履歴書へのメールアドレスの書き方とは?書く際のポイントと注意点を解説

履歴書へのメールアドレスの書き方とは?書く際のポイントと注意点を解説の画像

この記事のまとめ

  • 履歴書に書くメールアドレスはフリーメールで問題ない
  • 履歴書に書くメールアドレスは名前+数字などのシンプルなものにする
  • メッセージ性が強いアドレスはマイナスイメージを与える恐れがあるので避ける
  • 間違えやすい文字に振り仮名をつけたり筆記体は避けたりと、読みやすい工夫をする

履歴書にメールアドレスを記入する際、書き方が分からず悩む方もいるでしょう。このコラムでは、就活においてさまざまな機会で必要となるメールアドレスについて解説。履歴書への記載にふさわしいメールアドレス、避けたほうが良いメールアドレスなど、わかりやすくご紹介します。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

履歴書へのメールアドレスの書き方

履歴書にメールアドレスを書くときは、判別しづらい文字には振り仮名をつけたり、誰でも読みやすい字体を意識したりするのが大切。分かりづらく書いてメールが届かなければ、選考参加のチャンスを逃すことにもつながります

間違いやすい文字にふりがなをふっておく

「0(ゼロ)」と「O(オー)」や「1(イチ)」と「l(エル)」、「u(ユー)」と「v(ブイ)」などアルファベットや数字には似た文字があります。企業側が登録を間違えてしまうと、大切な情報が届かなくなってしまう恐れがあるでしょう。事前に防ぐためにも、間違えやすい文字にはふりがなをふると安心です。

メールアドレスはブロック体で丁寧に書く

履歴書にメールアドレスを書く際は、多くの方が認識しやすいブロック体で書きましょう。筆記体は読みにくく文字の認識間違いを起こしてしまう恐れがあります。ブロック体ではっきり記載しておけば間違いも起きにくいでしょう。

メールアドレスが長くても履歴書の枠内に収める

メールアドレスが長く記入欄が小さい場合でも、枠内に収まるよう小さい文字で書きましょう。文字が小さくなると読みにくくなるため、より丁寧を心がけて書くことをおすすめします。

どうしても一行で収まりきらないようであれば、二行にするか、そもそも短いメールアドレスのものを使うことを検討してください。

メールアドレス欄を自由に設定したい場合は履歴書の自作がおすすめです。「履歴書は手書きが好印象?自作する際のポイントを解説」では履歴書を自作する際のポイントを紹介しているため、あわせてご覧ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

履歴書へメールアドレスを書く際に悩むパターン

履歴書へメールアドレスを記載する際、アドレス欄がひとつとは限りません。ここでは、アドレス欄がない場合と2つある場合の対処方法を紹介します。

履歴書にメールアドレスを記載する欄がない場合

履歴書の様式によってはメールアドレスを書く欄がない場合もあります。その場合でも企業から連絡をもらえる可能性を考えて、空いているスペースにメールアドレスを書いておきましょう。連絡先の欄に余裕があればそちらに「メールアドレス:」と付け加えておくことをおすすめします。

履歴書にメールアドレスを記載する欄が2つある場合

履歴書内にメールアドレスを書く欄が2つ用意されている場合もあります。メールアドレスを1つしか持っていない場合は、2つ目の欄には「同上」と記載しましょう。

PCと携帯のメールアドレスが同じでない場合は、記載できるメールアドレスが2つ以上あるため、別々のメールアドレスを記載しておくことをおすすめします。万が一面接官や採用担当者がメールアドレスの入力を間違っても2つあればどちらかに連絡が届くでしょう。

メールアドレス以外の履歴書の書き方を知りたい方は「履歴書に志望動機がないとダメ?書き方のポイントやマナーを紹介!」も参考にしてください。

履歴書への記載に使えるメールアドレス

履歴書のメールアドレス欄に記入する際、「どのメールアドレスを書いたら良いかわからない」と、悩む人も少なくありません。ここでは就活や転職活動における履歴書へ記載するのに向いているメールアドレスの種類を紹介します。

パソコンで受信できるプロバイダのメール

最も安心なのが、ネット契約をしているプロバイダのメールアドレス。フリーメールに比べてセキュリティが強かったりサーバーに残ったりと、メリットが大きいのが特徴です。

ただし、就活の途中でインターネット契約先を変更してしまうと、プロバイダメールも使用できなくなる恐れがあるので注意しましょう。

フリーメール

フリーメールは個人用アドレスとして広く認知されているため、使用してもマナー違反や非常識にはあたらないとされています

フリーメールはスマホだけではなくパソコン、タブレットなどさまざまなデバイスから閲覧が可能です。そのため、企業からの連絡を見落としにくいメリットがあります。

学校のメールアドレス

学生であれば大学から付与されているメールアドレスを利用するのもおすすめ。大学では1人ひとつメールアドレスを与えられるのが一般的です。大学専用のアドレスであれば、企業側は学生からのメールであることに気づきやすく、どこの大学の就活生か面接官や採用担当者も判断しやすい利点があります。

