工場勤務のメリットを紹介!仕事内容と向いている人の特徴も解説

工場勤務のメリットを紹介!仕事内容と向いている人の特徴も解説の画像

この記事のまとめ

  • 工場勤務は工程管理やライン作業、検査などが主な仕事内容
  • 工場勤務のメリットは接客がなく、1人で作業が可能なこと
  • 工場勤務のデメリットは、業務量や立ち仕事が多いこと
  • 工場勤務はものづくりが好きな人や昇進意欲がある人に向いている

工場内で働く業務では、工場ならではの職種があり、職種によって働き方のメリットや特徴があります。工場で働くことに魅力を感じる方は、工場勤務を検討してみてはいかがでしょう。
このコラムでは、工場での主な仕事内容や利点と考えられる特徴などを紹介しています。工場の仕事内容を知り、工場で働くことを検討する際の参考に一読してみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

工場勤務の主な5つの仕事内容

工場への就職を決める前に、工場勤務とはどのような仕事内容なのかを理解しましょう。工場勤務といっても、食品や自動車、機械加工などの扱う製品によって、作業内容はさまざま。以下、代表的な業務である「ライン作業」「ピッキング」「生産・工程管理」の一般的な業務内容をまとめました。業種や企業によっては作業内容や名称が異なる場合もありますが、一例として参考にしてください。

1.生産と工程管理

生産・工程管理とは、定められた管理計画にもとづいて、生産量の管理や目標生産量を達成するための人員の計算、原材料の発注などを行う仕事です。企業によってはスタッフへの研修や現場で欠員が出たときの補助を行うこともあります。現場での経験も必要とされるため、全体の業務をひととおり経験したあとに配置されることが多いようです。工場全体の流れをまとめる役割となるため、柔軟な対応力が必要となる仕事といえるでしょう。

アルバイトやパートであれば、ライン作業で採用された人はずっとライン作業を続けるなど、1つのセクションに限定された勤務になるパターンが一般的です。ただし、正社員の場合は、工場内の仕事をひととおり経験して業務全体の流れを知ったあと、生産や工程、人員などの管理をする立場になることもあるので、自分の希望する働き方が実現できるか、事前に確認しておくと良いでしょう。

2.ライン作業

ライン作業は、1つの工程に対し、複数の従業員がベルトコンベアーに流れる製品を加工したり、検品したりする作業。流れ作業とも呼ばれ、実際に自分が作業をする場合と、機械のオペレーションを行う場合があります。1つの製品にかける時間が決まっており、時間内に作業を進めます。また、単純な業務が多いため、経験のない方でもはじめやすいことが特徴。無資格・未経験者歓迎の求人も少なくありません。

3.ピッキング

ピッキングとは、伝票や指示書にもとづき、部品や商品を取り出す作業です。工場では、倉庫や棚などから、ピッキングリストに記載されている部品を出し、製造や検査などの工程に渡します。ピッキングには、工場勤務初心者でも出来る作業もあれば、フォークリフトなどの免許が必要な作業もあります。特殊な免許が不要な場合でも、重いものを扱うため、体力や筋力を必要とする作業もあります。

4.検品と品質管理

検品は、工場で製造した製品に問題がないか確認する作業です。機械を使う作業もあれば、人間の五感を使った作業もあります。たとえば、衣服の縫製工場の場合は、針のような異物が混入していないか検査するのは機械を使い、ほつれや汚れは目で見たり触ったりする検査を行います。品質管理は、検品で発見した不良品がどの工程で不良となったのか、原因や過程を検証し、次回の再発防止に活かしていく業務です。

5.事務職や清掃

事務職や清掃業務には、工場勤務ならではの特徴もあります。事務職は、一般的な給与管理や交通費精算を行うほか、製品の受注内容のシステム入力や、材料の発注処理をすることもあります。工場内の勤務変化を捉えるために、現場とコミュニケーションをとり、ときには機械の管理をする工場もあります。清掃業務も、埃や汚れを取り除く一般的な清掃のほか、製造設備の清掃のように業種に特化した清掃を行うこともあります。

