレンダー通りの会社が多く、残業も比較的少ない傾向にあります。プライベートを充実させたい方はもちろん、子育て世代の方にもおすすめ。また、休日に会社から仕事を持ち帰ることもないため、メリハリのある働きができるのも魅力です。

給与や待遇の良い工場が多い

工場勤務は、給与が高く設定されていたり、高待遇だったりする会社が多いようです。各種手当や寮などがある場合は、生活費を抑えることも可能。福利厚生や設備も充実していて、働きやすい環境が多いのも特徴です。自分が求める条件に合った職場を探すなら、事前に求人票をよく確認しておきましょう。

工場で働くデメリット

おすすめの工場勤務ですが、「飽きてしまう」「キャリアアップを目指しにくい」などのデメリットもあるようです。

キャリアアップしにくい

工場の仕事はマニュアル化されていることから、個人の能力を評価されにくいことがあります。詳しい評価制度は会社によって異なるものの、すべての従業員によって一定の品質を保つことができるため、評価対象が年齢や勤続年数になることも少なくありません。長期間腰を据えて働きたい方にはおすすめですが、自分の成果を反映してほしい方や、着実にキャリアアップを目指したい方には向いていないといえるでしょう。
就職後、キャリアアップすることが目標の人は、「キャリアアップするための6つの方法!転職する場合のメリットも紹介」をチェックしてコツを掴んでみてください。

単純作業が多い

工場の仕事は製造やピッキング、検品といった単純作業が多いため、業務に飽きてしまう場合があります。ルーティン業務になると、毎日同じことを繰り返す仕事が「退屈」と感じることも。単純作業に飽きてしまったら、「昇給・昇進などの目標を決める」「どこまで早く進められるか挑戦してみる」といった視点を変えて取り組んでみるのもおすすめです。

生活リズムが不規則になる場合がある

生活リズムが不規則になることも、工場勤務のデメリットといえます。24時間稼働している工場の場合、従業員の勤務体制は夜勤と日勤を交互に行う「交替勤務」が多いようです。そのため、朝と夜のリズムが乱れやすくなります。交替勤務は比較的すぐ慣れるものの、「体調管理が難しい」「家庭の生活リズムと合わせたい」などの理由がある場合は、日勤のみやシフト制の求人を探してみましょう。交替勤務で生活リズムを崩さないようにするための方法は、「三交代制の勤務はしんどい?メリット・デメリットやシフト例を紹介!」でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

作業する環境が整っていないことがある

工場によっては、作業環境が整っていないこともあります。たとえば、「暖房がつけられない作業現場がある」「夏にエアコンや扇風機がなく、熱中症が心配」「風通しが悪く製品の臭いがきつい」といった、設備面の問題は工場に多いようです。作業環境の良い工場を探すなら、クリーンルームのある工場や設備について詳細が記載されている求人票を見つけてみてください。

ニートにおすすめの工場勤務に向き不向きはある?

おすすめの工場勤務ですが、人によっては向き不向きがあるものです。ここでは、工場勤務に向いている人と向いていない人について、それぞれまとめました。

工場の仕事に向いている人

工場の仕事に向いているのは、決められたことをコツコツと進めるのが好きな人です。

ルーティンワークが好きな人

手順が決まった作業をするのが好きな人は、工場勤務がおすすめ。工場の仕事は同じ作業を繰り返し行う作業が多く、イレギュラー対応が発生する頻度も少なめです。単純作業が苦にならない人は、ぜひ工場勤務を検討してみてください。
ルーティンワークについて詳しく知りたい方は、「ルーティンワークとは?意味・仕事内容・向いている人の特徴を紹介!」もあわせてご覧ください。

身体を動かすのが好きな人

工場は体力を使う仕事が多いため、身体を動かして働きたい人にも向いているでしょう。たとえば、部品を運んだり広い工場内を移動したりと、身体を動かす場面が多くなります。「座り仕事が退屈」「デスクワークが苦手」といった人におすすめです。

一人で黙々と作業するのが好きな人

ニート生活が長く、人付き合いやチーム行動が苦手な人にも工場勤務はぴったりです。扱う製品や作業工程によって異なるものの、工場の仕事は一人で黙々と作業を進められるものも多いのが特徴。一人が好きな人や、集中して一つのことに取り組みたい人にとっては、安心して働けます。

工場の仕事は「楽すぎる」?

ロボットの導入で自動化が進んでいる自動車工場や、ボタンを押すだけのオペレーション業務の多い加工工場などは、比較的「楽な仕事」だと感じられることもあります。
ただし、自分の得手不得手によって工場の仕事が楽かどうかは異なるものです。あえて「楽な仕事」を探すなら、無理な労働を強いず、人材育成や従業員の健康管理などが徹底された「働きやすい」企業を選ぶと良いでしょう。
工場の仕事で活躍したい方向けの

求人一覧はこちらから

工場の仕事に向いていない人

工場の仕事に向いていないのは、工場特有の仕事内容が自分に合わない人です。

体力に自信がない人

工場では身体を動かす作業が多いため、ニート生活によって体力に自信がない方は「きつい」と感じることも。長時間立ったままの作業や、荷物の積み下ろしなどで体力を使います。体力を消耗せずに工場勤務がしたい人は、検品や梱包など座ってできる作業の求人を探すのがおすすめです。

単純作業が苦手な人

工場勤務はルーティン業務が基本です。そのため、単純作業が苦手な方や集中力を切らしてしまう人にはおすすめできません。単純作業が多い」でも解説したように、ゲーム感覚で作業を進めてみたり、目標を決めて取り組んでみたりすると、うまく作業がこなせるでしょう。

