仕事が続かない人の特徴と対処法を解説!長く働ける会社を選ぶには?

仕事が続かない人の特徴と対処法を解説!長く働ける会社を選ぶには?の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事が続かない人の特徴は「人付き合いに消極的」「理想を追求し過ぎる」など
  • ・仕事が続かないと「収入が安定しない」「転職に不利になる」といったリスクが生じる
  • ・仕事が続かない状況を抜け出す対処法は、「適度に力を抜く」「心身のケアをする」など
  • ・仕事が続かない人は、自己分析を深めて自分に合った職種や会社を探そう
  • ・仕事が続かない人はプロに相談してみるのも一つの方法

「仕事が続かない…」「転職してもすぐに辞めたくなる…」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。仕事がなかなか続かないのには原因があるはず。まずは自身の現状を客観的に分析することが大切です。このコラムでは、仕事が続かない人に見られがちな特徴とともに、その対処法をご紹介します。また、仕事が続かないことで生じるリスクや長く働ける会社に出会う方法などもまとめていますので、ぜひご一読ください。

仕事が続かない人に見られがちな10の特徴

仕事が続かない人に見られがちな10の特徴の画像

仕事が続かない人の場合、「人間関係が上手くいかない」「理想を追い求め過ぎる」「忍耐力がない」など、いくつかの共通点があります。仕事を長く続けるには仕事が続かない原因を把握することが重要です。こちらで自分に当てはまる項目がないかチェックしてみましょう。

1.人付き合いに消極的

仕事が続かない人の特徴として、人付き合いに消極的な面が挙げられます。人と関わることに消極的だと周りの人と馴染めず、職場に居づらくなることも。実際、人間関係を退職理由に仕事が続かない人もいるでしょう。また、コミュニケーションが苦手な人の場合、仕事上の疑問や悩みを周りに頼れないため、ストレスを感じて転職を考えることもあるようです。

2.理想と現実とのギャップが大きい

仕事が続かない人は、理想と現実とのギャップが大きいという特徴もあります。たとえば、「今の会社の仕事内容が自分のレベルに合っていない」「もっと華やかな仕事ができると思っていた」など、理想が高過ぎるあまり実際に任される仕事との差にショックを受け、仕事が続かない場合があるようです。自分の理想が正しいと思い込んで自信過剰になると、ほかの人の意見を受け入れられず、協調性を持てないことも。そうなれば、何か困ったことがあっても周囲に相談しづらくなり、一人で悩んだ末に実力を発揮できないまま仕事を辞めてしまう可能性があります。

理想の仕事を実現するには積み重ねが必要
本来、思い描いていた仕事ができるようになるには、経験を重ねスキルを身につけていくことが必要です。しかし、仕事が続かない人は理想と現実のギャップを埋められず、経験やスキルを積み重ねる前に辞めてしまう傾向にあります。理想と現実のギャップを埋められないと、なかなか仕事は長続きしません。

3.忍耐力がない

我慢することが苦手で、忍耐力がない人も仕事が続かない傾向にあります。たとえば、重大な仕事を任されてプレッシャーを感じたり、仕事でミスをして叱られたりする場合、忍耐力がないと逃げたくなってしまうことがあるでしょう。また、忍耐力がない人は、職場の人間関係が上手く構築できないと早々に見切りをつけ、仕事を辞めてしまう傾向もあるようです。

4.目移りしやすい

目移りしやすいのも、仕事が続かない人の特徴として挙げられます。目移りしやすい人は好奇心旺盛とも取れますが、一つのことに取り組み続けるのが苦手な場合も。そのため、毎日同じ仕事を繰り返すルーチンワークが苦痛になり、会社を辞めたくなってしまうこともあるようです。また、ほかに興味を惹かれる仕事が見つかると、フットワーク軽く転職する人もいるでしょう。

5.自信がない

自信がない人は、ちょっとしたミスでも「もうダメだ…」と落ち込んで、仕事が続かない傾向にあります。仕事が続く人はすぐに気持ちを切り替え、同じミスを繰り返さないよう次に活かそうとするもの。しかし、自信がない人は「また同じ失敗をするのではないか」「自分には何もできないのではないか」とマイナス思考に偏り、仕事から逃げ出したくなりがちです。さらに、自信のなさから自分を省みれなくなれば、「周囲がフォローしてくれないから」「仕事が自分に合っていないから」と、会社や周りの人のせいにしてしまうこともあるでしょう。