工場勤務を始めとしたものづくりの仕事に興味がある方は、「未経験からものづくりの仕事がしたい!種類や求人の特徴とは」もあわせてご一読ください。

工場勤務の11のメリット

工場で働くことには、多くのメリットがあります。ここでは、工場勤務で感じられるメリットを11個解説します。就職先や転職先の候補として、工場勤務を検討する際の参考にしてください。

1.夜勤に入ると多くの収入を得られる

工場勤務はシフト制が多く、夜勤シフトのある工場では、夜勤に入れば特別手当がつきます。特別手当の収入があれば、基本給に収入が上乗せとなるため、予定している収入より多くの給料が手に入るので生活の余裕ができます。

2.有給をきちんと消化できる

工場によっては有給をとりにくいところもありますが、労働組合がしっかりしている工場なら、有給休暇を完全消化できるところもあります。急な有給休暇については取りづらいという工場もありますが、計画的な有給消化には寛容な傾向にあります。

3.残業があまりない

工場勤務の場合、「残業が絶対ない」というわけではありませんが、ほかの職種に比べると圧倒的に少ないといえます。また、計画残業はあっても、「毎日残業するのがあたりまえ」という働き方にはなりません。ただし、小規模な工場で、労働組合がないような場合は、一般的な「工場勤務」とは勝手が異なる場合があるため、就職前に確認が必要です。

4.工場内で評価されると学歴を問わず出世できる

出世の条件に学歴が含まれないという工場も多く見受けられます。学歴によって出世の天井が決められている企業が多いなか、工場においては学歴よりも技能や実業務における知識・経験が問われます。学歴の壁を感じている方も、工場勤務なら自分の実力や成果で勝負できる可能性があります。

5.福利厚生が充実している

正社員として工場勤務する場合は、福利厚生が充実している会社が多いというメリットもあります。寮が用意されていたり、給与以外の各種祝い金や慰労金などがあったりする場合も。福利厚生の内容は工場によって異なりますが、寮や給与以外の収入のほか、充実した健康診断やスポーツクラブの会費補助などの健康面でのバックアップを受けられる工場、保養所が充実している工場もあります。

6.正社員になれば無期限雇用なので安心できる

工場勤務には複数の雇用形態があります。正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトなどです。正社員は正規雇用なので、簡単に雇用解除される心配がありません。退職金や保養所利用などの福利厚生の恩恵を受けられるのも正社員の強みといえます。

7.学歴を重視せず採用してもらえる場合が多い

工場での仕事は体力仕事が多いため、学歴がさほど重視されない傾向があります。そのため、高卒の方や大学を中退した方でも入りやすく、正社員を目指しやすいメリットがあります。

8.未経験からスタートできる

工場ごとに仕事が異なるということもあり、未経験でも採用されることが多い傾向にあるようです。さらに仕事を覚えながらフォークリフトやほかの必要技能の免許を取れたりなど、スキルアップに繋がる可能性もあります。

9.作業中は1人で集中できる

作業中は、従業員間での最低限の事務連絡などを除けば、ほとんど1人で集中することができます。「作業に1人で黙々と打ち込みたい」という方には適した職種でしょう。

10.社員寮を利用できるため生活費を抑えやすい

社員寮のある工場も多く、一般的な賃貸住宅よりも住宅費を安く済ませられます。まかないで食事が提供される社員寮もあるため、食費・電水光熱費まで含め、生活費を抑えることも可能です。さらに生活に最低限必要となる家具も備え付けられているうえ、工場への通勤も徒歩で可能なことが多く、遠地の場合は専用バスが運航されていることもあります。

11.接客がないのでクレームが起こりにくい

工場勤務は、お客さんを相手にする仕事ではないので、接客などの業務上のミュニケーションが少ないことが特徴です。人と話すことが苦手な人にとっては大きなメリットとなるでしょう。

高卒で工場勤務は出世できる?年収は?メリットや転職方法もご紹介」でも、工場勤務のメリットを解説しています。

工場勤務の8つのデメリット

工場勤務には多くのメリットがありますが、同じようにデメリットも存在します。メリットと考えられる内容も、働く人の性格によってはデメリットと捉えられることもあります。ここでは、工場勤務として考えられる8個のデメリットについて解説します。

