仕事が続かない人の特徴とは?長続きしない原因と対処法11選をご紹介!

仕事が続かない人の特徴とは?長続きしない原因と対処法11選をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 職場の人間関係や労働環境が悪いことが、仕事が続かない理由になる場合がある
  • 仕事が続かない理由に向き合わないと、短期離職を繰り返してしまう恐れがある
  • 適職に就くには、自己分析を丁寧に行い自分に向いている職種や会社を探すのがポイント
  • 仕事が続かないことが不安な人は、転職エージェントに相談してみるのも一つの方法

「仕事が続かない」「転職してもすぐに辞めたくなってしまう」とお悩みの方もいるでしょう。仕事がなかなか続かない原因は、「入社後に理想とのギャップを感じたから」「仕事が自分に合っていないから」と、人それぞれです。
このコラムでは、仕事が続かないときの原因と対処法をご紹介します。仕事が続かないことで生じるリスクや、長く続けやすい職種の特徴もまとめているので、ぜひご一読ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 仕事を始めても続かない・・・
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • どうすれば見つけられるんだろう?
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事が続かない人によくある10個の原因とは?

仕事が続かない人によくある10個の原因とは?の画像

仕事が続かないときは、原因や理由を把握してから対策を講じると、同じ失敗を繰り返しにくくなります。以下の内容を参考に、自分に当てはまる項目がないかチェックしてみましょう。

1.仕事内容が自分に合っていない

業務内容が自分に合っていないと、仕事が長続きしないかもしれません。「人と関わりたくないのに営業職に配属される」「自分のペースで働きたいのにチームプレーを求められる」というように、苦手な業務を担当しているとモチベーションが低下しやすくなります。
また、社風や上司との価値観が合わない会社で働いている場合も、職場に対して愛着や結びつきを感じにくく、仕事が続かない原因になり得るでしょう。

2.人間関係の構築に苦手意識がある

仕事が続かない原因として、人付き合いへの苦手意識が挙げられます。周りの人と馴染めず「会社に居づらい」と感じると、仕事へのやる気も低下してしまうでしょう。

また、他者とのコミュニケーションが苦手な場合、業務上の疑問や悩みが生じても、誰にも相談できずに1人で抱え込んでしまいます。そのため、仕事の能力が高くても、職場での人間関係にストレスを感じて転職を考える方もいるようです。

3.やりたい仕事を理解できていない

どのような業務に取り組みたいか、どのような要素を避けたいかを掴めていないと、仕事が続かない可能性があります。「やりたいことはないけど、とりあえず正社員として働いている」といった状況にある場合、漠然とした理由で仕事を転々としてしまうかもしれません。
やりたいことがない自分にお悩みの方は、「自分のしたいことがわからない…仕事が探せない・楽しくないときの対処法!」のコラムを参考にしてみてください。

4.仕事にやりがいを求めすぎてしまう

業務内容のすべてにやりがいを求めると、些細なことでミスマッチだと判断してしまい、仕事が続かないという場合も。入社して間もない時期は会社から任される仕事が少ないため、やりがいを感じられないことがあります。

入社前の理想が高過ぎると、いざ業務に取り組んだ際に「仕事内容が自分のレベルに合っていない」「もっと華やかな職種だと思っていた」といった不満を感じ、結果的に一つの会社で仕事が続かない場合があるようです。仕事が続かないのは、思い描いていた理想と現実とのギャップが大きいという原因もあります。

5.自分の強みやスキルに自信がもてない

自分が有している強みやスキルに自信がない場合、仕事が続かない原因になるでしょう。自分に自信が持てないと、些細なミスであっても「また同じ失敗をするのではないか」「自分はメンタルが弱い」とマイナス思考になってしまう人もいます。何事も悪い方へ捉えてしまうと、なかなか仕事を長続きできないことが考えられるでしょう。

