仕事が続かない人が長く働くためにはどうしたら良い?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事が続かない人が長く働くためにはどうしたら良い?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事が続かない原因には、「経済的な後ろ盾がある」「人間関係が構築できない」「目的意識がない」などがある

    ・仕事を続けるポイントは、「離職できない状況を作る」「人とのやりとりは必要最低限で良しとする」「私生活を充実させる」などがある

    ・転職は、仕事が続かない原因を把握した上で、よく自己分析を行い、企業に求める条件を明確にして行う

仕事が続かないとお悩みではありませんか?企業にもよりますが、転職回数が多いほど「採用してもすぐに辞めてしまうのでは?」と、マイナスの印象を持たれてしまうものです。

そこで当コラムでは、仕事が続かない人の特徴や仕事を長続きさせるためのポイント、納得できる転職を行うためのコツについてご紹介いたします。

腰を据えて長く続けるための参考になれば幸いです。

仕事が続かない人の特徴

仕事が続かない人にはいくつかの共通点があります。自分に当てはまる項目がないかチェックしてみましょう。

 

経済的な後ろ盾がある

実家暮らしだったり、親が裕福で毎月十分な仕送りがあったりする人は、自分で稼がなくても生活できてしまいます。こうした経済的ゆとりが危機感をなくし、仕事を継続できなくする原因の1つになっているようです。

 

周りのせいにする

「自分は言われたとおりにやっただけ」「上司が変わればうまくいく」など、受動的な立場で人のせいにしたり文句を言ったりする人は、「自分は悪くない、職場が悪い」という考えで職場を転々としてしまう傾向があります。

 

目的意識がない

どんな環境で働いていても、多少の不満は出てきてしまうものです。それを我慢できるかどうかは、仕事を行う目的で変わります。もし仕事の目的が、生活費を稼ぐ手段に過ぎなければどこで働いていても一緒です。少し嫌なことがあれば簡単に辞めてしまうでしょう。

 

人間関係がうまく構築できない

人間関係がうまく構築できないと、周りと馴染めずその場にいるのが辛い状況になるでしょう。仕事で分からないことがあっても、周りに聞きづらいと感じてしまい、スムーズに業務を進めることも難しいといえます。

 

ミスに対して過剰に落ち込む

仕事をしていれば、誰でも1回はミスをするものです。過剰に落ち込んでしまう人は、そのミスを勉強になったと前向きに捉えられず、「自分は仕事ができない」「この会社にいても迷惑をかけるだけ」と思い込む傾向にあります。

 

私生活が充実していない

プライベートで嫌なことや不安なことがあったり、健康的な生活を送れていなかったり、心の余裕がなかったりすると、仕事にも影響が出ます。その結果仕事に集中できず支障をきたし続けられなくなることもあるようです。

 

給与が低い

給与面は働く上で大切な条件の1つです。生活水準に影響するため、給与の低さや昇給のなさに不満を感じてしまうのは当然のことでしょう。

家庭を築くという立場上、特に男性の場合に給与アップの見込みがなく離職する人は多いようです。

 

自分に合わない仕事に就いている

人見知りなのに営業職、自分のペースでコツコツ働きたいのにノルマがあるというように、苦手な仕事をやっている、社風が合わない、会社や上司と価値観が合わないなどの自覚がある場合、当然ながら仕事を続けるのは難しいでしょう。

どうすれば仕事が続くようになる?