6.働かなくても生活できる

経済的に余裕があり自分で生計を立てる必要がなければ、仕事へ取り組む熱意が失われ、モチベーションを維持しづらくなる場合があるでしょう。「働かなくても良い」と思っている人のなかには、少しでも嫌なことがあるとすぐに仕事を辞めてしまう人も。実家暮らしだったり、親が裕福で十分な仕送りがあったりする人は、自分で稼がなくても経済的に生活が成り立ちます。「働かなくても生活できる」という気持ちが、仕事が続かない原因の一つになることもあるでしょう。

7.ミスに対して過剰に落ち込む

完璧主義の人は、仕事でミスをするとちょっとしたことでも過剰に落ち込む場合があります。仕事をしていれば、誰でもミスをするものです。しかし、完璧主義が過ぎると、ミスをきっかけにして「自分は仕事ができない」「この会社にいても役に立たない」と思い込んでしまいがち。そして、そのまま退社してしまう場合もあるでしょう。このようなサイクルを繰り返すうちに、仕事が続かない状況に陥ることもあり得ます。

8.仕事に対する目的意識がない

仕事が続かない人の特徴として、仕事に対する目的意識がないことも挙げられます。なかには、ただ単に働きたくないという人もいるでしょう。「生活のため」も働く目的になり得ますが、根幹に「仕事ならなんでも良い」「やりがいよりも楽かどうかが重要」といった気持ちがあると、少し嫌なことがあっただけで辞めてしまう場合も。そのため、仕事に対するやりがいや責任感のなさは、仕事が続かない状況を招く可能性があります。仕事を長く続けるためにも、△△を買いたい、旅行に行きたいなど、何かしら働く目的を見つけましょう。

9.給料に不満がある

仕事が続かない人は、現在の収入への不満が原因となっている場合もあるようです。給料が低過ぎると、「毎日頑張って働いているのにこれしか支払われないのか」と不満を覚え、給料の良い職場を求めて転職を繰り返してしまう人もいます。しかし、給料は一般的に勤続年数や経験、実績などを積むことで増えていくもの。そのため、入社後すぐに給料が低いからといって辞めてしまうのは得策とはいえません。

10.仕事が自分に合っていない

仕事が自分に合っていなければ、仕事を続けるのは難しいでしょう。たとえば、人見知りなのに営業職をしていたり、自分のペースでコツコツ働きたいのにチームプレーを求められたりするなど、苦手な業務を担当している人は仕事を辞めやすい傾向にあります。社風が合わない、会社や上司と価値観が合わないといった環境で働いている場合も、仕事が続かない原因になり得るでしょう。
仕事が続かない人の特徴についてより詳しく知りたいのなら、「仕事が長続きしない人の特徴は?原因は人間関係だけではない?」もご参照ください。

プライベートな問題や病気が原因になることも
私生活の問題が原因で、仕事が続かないこともあるようです。たとえば、プライベートでショックな出来事に遭遇し、仕事に身が入らなくなる場合もあるでしょう。また、ストレスで体調を崩したり、病気や怪我をしたりすると心身の余裕がなくなり、仕事に支障をきたしてしまう可能性もあります。

仕事が続かない4つのリスク

仕事が続かない4つのリスクの画像

仕事が続かないままでいると、どんどん転職しづらくなるほか、収入面にも悪影響を及ぼす可能性があります。今は問題がなくても、将来のことを踏まえて、今後どのように行動すべきかの方向性を定めたほうが良いでしょう。

1.信用されなくなる

転職回数が多いほど、「仕事が続かない人なのでは」「何か問題を抱えている人なのでは」と会社側から懸念されやすくなるでしょう。スキル面や信用に値する人物かどうかの不安を採用担当者に抱かせるリスクがあるため、転職活動において不利になる場合もあります。また、結婚や住宅ローンの借入などの際に重要視される社会的な信用度にも影響を及ぼす可能性があるでしょう。

2.収入アップがしづらくなる

十分なスキルが身についていないまま転職を繰り返して仕事が続かない人は、基本給が低めだったり昇給がしづらかったりします。収入は、会社への貢献度によって上がるのが一般的。また、勤続年数も昇給に影響を与える要因の一つです。昇給の機会はほとんどの会社が1年ごとで設定しており、短期間で転職する人は満足のいく金額まで収入を上げられない可能性があるでしょう。そのまま転職を繰り返していると、将来経済的に厳しくなり、生活に余裕がなくなるリスクも考えられます。