6.ほかの職種に目移りしてしまう

ほかの職種に目移りしやすいのも、仕事が続かない原因として挙げられます。目移りしやすいという特性は、好奇心やチャレンジ精神が旺盛な反面、長期間一つのことに取り組み続けるのが苦手といった側面も。そのため、ある程度仕事に慣れてきた頃に、「ほかの会社で働いてみたい」「自分の天職はほかにあるはず」と考えて転職する方もいるようです。

7.自分の意見を通したい

他者の意見を取り入れられず、自分の意見を優先したいと考えてしまうと、仕事が長く続かないという状態に陥ることもあります。自分が気づいたことや思いついたことのすべてが、仕事で有効になるとは限りません。周囲の意見を積極的に取り入れられないと、職場を変えても「環境が合わない」と感じ続けてしまうでしょう。

8.心身の疲労やストレスを感じやすい

仕事が好きでやりがいを感じていたとしても、高頻度の残業や休日出勤の常態化、困難なノルマを課されるなどの職場で働き続けると、疲労やストレスが蓄積されてしまいます。頑張りたいと思っていても、忙しさから心身がついていかないことも考えられるでしょう。
疲れが原因で「仕事が続かない」と感じている方は、「もう限界…仕事のストレスで疲れたときの原因と対処法」のコラムもチェックしてみてください。

9.働かなくても生活できる

経済的に余裕があり、自分で生計を立てる必要がなければ、仕事に対する熱意やモチベーションが薄れていくこともあり得るでしょう。実家で暮らしていたり、親が裕福で十分な仕送りがあったりする場合、自分で稼がなくても生活が成り立ちます。そのため、「毎日働かなくても生活できる」という気持ちから、仕事が続かない人もいるでしょう。

10.私生活の事情で就業時間が制限されやすい

育児・介護・病気・怪我などのように、やむを得ない事情によって仕事に使える時間が限られる場合もあります。プライベートが理由で心身の余裕がないと、仕事に集中できなかったり、ストレスで体調を崩しやすくなったりすることも。無理なく働ける職場を求め、会社を転々としてしまう人もいるでしょう。

ハタラビット

自分の適職とは?
ハタラクティブで
相談してみませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分のやりたいことがわからない…
  • 就職・転職のタイミングがつかめない
  • 就活って、何からはじめたらいいの?

就活に関する不安や疑問にもハタラクティブでは、1つ1つ向き合います!
あなたに合った求人のご紹介だけでなく、今の転職市場のお話や必要な準備など、ご状況に合わせて、専任の担当が丁寧にサポート
今すぐでも、少し先の就活でもOKです!
まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

【アンケート調査】仕事の満足度と満足していない理由

「仕事が続かない」と悩んでいる方は、現在の業務内容や職種で満足感を得られていない可能性があります。
若年層向けの転職エージェントであるハタラクティブでは、どれくらいの人が満足感を持って仕事をしているのか、満足感を得ていない理由は何かといったアンケート調査を実施。18〜29歳の1,000人の正社員を対象に、働き方やキャリアに関するアンケート調査を行い、「若者しごと白書2023」を発表しました。
ここでは、仕事の満足度と、満足していない理由について調査結果をお伝えします。

現在の仕事の満足度

現在の仕事の満足度の画像

引用:ハタラクティブ「現在の仕事の満足度

ハタラクティブの調査では、現在の仕事に対し、正社員の48.2%が「非常に満足している」「やや満足している」と回答。およそ半分の人が現在の仕事に満足していることが分かります。反対に、「全く満足していない」「あまり満足していない」と回答した正社員の割合は25.0%でした。