では、仕事を長く続けるにはどうすれば良いのでしょうか。

 

経済的に自立する

金銭面にゆとりがあり仕事を簡単に辞めてしまう人は、自分を追い込む状況を作るのも苦手です。たとえば、実家暮らしの場合に一人暮らしをする、仕送りをもらっている場合は受け取りをストップする、実家に入れるお金を増やすなど。

強制的ではありますが、お金がなければ生活できないため仕事も続くようになるでしょう。

 

やりとりは必要最低限で良いと認識する

人付き合いが苦手という人は、無理に人間関係を構築しないのも1つの方法です。業務上で必要となる最低限のコミュニケーションだけ取れれば良いと考えるようにしましょう。

ただし、無理なく話せる人がいる場合には自分から明確に線を引く必要はありません。1人か2人くらい本音を言える仲間を作っておくことで、仕事に関する相談ができます。

 

適度に手を抜く

仕事が続かない人の中には、入社当初に人一倍頑張った結果、燃え尽き症候群になってしまう人もいるようです。優秀な人ほど手抜きが上手いと言われています。

周りに優秀な人がいればどういう風に1日を過ごしているかヒアリングしてみてもいいでしょう。仕事の合間に休息をとる、スケジュールを詰め込みすぎずに余白時間をつくるなど、適度に手を抜くことをおすすめします。

 

疲れた心と身体をケアする

仕事の日は、帰宅後ゆっくりお風呂に浸かったり、早めに寝る日を設けたりするなど、疲れを溜め込まないよう積極的に息抜きする工夫をしましょう。また、仕事が辛くなってきたら、有給を取ってリフレッシュすることも大切です。

 

趣味を見つける

毎日職場と自宅の往復という人は、何か楽しみを見つけてみましょう。趣味を持つことで私生活が充実し仕事のモチベーションに繋がります。

なかでも、体を動かすような運動系の趣味がおすすめです。ストレス耐性のある人は日常的に継続して運動しているといわれています。体を動かし定期的にガス抜きすることで、ストレスをコントロールできるようになるでしょう。

 

自分を褒める

その日達成したことやがんばれたことを振り返り、自分自身を褒めてあげましょう。褒めることで自分の長所に気がつくことができ、前向きになったり自己肯定感が高まったりします。

これを習慣化することができれば落ち込むことも少なくなり、仕事を続けやすくなるでしょう。

転職のコツ

上記でご紹介した仕事を長く続けるポイントは、自分に合った仕事をしていることが前提です。もし今の仕事が自分に合っていないと感じるなら、転職を検討しましょう。

以下では、転職する際に押さえておくべきことを解説します。

 

仕事が続かない理由を明確にする

過去の退職理由から、なぜ仕事が続かないのかを明らかにしましょう。

たとえば、人間関係がうまくいかずに辞めることが多かったら、「周りに責任を押し付けて人からの信頼を失っていなかったか」「必要最低限のコミュニケーションが取れていたか」などを振り返るとともに、「自分にはどんな風土の会社が合っているのか」を考えてみましょう。

また、環境を変えるより、自分自身の意識を変えるほうがうまくいくときもあります。本当に転職が必要かどうかもよく検討してみてください。

 

自己分析をする

転職活動を始める前に、自分の強みや弱み、これまでの経験、有するスキル、心に残っているエピソード、何をやってどのような評価を受けたか、どのようなマインドで仕事をしてきたかなどを整理しておきましょう。

そこから、自分は仕事に何を求めているのか、どんなときに喜びややりがいを感じるのかなどを掘り下げ、導き出した価値観を転職の軸とすれば、納得のいく転職ができるといえます。

 

転職先に求める条件を考える

給料や休日数、職場環境、業務内容、成長できる環境、公平な評価制度、勤務地など、転職先に対し、これだけは譲れないという条件を自分の中で確立させておきましょう。

条件を決めずに漠然と転職活動することで、入社後にミスマッチが発覚するケースもあります。

転職を繰り返すことになってしまいますので、条件の設定は大切なポイントです。

ただし、条件を多く設定しすぎても選択肢が少なくなるため、譲れない条件と併せて優先順位も決めておきましょう。

 

在職中に転職活動をする

なにか特別な事情がない限りは、在職中の転職活動がおすすめです。退職後であれば、無収入の期間中に転職活動を行うことになります。十分な貯蓄がないまま転職活動が長引けば、金銭面で困るかもしれません。

在職中であれば経済面が安定するほか、ブランクができないため転職を有利に進められるでしょう。

 

