仕事が遅い原因とその改善法

仕事が遅い原因とその改善法の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が遅い原因には、何をすべきか明確に理解していないことが挙げられる仕事が遅い人には、信頼を得にくいなどの複数のデメリットがある
  • 仕事が遅い原因を知りきちんと対策することで、悩みを解決できる可能性は高い
  • 仕事が遅い原因が分かっても対策が難しい場合は、転職という選択肢もある

仕事が遅いと悩んでいたり、周りからスピードアップを求められたりしたら、まずは「なぜ仕事が遅いのか」を知ることが大切。原因が分かれば、解決法が見えてきます。
仕事が遅いと、周りに迷惑をかけるだけでなく評価に影響が出ることも。コラムを参考に、仕事への取り組み方を改めて確認してみてください。解決法を試してもうまくいかない場合は、仕事に適性がない可能性があります。転職することも視野に入れてみましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事が遅い7つの原因

仕事が遅い原因はたくさんありますが、「マルチタスクができない」「一人で抱え込もうとする」「仕事の目的を理解していない」などが挙げられます。よくある原因を以下にまとめたので、当てはまる点がないか確認してみましょう。

1.マルチタスクが苦手

仕事が遅い人の特徴としてまず挙げられるのは、1度に複数の仕事を考えられない点です。
1つの仕事をしていると別のことに頭が回らなくなり、1日に複数の仕事を進めるのが苦手だと、結果的に全てのタスクが中途半端な状態となってしいます。

2.人に聞かず、自分だけで解決しようとする

全て自分で解決しようとするのも、仕事の遅い人によく見られる特徴です。自分の能力を超えた問題については、1人で努力しても限界があります。
しかし、仕事の遅い人は自分でなんとかしなければならないという気持ちから、上司や周りの人に相談できず、多くの時間を費やしてしまいます。

3.早くこなすための工夫ができない

仕事に応じた工夫ができない人は、仕事が遅くなってしまいがち。仕事を的確にこなすのには、創意工夫も必要です。
決められた手順を守ることは大切ですが、その中で少しでもスピードを上げたり、ミスをなくしたりする方法を意識すれば、仕事の遅さは改善できるでしょう。

4.単純なミスが多い

ミスが多いというのも、仕事が遅い原因の1つです。
仕事をする上でスピードも大切ですが、そのせいでミスが増えてしまえば、やり直しの時間が余計にかかってしまい、結果完成する時間が遅くなってしまいます。

5.仕事の目的をきちんと把握していない

目的をきちんと把握しないまま業務を進めてしまうことが、仕事を遅らせてしまう原因になります。
目的を把握していないと、やる必要がない作業をしてしまったり、余計なミスを起こしてしまったりする可能性を高めてしまいます。
目的を明確にしていないと行うべき作業の優先順位を付けられずに、ただやみくもに仕事をしてしまうことにもつながってしまいます。

6.仕事に完璧を求めすぎている

仕事を完璧にこなそうとすると、仕事に遅れが出る可能性が高まります。
仕事に完璧を求めることは間違いではありません。ただし、完璧を求めれば求めるほど、作業時間も増えるため完了が遅くなるでしょう。

7.言われたことしかしない

言われたことだけしかしない人は、依頼された仕事のことしか見えないため仕事が遅くなりがち。依頼された作業の背景や関連する仕事を理解すれば、時間をかけて対応すべきか短時間で終わらせるのか判断ができます。

自分は要領が悪くてなかなか効率良く仕事ができないと悩んでいる方は、「要領が悪いと悩んでいる方は必見!仕事を効率的に進める方法を解説」をチェックしてみてください。

仕事ができる人に憧れている方には、「できる人はどうしてる?仕事を早く終わらせるコツとは」こちらのコラムがおすすめです。これを読めばきっと今後の仕事の役に立つでしょう。

仕事が遅い人にみられる4つの特徴

マイペースな人や完璧主義な人は、仕事が遅くなりがち。仕事が遅いのは、作業の進め方だけが原因ではありません。その人が持つ性格や考え方も、作業スピードに関係しています。