しかし、大学のアドレスは、卒業後には使えなくなるというデメリットも。また、大学によってはスマホでメールチェックができない場合があるため注意が必要です。

企業とメールのやり取りが始まった後のポイントについては「油断禁物!転職活動ではメールもチェックされている」をご参考ください。

履歴書への記載がおすすめできないメールアドレス

履歴書への記載をはじめ、就活・転職活動での利用に向いていないメールアドレスを紹介します。企業からの情報を漏らさずキャッチするためにも注意点を把握しましょう。

キャリアメール

マナー違反ではありませんが、履歴書に書くメールアドレスで避けたいのが、契約している携帯会社名がドメインに入っているキャリアメール。キャリアメールはスマートフォンでの閲覧を前提としているため、書式崩れが起きる、パソコンからのメールを拒否する設定になっている、送られてきたファイルが開けないといったケースがあるようです

履歴書にキャリアメールのアドレスを記載するのは避けるのが無難ですが、「キャリアメールしか持っていない」という人は、スマホの設定や企業からのメールをしっかりチェックするよう心掛けましょう。

ビジネスシーンにふさわしくないメールアドレス

就活・転職活動とはいえ、ビジネスシーンです。ビジネスの場において、キャラクター名を使った幼い印象のあるアドレスや恋人やペットの名前が入っているもの、メッセージ性の強いアドレスは相応しいとはいえないでしょう。

ほかにも、長すぎるアドレスやアルファベットと数字が入り混じった入力しにくいアドレスは、入力ミスの原因になりやすいため避けたほうが良いとされています。

メールアドレスはビジネスシーンにあわせた配列に

履歴書用にメールアドレスを作成する際は「氏名@〇〇.com」など、自分の名前を入れたシンプルなアドレスがおすすめ。同姓同名の人がいないか心配な人は「氏名0513@〇〇.com」と、自分が覚えやすい数字を入れても良いでしょう。

履歴書に書く際に迷ったら就活専用のメールアドレスをつくろう

今や誰でも簡単に作成できるメールアドレス。中には、学校用や友達用など、用途に応じてアドレスを使い分けている人も少なくありません。しかし、就活専用のメールアドレスに関しては、取得している割合が低い傾向にあるようです。

もちろん、既存のメールアドレスを使うことはできますが、就活関連のメールとプライベートのメールが混ざってしまうと見落としや返信ミスの原因になりやすいため、できれば避けたいもの。就活中は、企業から大量のメールが届く可能性があるため、就活専用のメールアドレスがあるほうが管理しやすいでしょう。

メールアドレスを書く前に、自分のアドレスが就活に使うものとしてふさわしいのかチェックすることが重要です。メールアドレスをはじめ、履歴書の書き方に不安や疑問がある人は一度就職エージェントへ相談してみましょう。若年層に特化した就職支援サービスを提供するハタラクティブは、経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンで対応。書類添削はもちろん、面接対策や入社後のフォローなど、あなたの就職活動を全力でサポートします。

履歴書に書くメールアドレスに関するFAQ

こちらでは履歴書にメールアドレスを書く際の疑問点や不安を解消するためにQ&A方式でアドバイスを解説していきます。

履歴書にメールアドレスを書かないのは問題ない?

履歴書にはメールアドレスを書いておいた方が良いでしょう。
面接官や採用担当者からの一般的な連絡手段がメールアドレスのため、記載しておかないと企業からの情報が得られない可能性があります。企業とのやり取りをスムーズに進めるためにも履歴書にはメールアドレスを書きましょう。

履歴書に書いたメールアドレスは何に使われる?

履歴書に書いたメールアドレスは就職・転職活動において、日程調整のやり取りや採用に関する情報の提供、面接に関する情報の確認などに利用されます。スムーズに就活を進めるためにも、履歴書には電話番号だけではなくメールアドレスも記載しておきましょう。

携帯のメールアドレスしかない場合は?

携帯のメールアドレスしかない場合は、携帯のメールアドレスを記載しておくのが良いでしょう。人によっては受信制限をかけていることもあるため、迷惑メールの設定を確認して企業からのメールが確実に入るよう設定し直しておくことが大切です。

この記事に関連するタグ