仕事に満足していない理由

仕事に「全く満足していない」「あまり満足していない」と回答した正社員に対し、その理由を尋ねると、34%の人が「給与」に不満を感じていることが判明しました。

順位満足していない理由割合
1給与34%
2仕事におもしろみを感じない21.6%
3人間関係の悪さ9.2%
4成長しにくい環境6.8%
5勤務時間5.6%

参考:ハタラクティブ「仕事に満足していない理由

業務の負担と給与が見合っていないとやりがいを感じられず、仕事が続かないことが考えられるでしょう。自分に合った仕事を見つけたいという方は、「仕事が楽しいと感じる人の特徴を解説!自分に合った職場・業務を見つけよう」を参考にしてみてください。

参照元
ハタラクティブ
若者しごと白書

仕事が続かないと起こり得る4つのリスク

仕事が続かないと起こり得る4つのリスクの画像

仕事が続かないままでいると、「辞め癖がつく」「収入アップしにくい」「信用度が低くなる」「スキルアップしにくい」などのリスクが伴います。下記では、それぞれのリスクについてまとめました。

仕事が続かないと起こり得るリスク

  • 辞め癖がついてしまう
  • 収入アップがしづらくなる
  • 信用度が低くなる
  • スキルアップしにくくなる

1.辞め癖がついてしまう

何度か転職すると「辞め癖」がつき、些細なことがきっかけで退職を考えるようになってしまう可能性があります。転職を繰り返していると、退職意思の伝達や手続きにも慣れていき、退職に対する心理的ハードルが下がる場合も。これまで転職先に困らなかった人であれば、なおさら抵抗を感じにくいでしょう。

一度辞め癖がつくと、次第に「もう働きたくない」という感情が生まれる可能性も。また、転職を繰り返すと経済的に不安定な状態が続くことも懸念されます。

2.収入アップがしづらくなる

多くの会社では1年ごとに昇給の機会を設けているため、短期間で転職を繰り返すと昇給につながらないリスクがあります。満足のいく収入を得られないと十分な貯蓄ができず、将来的に生活の余裕がなくなる可能性も考えられるでしょう。

また、長期の在籍ができないと、ボーナスを受け取れなかったり、退職金が少なくなったりすることもあります。短期間で見るとそれほど影響がないと感じていても、長期間で見るとデメリットが上回る場合もあり得るでしょう。

3.信用度が低くなる

転職回数が多いほど、選考の際に「仕事が続かない人なのでは」「何か問題を抱えているのでは」と会社側から懸念されやすくなるでしょう。スキル面や信用に値する人物かどうかを不安視されると、転職活動において不利になる場合もあります。

また、短期間で転職を繰り返すと、ローン審査に悪影響をおよぼすことも。継続的かつ安定した収入が見込めないと見なされ、住宅や車のローン審査に通りにくくなることがあるようです。

4.スキルアップしにくくなる

仕事が続かないと実務経験を重ねられないことから、十分な知識やスキルが身につきません。希望する業界・職種で求められるレベルに達していないと、専門性を評価されず転職先の選択肢が狭まる可能性も。

「この作業が苦手だから避けたい」「○○をする意味はあるのだろうか」と思う業務ほど、将来的なスキルアップにつながりやすいこともあります。会社を転々としてしまうと、専門的なスキルを身につける機会を逃してしまうリスクが考えられるでしょう。

仕事が続かない場合のリスクは、「仕事が一年続かない原因は?働き続けるコツとおすすめの仕事」でも解説しているので、目を通してみましょう。

仕事が続かない現状を抜け出すための11個の対処法

仕事が続かない現状を抜け出すための11個の対処法の画像

この項では、仕事が続かない状態から抜け出すための対処法を11個ご紹介します。どのような方法が自分の悩みの解消につながるか考えてみましょう。

1.完璧な結果を求め過ぎない

仕事が続かない現状を脱して長く勤務するには、完璧な結果を求め過ぎないようにしましょう。仕事に対して完璧さを求め続けると、自分だけでなく他人の些細なミスも許せなくなり、上司や同僚とのトラブルの原因になることも。

視野を広く持ち、ミスも含めて得られた結果をプラスに捉えられると精神的な負担を軽減できます。
また、完璧さを求めるあまり、仕事で誰かと衝突する機会が多い場合は、謙虚な姿勢を心掛けることも大切なポイントです。

