新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ITパスポートは就職で有利になる?資格取得方法やメリットについてご紹介

ITパスポートは就職で有利になる?資格取得方法やメリットについてご紹介

公開日:

最終更新日:

ITパスポートは就職で有利になる?資格取得方法やメリットについてご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・ITパスポートとは、IT分野の基礎知識を有していることを証明する国家試験
  • ・ITパスポート試験はストラテジ系とマネジメント系とテクノロジ系の3分野から出題
  • ・IT企業への就職活動でアピールするならITパスポート以外にも資格があった方が良い
  • ・ITパスポートの試験勉強は就職が先延ばしにならないように計画的に行う
  • ・就職後はITパスポートの上位資格の「情報処理技術者試験」を受験し専門知識を得る

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

IT企業へ就職を希望する人の中には、ITパスポートを取得するかどうか悩んでいる方は多いでしょう。ITパスポートが就職で有利になるのか知りたい方も少なくないはずです。このコラムでは、ITパスポートの試験内容や取得方法をご紹介します。また、ITパスポートを活かして就職活動をするときのポイントも解説。ITパスポートを取得するメリットや就職後におすすめな資格もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ITパスポートとは

ITパスポートとは、IT分野で必要な基礎知識を有していることを証明する国家試験です。情報処理推進機構が実施しています。IT系の試験はレベルや目的ごとに数多くありますが、その中でもITパスポートは初級の試験です。
試験では、ITの基礎知識やITが関係する経営全般の知識、プロジェクトマネジメントの知識、IT分野の新しい技術や手法の概要の知識などを問われます。合格すればITの基礎知識があることを証明できるため、IT関連の企業に就職したい人におすすめの試験といえるでしょう。就職したらITパスポート試験で得た知識を活かして働けます。ただし、ITパスポートの知識はあくまで基本的なもの。就職後はよりレベルの高い知識を身に付けましょう。

ITパスポート試験に合格したことを就職活動でアピールするには、履歴書への記載が必要不可欠です。「ITパスポートは履歴書に書ける?就活での効果は?」では、ITパスポートの履歴書への書き方をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

参照元
独立行政法人情報処理推進機構
ITパスポート試験

ITパスポート試験について

ここでは、ITパスポート試験について解説します。ITパスポート試験に合格してから就職しようと考えている方は、受験前の参考にしてください。また、就職活動をしながら試験勉強をしている方も今後のために確認しておくと良いでしょう。

ITパスポート試験の目的

ITパスポート試験は、仕事で日常的にパソコンを使用する人が、情報技術に関する基礎知識をどの程度持っているかを測るためのものです。また、それを証明するものでもあります。

受験資格

ITパスポートの受験資格は特になく、どなたでも受験可能です。また、IT分野での実務経験も問われないため、未経験で就職を考えている方も受験できます。

受験にあたっての費用・会場

ITパスポート試験の受験費用は税込みで5,700円です。
試験会場は全国47都道府県にあり、受験申し込み手続きの際に自身が受けたい会場の選択が可能。また、試験は基本的に毎月開催されますが、会場によって開催日は異なります。申し込む前に自身が行く会場の開催状況について必ず確認しましょう。試験の詳細については、「ITパスポート試験」のホームページにある「受験要領」にてご確認ください。

参照元
独立行政法人情報処理推進機構
ITパスポート試験領

試験内容

試験はコンピューターを用いたCBT(Computer Based Testing)方式により実施されます。
問題の出題形式はマークシート方式で、回答は四肢択一。4つの答えの中から正解を1つ選びます。問題は全100問で満点は1,000点。合格基準ラインは、1,000点満点のうち60%(600点)以上の点数の取得です。ただし、下記に示しているそれぞれのカテゴリーで、1,000点満点のうち30%(300点)以上を取らなければ不合格となります。

・ストラテジ系(経営全般)32問
・マネジメント系(IT管理)18問
・テクノロジ系(IT技術)42問

先述したとおり問題数は100問ですが、総合評価の対象はそのうちの92問。残りの8問は今後出題する問題を評価するために使用されます。
出題範囲となる3つのカテゴリーの詳細は以下のとおりです。

ストラテジ系(経営全般)

ストラテジ系では、ビジネスでの活用という視点から情報処理技術に関する基礎知識が出題されます。出題範囲は「企業と法務」「経営戦略」「システム戦略」です。企業が経営していく過程で生じるITとの関わりが主な設問となります。

マネジメント系(IT管理)

マネジメント系から出題されるのは、主に開発プロジェクトの運営に伴うものです。出題範囲は「開発技術」「プロジェクトマネジメント」「サービスマネジメント」の3種類。システムやソフトウェアの開発、あるいはプロジェクト進行の計画や実施方法に関する基本的な知識が問われます。

