新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事が長続きしない人の特徴は?原因は人間関係だけではない?

仕事が長続きしない人の特徴は?原因は人間関係だけではない?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事が長続きしない人には、「飽きっぽい」「モチベーションが低い」などの特徴がある
    ・仕事が長続きしない人は、原因を明確にして今後の対策を考えよう
    ・周囲と良好な関係を築いておくと、トラブルがあった際も周囲に相談しやすくなる
    ・仕事が長続きしない原因を自分で解決できない場合は転職も視野に入れよう
    ・キャリアプランや希望条件を明確にしたうえで転職活動に臨もう

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

「何度転職を繰り返しても仕事が長続きしない…」そんな風に悩んでいませんか?
仕事が長続きしない人は、性格が真面目過ぎて必要以上に自分を追い込んでしまう、飽き性で一つのことを続けられないなどの特徴が挙げられます。ほかには、長時間労働の常態化や険悪な人間関係など、職場環境に問題がある場合も。
今度こそ長く続けられる職場に巡り会えるよう、短期退職の原因を把握したうえで適切な対策を考えましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

仕事が長続きしない人の7つの特徴

真面目過ぎて仕事を抱え込んでしまう、理想が高過ぎてどの仕事に就いても満足できないなど、仕事を長く続けられない原因はさまざまです。
下記に仕事が長続きしない人の特徴を7つ挙げているので、自分と照らし合わせてみましょう。

1.性格が真面目過ぎる

仕事が長続きしない人の特徴の一つとして、真面目過ぎる性格が挙げられます。
仕事に対する責任感が人一倍強いため、自分のキャパシティに見合わない仕事も引き受けてしまったり、仕事を溜め込んでしまっても周囲に相談できなかったりと、頑張りすぎて自分を追い込んでしまう傾向にあるようです。
一人で仕事や悩みを抱え込み過ぎていると、精神的にも体力的にも限界となり、結果的に仕事を長く続ていくのが困難になってしまうでしょう。

2.仕事に対するモチベーションが低い

仕事へのモチベーションが低いと、目的を達成するための努力を最小限で済ませてしまいがち。そのため、仕事にやりがいや目標を持っている人と比べると、仕事を達成したときの充実感を得にくい可能性があります。やりがいや目標がない状態では仕事に対して充実感を得られず、「ほかに自分の能力を活かせる仕事があるのではないか」と転職を繰り返してしまうでのしょう。

3.理想が高い

理想が高過ぎるのも、仕事をすぐに辞めてしまう原因になります。
どのような仕事に就いても、100%理想通りということはありません。たとえ希望していた仕事だったとしても、イメージと違う部分は多少あるでしょう。しかし、理想が高すぎると現実とのギャップに耐えられず、「自分の能力が発揮できる場所はここではない」とすぐに退職してしまうようです。

4.飽きっぽい

飽きっぽい人は物事が長く続かず、転職を繰り返してしまう傾向にあります。
仕事に飽きたらすぐに転職を考えるため、現職で自分なりの目標を立てて続ける工夫をしたり、社内でのステップアップを考えたりしません。
仕事を長く続けたいなら、今の職場で自分を飽きさせない工夫をすることが大切。それが難しくて転職する場合は、自分にとって刺激がある仕事を探すのがポイントです。

5.経済的に困っていない

仕事が長続きしない人の中には、実家で暮らしている、裕福な家庭で定期的に援助して貰えるなど、経済的な後ろ盾がある人もいます。
経済的に余裕があると、仕事を辞めても生活に困らないため、危機感を持ちにくいでしょう。そのため、条件面や仕事内容を吟味せずに転職してしまう傾向があるようです。

6.人間関係を築くのが苦手

職場の人間関係に馴染めず転職を繰り返す人もいます。
上司や同僚との関係がこじれた、自分と合わない人の存在に悩んでいる、お客様との関係がうまくいかないなど、事情はさまざまでしょう。何度職場を変えても人間関係に悩んでしまうなら、周囲の環境ではなく自分自身に原因がある可能性あります。
これまでの自分を振り返り、周囲とのコミュニケーションの取り方に問題がないか、仕事に真剣に取り組んでいたかなど、根本的な原因を分析してみましょう。

7.ネガティブ思考

ネガティブ思考の人は、些細なことも悪い方向に捉えてしまいがち。
ミスしたことを長期間引きずって落ち込んだり、上司や先輩に注意されたときに必要以上に自分を責めたりすることで追い詰められてしまい、退職に至る傾向にあるようです。

仕事を長く続ける5つの方法

仕事を長続きさせたい人は、仕事が続かない原因を考えてみてください。そのほか、仕事を続けるために以下の方法を意識してみると良いでしょう。

1.仕事が長続きしない原因を明確にする

なぜ仕事が長続きしないのか、原因を明確にしておきましょう。飽きっぽい、忍耐力がないなど、自分の内面や考え方が原因の場合もありますが、職場に原因がある可能性も。
たとえば、もともと職場全体の人間関係が悪いという場合、そのような中で周囲と良好な関係を築くのは困難でしょう。ほかにも、残業が多過ぎて睡眠時間が確保しにくい、成果を上げているにも関わらず評価されないなど、さまざまな原因が考えられます。
退職を考える前に、自分が何に対して、どれくらい不満を感じているか、改めて見つめ直してみましょう。長続きしない原因が分かれば、今後の対策も立てられます。