1.派遣社員の場合は経営状態によってクビになる可能性がある

派遣社員やアルバイトとして工場で働くことは、辞めやすいというメリットがありますが、その反面経営状態によっては簡単に辞めさせられる可能性があるという危険性もあります。正社員に比べると、責任も少なく、自由な働き方として選択する人もいる派遣社員という雇用形態ですが、雇止めのようなリスクがあることも知っておきましょう。

2.1人の業務量が多い

大企業の工場に勤務する場合は、固定業務のみを担当することが多いため、業務量や必要となる知識・スキルも限られます。中小企業の工場の場合は、1人が担当する業務の範囲や量が多くなる傾向に。そのため、複数業務の知識や技術が必要です。複数の業務スキルを身につけられるというメリットがある反面、やらなければならないことが多いというデメリットもあります。

3.立ち仕事が多く体力が必要

工場現場での仕事は、立ち仕事が多く、体力を要します。運動部に所属しているなど、体を使うことに慣れている人であればすぐに業務にも慣れるでしょう。しかし、日頃から運動をしていない方やもともと体力がない人にとっては、はじめは「きつい」と感じる可能性があります。

4.速さと正確性が求められプレッシャーになることもある

工場はルーティーンワークが多く、1つの作業にかける時間が決まっているのが基本です。そのため、作業には速さと正確性が求められます。自分の前後の工程で作業する人がいることから、作業に慣れるまではプレッシャーを感じてしまう人もいるでしょう。

5.夜勤や土日出勤の可能性もある

工場勤務は、昼勤と夜勤を交代に回している場合が多く、夜勤で働く可能性があります。夜に働くことで生活リズムが崩れてしまう人にとっては、最初は慣れずに苦労する場合もあるでしょう。また、基本的に土日休みの工場が多いですが、繁忙期には土日出勤の可能性があります。工場によって出勤の規則は異なるので、よく確認しておくことをおすすめします。

6.簡単に転職を考えられない

工場の仕事は、初心者でもしやすい反面、工場勤務で覚えた知識や技能を別の職場では活かしにくいというデメリットもあります。工場特有の手順や技能も多いため、同業他社で活かせる可能性はあるものの、一般的には転職に有利な条件にはなりにくいといえます。

7.仕事内容が同じなので飽きてくる

工場では同じ業務を繰り返し担当することになります。そのため、「同じ作業だから覚えることが少なくて楽」というメリットになる反面、「同じ作業で飽きる」というデメリットにもなります。同じ作業を繰り返し行うことが好きな人にとってはメリットであり、新しいことにどんどん挑戦していきたいという人にとってはデメリットになります。

8.昇進すると責任が重くなりプレッシャーを感じる

工場勤務の「有給休暇を消化できる」や「残業が少ない」というメリットは、昇進して管理職になると当てはまらない可能性があります。また、昇進すると納期やコストなど管理面の責任も負うことになり、責任に対する上層部からのプレッシャーも発生するでしょう。

工場勤務に向いている人の6つの特徴

工場勤務で得られるメリットとデメリットは、まさに表裏一体で、ある人にとってメリットである内容が、別の人にとってはデメリットと受け止められます。
たとえば土日出勤や夜勤で生活リズムが崩れてしまう可能性もありますが、工場勤務が向いている人にとっては平日の昼間に自由な時間を使えることがメリットになるでしょう。
ここでは、工場勤務に向いていると考えられる特徴を7つ解説します。

1.同じ作業を続けていても飽きない

工場では同じ作業を1日中続けることもあり、飽きっぽい人には不向きな仕事といえます。逆に、目の前の業務に集中し続けられる、同じことを続けることに苦痛を感じないという方には向いているでしょう。

2.スキルアップしたい

初心者の場合、仕事を覚えながらスキルアップしていけます。担当業務を覚えるだけでなく、フォークリフトの運転のように、業務に関連する公的資格や免許を取得することも可能です。技能士の資格を取得すれば、業務に役立つだけでなく、給与が上がる可能性もあります。

3.ものづくりが好き

工場勤務の大きなメリットは、モノづくりに直に携われることです。製品が出来上がっていく過程を見られることを楽しいと感じられる人や、モノづくりに関わることに喜びを感じる人には向いているでしょう。