大きなやりがいを得たい人

仕事で大きなやりがいを得たい人にも工場勤務は不向きです。「キャリアアップしにくい」でも解説したように、工場の仕事はほぼマニュアル化されているため、自分の頑張りがどれだけ貢献できているのか分かりにくい場合があります。また、実際に製品を使っているお客さまと接する機会も少なく、直接的な感謝や反応が見えにくいことも。せっかくのやる気を十分に活かすためにも、自分の成果がしっかりと反映される職種への就職をおすすめします。

ニートにおすすめの工場求人を選ぶ時に気をつけること

ニートにおすすめの工場求人を選ぶ時に気をつけることの画像

工場の仕事を探す際は、求人票に記載された条件にしっかり目を通しましょう。
目についた求人に闇雲に応募してしまうと、作業内容が自分に合わなかったり、勤務地が自宅からアクセスしにくい場所だったりと、後々問題が出てしまいます。たとえば、家からの距離や通勤時間をはじめ、自転車やバイクの使用可否や、駐車場の有無もポイント。残業の発生頻度も重要です。会社によっては夜勤シフトの求人もあるので、自分が希望する勤務形態と合致しているかも確認しておきましょう。ニート生活から抜け出し寮で暮らす場合は、「家具や家電は備え付けなのか」「食堂はあるのか」といった点も、初期費用や日々の生活費を決めるのに知っておいて損はありません。
求人票のみの情報で不明点があれば、事前に会社へ問い合わせてみましょう。

まずはアルバイトから始めてみるのも可

就職を目指す前に、工場のアルバイトやパートから始めてみるのも一つの手です。
ニート生活が長かった場合、いきなり就職を目指すのは怖いと感じる人もいるでしょう。アルバイトやパートなら、シフトに融通が効いたり、簡単な作業があったりと、大きなプレッシャーを感じずに身体を慣らしながら働くことができます。また、派遣社員として工場勤務をする方法もあるので、自分の現状に合う働き方を見つけてみてください。

自己分析をして自分に合う仕事を見つけよう!

自己分析とは、自分の長所や短所、興味のあることなどを分析し、自分がどういう人間なのかを理解することです。自己分析ができていると、自分のやりたいことや、どのような仕事に向いているかなどが見えてきます。また、履歴書や面接時に必要な志望動機にもつながってくるため、就職活動をする際は丁寧に行いましょう。
何から始めたら良いか分からない人は、ノートを使って自己分析をまとめるやり方がおすすめです。「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」を参考にして進めてみてください。

ニートで工場就職するなら就職支援サービスがおすすめ

求人自体は就活サイトや求人サイトなどを使って探せますが、今まで一度も働いたことがなく、ニート歴が長い人は、就職支援サービスを利用した就職活動がおすすめです。
なかでも、ハローワークでは設置された端末で求人検索ができるほか、仕事の探し方や求人の見方がわからなければ相談員に質問できます。一人での仕事探しに不安があれば、職員と一緒に求人を見ることも可能です。
また、民間の就職エージェントは、サービスの利用開始時から専任の担当者がつき、仕事が決まるまでをきめ細かくサポートしてもらえる良さがあります。加えて、履歴書などの応募書類の書き方や面接の対策法も教えてくれるので、就職活動が初めての人には大変心強い存在といえるでしょう。

若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専任アドバイザーがヒアリングを行い、自分の性格や適性に合った求人をご紹介。カウンセリングから企業ごとの面接対策まで一貫したサービスを無料で提供しています。工場の仕事をお探しの方はもちろん、「就職するか迷っている」という相談のみのご利用も歓迎しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

こんなときどうする?工場での就職に関するお悩みQ&A

ここでは、ニートの方向けに、工場勤務に関するお悩みや、ニートが就職しやすい職業・仕事についてまとめました。すべてQ&A方式で分かりやすくお答えしているので、ぜひご参考にしてください。

ニートの就職先に工場がおすすめの理由は?

ニートに工場勤務がおすすめの理由は、比較的自分のペースに合わせて仕事ができるからです。会社によっては生産効率を重視して雑談を禁止している場合もあり、「対人関係を築くのが怖い」「人と話すことが苦手」という方でも始めやすいメリットがあります。また、工場はルーティン業務が多いので、一度仕事を覚えてしまえば精神的に余裕をもって働けることから、実務経験やスキルがない方にもおすすめです。

工場の具体的な業務内容を教えてください。

工場で扱う製品によって作業内容は異なるものの、どこの工場でも比較的に頻繁に行われている業務は、複数の従業員で製品の加工・検品をする「ライン作業」や、指示書に書かれたものを倉庫から取り出す「ピッキング」、管理計画に基づき原材料の発注や人員計算を行う「生産・工程管理」などが挙げられます。詳細は「就職前にチェック!工場勤務の主な5つの仕事内容」をご覧ください。

工場以外でニートが就職しやすい職業は?

人手不足の業界は就職しやすいといえます。たとえば、介護職や警備員、ITエンジニアやプログラマーなどです。また、営業職や接客業は比較的就職しやすい職種といえますが、ノルマを設けられる場合が多く、プレッシャーに感じる人はほかの職種を視野に入れてみましょう。

ニートに住み込みの仕事が向いているって本当?

実家から離れて就職したい方にはおすすめです。住み込みの仕事では、従業員向けに寮・社宅などの住まいが準備されています。自分で部屋を探して借りるよりも、安い料金で住めるのがメリットです。会社によっては無料で住めたり、賄いや社員食堂を完備していることも。住み込みのメリットや注意点については、「ニートにとってメリットたくさん?住み込みのお仕事」を参考にしてください。

この記事に関連するタグ