テクノロジ系(IT技術)

テクノロジ系は、IT機器を利用する際の知識を問われる分野です。出題範囲は「基礎理論」「コンピュータシステム」「技術要素」の3種類。この分野では、パソコンの構造や動作の仕組み、ネットワーク、またはセキュリティやデータベースなどの幅広い知識が問われます。

参照元
独立行政法人情報処理推進機構
情報処理技術者試験情報処理安全確保支援士試験 試験要綱

難易度

ITパスポート試験の難易度は比較的高くありません。情報処理推進機構の「情報処理技術者試験統計資料」によるとITパスポート試験の合格率は以下のとおりです。

・2017年:50.4%
・2018年:51.7%
・2019年:54.3%

過去3年分の合格率をみると、受験者の2人に1人が合格しています。出題内容も基礎的な知識であるため、IT分野が未経験の人であってもしっかりと対策をして望めば合格できるでしょう。

参照元
独立行政法人情報処理推進機構 ITパスポート試験
情報処理技術者試験統計資料 令和2年3月度ITパスポート試験

ITパスポートは就職で有利?

ITパスポートを取得すると、ITの基礎知識を習得していることを証明できます。また、IT分野への興味関心があることのアピールも可能です。そのため「取得すれば就職活動で有利になるだろう」と考える人もいるでしょう。ここでは、ITパスポートを取得するメリットや資格を活かして就職活動をする方法を解説します。

ITパスポート取得のメリット

ITパスポートを取得するメリットは、ITの知識を幅広く学べることです。試験に向けて勉強することでIT知識への理解が深まるため、就職活動に活かせるだけでなく、就職後の業務でも役に立つでしょう。また、ITパスポートの試験では企業の経営やマネジメントなどについても出題されるため、ビジネスに関する基礎も学ぶことが可能です。このように、ITパスポートを取得することで社会人ならば身に付けておきたい基礎知識を得られます。

ITパスポートを活かして就職活動をするには

ITパスポートを就職活動で活かすのであれば、取得した理由やその過程で努力したことを履歴書の自己PRの欄に記入しましょう。 また、資格を今後どのように活かすかも明確に伝えます。
ITパスポートで証明できるのは、ITの基礎知識を有していることです。しかし、それはあくまで基礎的なもの。IT業界への就職活動の際、ITパスポートだけで有利になるとは言い切れません。そのため、就職活動では、就職前にITパスポートを取得した向上心を採用担当者へ伝えましょう。
ITパスポートを就職活動で活かすには、ほかの資格と合わせてアピールするのも有効です。業界や職種によって役立つ資格が異なるため、就職活動をする前に自分に必要な資格を確認しましょう。たとえば、事務職であれば「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」、経理職であれば「簿記検定」がおすすめといえます。また、ITエンジニアを目指すのであれば、ITパスポートの上位資格である「基本情報技術者試験」が適しているでしょう。基本情報技術者試験に合格すると、ITに関する高度な知識と技術を有していることを証明できるため、就職活動がさらに有利になる可能性があります。

就職に役立つ資格大集合!あなたはどれを選ぶ?」「就職活動を有利にする資格とは?」では、就職活動で役立つ資格についてご紹介しているため、ITパスポートと一緒にアピールする資格をお探しの方はぜひご覧ください。

大学生が就職のためにITパスポートを取得する理由

ITパスポートは国家試験ですが、大学生の中には就職のために取得する人もいます。ここでは、大学生のうちにITパスポートを取得する理由をご紹介しましょう。

ITの基礎知識を学べるから

最近は多くの仕事でITが必要とされています。そのため、ITの知識や技術を有している人材の需要が高まっているのです。
ITパスポートではITや経営などの基礎知識を幅広く得られます。また、ITパスポートで身に付く知識は社会人にとって当たり前のもの。そのため、ITパスポートを取得する大学生が増えています。

職種に関わらず活かせる資格だから

先述したとおり、ITは多くの仕事で使用されているため、ITパスポートの知識は業界や職種関係なく活かせます。そのため、就職したい業界や職種が決まっていなくても、就職後を見据えてITパスポートの取得を考える大学生は多いようです。
また、仕事でパソコンやインターネットを使用する機会が多いと考えられるため、WordやExcelといったパソコンスキルのように、ITの知識も就職の際に活かせるでしょう。

IT分野は最新のトレンドだから

ITパスポートの取得を目指す大学生が多い理由の一つに「IT分野は最新のトレンドだから」という意見があります。ITは現代社会では必要不可欠で、今後も成長を続けていくでしょう。常に成長するITは現代のトレンドといえます。そのため、IT業界に就職を希望する大学生は多く、それに伴い、ITの資格の初級となるITパスポートを取得する学生も多いようです。
また、IT業界に就職を希望していなくても「ITの知識があれば大丈夫だろう」と考え、ITパスポートを取得する大学生もいます。ITパスポートは最新のトレンドであり、国家試験でもあるため、就職活動で活かせると考え取得する人は多いようです。

ITパスポート取得のための勉強はどうする?

