1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職活動を有利にする資格とは?

就職活動を有利にする資格とは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・資格を有していると、就活の際に自己アピールとして押し出せる可能性がある
    ・希望する業種や職種に関連する資格ならば、就活に効果的
    ・TOEICやITスキルなどは、業種関係なく評価される傾向にある
    ・資格を有するまでの努力もアピール材料になる

就職活動をする際に資格を有していると有利だ、と多くの方が耳にされたことがあるでしょう。
しかし、どんな資格でも良いのかといえば、そうではないようです。自身が希望する職種に役立つ資格、知識としてアピールできる資格など、実用性があるものが高評価なようです。
具体的にどのような資格が高評価なのか見ていきましょう。

◆資格を持ってると有利?

資格を保有していると、履歴書やエントリーシートに書き込めるうえ、面接時にもアピールできると多くの方は思っているでしょう。確かに、資格を自己アピールの手段として押し出すことは可能です。
しかし、それが功を奏するか否かは一概には言えません。その理由は業界や職種にあります。

たとえば、アパレル業界への就職を希望している方が、宅地建物取引士の資格を有していても知識を活かす場はないでしょう。同様に、建設業界を希望する方がファイナンシャルプランナーの資格を有していても、役に立つことはほぼないと思われます。
つまり、志望業界や職種に関連しない資格ならば、アピール要素が低いということが言えるかもしれません。希望する業界を心に決めているのならば、関連する資格を取得した方が得策でしょう。

一方、最近では、業界問わず評価につながる資格もメジャーになってきました。そのひとつが、TOEICです。英会話能力のレベルを判定する試験で、企業によっては就職してからでも受験を義務付けているところがあるようです。
TOEICやITパスポートは、知識やスキルをアピールできる資格です。付随し、受験に向けて勉強した姿勢そのものが良い印象として捉えられることもあります。
仕事内容に直結しなくとも評価につながりやすいという点では、受験する意味は高いでしょう。


◆就職で有利になりやすい資格

闇雲に資格を取るのでは、みなさんの時間とお金がもったいないです。限られた時間と金額の中で、有効的かつ効率的に取得する策を練っていきましょう。
そこで、資格の種類を以下のように2つに分けてみました。それぞれ見ていきましょう。

【仕事内容に直結する資格】

・日商簿記
企業や店を経営するうえでのお金の流れを明らかにし、記録しておける技能のこと。経営管理能力が必須な業務には欠かせない資格です。

・ファイナンシャルプランナー
税金や保険、年金などに関して、幅広い知識を持つライフプランニングのプロが取得していることが多いでしょう。人生の設計を行うお金の専門家といえます。

・宅地建物取引士
不動産の売買や仲介をする際に、必ず必要な資格です。国家資格なので、不動産業界への就職やキャリアアップに関しても評価が高いでしょう。

【知識やスキルをアピールできる資格】

・TOEIC
英会話能力を測る資格試験です。990点満点中、何点採れたのかをアピール。最近では、職種に関係なく試験を受けるよう義務付けている企業もあるようです。

・秘書検定
秘書検定で計る内容は、ビジネスシーンにおいてはもちろん日常でも使えるものが多くあります。冠婚葬祭、電話応対、ビジネス文書作成など、業務や人間関係が円滑に運ぶ知識とスキルを計る検定です。

・ITパスポート
ITを活用する際に、備えておくべき基礎的な知識が習得できていることを証明する国家資格です。情報技術に携わりたい人だけではなlく、情報技術を活用したい方にも有意義なスキルです。


◆効果的にアピールするために伝えたいこと

せっかく資格を取得しても上手にアピールしないと、スキルを発揮する場すら得られないかもしれません。効果的にアピールするためには、どのようなことに気をつければよいでしょうか。

・明確な資格取得の目的

「こんな業務に携わり貢献したいために、この資格を取得した」と言えるよう、目的を定めることが大切でしょう。
もしかすると、TOEICのように、ひとまず受験したというものもあるかもしれません。
しかし、目標は後付でもOK。明確さを打ち出すことでビジョンがしっかりとしていると、評価されるでしょう。

・取得するまでの過程で工夫や努力したこと

努力ができる人物ということをアピールするために、資格取得にあたって工夫したことを述べるのも効果的です。

・入社後どのような形で活かせるのか

資格を有しているだけでは、何の役にも立ちません。入社後、資格やスキルをどのように活用し貢献できるかということをアピールしましょう。


資格は持っていても自分では企業を探す時間がないという方や、エリア的に情報をお持ちでない方は、就職エージェントを利用するのも良いでしょう。
ハタラクティブでは、あなたのスキルと希望を踏まえたうえで、ベストマッチと思われる企業をご紹介します。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる