仕事が楽しい人の特徴とは?楽しむためにするべきこと

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事が楽しい人の特徴とは?楽しむためにするべきこと

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・自分で工夫したり、やりがいを持って努力している時、仕事は楽しい

    ・仕事を楽しむコツは、「目の前の仕事に向き合う」「完璧主義を捨てる」「目標を持つ」など

    ・仕事がどうしても楽しめない、会社の方針が合わないと感じる時は、転職を検討しよう!

仕事は楽しいことばかりではありません。どんな職種でも必ずつらいことや少し無理をして頑張らなければいけないことがあるでしょう。

しかし、それでも「仕事が楽しい!」と感じる人がいることは事実です。

それでは、仕事を楽しんでいる人とそうでない人の違いはいったいなんなのでしょうか。

また仕事がつまらないと感じている人は、どのようにすれば仕事を楽しむことができるのでしょうか。

 

◆「仕事が楽しい」ってどういうこと?

「仕事が楽しい」ということは必ずしも「仕事が楽」ということではありません。

業務内容が単純で楽な仕事であっても、能力を持てあましてしまっている人が、仕事を楽しいと目を輝かせることは少ないでしょう。

人が仕事を楽しいと感じる理由は「やりがい」「達成感」にある場合が多いからです。

 

やりがいとは、自分以外の誰でもできるような仕事ではあまり感じることはできません。

例えば、お客さんに感謝されたとき、先輩や上司にほめられたとき、同期のライバルよりいい成果が出せたときなどに、人はやりがいを感じます。

もちろんこれらは毎日のように頻繁に起こるできごとではなく、長い間の努力が実ったときにより強く感じることができます。

つまり単純作業や楽な仕事よりも、自分で工夫したり努力する仕事のほうが楽しいと感じられるのです。

また職場の人間関係が良好であることも大切な要素です。

一緒に働く仲間や上司、取引先などとの信頼関係があることで、より仕事が楽しいと感じられるでしょう。

◆仕事を楽しくするヒント集

ここからは、仕事がつまらないと感じている人に向けて、仕事を楽しくするための具体的なヒントをご紹介します。 

 

【目の前の仕事に一生懸命になる】

もし仕事が楽しくないと感じている場合であっても、いま与えられた仕事に前向きに挑戦してみることが大切です。

まず覚えておきたいのが、すべての条件において理想の仕事に就いている人は珍しいという現実。

条件面が合うと思った就職先でも、「思っていた仕事ではなかった」というミスマッチも少なからずあります。

また逆に、第1志望の業界や企業に入社できなかった場合でも、「実際にやってみたら楽しかった」ということもあり得ます。

後者の人の場合は、やりたいことではないからと先入観を持たずに、とりあえず「やってみるという姿勢」が結果的に仕事を楽しいものにしたといえるでしょう。 

今の仕事に多少不満を持っているという方も、目の前の仕事に全力投球しているか自問してみるのがおすすめです。

仕事が嫌だからと適当に取り組むよりも、全力を尽くすことで見えてるもののほうが大きいはず。

仕事に一生懸命になることで、新たな可能性や仕事への適性の有無がわかり、転職を含めて今後を考えるヒントが見えてくるでしょう。

 

【目標を決めて仕事をする】

ただ漫然と毎日の業務に取り組むよりは、目標をもって仕事をこなすほうが心が活き活きしてきます。

「ノルマがないから目標が持てない」「ルーティン業務が多く目標が立てられない」という人も、小さなことでいいので自分なりの目標を設定してみるのがおすすめです。

上司や会社に課せられた目標ではなく自分なりのラインを定めることで、仕事に対して主体的に行動するようになり、自分で考え動いたからこそ得られる達成感を味わえるでしょう。

「会社のノルマがプレッシャーになって仕事が楽しめない」という人は、ノルマとの付き合い方を見直す必要があります。

「ノルマが達成できなかったから全てが駄目」と考えると、仕事を楽しむ余裕は持てません。未達成という事実だけを考えて落ち込むのではなく、ノルマをこなすための取り組みを通した成長、仕事への真剣さや顧客と向き合う態度など、数値には置き換えられない自分の働きを評価する習慣をつけましょう。

 

【積極的に人間関係を構築する】

仕事を楽しむ環境を手に入れるには、自分から人間関係を築く努力をすることが大切。

同僚との良好な関係やチームワークは、職場のストレスを減らし仕事を楽しむ余裕をもたらしてくれます。しかし、うまくいっていない人間関係は、自然に任せるだけではなかなか改善しないもの。

「あの人は無愛想なので苦手」と思う相手がいるのであれば、自分から積極的に挨拶をして、職場の空気が良くなるように意識してみましょう。

コミュニケーションがとれていない人がいたら進んで話しかける、嫌いだと思う人でも、相手を深く知って長所を見つけるなど、全てにおいてまずは自分からの働きかけが大切です。