2.周囲と良好な関係を築く

同僚や先輩、上司など、社内の人と良好な関係を築くのも、仕事を長く続けるための有効な手段です。社内で信頼関係を築ければ、仕事で困ったことがあったときも気軽に相談できたり、フォローしてもらえたりする可能性があります。
また、趣味の合う仲間が見つかる、終業後や休日など仕事以外の時間も一緒に楽しめるなど、仕事以外のメリットも期待できるでしょう。

3.息抜きをする

休憩時間や仕事終わり、休日など、時間を見つけて適宜息抜きをすることも大切です。頑張るのは良いことですが、仕事ばかりになってしまうと心が休まらず、ストレスが溜まってしまうもの。
旅行をする、趣味に没頭する、難しいことを考えずにのんびり過ごすなど、仕事から離れて自分の好きなことをする時間を設けるのがおすすめです。

4.仕事のやりがいや楽しみを見つける

「仕事がつまらない」「合わない」と感じている方は、やりがいや楽しみを見出だせるポイントを探してみましょう。お客様が喜んでいる様子を見ると嬉しい、目標の数字に到達できると達成感を得るなど、どのようなことでも構いません。
1つでも楽しみややりがいを感じられるポイントを見つけられれば、モチベーションアップにつながるでしょう。

5.仕事を一人で抱え込まない

仕事量が多過ぎると感じたときは、一人だけで抱え込まないようにしましょう。一般的な企業における業務は、チームで行うもの。疲れを感じたときは全てを抱え込もうとせず、今の業務と自分の状況を見直します。自分が無理をしなくても、誰かに任せられる仕事が見つかるはずです。
「人に任せるのは気が引ける」という場合は、「今、自分はこんな状況なのだけど、誰か○○が得意な人はいないかな?」と相談する形で頼ってみましょう。相談した人がすぐサポートできなくても、ほかの対応策や頼れそうな人の紹介など、新しい道が拓ける可能性があります。

6.気持ちを切り替える

ミスをしたり、注意されたりしたときに落ち込んでしまう傾向のある人は、できるだけ気持ちを切り替えていくよう努めましょう。ミスは多少なりとも誰もが経験するものです。また、先輩や上司が注意するのは今後同じミスを繰り返さないためであり、あなた自身のことを否定しているわけではありません。「自分はダメな人間だ」と必要以上に落ち込まず、今後どうしたらミスを防げるかを考えていきましょう。

場合によっては転職も考えよう

仕事が長続きしない原因を自力で解決するのが困難な場合は、転職を検討してみるのも良いでしょう。
たとえばどんなに努力をしても仕事にやりがいを見出だせなかったり、苦痛に感じたりしてしまうなら、仕事や職場が自分に合っていない可能性があります。合わない仕事を無理に続けていくのは、精神的な負担も大きいでしょう。
また、会社の労働環境や制度に問題があり、上司に掛け合っても解決の見込みがない場合も、転職して環境を変えたほうが効率的な可能性があります。

次こそ仕事を続けたい!転職活動の4つのポイント

今の職場環境で仕事を続けるのが難しいなら、自己分析を徹底する、第三者に相談するなど、短期の転職を繰り返さないためのポイントを知っておきましょう。この頁では、転職活動における注意点をご紹介します。

1.知名度やイメージで企業を選ばない

知名度やイメージで企業を選んでいた場合は、基準を見直しましょう。たとえ有名な大手企業であっても、自分に合わない社風や条件の会社を選んでは長続きしません。
有名企業ばかりにとらわれず、「どのような会社が自分に合うか」を明確化したうえで転職活動に臨むと良いでしょう。

自己分析と企業研究を徹底しよう

企業選びが上手く行かないと感じている場合は、自己分析と企業研究を徹底的に行ってください。
自己分析は、自分の適性や大切にする価値観を洗い出すのが目的。過去の経験を振り返り、自分はどんな動機で物事に取り組んできたのか、何をしている時に一番やりがいを感じるのかを探りましょう。傾向がつかめたら、そこから自分に合いそうな企業・仕事を探します。
入社したいと思える企業が見つかったら、次は企業研究です。企業のWebサイトに掲載されている基本的な会社概要や企業理念などに目を通し、自分の希望に合うかどうかを吟味しましょう。プレスリリースにも目を通しておくと、新事業や新サービスについて知ることができます。
また、企業が求める人材について詳しく記載されているので、新卒採用のページを見てみるのもおすすめです。もしWebサイトを見ても分からなかったことがある場合はメモにまとめ、面接の際に質問すると良いでしょう。知りたいことを明確にできるだけでなく、熱意や意欲のアピールにもなります。