2.ワーク・ライフ・バランスを見直す

仕事が続かないと悩んでいる方は、ワーク・ライフ・バランスがとれているか見直しましょう。プライベートよりも仕事にバランスが偏り過ぎていると、充実感のある生活を送れない可能性があります。

友人や同僚に仕事の力加減が上手な人がいれば、どのように1日を過ごしているか相談しても良いでしょう。自分の工夫だけでは改善されない場合は、上司に業務の負担について相談してみるのも手です。

3.苦手な人と距離を置く

職場の人間関係が理由で仕事が続かない場合は、苦手な人と距離を置くのも一つの方法です。無理に人間関係を広げようとせず、苦手な人とは必要なコミュニケーションだけ取れれば良いと考えるようにしましょう。

ただし、無理なく話せる人とは、自分から線を引く必要はありません。1〜2人ほど本音をいえる仲間が会社にいると、仕事に関する相談ができ、働きやすい環境を作れるでしょう。
会社の人間関係にストレスを感じる?転職を決める前に試したい対処法を解説」では、職場の人間関係を良好に保つコツを紹介しています。

4.心と身体のケアをする

仕事が続かないときは、「合間に休息をとる」「スケジュールを詰め込み過ぎない」というように、バランス良く息抜きの時間を設けることも大切です。たとえば、ゆっくりお風呂に浸かる・早めに寝る日を設ける・趣味を楽しむなど、自分に合ったリラックス方法を見つけましょう。

また、有給を利用してリフレッシュする期間を作るのも有効的です。「仕事に疲れたと悩む方へ!リフレッシュ方法や転職を考えるポイントを解説」では、ストレスが溜まったときの解消法を紹介しているので、ぜひご覧ください。

5.生計を立てるためと割り切る

なかなか仕事が続かないときは、「お金を稼ぐため」「生計を立てるため」と割り切る方法もあります。「家賃や光熱費を払うため」「家族を養うため」といった具体的な目標を掲げれば、仕事に集中しやすくなるかもしれません。長期活躍によって昇給が見込めればやりがいにつながったり、将来的な転職の費用に充てられたりするでしょう。

経済面の自立を目標にする

家族からの支援が受けられるというように、経済的に余裕があることを理由に仕事が続かない場合は、経済面で自立できるよう行動を起こすのも手です。実家暮らしなら「一人暮らしを想定した金額を実家に入れる」「実際に一人暮らしをしてみる」「親からの金銭的な援助をストップする」などが挙げられます。
自分で働かなければ生活できない状況に身を置くことで、仕事のモチベーションを上げられる可能性があるでしょう。

6.周囲に責任を押しつけない

自分の仕事が続かない理由を、周囲のせいにするのはやめましょう。「周囲がフォローしてくれないから」と責任を他者に押し付けても、根本的な原因の解決にはなりません。

ただし、「仕事が続かない」「もう働きたくない」という悩みを人に相談することは大切です。他者に意見を求めると、新たな価値観を知れたり、具体的なアドバイスがもらえたりするといったメリットがあります。「転職を繰り返していたけど、○○がきっかけで退職しなくなった」といった、実体験を聞ける場合もあるでしょう。

7.期限や目標を決めて取り組む

仕事が続かない場合は、「あと1年間は頑張ってみる」「目標を達成したうえで退職するか検討してみる」というように、期限や目標を決めて業務に取り組んでみましょう。目標を定めることでやるべきことが明確になり、仕事の意欲が高まる可能性があります。

仕事を長く続けるためには、忍耐力も必要です。「もう辞めたい」と思ってもすぐに退職せず、一度踏みとどまって考えてみる習慣をつけると良いでしょう。

8.私生活を充実させる

会社と自宅の往復だけという生活に飽きてしまっている場合は、プライベートで楽しみを見つけるのがおすすめです。趣味や娯楽で私生活が充実すると、業務のモチベーションアップにもつながり、仕事が続かない状態から抜け出せるかもしれません。ストレス解消や気分転換ができれば、有意義な生活を送れるでしょう。