3.辞め癖がついてしまう

転職するほど「辞め癖」がつき、小さな出来事で退職してしまうことも。一度癖がついてしまうと、将来的にも転職を繰り返し、仕事が続かない不安定な生活を送る可能性があるでしょう。一般的に退職は「上司に退職意思を言い出しづらい」「退職・転職の手続きが面倒」「転職先が決まるか不安」などの理由からハードルが高いと感じやすいものです。しかし、転職を繰り返していると退職意思の伝達や手続きに慣れが生じ、退職のハードルが下がる場合も。これまで転職先に困らなかった人であれば、なおさら転職活動への不安も薄らいでいるといえるでしょう。

4.成長できない

経験やスキルを培う前に仕事を辞めたり、転職を繰り返したりすると、なかなか知識や技術を定着させられずスキルアップしづらくなります。
経験やスキルは、時間をかけて培うものです。「継続は力なり」という言葉があるように、成長するには継続し続けることが一番の近道といえます。経験や技術が中途半端のままほかの仕事に転職したとしても、仕事に活かすことは難しいでしょう。若いうちは多少辛いことがあっても、自分の成長につながると信じて仕事に取り組む姿勢が大切です。
仕事が続かないと悩んでいる人は「仕事が続かない理由とは?原因と辞めたい状況を打破するポイントを紹介」にも目を通してみましょう。

仕事が続かない人が現状を抜け出すための9つの対処法

仕事が続かない人が現状を抜け出すための9つの対処法の画像

仕事が続かない人が同じ会社で長く働くためには、適度に力を抜いたり自分のケアをしたりするなど、さまざまな対処法があります。

1.完璧主義をやめる

仕事が続かない人が長く勤務し続けるには、完璧主義をやめましょう。仕事に対して完璧さを求め続けると、ちょっとしたミスでも許せなくなり、上司や同僚とトラブルを起こすことも。そのため、適度に手を抜くことを覚えましょう。自分だけでなく、周りの負担も軽減できるはずです。また、完璧主義ゆえに人と衝突することが多い場合は、謙虚な姿勢を心掛けることで、人とトラブルを起こすことなく仕事ができるでしょう。

2.人間関係を無理に広げようとしない

人付き合いが苦手で仕事が続かない人は、無理に人間関係を広げようとしないのも一つの方法です。仕事をするうえで必要な最低限のコミュニケーションだけ取れれば良いと考えるようにしましょう。ただし、無理なく話せる人がいる場合には、自分から線を引く必要はありません。1人か2人くらい本音を言える仲間を作っておくことで、仕事に関する相談ができ、働きやすい環境が作れるでしょう。

3.力の入れ具合を調整する

仕事が続かない人は、頑張り過ぎないことも大切でしょう。仕事が続かない人のなかには、入社当初に人一倍頑張った結果、燃え尽き症候群になってしまう人もいるようです。優秀な人ほど力の加減が上手いといわれています。周りに優秀な人がいれば、どのように1日を過ごしているかヒアリングしても良いでしょう。仕事の合間に休息をとる、スケジュールを詰め込み過ぎずに余白時間をつくるなど、場合に応じて手を抜くことをおすすめします。また、適度に自分自身を褒めてあげることも大切です。

4.心と身体のケアをする

仕事が続かない人が仕事を長く続けていくには、自分自身を労ってあげることも大切です。帰宅後、ゆっくりお風呂に浸かったり、早めに寝る日を設けたりするなど、疲れを溜め込まないよう積極的に息抜きする工夫をしましょう。また、自分に合ったストレス解消法を見つけておくこともおすすめです。買い物をしたり、美味しいものを食べたりするなどすれば、リラックスできるでしょう。仕事が辛くなってきたら、有給を取ってリフレッシュするのも一つの方法です。

5.生計を立てるためと考える

仕事を続けていくのは、お金を稼ぐため、生計を立てるためだと割り切って考えるやり方もあります。仕事をしていれば多かれ少なかれ辛い思いをしたり、仕事を辞めたいと思ったりすることはあるでしょう。しかし、「家賃を払うため」「光熱費を払うため」「家族を養うため」といったことを目標に掲げれば、仕事に集中できるはずです。仕事が続かない状況に陥ったら、仕事は生活に必要な手段だと割り切って取り組むことが重要です。

