新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 年下上司との正しい接し方は?上手く付き合うための方法をご紹介

年下上司との正しい接し方は?上手く付き合うための方法をご紹介

【このページのまとめ】

  • ・年下上司との上手い接し方は、敬語で話し積極的にコミュニケーションを取ること
  • ・年下上司との接し方で意識すべきことは、上下関係ではないという認識を持つ
  • ・年下上司との接し方での注意点は過度なアドバイスは避け、指示に従うこと
  • ・努力をしても年下上司を受け入れられない場合は、転職も視野に入れよう

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

年下上司との接し方に悩む人は多いでしょう。
年功序列から成果主義の時代に切り替わり、若年層にも昇進の機会が増えてきました。そのため昨今では、年下上司と仕事をしている人も多いようです。
しかし、中にはプライドが邪魔をして、年下上司を素直に受け入れられず悩む人も。このコラムでは、年下上司に抵抗を感じる原因や上手な接し方をご紹介します。しがらみなく年下上司と良好な関係を築きたい人は、ぜひご一読ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

年下上司と上手く付き合うための4つの接し方

年下上司と上手く付き合う方法を4つご紹介します。以下の方法を参考に、良好な関係を築いていきましょう。

1.敬語で話す

たとえ上司の年齢が年下であっても、ビジネスマナーとして敬語を使用するのは基本です。
職場内で上司や先輩と話す際には、敬語を使います。名前を呼ぶ際も呼び捨ては避け、きちんと「さん」を付けて呼びましょう。

2.積極的にコミュニケーションを取る

年下上司との信頼関係を築くには、積極的にコミュニケーションを取るのも有効な方法です。
業務中は小まめな声掛けをする、分からないことや不安なことがあったら素直に質問をし、上司が安心して指示を出せる土台を整えましょう
また、飲み会のようなリラックスして話ができる場を設けるのも効果的です。

3.自分の強みを活かしてサポートする

自分の強みを活かして、年下上司をサポートすることも効果的です。
上司と部下という立場であったとしても、仕事をするうえで大切なパートナーであることに変わりはありません。会社の利益を優先し、上司と部下が力を合わせて業務をこなしていくことが重要です。
そのためには、部下は上司をしっかりとサポートし、上司は部下を信頼して任せるといった関係性が求められます。自分が持っている強みを活かし、上司や同僚、後輩を支えながら会社に貢献していきましょう。

4.年下上司の気持ちに寄り添う

自分の現状だけでなく、年下上司の立場も考慮しましょう。
年下であっても、上司として仕事を任されることで、大きな責任を背負わなければなりません。表には出さなくても、上に立つ者としてのプレッシャーを感じている可能性があります。
また、部下との接し方や、年上部下の反発心にどのように対応するべきかといった悩みを抱えていることもあるでしょう。
「自分が年下上司に戸惑いを感じているように、相手も自分の立場に悩んでいるのでは?」という視点を持ち、年下上司の気持ちに寄り添うことが大切です。

客観的に自分を見つめることが大事
第三者の視点に立ち、自分自身を客観的に見つめましょう。また、上司だけでなく周囲全体に意識を向けることも大切です。
「自分と年下上司との関係を周りはどのように見ているのか」と冷静に考えることで、2人だけの世界ではないのだと気づき、上司への適切な接し方が身につくでしょう。

年下上司と接するときに意識すべきこと

年下上司との接するときは、上下関係ではないという認識を持つことを意識してみてください。人間関係を悪化させないためにも、以下のポイントを押さえておきましょう。

上下関係ではないという認識を持つ

年下上司に接する際には、上下関係ではなく、パートナーであることを意識しましょう。上司はチームの目標を立て、方向性を定めることを、部下は自分の能力を活かしてチームに貢献することを主な役割としています。年下上司と部下ではそれぞれ役割が異なるという考えを持てば、相手に敬意を持ちながら接することができるはずです。

お互いの目標を共有する

年下上司と接するときは、お互いの目標を共有し、それに向かうよう意識しましょう。人間関係そのものではなく、チームが進むべき目標に目を向けることが大事です。年下上司を含めたチーム全体で、一つの目標を達成するという方向性に転換しましょう。