9.職場以外の居場所をつくる

会社だけが自分の居場所とならないよう、幅広く交流を図ることも重要です。職場以外の人間関係が構築できれば、自分にはなかった価値観や考え方と向き合える可能性があります。学生時代の友人に声をかけたり、地域のイベントに参加したりして、自分の視野を広げましょう。

10.転職するのは悪いことではないと捉える

会社の雰囲気や仕事内容が合っていない場合、自分に適した職場を求めて転職するのは悪いことではありません。仕事が続かない状況を打破しようと無理をして、身体や心に支障をきたせば、働くこと自体が難しくなってしまうリスクも考えられます。どうしても仕事を続けるのが難しいと感じたら、会社を辞めて自分らしく働ける環境・職種を探しましょう。

11.ハローワークや転職エージェントに相談する

仕事が続かないことに不安を感じる場合は、ハローワークや転職エージェントに相談するのも一つの方法です。ハローワークは国が運営する公共職業安定所で、全国に500ヶ所以上あります。
転職エージェントは、民間会社が提供する就職・転職活動の支援サービスです。求職者一人ひとりに専任のアドバイザーがつき、カウンセリングや適職診断を通じて、悩みや要望にマッチする求人を紹介してくれます。
転職エージェントとハローワークの違いは、「転職エージェントとハローワークの違いを比較!併用は可能?利用方法も紹介」で詳細をご確認ください。

【年代別】仕事が続かないと悩む人向けの改善策

【年代別】仕事が続かないと悩む人向けの改善策の画像

「仕事が続かない」とお悩みの方は、転職を考える前に現段階でできることがないか検討してみましょう。以下では年代別の改善策を紹介するので、内容を参考にしてみましょう。

【年代別】仕事が続かない人向けの改善策

  • 【20代】業務や環境に慣れるまで続けてみる
  • 【30代】キャリアプランを描いて今後の方針を決める
  • 【40代】部署異動を願い出るのも手

【20代】業務や環境に慣れるまで続けてみる

20代のうちは、仕事や会社に慣れていないだけの可能性があります。仕事を始めたばかりの頃は合わないと感じていても、業務フローを掴んだりスキルが定着してきたりすると、スムーズに対応できるようになる場合も。20代向けの対処法を知っておきたい方は、「仕事が続かないと悩む20代が注意したいポイントと取り組みたい改善法」のコラムもご一読ください。

【30代】キャリアプランを描いて今後の方針を決める

30代の場合は、今後のキャリアプランを踏まえて現在の会社で仕事を続けるべきか、転職をすべきかを考えることが重要です。「転職時期として最適なのはいつ?女性におすすめの年代やタイミングを紹介」では、結婚や出産といったライフステージごとの女性の転職事情を解説。「30代男性は転職できる?スキルなしから目指せる職種は?転職活動のコツも」では30代男性の転職事情をまとめているので、あわせてご覧ください。

仕事が続かないと悩む30代が転職を成功させるには?

30代の転職活動では、ポテンシャルよりも経験や実績が重視される傾向にあります。転職回数が多くても、自分の得意分野や専門性を武器に今後のキャリアビジョンを明確にアピールできれば、転職できる可能性が高まるでしょう。「30代は就職できない?フリーター・未経験から就活を成功させる方法を解説」では、30代が転職を成功させるためのポイントを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

【40代】部署異動を願い出るのも手

仕事が続かないまま40代・50代と年齢を重ねると、転職の難易度も上がっていくリスクがあります。現在の仕事内容や人間関係が合わないと感じるなら、部署異動で解決できる可能性もあるでしょう。『「もう働きたくない」という20代~40代の方へ!疲れた人に適した働き方とは』のコラムでは、悩みを解消する方法や転職成功のポイントをまとめています。