4.達成感を得たい

工場勤務ではさまざまな達成感を得られます。工場では改善提案を常に受け付けており、採用もされやすいため、自分の考えが業務に反映されるという達成感を得られるでしょう。また、一定期間における作業量が明確に決まっているため、「決められた業務をやり切る」という点にもやりがいを感じられます。

5.同僚から評価されたい

工場では、ホワイトカラーの人事評価ほど評価基準が細かく規定されていません。そのため、人事評価の基準があいまいだといわれる一方で、時間や工場のルールを守っていれば、同僚からは評価されやすい傾向にあります。

6.昇進意欲がある

学歴が壁となってなかなか昇進できないという悩みを抱えている場合、工場勤務のほうが学歴に関係なく昇進できる可能性が高くなります。工場勤務の場合、昇進のタイミングで部署や勤務地が変わることはなく、同じ工場内で昇進していくことが多いです。工場にもよりますが、最終学歴が高卒でも工場長やそれ以上の役職に就くこともできます。

工場勤務で得られるメリットを理解し、自分にあてはめてみたときに、メリットとして感じられるのであれば、工場勤務への就職や転職を検討してみましょう。

「どこの求人サイトも同じような内容だし、自分で工場の情報を調べるのには限界がある…」という方は、就職・転職エージェントを利用してみてはいかがでしょう。
転職エージェントでは、転職に必要な手続きのサポートや、求人サイトには載っていない、一人ひとりの適性に応じた求人を紹介。スムーズに自分に合った仕事を見つけたいという方におすすめのサービスです。

就職・転職エージェントのハタラクティブは、「中卒・高卒で学歴に自信がない」「フリーターからの就職でどうしていいのかわからない」などの悩みを抱えた方にも安心してご利用いただけるサービスが充実しています。
「工場勤務に興味があるけど、自分に向いているのかわからない」「どんな仕事があるのか知りたい」といった方にも、専任の就活アドバイザーが丁寧に対応。利用者の方の適性に応じた工場の求人も多数紹介しているので、強みを活かした就職活動が行なえるのが特色です。
転職・就職活動にお悩みの方は、ぜひ一度ハタラクティブへご相談ください。

こんなときどうする?工場への就職を考えている人のお悩みQ&A

工場への就職を考えており、仕事内容やメリットなどを知りたい方もいるでしょう。ここでは、想定される工場への就職を考えている人の疑問をQ&A方式で解決していきます。

工場の仕事内容はどのようなものがありますか?

工場の主な仕事内容は、製品の組み立てや加工に直接関わるライン作業や、指示通りのものを倉庫から取り出すピッキング、製品の生産や工程を管理する生産管理などがあります。工場の仕事内容については、このコラムの「工場勤務の主な5つの仕事内容」で詳しく解説しているので、ご覧ください。

工場の仕事はキツイですか?

工場の仕事が「キツイ」と感じるかどうかは、人それぞれです。工場は立ち仕事やルーティンワークが多いこと、人とコミュニケーションが少ないこと、夜勤に入る場合もあることなどから、「キツイ」と感じる人もいるでしょう。しかし、人によってはむしろメリットになる部分でもあるため、工場の仕事が自分に合っているかよく検討するのがおすすめです。

ニートやフリーターでも工場に就職できますか?

ニートやフリーターの方も工場への就職は十分可能です。工場の仕事は資格や経験を問わない傾向があるため、職歴やスキルに自信がない方も応募しやすいでしょう。また、仕事はルーティンワークが多く、慣れて覚えればスムーズに進められる可能性があります。詳しくは「ニートの就職先に工場がおすすめな理由」をご覧ください。

工場に就職するにはどうしたら良いですか?

工場への就職を考えている方は、希望先の企業についてよくリサーチしておきましょう。「工場に就職したいから」という理由だけで選んでしまうと、条件が合わない、仕事が合わないなどのミスマッチを起こしてしまう可能性があります。また、面接で志望動機を語る際も、企業について知っておかないとありきたりで薄い内容になってしまうでしょう。工場への就職を成功させたい方は、ハタラクティブの利用もおすすめ。アドバイザーがマンツーマンで企業についての情報提供や面接対策などを行います。

関連タグ