年下上司の良いところを探してみよう
年下上司の良いところを探してみることで、苦手意識が薄れる可能性があります。苦手意識を持っていることで、年下上司の悪い点に目がいきがち。「仕事が正確である」「指示が的確である」など、ほんの些細な長所を見つけることで、年下上司に対する印象も変わるはずです。苦手な年下上司との接し方については「苦手な上司と上手に付き合うための方法は?」でもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

年下上司と接する際に気をつけるべきこと

年下上司と接するときは、指示には従い、過度なアドバイスは避けるのが無難です。詳しくは以下で解説していくので、確認してみましょう。

指示には従う

年下上司の指示には従うようにしましょう。勤続年数が長くなるにつれて、仕事のやり方にこだわりを持つ人は多いようです。しかし、年下上司からアドバイスを受けた際には、意固地にならないようにしましょう。年下上司からのアドバイスを受け入れ、柔軟に対応することが大事です。

過度なアドバイスは避ける

年下上司に、過度なアドバイスは避けるようにしましょう。年上部下からすると、年下上司は経験や実力が不足していると感じ、アドバイスしたくなることもあるはず。しかし、年下上司は自分自身の考えで成長することを望んでいる可能性もあるため、過度なアドバイスは避けるのが懸命です。

仕事での人間関係と割り切ることが大切
年下上司と接することにストレスを感じる場合は、「仕事上だけの関係である」と捉え、プライベートでは、年下上司のことを考えないようにしましょう。年下上司について考える時間が減れば、ストレスを感じることも減るはずです。「「上司と合わない…」ストレスを感じているときに使える対処法!」では、苦手な上司との接し方を詳しく解説しているので、あわせてご一読ください。

年下上司が増え始めた理由

年下の上司が増えてきている主な理由として、成果主義の会社が増えてきたことや、転職する人が増加傾向にあることが挙げられます。
また、1980年代後半~1990年代の初めにあたるバブル期も大きく影響しているようです。その理由は、当時の大量採用によって起こったポスト不足。バブル崩壊とともに訪れた不況が長引き、人員の数に対して役職の数が足りない状況が生じてしまいました。
そのため、本来ならば年齢が上がるにつれて役職に就くはずだった人たちが出世の機会を失い、いつの間にか年下上司の下で働いているという状況に。年功序列の文化が長かった日本では、年下上司が増えている現状を受け入れ難く感じている人も多いことでしょう。
しかし、この時代を生きていくためには、年下上司との関係を良好に保つ必要があります。年上としてのプライドを保ちつつ、年下上司と上手く付き合うことが大事です。

年下上司はむかつく?働きづらさを感じる4つの原因

自分よりも年下の上司がいる職場で、働きづらさを感じている方も多いのではないでしょうか。
働きづらいと感じる要因は「年齢の若さから偏見を持ってしまう」「上司と自分に能力の差が感じられない」などさまざまです。
しかし、場合によっては客観的に自分を見つめ直さなければいけないこともあります。下記に働きづらさを感じる主な原因を挙げているので、思い当たるものがないか確認してみましょう。

1.年齢の若さから偏見を持ってしまう

上司の年齢が自身より年下というだけで、「経験が浅い」と感じて不安になったり、指示を出されて不満を感じたりすることは多いようです。
所属している会社が成果主義の場合、年齢は関係なく、上司の現在のポストは経験や実力が反映された結果です。年功序列が主流の時代とは違うことをきちんと認識し、年齢ばかりにこだわらず上司のスキルや人間性に目を向けることが大切といえます。上司が尊敬に値する人物かどうかを冷静に見極めることで、敬意を持って対応できるようになるでしょう。

2.上司の指示の出し方に不満がある

年下上司の指示の出し方に対して、「自分だったらこう指示するのに…」とつい不満に思ってしまうのも、働きにくさを感じる原因の一つです。
たとえ相手に不満があっても、基本的に上司の指示には従う必要があります。「人にはそれぞれやり方がある」と割り切り、素直な気持ちで対応しましょう。