「仕事が続かない」と悩む人におすすめの転職の流れ

「仕事が続かない」と悩む人におすすめの転職の流れの画像

仕事が続かないとお悩みの人は、「仕事が続かない原因を考える」「自分の適性や価値観を把握する」「適性や価値観に合った会社を探す」といった流れで転職するのがおすすめ。長く働ける会社を見つけるには、自身の現状を客観的に分析したうえで必要な対策をするのがポイントです。以下で転職の流れを紹介しているので、参考にしてみてください。

仕事が続かない原因を考える

仕事が続かない場合は、その原因を明確にしてから、今の会社で現状を改善できる手立てがないか模索してみましょう。内容によっては、転職をせずとも周囲への相談や異動で事態が改善する場合もあるからです。長続きしない原因が不明のままだと、同じような理由で転職を繰り返してしまう可能性があります。

「仕事が続かない」と思う理由を可能な限り書き出し、対処法がないか向き合うことが重要です。そのうえで、現在の会社ではどうしても仕事を続けられそうにないと判断したら、転職を検討しましょう。

仕事に対する自分の適性や価値観を把握する

仕事が続かない原因が分かったら、自己分析を行いましょう。自己分析では、長所・短所・得手不得手・価値観などを洗い出すことが可能です。

自分の適性や価値観は、転職活動の軸を定める際だけでなく、自己PRの材料としても役立ちます。自己分析のやり方については、「自己分析とは?実施のメリットと就活・転職活動での必要性を解説」をご参照ください。

自分の適性や価値観に合った会社を探す

仕事における自分の適性や価値観を掴んだら、それらにマッチする仕事や会社を探しましょう。新しい職場を見つけるときは、「仕事が続かない原因になり得る懸念材料がないかどうか」も見極めておく必要があります。

給与や仕事内容、福利厚生、会社の年齢層など、自分にとって気になる要素を事前に調べておくことが重要です。自分に合う業務や環境であれば、仕事が続かない状況を脱して長く働けるでしょう。

仕事が続かない人に向いている仕事とは?

仕事が続かない人に向いている仕事とは?の画像

仕事が続かない人に向いている仕事には、人間関係が苦にならない業務や自分のペースを維持できるものなどが挙げられます。下記で紹介する一例を参考に、自分の強みや適性に見合う仕事を見つけ出しましょう。

人間関係を気にせず働ける仕事

人間関係が原因で仕事が続かない場合は、1人で取り組める職種がおすすめです。具体的には、新聞配達・ポスティング・宅配物の仕分け・製造ライン・長距離トラックの運転手などが挙げられます。
そのほか、清掃スタッフや警備員なども1人でできる仕事が多いので、人間関係をあまり気にせず働ける職種といえるでしょう。働くうえで人とのコミュニケーションをゼロにするのは難しいですが、できるだけ避けながら勤務することは可能です。

正社員

配送ドライバー

  • 年収 358万円 ~ 456万円

  • 未経験OK,賞与あり,学歴不問,昇給あり

自分のペースでコツコツ進められる仕事

周囲とのペースが合わず仕事が続かない場合は、経理や事務職、データ入力など自分のペースでコツコツと取り組める作業が多い職種がおすすめです。これらの仕事は基本的にルーティンワークのため、比較的焦らずに業務と向き合える傾向にあります。職場によっては仕事内容が多岐に渡り、複数の業務を任されることがあるものの、自分の裁量で進められる場合が多いでしょう。

正社員

電話対応含む一般事務

  • 年収 227万円 ~ 259万円

  • 大手企業,未経験OK,土日祝休み,賞与あり,学歴不問,安定的な仕事,昇給あり

テレワークが可能な仕事

毎日同じ会社へ通うスタイルの仕事が続かない場合は、テレワークの可能な職種もおすすめです。具体的には、プログラマーやSE、Webライターなどが挙げられます。会社へ出勤せずパソコンで作業ができる仕事は、通勤時間がない分時間の余裕ができるのがメリットです。