2.キャリアプランを明確にする

「今の職場が嫌だから」と安易に退職するのではなく、転職したらどうなっていきたいかを考えましょう。希望する収入や就きたい職種・ポジションといった目標を設定すれば、転職先を見つけるための手がかりになります。
キャリアプランが明確になっていれば、「今辞めるのが目標とするキャリアプランを叶えるのに良いことなのか?」とワンクッション置いて考えるきっかけになり、安易な転職を防げます。特に辞め癖がついてしまっている人は、将来的な目標をつくることで、今自分が何をすべきかを意識してみてください。キャリアプランを練る際は、10年後、15年後の大きな目標を考え、それを実現するために1年後、2年後は何をすれば良いのか、数年単位の小さな目標を決めていきましょう。

3.自分が重視する条件に合った仕事を探す

長期的に勤められる会社を見つけたいなら、自分が仕事をするうえで何を一番重視しているのか理解しておくことが大切です。退職を繰り返してしまう原因の多くは、自分が就職先に求める条件が分かっていないため。入社後に企業とのミスマッチを起こさないよう、まずは自分の中の譲れない条件に当てはまっている企業を探しましょう。
条件に合う企業を選んだ後は、その企業について綿密に調べることも重要です。たとえ一つの条件が満たされていても、ほかの部分で極端に相性が合わない会社に当たってしまう可能性もあります。たとえば、給与や昇格などの条件が満たされる会社でも、それらを得るために上下関係が必要以上に厳しい、残業が常態化していてハードワークを強いられるなど、人間関係や職場環境に問題がある場合も。
ただ、個人で調べるだけでは、会社内の人間関係や残業の実態など、踏み入った事情を知るのは限界があるでしょう。そのような場合は、各企業の風土や離職率に詳しい転職エージェントを利用すると、より詳細な企業情報を得られる可能性があります。

4.第三者にアドバイスを求める

「長く続けられそうな仕事が分からない」「本当に条件に合っている企業なのか不安」という方は、第三者のアドバイスを求めるのがおすすめです。家族や友人に話を聞いてもらい、転職に関する助言をしてもらうと良いでしょう。身近に相談できる相手がいないなら、転職のプロである転職エージェントを活用するのも有効です。エージェントではカウンセリングをしたうえであなたに合った求人を提案するので、入社後のミスマッチを防げるのがメリット。仕事が長続きしない悩みにもアドバイスをくれるでしょう。

転職エージェントのハタラクティブでは、プロのアドバイザーがマンツーマンでサポートを行います。企業に取材を行った求人情報のみを紹介するので、企業の特色に関しても丁寧なご説明が可能です。ほかにも、応募書類の添削や模擬面接などがあり、転職活動でつまづきやすい部分もしっかりフォロー。
「転職活動をしているうちに違う不安が出てきた…」という場合も、ご相談いただければ対応するので、安心して転職活動に臨めます。「今度こそ長く仕事を続けていきたい」という方は、ぜひハタラクティブにお問い合わせください。

仕事が長続きしないことに関するQ&A

ここでは、仕事が長続きしない人のお悩みをQ&A形式で解消していきます。現状を打破したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

仕事を頑張れません…

仕事を頑張れない理由には、業務内容が自分に合っていなかったり、頑張りを評価してもらえなかったりすることがあるようです。仕事を頑張るには、業務の目標を立てる・尊敬できる人の真似をする・生活にメリハリをつけるといった方法があります。仕事を頑張るための目標設定方法は、「仕事が頑張れない理由は?転職は有効?対処法をご紹介!」をご一読ください。

合わない仕事と向き合うにはどうしたら良いですか?

A.まずは仕事のどの部分に合わないと感じたのかを明確にしましょう。合わないと感じる内容によっては、職場に改善を求めたり時間が解決してくれたりといった対策ができます。ただし、ストレスが心身に影響を及ぼしている場合は転職したほうが良いでしょう。「合わない仕事と向き合う方法」でも、合わない仕事に対するお悩みに回答しています。

仕事から逃げたいと思うのは甘えでしょうか

仕事から逃げたくなる気持ちは甘えではありません。職場の人間関係が悪化していたり、やるべきことが決まっていたりする人は、現状から脱するためにも計画的に行動しましょう。「仕事から逃げたいのは甘え?「怖い」「辛い」と感じている時の対処法」では、仕事から逃げたいときに試してほしいことをまとめています。

転職したいけどなかなか仕事が決まりません

志望動機の説得力が低いと、採用担当者へ熱意を伝えられません。仕事が決まらない原因や見直しの方法は、「仕事が決まらないときはどうする?よくある原因や打開策を解説」をご覧ください。自分のスキルや特性に合った仕事探しをするなら、ハタラクティブを活用してみませんか?ハタラクティブなら、ここにしかない非公開求人を多数有しています。マンツーマンの手厚いサポートで効率的に転職活動を進められますよ。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