1.人の頼みを断れない

人の頼みを断れないという方は、どうしても仕事が遅くなってしまう傾向があります。
本来の仕事に加えて頼まれた仕事を全部引き受けていれば、自分のキャパを超えてしまい集中力に欠けたり、焦りからミスが目立ったりして仕事が遅くなってしまうでしょう。

2.マイペース

周囲を気にせず自分のペースで仕事をする人も、仕事が遅くなりがちです。
仕事はチームで動くので、自分のペースで進めると周りに迷惑がかかることも。マイペースな人にはどんな仕事が向いているか、「マイペースな人に向いている仕事は?職場で高評価を得るための4つのコツ」のコラムで解説しているので参考にしてください。

3.責任感が強くない

責任感が弱い人は、自分の仕事の重要性や納期に対しての意識も低め。仕事に対する取り組み方も熱意がない傾向が見られるので、ダラダラと仕事を進めがちです。

4.細かいことが気になる

完璧を求めすぎた結果、細かい点まで気にしていると仕事が遅くなります。状況にもよりますが、完成度よりもスピードを重視する場面は多々あります。
完成度の高い仕事を
仕事が遅いと言われるのはどんな人か知りたい方は、「仕事が遅いと言われる人の特徴とは?問題点や改善するポイントを紹介!」このコラムにその答えが書かれているので、ぜひ参考にしてください。

仕事ができないと言われる人の特徴について気になる方には、「仕事ができない人の特徴とは?できる人になる方法をご紹介」がおすすめ。仕事ができる人がしていることも書かれているので、ぜひ参考にしてください。

仕事が遅いことによる3つのデメリット

仕事が遅いことによって、信頼性を失ったり評価に影響を及ぼしたりといったデメリットが生じえます。仕事が遅いかもしれないと不安になった今、どのようなデメリットがあるか理解しておきましょう。改善するチャンスです。

1.信頼を失う可能性が高まる

仕事が遅い=仕事ができない人、と思われてしまうことがあります。
仕事ができる・できないの判断は、そのまま仕事や人間性への信頼感につながりますし、仕事以外のことに対してもルーズなイメージを抱かれてしまう可能性は否めません。
ルーズな人がいることで「この会社は人間関係や雰囲気が悪い」「あの人とは関わりたくない」と、社内外から評価されてしまうことも。仕事が遅いことによって、自分ひいては会社の信頼性を失い、周りへの影響があることを理解しましょう。

2.大きな仕事を任せてもらえなくなる

仕事が遅ければ、必然的にトラブルがあった時に対応が間に合わない、または、対応できても後手に回ってしまって解消されるのも遅い、ということが懸念されるでしょう。
そのため、納期が早い業務や、重大な仕事を任せてもらえないことがあります。

3.長く勤めても評価が上がらない

基本的に、仕事が遅ければ上司や周りからの評価は上がりません。仕事が遅いため充分な成果が上がっていない、他の人に負荷がかかっている、生産性が上がらない、などさまざまなことが考えられます。
丁寧に行っているから業務が遅い、という人もいますが、「仕事が遅い」と周りの人も認めるレベルは、業務に対する本来の目的を見失っているといえるでしょう。入社後、数年経っても常に同じ業務しか任されず、スキルやキャリアが上がらない場合は、業務スピードを意識してみてください。
もちろん、評価が上がらなければ昇給や昇格も期待できないため、収入面にも影響が出るでしょう。

仕事の負担や業務量も増える
仕事が遅くても、どんどん新しい業務は任されます。作業が遅ければ、それだけ自分の負担が増えることに。1つの仕事が終わらないうちに新しいタスクを抱えてしまいます。

仕事が遅い人がとるべき5個の対策

仕事の遅さを解消するには、はじめに仕事のゴールを確認し、目的や優先順位を考えながら業務に当たることがポイント。また、ときには周囲の人を頼ったり、こだわりを捨てたりといった事も必要になります。仕事が遅いと悩んでいるなら、下記を試してみてください。