6.自立した生活を送る

経済的にゆとりがあることが原因で仕事を簡単に辞めてしまう人は、自分を追い込む状況を作るのも一つの手です。たとえば、実家暮らしなら一人暮らしをする、実家に入れるお金を一人暮らしを想定した金額に増やす、仕送りをもらっているなら受け取りをストップするなどがあります。お金がなければ経済的に生活できないため、仕事が続かない人でも長く働けるようになる可能性があるでしょう。

7.周囲に責任を押し付けない

仕事が続かないことを周りのせいにするのはやめましょう。ミスをしても「自分のせいじゃない」と反省せず、自分の責任から逃げてしまうのは、社会人としても人としても成長できません。また、仕事が続かないことを自分一人で抱え込まず、人に相談することも大切です。他者の意見を聞くことには、新たな価値観を知れたり、具体的なアドバイスがもらえたりといったメリットがあります。「転職を繰り返していたけど、○○がきっかけで退職しなくなった」など実体験を聞ける場合もあるようです。

8.期限や目標を決めて頑張ってみる

仕事が続かない人は、「あと1年間は頑張ってみる」「目標を達成したうえで退職するか検討してみる」など期限や目標を決めて、しばらく業務に取り組んでみましょう。特に仕事にやりがいを感じていなかったり、やりたい仕事ができない不満から退職を考えていたりした方は、目標を定めて取り組むことで仕事への向き合い方が変わり、徐々に意欲が高まっていく場合があります。仕事を長く続けていくには、忍耐力が必要です。「もう辞めたい」と思ってもすぐに退職をせず、一度踏みとどまってみる習慣を付けると良いでしょう。

9.私生活を充実させる

毎日職場と自宅の往復だけという人は、プライベートで何か楽しみを見つけましょう。打ち込める趣味があれば私生活が充実し、仕事のモチベーションアップにもなり得ます。そうすれば、仕事が続かない状況を抜け出せる可能性があるでしょう。なかでも、体を動かす趣味がおすすめです。ストレス耐性のある人は日常的に継続して運動している方が多いといわれています。体を動かし定期的にガス抜きすることで、ストレスをコントロールしやすくなる場合もあるでしょう。
長期的に働き続けたい人は「仕事をすぐ辞める人の特徴は?理由は甘え?改善策や転職のポイントを紹介」もご覧ください。

やっぱり仕事は続けたほうが良い?
1つの会社で長く仕事を続けると、収入アップやキャリアビジョンの実現が期待できるなど多くのメリットがあります。また、1つの企業に長く勤めて培った経験とスキルは、転職活動でも評価されやすいでしょう。仕事上の困難と向き合い乗り越えてきた積み重ねが、自分の自信にもつながるはずです。

仕事が続かない人におすすめの自己分析のやり方

仕事が続かない人が長く働ける会社を見つけるには、自身の現状を分析したうえで必要な対策を講じることが大切です。そのうえで、自分の適性を考えてみると良いでしょう。

仕事が続かない原因を考える

仕事が続かないときは、その原因を突き詰めて考えてみてください。原因によっては、有効な対策方法が見つかり、今の会社を辞める必要がなくなる場合もあります。たとえば、仕事の進め方に迷いがあるなら先輩に相談してみる、今の仕事自体が合っていないと感じるなら上司や人事部に異動を願い出てみるなどです。まずは仕事が続かない原因を明確にしてから、今の職場で現状を改善できる手立てがないかを模索してみましょう。

仕事に対する自分の適性や価値観を把握する

仕事が続かない人は、自己分析を通して自分への理解を深めるのもおすすめです。自己分析とは、今までの経験から自分の行動傾向や考え方、強みなどを把握する作業のこと。具体的には、自分の過去にあった出来事を洗い出し、一つひとつを深堀りすることで、自分の長所・短所、得意・不得意といった特徴を表面化させます。自分の仕事における適性や価値観を明らかにできるため、就活の軸を定められ、仕事探しや採用選考の際に役立つでしょう。

