新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. もう限界…パワハラは誰に相談すれば良いの?

もう限界…パワハラは誰に相談すれば良いの?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・パワハラとは、職場での優位性を背景とし、相手に精神的または肉体的な苦痛を与える行為のこと
    ・業務の適正な範囲を超えた指導はパワハラにあたる
    ・厚生労働省はパワハラを6つの類型にわけて説明している
    ・パワハラの悩みは1人で抱えず、会社の担当窓口や労働局に相談しよう

「上司に毎日怒られ会社に行くのが辛い…」
その状況、ひょっとしてパワーハラスメントを受けているのかもしれません。
適正な指導とパワハラの境目は、一体どこにあるのでしょうか?

◆パワハラとは

パワーハラスメントとは、「職場での優位性」を背景として、同じ職場で働く仲間に対し精神的・肉体的な苦痛を与える行為のこと。職場での優位性には「上司である」「先輩である」という立場に限らず、知識、経験、人間関係などさまざまな優位性が含まれ、同僚から同僚へ、部下から上司へのパワハラもあり得ます。
物を投げつけながら叱責する、謝罪にあたって土下座を要求するなど、適正な業務の指導範囲を超えているのはパワハラの特徴です。通常叱責とは失敗を反省し同じ過ちを繰り返さないために行われるものですが、パワハラは個人の成長にはつながらず、職場の環境や雰囲気を悪化させる要因となります。

そんなパワハラですが、どこまでが業務の適正な範囲内なのかの認識は職場によってまちまちで、会社側から「指導の一環だ」と言われ、泣き寝入りをするケースは少なくありません。
パワハラから身を守るには、具体的にどのような行為がパワハラにあたるのかを知りましょう。

◆パワハラの種類

厚生労働省では、パワハラを6つの類型にわけて説明しています。具体例と合わせて確認していきましょう。

【身体的な攻撃】

・叩く、蹴るなどの暴力をふるう
・物を投げつける

【精神的な攻撃】

・部下や同僚たちの前で叱責する
・長時間にわたり執拗に叱責する
・「給料泥棒」など、侮辱的な言葉でののしる

【人間関係からの切り離し】

・ほかの人から席を離す
・1人だけ別の部屋に移動させる
・送別会など会社の行事に呼ばない
・会社の連絡事項について教えない
・仕事を教えない
・無視する、仲間はずれにする

【過大な要求】

・到達不可能なノルマを課す
・新人に無理のある仕事量を押し付ける

【過少な要求】

・コピーや草むしりなどの簡単な仕事だけを命じる
・掃除だけをやらせる
・仕事を与えない

【個の侵害】

・家族や交際相手の悪口を言う
・仕事が終わった後もLINEなどで悪口を送る
・しつこくプライベートについて聞く(相手が女性であればセクハラにも該当)

よくあるパワハラの具体例をまとめましたが、このほかにもパワハラに該当する事例はあります。
「自分が受けているのがパワハラなのか、適正な指導なのかわからない…」という人は、会社の窓口や外部機関に相談し、客観的な意見やアドバイスを求めるのが良いでしょう。
少しでも精神的・肉体的な苦痛を感じているのであれば、1人で抱え込まず誰かに話を聞いてもらうことが必要です。

◆誰に相談すれば良いの?

職場のパワハラに悩んでいる場合、まずは会社の担当窓口に相談してみましょう。もし、会社にそのような窓口がない、取り合ってもらえないのであれば、外部機関を利用します。
会社がある地域を管轄する労働局または労働基準監督署に行けば、総合労働相談コーナーで話を聞いてもらえるでしょう。なお、相談コーナーは電話での利用も受け付けています。
相談する時は、パワハラだと感じた状況をなるべく具体的に説明しましょう。事前に、パワハラが起こった日付と相手、何を強要されたのかなど、事実関係をまとめたメモをつくっておくのがおすすめです。

今の職場でパワハラを解決するのが難しいと感じたら、転職を考えるのが良いでしょう。パワハラが起こる職場は風通しが悪く、良い環境ではないはずです。
次こそ自分に合った職場を見つけるなら、若年層の就職・転職支援に特化したハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは実際に取材した企業の求人をご提案するので、応募前に詳しい仕事内容や職場の雰囲気、社風についての情報をご提供できます。
さらに、当サービスでは、転職後も定期的に連絡をとり、何か困っていることがないかヒアリングを実施。悩みがある時は、無料で相談することが可能です。
今の環境を変えたい人、自分にぴったりの職場を見つけたい人は、ハタラクティブを利用してみませんか?

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    (Translated by Google) Thank you …

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    (Translated by Google) I don't kn…

    2020/12/14

  • ka

    (Translated by Google) The person…

    2020/12/12

  • Dan

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    (Translated by Google) The counse…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    (Translated by Google) I think it…

    2020/11/10

  • みやみや

    (Translated by Google) I was worr…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    (Translated by Google) The counse…

    2020/09/29

  • Jun

    (Translated by Google) With the p…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?