1.ゴールをきちんと設定してから仕事をはじめる

仕事をはじめる前には、きちんとゴールを設定することが大事です。
目的もゴールも明確にしないで仕事に取り組むと、優先順位も曖昧になってしまい、自分がしている作業が何なのか分からなくなります。
仕事を速く終えるためには、事前の打ち合わせを大切にして、スケジュールをきちんと立てる癖をつけましょう。
無理をしないことも大事なポイントで、精神的な余裕を持つ工夫をすることも重要になります。
特に自分がリーダーとして仕事を遂行しなければいけない場合は、チーム全体のスケジュールをきちんと頭に入れておくことも大事です。
トラブル対策も事前にしておけば、何があっても焦ってミスをしてしまう心配もいりません。

2.人に頼る

自分で考えても解決しない問題は、上司や先輩などのわかる人に質問することも必要です。
その際に大切なのは、質問の仕方。「わからないので教えてください」という質問では聞かれた側も1から回答する必要があり、聞いた本人も成長につながりません。自分なりの答えを出し、どこがわからないのかをハッキリさせた上で質問するようにしましょう。
また、自分のキャパシティを超えた仕事を抱えているときは、周囲に助けを求めることも大切。そのために、日頃からコミュニケーションを大切に人間関係を構築するのがおすすめです。

3.整理整頓を心掛ける

仕事を速く終えるためには、日頃から整理整頓を心掛けることも大切。デスクに書類などが煩雑に散らばっていると、必要なときに見つけられません。探す時間を省くためにも、タスクごと・クライアントごとなど書類をまとめる癖をつけましょう。

4.効率化を意識する

小さな工夫を大切にしているのも、仕事を早くするためのポイント。
例えば事務の仕事の場合、ショートカットキーの活用やよく使う文面をテンプレートに登録するなど、少しでも効率化できる部分がないかと探してみることが仕事を早くするコツになります。
一度に短縮できる時間が少しであっても、それを積み重ねることで仕事全体を効率化することができるのです。
創意工夫をする際は、小さな手間をいとわないことが大切。最初は慣れたやり方の方が早くても、やり方を変えた方が最終的なスピードアップにつながるのであれば、そちらを選択する習慣を身につけましょう。「仕事の効率化をアップさせて、できる人を目指そう!」のコラムも参考にしてください。

5.ミスを少なくする

ミスがないのも仕事を早くする上では重要なポイントとなります。
人間誰しも失敗することや小さなミスをしてしまうことはあるもの。ですが、そのミスに早く気づくことが大切です。
最初は確認作業を行う分仕事が遅くなることもありますが、確認を徹底することでミスが多かったときよりも最終的なスピードは上がっているはずです。
また、ミスを起こしづらい環境を作ることも大切。
自分が失敗しやすい作業は他の人とのダブルチェックを行う、ミスしやすい入力欄はプルダウン式にする……など、ミスをしない仕組みづくりを行うことで仕事を効率化することができます。  

仕事が早い人の特徴について知りたい方は、「仕事が早い人の特徴とは?効率的に作業するコツについて」「効率の良い仕事の進め方を知りたい!業務が早い人は何をしている?」のコラムがおすすめです。

仕事が遅い人には転職という選択肢もある

仕儀が遅い原因が明確になり、いろいろ対策しても問題を解決できない場合は、今の仕事に適性がない可能性が考えられます
仕事の適性とは、仕事に活かせる能力があるかなどで判断できます。適性のない仕事を選んでしまうと、努力しても思うような成果がでないことも。適性については「自分の適性に合った仕事の探し方」で詳しく解説しているので、ご確認ください。

自分が活躍できる仕事をしたい、適性に合う仕事を知りたいとお悩みなら、転職支援のハタラクティブにご相談ください。
専任の就職アドバイザーによるカウンセリングで、ご相談者の性格や希望に合った求人をご紹介。扱う企業には訪問調査を実施しているので、求人情報からは分かりにくい社内の雰囲気などもお伝えできるのが強みです。
仕事の適性で悩んでいたり、努力に対して成果が伴わないと感じたりしているなら、ぜひ一度ご相談ください。

関連タグ