新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 基本的なPCスキルとは?具体的な基準や応募書類・面接でのアピール方法

基本的なPCスキルとは?具体的な基準や応募書類・面接でのアピール方法

公開日:

最終更新日:

基本的なPCスキルとは?具体的な基準や応募書類・面接でのアピール方法の画像

【このページのまとめ】

  • ・基本的なPCスキルとは、メールの送受信やオフィスソフトの基本操作などができること
  • ・事務職では、表作成や表計算などが基本的なPCスキルとして求められることが多い
  • ・PCのスキルを高めたい場合は、資格取得やショートカットキーの修得などがおすすめ
  • ・応募書類でPCスキルをアピールする場合は、職務経歴書に記載しよう
  • ・基本的なPC操作しかできないなど、スキルに不安がある方はエージェントを利用しよう

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!


求人情報でよく見かける「基本的なPCスキル」について、「基本的の基準はどれくらい?」「具体的に何ができれば良いの?」など、疑問を抱いている方もいるでしょう。
基本的なPCスキルは、メールやオフィスソフトなどの基本操作ができることを指します。
企業で求められる基本的なPCスキルについて理解してスキルを高め、応募する求人の幅を広げていきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

基本的なPCスキルとは?

基本的なPCスキルの目安としては、文字入力のスピードや、オフィスソフトの操作などが挙げられます。
下記で基本的なPCスキルについて詳しく説明しているので、参考にしてください。
 

文字をある程度のスピードで入力できる

PCスキルに具体的な指定がない場合は、ある程度のスピードでタイピングできれば問題ないでしょう。
PC作業をメインに行う職場の場合、就業前のチェックでタイピングテストが実施される場合もあります。不安な方は、タイピング速度を測るタイプのWebゲームなどで練習するのがおすすめです。

メールの送受信ができる

メールの送受信ができるのも、就職・転職活動で求められる「基本的なPCスキル」の1つです。
また、メールに添付するファイル及びフォルダの圧縮・解凍などの操作も求められます。

WordやExcelの文字入力など簡単な操作ができる

WordやExcelは資料作成などで多用するので、多くの職種で求められるスキルです。基本的なスキルとしては、文字を入力する、改行を用いて文章を整える、表を作成するなど簡単な操作ができると良いでしょう。

事務職で求められるPCスキル

事務職は特にPC作業が多く、ある程度のPCスキルを求められる傾向があります。企業によっては、「〇〇を用いた作業が可能」など、求人票に具体的なスキルを記載している場合も。
主に、以下のようなスキルがあると重宝されるでしょう。

メール

クライアントや顧客といった外部とのやりとりが多い事務職。メールを送る際のルール、マナーなどのスキルは、必須スキルといっても過言ではありません。
覚えておくべきスキルとしては、CCやBCCの使い方、GmailやOutlookなどのメールソフトの活用、画像や音声の圧縮・解凍、ファイル容量への配慮などが挙げられます。

Word

タイピングの速度や正確さに加え、画像の挿入、表やグラフの作成、フォントの統一・使い分けなどの操作がWordソフトの基本とされています。
これらのスキルを身につければ、社内の回覧文書をはじめ、各種資料や見積書、礼状作成など、日常業務におけるさまざまな場面で役立てられるでしょう。

Excel

Excelにおいては、SUMやAVERAGEなどの関数の活用、表・グラフの作成、四則演算が最低限のスキル。
企業によっては、計算式・関数を使うときに必須のオートフィル機能や絶対参照に関する知識がないと「使えるレベルに達していない」と判断することがあるようです。

PowerPoint

PowerPointの基本操作は、手書きで与えられた資料をもとに、表や画像を挿入した資料を作成することです。 
PowerPointに関しては、求人票に「PowerPointの基本操作ができる方」という文言がない限り、その企業での業務における重要度は低いでしょう。
しかし、近年は必須スキルとしてPowerPointを挙げる企業も増えつつあるため、覚えておくと応募できる求人幅が広がる可能性があります。

PCスキルを高める3つの方法

ここでは、ショートカットキーや便利な資格など、PCスキルを高める方法を紹介します。
「基本的なPCスキル」という表記があり、具体的なレベルが指定されていない場合は、そこまで高いスキルは必要ありません。
ただ、現在は仕事でPCを使う機会が増えているため、PCスキルを高めておくと対応できる業務の幅が広がるでしょう。