3.上司と自分に能力の差が見られない

上司と自分に大きな能力の差が見られない場合、「なぜあの人が?」と疑問に感じてしまうこともあるでしょう。
上司は人をまとめる立場のため、仕事ができるだけでは厳しい面があります。企業によりますが、仕事の能力以外にも柔軟性やコミュニケーション能力など、さまざまな要素を吟味したうえで年下上司を現在のポジションに抜擢している可能性も。上司と自分を比較するばかりではなく、「自分にはない資質があるのかもしれない」という視点を持つと良いでしょう。

4.上司の態度が気に入らない

「言葉遣いが気に入らない」「君づけや呼び捨てで呼ばれて不快」など、年下上司の態度を生意気に感じてしまう場合もあるようです。
しかし、自分が年上だからといって、年下上司が態度や言葉遣いを改める必要があるとは限りません。年齢が下であっても立場が上である以上、上司として部下を指導・管理する必要があるからです。
相手は若くして部署内をまとめなければいけない立場であることを忘れず、思いやりを持ちましょう。

上司の態度が気に入らないと感じたら「むかつく上司はどう対応したら良い?特徴や対処法をご紹介!」のコラムに掲載の対処法を試してみてください。

年下上司とのよくあるトラブル事例

年下上司と信頼関係を築けていないままだと、「お互いが意固地になる」「ハラスメントがある」といったトラブルに発展することも考えられます。下記を参考にし、自分の考え方や現状と向き合いましょう。

お互い意固地になってしまう

年上部下は「自分のほうが年齢が上な分、知識も能力もある」、年下上司は「年下だからといって甘く見られたくない」とお互いが意固地になり、社内の雰囲気が悪くなってしまう場合もあるでしょう。
年下上司の指示に素直に従わない、ことあるごとに文句を言うといった行動は、業務の進行に支障をきたす恐れがあります。
もちろん上司が出す指示の内容や決定があまりにも合理性に欠けている場合は、意見を出したほうが良いでしょう。
しかし、上司の発言に正当性があるにも関わらず、素直に従えない場合は業務の妨げになり、ほかの社員にも迷惑が掛かってしまいます。
上司の年齢だけで決めつけて意地を張らず、きちんと話の内容に耳を傾けましょう。

ハラスメントがある

基本的に上司が「生意気だ」と感じても、立場を弁えて指示に従う必要があります。
しかし、上司の言葉遣いや態度があまりにも横柄である、理不尽な要求ばかりされるという場合は、パワハラの可能性があるので注意が必要です。1人で溜め込まず、社内の専用窓口や公的な機関に相談しましょう。
また、部下が上司にハラスメント行為をする「逆ハラ(逆パワハラ)」と呼ばれる事例もあります。
上司が年下だからといって横柄な態度を取る、指示を無視するなどの行為は、逆ハラに該当する可能性も。上司だけでなく、自分にも普段の勤務態度や周囲との接し方に問題がないか注意する必要があります。

年下上司と上手くいかないときは転職も考えよう

自分を見つめ直したり、上記の方法を試したりしても年下上司との接し方が上手くいかない場合は、そもそも根本的な相性が悪い可能性があります。
年下上司との関係がストレスになっているなら、思い切って転職を考えてみるのも解決策の一つです。ただし、転職後も年下上司の下で働くことになる可能性はあります。それを踏まえたうえで、「問題は年齢ではなく人間関係だ」と思えるなら、検討してみるのも良いでしょう。

スムーズに転職したいなら、転職エージェントの利用が便利です。
ハタラクティブでは、多くの転職活動を支援してきた実績があります。プロのアドバイザーがマンツーマンで対応するので、どんな悩みも打ち明けやすい環境です。
アドバイザーによるカウンセリングに基づいた求人紹介を行っており、未経験可能な求人も多数ご用意。「未経験の職種にチャレンジしたい」「自分に合う仕事を見つけたい」といったご希望にも対応します。快適に働ける職場をお求めなら、ぜひハタラクティブへご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    みんなの就職エピソード

    体験談 一覧

    関連記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    • arrow
    • youtubeIcon

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ

    特集

    COLLECTION