ITパスポートの勉強は、独学または通信講座やスクールを利用するのが一般的です。就職活動でITパスポートを取得したことをアピールするために、効率よく勉強し、合格を目指しましょう。
独学で行う場合は、参考書や問題集を使用します。試験対策のためにITパスポートの過去問題は書籍の問題集を活用するか、ITパスポート試験Webサイトからダウンロードが可能です。
スケジュール管理が苦手だったり、何を勉強したら良いのかわからなかったりする人は、ITパスポートの試験対策を行っている通信講座かスクールを利用すると良いでしょう。通信講座やスクールを利用する場合は、自身の状況に合わせて選ぶようにします。通学が難しい場合は自宅で勉強できる通信講座がおすすめです。
先述したとおり、ITパスポート試験の難易度は比較的高くありません。しかし、試験勉強には数カ月の期間が必要です。そのため、就職活動に入る前に学習計画をしっかり立て、資格取得が先延ばしにならないようにします。希望する企業に就職するために、自身に合った学習方法で受験勉強をしましょう。

資格取得の勉強方法や注意点について「フリーターにおすすめの資格と取得時の注意点を解説!」でもご紹介しています。また、さまざまな資格について解説しているため、ITパスポート以外の資格取得を考えている方はぜひ参考にしてください。

就職後はITパスポートより上位の資格を取得しよう

ITエンジニアやプログラマーとして企業に就職した後は、ITパスポートより上位の資格を取得しましょう。ITパスポートはあくまで基礎であり、試験で問われるのはITを「使う側」の知識です。
一方で、ITパスポートの上位の資格の「情報処理技術者試験」では、ITを「作る側」の知識が問われ、専門性に特化した試験となります。情報処理技術者試験には「ITストラテジ試験」や「システムアーキテクト試験」、「プロジェクトマネージャ試験」などがあり、すべてITパスポートの上位資格です。そのため就職後、より専門的なIT知識を身に付けたい人は、自身に合った試験を受験しましょう。

ITパスポートを活かして就職活動をしたい方は、ぜひ「ハタラクティブ」へご相談ください。
ハタラクティブでは、高卒や既卒、フリーターなどの若年層の就職・転職を手厚くサポートしています。就活アドバイザーがマンツーマンで対応し、個別ヒアリングを通してあなたの適性に合った求人の紹介が可能です。また、履歴書作成のアドバイスや面接対策も実施しています。
サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

こんなときどうする?ITパスポートについてのQ&A

ITパスポートが就職で有利になるのか知りたい方や、そもそもITパスポートを知らないという方もいるでしょう。ここでは、ITパスポートに関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

ITパスポートとは何ですか?

ITパスポートとは、IT分野で働く上で必要な基礎知識を有していることを証明する国家試験です。IT関連の試験は数多くありますが、ITパスポートは初級の試験となっています。詳細はこのコラムの「ITパスポートとは」をご覧ください。

ITパスポート試験に受験資格はありますか?

ITパスポートの受験資格は特にありません。実務経験も必要ないため、どなたでも受験可能です。また、試験会場は全国47都道府県にあり、基本的に試験は毎月開催。会場によって開催日は違いますが、自身の都合の良い場所で試験を受けられます。受験費用は税込みで5700円です。詳しくはこのコラムの「ITパスポート試験について」をご覧ください。試験の難易度や試験内容についてもご紹介しています。

ITパスポートを取得するメリットは何ですか?

ITパスポートを取得するメリットは、ITの知識を幅広く学べ、就職活動だけでなく就職後の業務でも活かせる点です。また、試験ではITの知識のみならず、ビジネスの基礎も問われるため、社会人なら身に付けたい基礎知識を得られます。

ITパスポートは就職活動で有利になりますか?

ITパスポートで得られる知識は、あくまで基礎的なものなので就職活動を有利にするのは難しいでしょう。もしITパスポートを就職活動で活かしたいのであれば、取得した理由や試験勉強で努力したことなどをアピールします。また、ほかの資格と一緒にアピールするのも一つの手段です。ITパスポートを就職活動で活かす方法が分からない方は、就職・転職を支援しているハタラクティブにご相談ください。

ITパスポートの勉強はどうすれば良いですか?

ITパスポートの勉強は独学か通信講座、またはスクール利用します。自身の生活スタイルや性格に合わせて、勉強方法を選びましょう。試験勉強は長期間に及ぶため、学習計画はきちんと立て、就職が先延ばしにならないようにします。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