1.ショートカットキーを覚える

ショートカットキーはキーボード上でパソコンを操作する機能のことで、覚えておくと非常に便利です。特に業務で多用するショートカットキーは、積極的に覚えましょう。
「Ctrl+Cでコピー」「Ctrl+Vで貼り付け」「Ctrl+Zで取り消し」「Ctrl+Yで取り消しのやり直し」「Alt+Tabでウィンドウ切り替え」など、ショートカットキーを使いこなすと作業効率がアップします。

2.職業訓練を受ける

PCスキルを高める方法としては、ハローワークの職業訓練を受けるのもおすすめです。
職業訓練は求職者の早期就職を目指す制度で、幅広い分野の資格取得やスキルアップのための講座を受けられます。PC関連の講座も充実しているため、独学で不安がある方は受講を検討してみると良いでしょう。
基本的に受講料はかかりませんが、教材費は自己負担となるため注意が必要です。

3.PC関連の資格を取る

MOSや日商PC検定など、PC関連の資格を取るのも良いでしょう。
PC関連の資格を取れば就職・転職活動でアピールになるほか、勉強しながらスキルを身につけられます。

MOS

MOSとは、WordやExcel、PowerPointなど、オフィスソフトが活用できることを証明する資格です。
世界共通の資格のため、海外企業でも通用します。就職・転職の際はPCスキルのアピールポイントになるでしょう。

日商PC検定

日商PC検定は、基本的な文書作成や業務データの取り扱い、IT・ネットワーク関連の知識、スキルを問う検定です。
レベルは基礎知識を学べるベーシックから、企業責任者(あるいはその補佐)レベルの1級まであります。

VBAエキスパート

VBAエキスパートは、ExcelとAccessのVBAスキルを証明する資格です。
VBAは「Visual Basic for Applications」の略称で、オフィスソフトの動作を記録して自動化させる機能であるマクロを動かすためのプログラミング言語を指します。
VBAエキスパートを習得しておくと、業務の効率化に役立てられるでしょう。

履歴書や職務経歴書でPCスキルをアピールする方法

PCスキルを応募書類に記載する場合、職務経歴書の「活かせる知識・スキル」欄に記載すると良いでしょう。
記載する際はただ「Excel・Word・PowerPointの基本操作ができます」「Illustratorでデザインができます」と端的に述べるだけでなく、今まで作成した資料やデザインしたものを具体的に記載すると、採用担当者に伝わりやすくなります。
デザイン系の場合はポートフォリオの提出も別途求められることが多いため、過去に作成したものを事前にまとめておきましょう。
また、求められるPCスキルは、企業によって違ってくるので要注意です。たとえば、事務職を志望している人がIllustratorやPhotoshopといったデザイン系ソフトの操作スキルを記載しても、採用担当者から「当社の業務には活かせない」と判断される可能性があります。
志望する業界・職種にはどのようなPCスキルが必要か、企業が何を求めているか、きちとリサーチすることが重要です。

応募書類のテンプレートをPCで自作するのも効果的

履歴書・職務経歴書でPCスキルをアピールするなら、市販のものなどを参考にしてテンプレートから自作するのも効果的です。「ネットでダウンロードした」と思われないよう、本人希望記入欄にテンプレートから自作した旨を記載しておきましょう。
また、企業によっては面接会場で実際にテンプレート作成を求められる可能性もあるため、早く仕上げられるよう練習しておくのがベターです。

スキルに自信がない方は就職エージェントの利用がおすすめ

「PCは基本操作しかできないから会社で通用するか不安」「既卒や未経験でも働ける会社が良い」など、自分のスキルに不安を感じている方は、就職エージェントを活用するのがおすすめです。
就活アドバイザーが徹底的にサポートするため、自分に合った仕事や企業を見つけやすくなります。

ハタラクティブでは、就活アドバイザーによる丁寧なカウンセリングであなたのスキルや希望に沿った仕事をご紹介。チャットツールでの相談も可能なので、気軽にご利用いただけます。
また、面接対策や履歴書の添削も行っているので、就職活動をしたことがない方や面接が苦手な方も安心です。
20代の就職・転職に特化したハタラクティブで、活躍できる場を見つけましょう。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