何かあったときに気軽に相談できる相手を持つことも、仕事を楽しくする上では重要な要素。

悩みができたとき、仲の良い同僚や普段仕事を教えてもらう先輩などに自分から相談することで、気持ちを軽くしたり新しい視野を持てるようになるかもしれません。 

 

【プライベートを充実させる】

仕事を楽しむためには、プライベートとのメリハリをつけることも大切。

例えば仕事を終えた後に予定を入れると、残業を少なくするために効率を考えて仕事を進めるようになるでしょう。漫然と毎日の業務にあたるのではなく、工夫しながらタスクをこなすことで仕事が楽しくなることもあります。

休日に楽しみな予定があると、仕事にも張り合いが生まれるという人は少なくないはず。

仕事を楽しくするときに忘れてはいけないのが、仕事以外の時間の使い方。熱中できる趣味ややりたいことを見つけると、仕事にも熱が入るのではないでしょうか。

休日にスポーツや趣味でストレス発散する機会を設けると、仕事を楽しむ心の余裕が生まれるかもしれません。

◆仕事を楽しむためにやめるべきこと!

次は、「仕事を楽しむためにしてはいけないこと」をご紹介します。

自分の行動がこれからご紹介する内容にあてはまるという人は要注意。仕事が楽しめない原因を突き止め、改善に向けて考え方を変えていきましょう。

 

【完璧主義にならない】

仕事を楽しんでいる人で、"完璧主義でいつも完全な形を求めている"という人はあまりいません。

仕事に対して真摯に努力する姿勢は必要ですが、あまりにも完璧を目指すと身も心も疲れ切ってしまうことが。

「絶対にこうしなければいけない」という気持ちは自分自身に過度なストレスやプレッシャーを与えて、仕事を楽しむ余裕を奪ってしまいます。

自分は完璧主義になりがちという自覚のある方は、「いざという時はこんなやり方もある、あんなやり方もある」と柔軟な思考を持つことで、仕事が楽しくなるかもしれません。

 

【人と比べない】

人と自分を比べることが、仕事のモチベーションややる気を高めてくれるのは、ある面では事実です。

ただ、競争して伸びるタイプではない人や、周囲と比べるあまり毎日の仕事が窮屈になっている方は注意が必要。

苦手分野で人より成果を出せないと気にするよりは、得意分野の能力を伸ばして誰にもできない仕事を成し遂げるのが良い場合もあります。

仕事ができる人のやり方を真似したり、できる同僚から学ぶのは賢い方法ですが、人と比べて自分を卑下しないようにしましょう。

それが仕事を楽しむための基本です。

 

【高過ぎる理想を持たない】

仕事が楽しくない人のなかには、理想があまりにも高く現実とのギャップが生まれているというパターンがあります。

仕事においての目標設定は大切ですが、「自分はこんな仕事をしているべき人間ではない」「華やかな仕事こそ天職」と考えていると、目の前の仕事はたちまち魅力を失ってしまうでしょう。

特に新入社員のうちは、雑用をこなすことで基礎的なスキルが身についたり、先輩について取引先を回ることで顧客対応のポイントが理解できたりします。

今の仕事に不満を持つだけではなく、今の仕事から学べること、将来的に今やっていることが役立つことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

多くの場合、理想は一足飛びに実現するものではありません。

叶えたい理想のために、現在自分がすべきことは何か?を考えることで、目の前の仕事に向かう意欲が芽生え、仕事が楽しめるようになるかもしれません。

◆仕事がどうしても楽しめないときには、転職もひとつの道

仕事を楽しむ方法についてご紹介してきましたが、実践できそうなものは見つかりましたか?

色々な方法や考え方を試してみて、それでも仕事が楽しいと思えないときには、環境を変えるのもひとつの手段です。

人間関係においても、パワハラやいじめなど、自分の努力だけではどうにもならないこともあるのが現実です。

また、会社が経営難で将来が不安であったり、経営方針がどうしても自分の考えと合わないなどということもあり得ます。

 

ほかの会社では「どのような仕事内容の求人があるのか」「待遇はどのように違うのか」など、知っておくだけでも今後の働き方を考えるきっかけになるでしょう。

ハタラクティブは、若手に特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

多くの就職・転職に関わってきた就活アドバイザーがマンツーマンでサポートするので、転職活動の方法が分からないという方も安心して相談をすることができます。

まだ具体的な転職時期を決めていない場合でも、情報収集の一環としてカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

ハタラクティブでは、転職を考えている方、今の仕事に悩んでいる方の気軽な相談を受け付けています!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