また、会社に通う必要がなければ、ライフスタイルが変化しても同じ仕事を続けやすいでしょう。テレワーク可能な職種を探したい方は、「テレワークとは何の略?本来の意味やどんな仕事があるかを簡単に解説」もあわせてご覧ください。

ハタラクティブ在籍アドバイザーから正社員を目指す人に向けてのアドバイス

一つの会社で仕事を長く続けるには、働き方や業務内容が適性と合っていることが重要です。
モチベーションを維持できそうな職種は何かを考えながら、求職活動と向き合ってみましょう。
自分に合った仕事の探し方は、「ストレスのない仕事を見つけるには?適性別におすすめの職業も紹介」で解説しているので、参考にしてください。
ハタラクティブアドバイザー後藤祐介からのアドバイス

就職・転職サービスのハタラクティブは、20代の若年層に特化したエージェントです。
専任の就職・転職アドバイザーが、マンツーマンで丁寧にヒアリングを行い、豊富な求人の中から求職者の希望条件や適性に合った仕事を紹介します。また、面接対策や応募書類の添削、スケジュール調整など、きめ細かいサポートを実施。今の会社でのお悩みや、将来に対する不安なども相談可能です。
サービスはすべて無料なので、「仕事が続かない」「自分に向いている職種が分からない」という方は、お気軽にハタラクティブへお問い合わせください。

仕事が続かない人のお悩みQ&A

ここでは、仕事が続かないとお悩みの方に向けて、状況別に想定される疑問をQ&A方式で解決していきます。

仕事が続かない人の特徴は?

人間関係を築くのに苦手意識があったり、必要以上にミスを気にし過ぎてしまったりすることが挙げられます。また、働き方や業務内容が合わず、仕事が続かない人もいるようです。「仕事が続かない人に向いてる仕事とは?長続きしづらい特徴や対処法も解説」のコラムでは、仕事が続かない人の傾向と回避するためのポイントをまとめているので、あわせてご一読ください。

病気で仕事が続かない場合はどうしたら良いですか?

無理をせず治療や休養を優先しましょう。仕事を長く続けることばかりを優先して体調が悪化すると、再び働けるようになるまで時間がかかってしまいます。健康面のやむを得ない理由で仕事を続けることが難しい場合は、体調を回復できる環境を整えることから始めましょう。

メンタルが弱いので仕事が長続きしません…

ストレスやプレッシャーの耐性には、個人差があります。同じ職種で長続きしないという場合は、その仕事内容があなたの心身状況とマッチしていないかもしれません。自身のメンタルに合わせた改善策を知りたい方は、『「メンタルが弱い」と悩む人の特徴は?克服の仕方や向いている仕事を解説!』のコラムを参考にしてみてください。

仕事に興味が持てないときは辞めるべき?

すぐに退職するのではなく、仕事に興味が持てない原因や理由を紐解きましょう。仕事内容に興味が持てない場合は、同僚との会話を楽しんだり、他者の役に立っていることが実感できたりすると、気持ちが前向きに変化する可能性があります。また、同じ職場内での部署異動を申し出る方法も一つの手です。現在の仕事を続けるか迷っている方は、「仕事に興味がない…続けるデメリットは?パターン別の対処方法も解説」をご覧ください。

自分の適職を見つける方法はある?

自己分析を徹底的に行い、自分の強みや適性を掴みましょう。視野を広く持ち、世の中にどのような職業があるのか調査することも大切なポイントです。興味のある業界がある程度定まったら企業研究を行い、会社側が求める人物像を把握すると良いでしょう。
1人で自己分析や企業調査を行うのが不安な方は、就職・転職エージェントを利用してみるのも手。ハタラクティブでは、転職活動のサポートを行っているので、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