自分の適性や価値観に合った会社を探す

仕事における自分の適性や価値観を把握したら、それらにマッチする仕事や会社を探すのが効果的な方法です。自分の適性や価値観が分からないまま就職すると、「人と話すのが苦手で営業職が辛い」「チームで仕事がしたいのに個人間で競わせる会社だった」など、入社後にミスマッチを感じるリスクがあります。そのような就職の仕方を繰り返せば、仕事が続かない状況に陥ることもあるでしょう。
仕事を探す際は、前の会社を辞めた原因も含めて自身のこれまでの人生を振り返り、自己分析を深めることが重要です。その結果をもとに「自分に合った仕事とは?」を明らかにすれば、より長く働ける会社に出会う確率を高められるでしょう。
自分に合った仕事の探し方や自己分析のやり方については、「向いている職業の見つけ方!適職の診断方法や自己分析のやり方を解説」をぜひご参照ください。

仕事が続かない30代の転職事情

30代の転職活動では、ポテンシャル採用ではなく保有資格や経験、実績などが重視される傾向にあります。仕事が続かない30代の人のなかには、転職回数が多い人や離職期間が長い人もいるでしょう。そういった人たちは、自分の得意分野や専門性を武器に、今後のキャリアビジョンを明確にアピールできれば、転職できる可能性が高まるはずです。

40代・50代で仕事が続かない場合は要注意
40代・50代で仕事が続かない人は注意が必要です。40代・50代といった世代での転職活動では、専門的なスキルやマネジメント能力、過去の豊富な実績を問われることが多くなります。30代以上に会社から即戦力としての働きを求められる世代のため、就職の難易度も上がる傾向です。そのため、仕事が続かないとお悩みの方は、20~30代のうちに定着できる仕事を見つけたほうが良いでしょう。

仕事が続かない人が長期的に働ける会社選びのコツ

仕事が続かない人が長期的に働ける会社選びのコツの画像

仕事が続かない人は、「1人で黙々とできる作業が多い」「自分のペースでできる作業が多い」「テレワークができる」などの要素に着目して会社を選ぶのがおすすめです。ここでは、具体的な職種を挙げながら詳しく解説していきます。

1人で黙々とできる仕事が多い

人間関係が原因で仕事が続かない人は、1人で取り組める作業が多い仕事がおすすめです。たとえば、新聞配達やポスティング、宅配物の仕分け、工場・製造ライン、長距離トラックの運転手などが挙げられます。配達系や工場系は、黙々と仕事がしたいと考えている方に適しているでしょう。そのほか、清掃スタッフや警備員なども、1人でできる仕事が多い職種といえます。
1つの仕事を長く続けるには、適性が重要になります。自分に合った仕事の探し方については「ストレスのない仕事を見つけるには?適性別におすすめの職業も紹介」を参考にしてください。

自分のペースでできる仕事が多い

自分のペースで働きたいと考えて仕事が続かない人は、経理や事務職、データ入力といったコツコツと取り組める作業が多い職種がおすすめです。これらの仕事は基本的にルーチンワークで、営業職や販売職などと比べれば人とのコミュニケーションも少ない傾向にあります。職場によっては仕事内容が多岐に渡り、複数の仕事を任されることもあるようですが、慣れてしまえば自分の裁量で仕事を進められる場合が多いでしょう。

テレワークができる

仕事が続かない人は、自宅でできる仕事もおすすめです。たとえば、SEやプログラマー、Webライターなど、出勤せずともパソコンさえあればできる仕事なら職場環境を気にすることも、働く場所に縛られることもないでしょう。こういった仕事は納期さえ守れれば、自分の好きな時間に働ける傾向にあるので、時間に縛られるのが苦手な人にも向いています。
ほかにも、仕事が続かない人が続けられる仕事について知りたいのなら、「コツコツできる仕事とは?タイプ別におすすめの職種をご紹介!」もあわせてご覧ください。

会社を選ぶのではなく起業やフリーランスの選択肢もある
仕事が続かない人は、会社勤めではなく、起業やフリーランスを選ぶ道もあります。起業やフリーランスといった形なら、自分の価値観や都合に合わせて仕事ができるため、よりモチベーション高く働ける可能性があるでしょう。ただし、いざというときに後ろ盾となってくれる会社の存在はありません。たとえ何かトラブルがあっても、自分自身ですべての責任を担う覚悟が必要です。