転職方法を把握する

ハローワークや転職サイト、転職エージェント、求人情報誌、転職フェアなど、転職をサポートするサービスはさまざまです。それぞれにどういう特徴があり、どれが自分に向いているのかをしっかり把握した上で活用することをおすすめします。

中でも、「在職中に転職活動を進めたい」「自分に向いている仕事が分からない」「面接の連絡をするのが少し緊張する」などの希望やお悩みを持つ人におすすめなのが、転職エージェントです。

こんなときどうする?仕事が続かない人のためのお悩みQ&A

ここでは、仕事が続かない方に向けたお悩みを、状況別に想定される質問を通して解決していきます。

どんな仕事も続かず、すぐやめてしまいます。途中で挫折しないためにをどうすれば良いでしょう?

モチベーションに繋がる目標を定めてみましょう。
仕事は長続きしない原因の1つに、モチベーションの低下が挙げられます。仕事を長続きさせるために、取り組み続けた結果に得られる「成果」を想像してみてはいかがでしょう。大きな目標を立ててしまうと、達成できなかった場合、急激にモチベーションが下がってしまう恐れがあります。そのため、明確で現実的な目標を立て、ひとつひとつ確実にクリアし続けていきましょう。そうすることで、成功体験を積み重ねることができ、モチベーションを維持したまま仕事を続けられるようになるのでは。ぜひ、「長続きしない人は知ってほしい!途中で挫折しないコツ」をご参考に、試してみてください。

仕事に興味が持てず、やる気が起きません。もう辞めたほうが良いのでしょうか。

まず、仕事に興味が持てない原因や理由を紐解きましょう。
そもそも、業界自体に興味が持てないのか、現在の業務に興味が持てないのかによっても解決方法は変わってきます。自分がどういった原因から仕事に興味を持てなくなったのか振り返ってみましょう。業界自体に興味が持てない場合は、視点を変え、現在の業務の身近な部分から興味を持てる糸口を探してみてください。業務に興味が持てないときは、別の部署への異動を試みたり、成果を上げてモチベーション向上を図ってみましょう。現在の仕事に疲れを感じる方は、「興味ない仕事に疲れていませんか?」を参考にしてみてください。

仕事をしたくないときにモチベーションをアップさせる方法を教えてください。

まずは、自分のモチベーションが上がらない原因を探りましょう。
仕事をやりたくない理由には、「向いていない」「長時間労働の負担」「人間関係でのストレス」などが考えられます。モチベーションをアップする方法は、「業務の効率化」「成果を出す」「第三者に客観的なアドバイスを求める」「自ら行動し人間関係を変える」など、さまざまあります。まずは、自分がなぜ仕事へのモチベーションが上がらないのか考え、その原因から最適な解決策を導きだしましょう。
詳しくは「仕事をやりたくない時のモチベUP法」をご覧ください。

したい仕事がありません。自分の適職を見つけるにはどうしたら良いでしょう。

就職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、20代を中心に若年層の就活・転職をサポートしているエージェント。優良企業200社以上の求人を取り扱っており、経験豊富なアドバイザーがあなたの企業選びをサポートします。求職者とのマンーツーマンのカウンセリングを行ったうえで、企業訪問による信頼できる企業情報をもとに、一人ひとりの適性に合った仕事を提案します。あなたにピッタリのお仕事探しは、ぜひハタラクティブにお任せください。

転職エージェントであるハタラクティブでは、フリーターや既卒、第二新卒などの若年層に特化したサービスを提供しています。豊富な求人の中から、希望条件や適性に合わせたお仕事をご紹介。

そのほかにも、応募書類の添削、面接対策、面接の日程調整など、志望企業の内定を獲得するためのサポートも行っています。

サポートするのは、これまでに60,000人以上の転職をお手伝いしてきた気さくなアドバイザーです。あなた専属のアドバイザーがマンツーマンで丁寧にヒアリングを行います。

今の仕事のお悩みや人生相談でも構いません。まずはあなたのことをお聞かせください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