どうしても仕事が続かないときの考え方

「これ以上今の仕事を続けると身体を壊しそう」「人間関係が辛過ぎてもう辞めたい」というときは、無理をしないことが重要です。どうしても仕事が続かないときは、転職の選択肢も念頭に置きましょう。

仕事を変えて転職するのは悪いことではない

働く環境や仕事内容が合っていない場合、自分に適した職場を求めて転職するのは悪いことではありません。仕事が続かない状況を打破しようと無理に仕事をしたのが原因となり、身体や心に支障をきたせば、働くこと自体が難しくなってしまうリスクも考えられます。どうしても仕事を続けるのが難しいと感じたら、会社を辞めて新しい仕事を探しましょう。

自分のために働くことが大切

仕事が続かないと悩んでいる方は、自分のために働く意識を持つことも大切です。仕事は生活していくうえで欠かせないものですが、やりがいや生きがいを感じられるものでもあるはず。そのため、仕事を優先するあまり、自分自身やプライベートを犠牲にし過ぎてしまうと、充実感を得づらい場合があるでしょう。ワーク・ライフ・バランスに問題があるのかどうかを考えたうえで、必要であれば転職を検討することもおすすめします。

仕事が続かない人はプロに相談してみよう

仕事が続かない人は、プロに相談するのも一つの方法です。求職者の転職活動を支援する民間エージェントでは、就活に関するプロのアドバイザーが一人ひとりの相談内容に応じたサービスを提供してくれます。悩みや要望にマッチする転職先の紹介をしてくれたり、適職診断を受けられたりするため、「仕事が続かない…」「自分に合った仕事が分からない…」と悩んでいる方は利用してみると良いでしょう。

転職エージェントのハタラクティブは、豊富な求人の中から、希望条件や適性に合わせたお仕事をご紹介いたします。また、応募書類の添削、面接対策、面接の日程調整など、志望企業の内定を獲得するためのサポートも実施。サポートするのは、就活相談実績110,000人以上から培った就活ノウハウを持つプロのアドバイザーです(2021年4月9日現在)。あなたに合った求人をご提案できるよう、専任の就活アドバイザーがマンツーマンで丁寧にヒアリングを行います。志望職種や勤務体系に関する要望以外にも、今の会社でのお悩みや将来に対する不安なども相談可能です。まずはお気軽にハタラクティブへお問い合わせください。

仕事が続かない人のためのお悩みQ&A

ここでは、仕事が続かない方に向けたお悩みを、状況別に想定される質問を通して解決していきます。

仕事で挫折しないための方法は?

モチベーションにつながる目標を定めましょう。仕事が長続きしない原因には、モチベーションを維持することの難しさが挙げられます。仕事を長続きさせるためには、取り組み続けた先に得られる「成果」を思い浮かべてみることが大切です。大きな目標だと達成できずに急激にモチベーションが下がる恐れがあるため、現実的で一つひとつ確実にクリアできる内容を設定しましょう。「仕事が続かない原因とは?現状を変えるための10個の対処法をご紹介」を参考に、試してみてください。

仕事に興味が持てないときは辞めるべき?

仕事に興味が持てない原因や理由を紐解きましょう。原因・理由によって解決方法は変わります。たとえば業界自体に興味が持てない場合は、視点を変えて仕事の身近な部分から興味を持てる糸口を探してみてください。仕事内容に興味が持てなくなったときは、部署の異動を申し出たり、成果を上げてモチベーション向上を図ったりしましょう。現在の仕事に疲弊してしまっている方は、「興味がない仕事を続けるデメリットとは?パターン別の対処法も解説」を参考にしてみてください。

モチベーションをアップさせる方法は?

モチベーションが上がらない原因を探りましょう。仕事が続かない理由には、「今の仕事に向いていない」「長時間労働の負担」「人間関係でのストレス」などが挙げられます。モチベーションを上げるには、「仕事の効率化を図る」「客観的なアドバイスを求める」「人間関係を変える」など、さまざまな方法があるので試してみましょう。「仕事をやりたくないときの対処法とは?モチベーションを上げる方法もご紹介」をご覧ください。

自分の適職を見つける方法はある?

就職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブは、若年層に特化した就活・転職をサポートしている就職エージェント。事前の企業訪問によって評価された優良企業の求人を取り揃えており、専任のアドバイザーがあなたの企業選びを丁寧にサポートします。

吉田早江

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION