何をしても楽しくないときはどうする?つまらない理由や解決法をご紹介

何をしても楽しくないときはどうする?つまらない理由や解決法をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 何をしても楽しくないと感じる理由には、溜まったストレスや好奇心の薄れなどがある
  • 幸せを人と比べる人や気持ちの切り替えが苦手な人は何をしても楽しくないと感じやすい
  • 何をしても楽しくないときは新しいことを始めたり人に話を聞いてもらったりすると良い
  • 業務時間は一日の大半を占めるので楽しいと感じない仕事であれば転職も考慮してみよう

「最近何をしても楽しくない」と憂鬱な気分に悩まされている方もいるでしょう。何をしても楽しくないときはゆっくり休んで疲れを取ったりおいしいものを食べたりして、ストレスの解消を図るのがおすすめ。それでも憂鬱な気分が晴れないのであれば、考え方や行動を変える必要があるでしょう。このコラムでは何をしても楽しくないと感じる理由と、毎日を活き活きと過ごすための方法をご紹介していますので、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

何をしても楽しくないと感じる9つの理由

何をしても楽しくないと感じる9つの理由の画像

何をしても楽しくないと感じる理由には変化のない毎日やたまったストレス、現状への不満などがあるようです。以下、それぞれ詳しく解説します。

1.変化のない毎日に飽きているから

「毎日が同じことの繰り返し」と捉える人は、何をしても楽しくないと感じるようです。日常のできごとに慣れきっていると、刺激を感じられず、気分が高揚しないので徐々につまらないと感じるようになるでしょう。また、「同じ仕事を淡々と進めることに飽きた…」と感じる人もいます。心当たりのある人は、「仕事に飽きたときの対処法とは?仕事を楽しむ秘訣をご紹介!」で、職場における変化のない毎日を改善する対処法をチェックしてみてください。

2.ストレスが溜まっているから

ストレスが多く溜まっている場合も、何をしても楽しくないと思うようになります。ストレスが溜まっている状態では、物事に対する感度が鈍るからです。大好きなものに対して気持ちが動かなくなったり普段楽しいと感じることに何も感じなくなったりしたら、ストレスが溜まっている可能性があります。

3.頑張りすぎた反動で疲れているから

仕事や勉強などをしばらく頑張り続けていたときには、その疲労から後々何をしても楽しくないという状態になるようです。ずっと自分の心身に負荷がかかった状態で無理を続けたため、一時的に感情が動きにくくなっている可能性があるでしょう。

疲れが取れない日が続くときは病気が潜んでいる恐れも

疲れが取れない日が続いて何をしても楽しくないなら、病気が潜んでいることも考えられます。身体がだるかったり疲れやすかったりする日が続くと、気分も落ち込んでしまうものです。病気を見過ごさないためにも、心身の不調は楽観視せず、定期検診などを積極的に受けるようにしましょう。

4.仕事でイライラすることが多いから

「現在の仕事が好きではない」「やりがいを感じない」といった理由から、仕事でイライラすることが多い人も、何をしても楽しくないと感じる場合があるようです。仕事は一日のうち多くの時間を占めるので、業務中ずっと嫌な感情が続けば楽しくないと感じるのは無理もありません。最初は小さな苛立ちでも、徐々に鬱々とした気持ちを感じるようになり、仕事がないときも職場のことを考えてしまう状態になってしまう人もいるようです。

5.現状に不満を感じているから

何をしても楽しくないと思う人の中には、現状に不満を感じている人もいます。不満を解消したくてもできないと常にストレスを抱えた状態になるため、やる気を失ったり好きなことも楽しめなくなったりするようです。現職の業務に不満がある方は、「仕事が楽しくない時の乗り切り方」のコラムもあわせてご覧ください。

6.友人がおらず孤独を感じているから

日常的に孤独を感じている人も、徐々に何をしても楽しくない状態になる場合があります。一人でも楽しめることはありますが、他の人と行動を共にして楽しむのも大事な機会です。ほかの人と楽しさを共有する瞬間がないと、そのうち疎外感のようなものを感じるように。結果として、今まで一人でも楽しめていたこともつまらなくなってしまうようです。

7.人の目を気にしすぎるから

人からどう見られているかを常に気にしている人も、何をしても楽しくないと感じることがあります。本当は自分の好きなように振る舞いたくても人からの評価が気になり、自分の素直な感情に従って行動できなくなるからです。自分の好きなことをする際にいつも他人の評価を考えてしまうと、今まで楽しかったことも楽しめなくなります。人の目を気にするのは、真面目な人にありがちな特徴です。「真面目な人にはどのような特徴がある?損をするといわれる理由も解説」では、真面目な性格の方が仕事をしやすくなるコツをご紹介。ぜひ参考にしてください。

8.日常に小さな楽しみを見いだせないから

楽しいことを特別なものとして捉えている人も、日常生活で楽しさを感じづらいでしょう。楽しいと感じるためには旅行など非日常の体験が必要だと思う人は、普段の生活を楽しいと思えないようです。反対にいつも楽しいと感じている人は、日常の些細なことを楽しむのに長けています。日常に小さな楽しみを見出すことが、自分の人生を毎日楽しく過ごすためには大事なことといえるでしょう。

9.物事に対する好奇心の感情が薄れているから

あまり好奇心を持たない人も、何をしても楽しくないと感じるようです。子どもの頃は好奇心が強くても、大人になるにつれ薄れていく人も多いでしょう。物事に対する好奇心は未知のものに対するわくわくした感情を引き起こすので、好奇心旺盛な人は楽しいと感じる機会に満ちています。一方で好奇心の乏しい人は特に日常的にわくわくすることが少ないので、何をしても楽しくないと思うようになるでしょう。何をしても楽しくなく憂鬱な気分が続く方は「憂鬱な気分から抜け出せない原因とその対処法について」のコラムもあわせてご覧ください。

何をしても楽しくない人の4つの特徴

何をしても楽しくないと感じやすい人には、以下のような特徴があります。

1.幸せを人と比べてしまう

人と比べて自分は幸せかどうか確かめることの多い人は、何をしても楽しくないと感じやすい傾向があります。本来なら幸せだと感じるようなことでも、他人の様子を見て自分より恵まれていると思うと、人生がつまらないものに感じてしまうようです。

何をしても楽しくない10代・20代も増えている?

「何をしても楽しくない」と感じるのは、10代や20代の若い世代でも見受けられます。特に中学・高校生などの学生は、SNSを通じて華やかな日常を送る友人と自分の生活を比較し、「自分の人生はつまらない…」と悲観してしまうことも。ストレスを感じないためにも、SNSはあくまでも情報の一つであると捉え、信じすぎないことが重要といえます。

2.人の評価を気にしすぎる

人の評価を気にしすぎる人も、何をしても楽しくない状態になりやすいといえます。本来であれば、楽しいかどうかは自分が決めること。人の基準をもとに判断してしまうことで、満たされずに不満を抱きやすくなります。また、人から変だと思われないような無難なことばかりを選ぶので自分が本当に望んでいることとずれやすく、楽しさを感じにくいでしょう。

3.物事をネガティブに捉えやすい

物事をネガティブに捉える傾向がある人も、何をしても楽しくないと感じやすいでしょう。主に物事の悪い側面を意識しがちなので良い点に気づかず、いつも満足できないからです。

4.気持ちの切り替えが苦手

何をしても楽しくないと感じる人の中には、気持ちの切り替えが苦手な人も。嫌なことがあるとずっとそのときの気持ちを引きずるため、楽しいはずのことをしても気持ちが憂鬱なままになってしまうからです。日常的に嫌な気持ちを引きずる機会の多い人は、徐々に何をしても楽しくないと思うようになるでしょう。物事をポジティブに捉える人は憂鬱な気分になりにくいようです。何をしても楽しくないと思いがちな方には「ポジティブシンキングを身につけよう!メリットとデメリットについて解説」のコラムも参考になるでしょう。

何をしても楽しくないときの6つの対処方法

何をしても楽しくないときの6つの対処方法の画像

何をしても楽しくないときには、身体を動かしたりおいしいものを食べたりすると一時的に良い効果があるようです。以下、詳しく見ていきましょう。

1.新しいことを始める

毎日代わり映えせず何をしても楽しくないなら、思い切って新しいことを始めてみると良いでしょう。習い事や勉強といったスキルアップのためだけでなく、興味のおもむくままに選ぶのがおすすめです。

2.身体を動かす

身体を動かすと何をしても楽しくない状態が解消することがあります。運動不足だと気が滅入ってしまい、楽しさを感じにくくなる場合があるからです。普段あまり動かない人は、身体を動かすことを意識するだけでも違いを感じるでしょう。気分転換になるので、軽い運動や散歩がおすすめです。

3.おいしいものを食べる

何をしても楽しくないとき、おいしいものを食べると気持ちが上向きになるのを感じる人もいるでしょう。いつもより少し高価なものや、特別な日に食べるようなものを選ぶとより効果的です。家族や親しい友人など他の人と一緒に食事をするのも良いでしょう。

4.打ち込める趣味を見つけてみる

何をしても楽しくないという状態になるのを避けるためには、自分が打ち込めるような趣味を見つけるのも良いでしょう。夢中になれるものを見つけると楽しい気持ちが続くうえ、嫌なことにも耐えやすくなります。結果として、充実した毎日を過ごせるようになるはずです。

5.睡眠時間を増やす

何をしても楽しくないときには、よく寝るのも有効です。「楽しくない」と感じる日々を過ごしていると、考えごとが多くなり睡眠不足に陥ることがあります。睡眠時間が足りないと、ストレスを感じやすくなったり小さなことでイライラしたりと、鬱々とした気持ちになることも。十分に睡眠を取れば、頭や身体がスッキリして気持ちも晴れやかになるでしょう。

6.周囲に話を聞いてもらう

何をしても楽しくないと感じるのを周囲に相談するのも手です。周囲のアドバイスで解決策が見つかる場合もあれば、話を聞いてもらうだけでストレスが和らぎ解消に向かうこともあるでしょう。誰にも相談できないと悩んでいる方は、「仕事に限界を感じるサインは?能力不足やストレス?症状や相談先も解説」を参考にして、プロのカウンセラーに相談してみるのもおすすめです。

何をしても楽しくないと感じないための7つの心掛け

毎日がつまらないという状態にならないためには、普段から思考や行動に注意することです。何をしても楽しくない原因は主に考え方やストレスによるものなので、以下のことを心がけると充実した毎日が過ごせるでしょう。

1.ストレスの原因からできるだけ離れる

多大なストレスで何をしても楽しくない状態になってしまったという自覚があるなら、その原因をできるだけ遠ざけることが大切。いくら解消したとしても、原因がなくならない限りまた新たなストレスがかかるからです。まずは自分の行動で状況を変えられないか考えてみましょう。仕事内容や職場環境がストレスになっているなら、「仕事のストレスで限界を感じる…おすすめの解消法や危険サインを紹介!」のコラムもおすすめです。

2.日頃から感謝の気持ちを忘れないようにする

日頃から感謝の気持ちを忘れないようにするのも、毎日を楽しく過ごす秘訣です。日常的に誰でも周囲の人に助けられて生活しているもの。小さな事柄にも感謝するようになると、人生がどのようなことも当たり前ではないのに気づくでしょう。

3.苦手な人とはあまり関わらないようにする

苦手な人とは無理に関わらないのも工夫の一つ。人との会話で知らずしらずのうちにストレスを溜めてしまっていることもあるからです。何をしても楽しくないほどストレスを溜めているときには、苦手な人とのコミュニケーションはできるだけ控えましょう。

4.前向きになれるよう「できること」を積極的に行う

何をしても楽しくないと感じるのは、物事に取り組むとき消極的なのが原因であることも。これまであまり積極的な姿勢でなかったなら、自分ができることに対して積極的に取り組むことを意識してみると良いでしょう。たとえば、「朝早く起きる」「1本早い電車に乗る」「ハキハキとした声で挨拶をする」など、どのような些細なことでも構いません。小さな成功体験を積み重ねることで、物事に面白さが見いだせて楽しく行動できる可能性があります。

5.日常の中に楽しみを見出す工夫をする

特別なことでないと楽しくないと思いがちな人は、日常生活の中にも楽しみを見出す工夫が必要です。普段は面倒に思う作業をゲーム感覚でこなしたり、いつもの景色の中に面白い発見がないか探したりしてみましょう。いつもの感覚と敢えて違うことを意識すると、新鮮な気持ちが生まれて日常に楽しみを見出せます。

6.苦手なことも楽しめるように発想を転換する

何をしても楽しくない人は、嫌だと感じる苦手なことを減らす工夫をするのも一つの手。苦手なことが続くと気持ちが落ち込んでしまい、なかなか楽しいと感じられなくなるものです。苦手なことが避けられないなら、発想の転換が大切。小さな目標を立てて達成したら自分の好きなものを買うなど、「これが終われば楽しみが待っている」と思うと、苦痛が楽しみへの期待に変わります。日頃から自分なりの楽しみを設定して、うまくモチベーションを保ちましょう。
ポイントを押さえれば、苦手だと感じる仕事でも楽しさを見つけることができます。「仕事を楽しむには?工夫次第で辛い仕事もやりがいが得られる!」では、仕事を楽しんでいる人の特徴や、仕事を楽しむための工夫などを解説。ぜひ参考にしてみてください。

7.人の役に立つような行動をする

何をしても楽しくないのは、自分のやることに意味を見いだせないのが原因の場合も。その際には、人の役に立つような行動をするのがおすすめです。人から感謝されたり、自分の行動が役に立っている実感を得られたりすると、おのずと行動する際にやる気が生まれてきます。そのうち、自分のやることに楽しみを見いだせるようになるでしょう。

何をしても楽しくない人は好きな仕事に打ち込もう

何をしても楽しくない人は好きな仕事に打ち込もうの画像

毎日を楽しく過ごしたいなら、できるだけ好きな仕事をするほうが良いでしょう。業務時間は一日のうちの大半を占めるので、仕事が嫌いだとずっと苦痛な気持ちで過ごすことになるからです。以下、詳しく見ていきましょう。

好きな仕事をしているとやりがいのある毎日が得られる

好きな仕事にはやりがいを感じやすいので、毎日楽しい気分で過ごせます。仕事が好きな人は忙しい毎日にも大きな充実感を覚えるので、何をしても楽しくないという気持ちとは無縁でしょう。よって、自分の仕事に楽しみを見出すのが大事といえます。

今の業務に不満があるなら好きな仕事への転職も有効

今の業務にどうしてもやりがいを見いだせないなら、思い切って好きな仕事に転職するのも手。何をしても楽しくないと感じながら同じ仕事を続けていても、目標が見いだせずスキルアップも望めないからです。もし好きな仕事が思いつかないなら、一度自分の興味について振り返ってみる必要があるでしょう。

自分の好きな仕事に就くための3つの方法

自分の好きな仕事に就くためには自己分析のやり直しや周囲の人への相談、転職支援サービスの利用が有効です。以下、順に解説します。

1.自己分析をやり直してみる

まずは、自分の好き嫌いや得意不得意を把握するために自己分析をやり直してみましょう。場合によっては、今の企業に就職した際とは違った結果になる可能性も。何をしても楽しくないと感じていても、自己分析をしっかり行えば自分が本当に興味のある仕事が分かるうえに企業選びの軸もできるので、選考対策にも役立ちます。
自己分析のやり方を再度確認したい方は、「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」も参考にして作成してみましょう。

2.周囲の人に相談してみる

自己分析がうまくいかない人は、周囲の人に自分の仕事の適性について相談してみるのも手。家族や親しい友人などから、自分の新しい側面や意外な適性を教えてもらえることがあるからです。「どうせ何をしても楽しくない」と感じていても、周囲の人からの意見によって、これまでは気づかなかった適職を発見できる可能性があるでしょう。

3.転職支援サービスを利用してみる

自分の適職が分からない人は、転職支援サービスの利用がおすすめ。転職支援サービスには公営のハローワークと一般企業の運営する就職エージェントがあります。ハローワークは幅広い層を対象としており、求人数が多く管轄地域の求人に強いのが特徴。一方、転職エージェントは企業によって扱う業界や支援対象が異なるので、自分の合ったサービスを選べば希望の求人に出会いやすいのが特徴です。ハローワークも転職エージェントも無料で利用できるうえ、求人紹介以外にもカウンセリングや選考対策なども行っているので、自分がやりやすいものを選ぶと良いでしょう。

最近何をしても楽しくない、やりがいのある仕事に転職したいとお悩みの方は、20代向け転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブはスキルや経験に自信のない方に向け、ポテンシャルを重視する企業の求人を多数取り扱っています。専任の就活アドバイザーがお話をうかがったうえでやりがいのある仕事についてアドバイスしたのち、あなたのために厳選した求人をご紹介。選考対策や就活スケジュールの調整もおまかせください。ご登録、ご利用はすべて無料。お気軽にお問い合わせください。

何をしても楽しくないというお悩みに関するQ&A

ここでは何をしても楽しくないというお悩みに対し、よくある質問と回答をご紹介します。

何をしても楽しくないと思うのはなぜ?

原因はいくつかありますが、主に溜まったストレスやネガティブな感情の影響によるものでしょう。また、季節や年間スケジュールの影響によって鬱々とした気持ちになる場合もあるようです。代表的なものはいわゆる「5月病」。気になる方は「5月病って何?なりやすい人の特徴とその予防策について」のコラムも参考にしてみてください。

何をしても楽しくないときにはどうすればいい?

まずは「寝る時間を増やす」「おいしいものを食べる」など、すぐにできることをやってみてください。他には身体を動かしたり周囲の人に話を聞いてもらったりするのもおすすめです。それでも気が晴れないようなら、考え方や行動を変える必要があるでしょう。「仕事行きたくない病になってない?気分を変えるのに有効な方法」では仕事が嫌になったときの気分転換の方法についてご紹介していますので、こちらも参考にしてください。

毎日を楽しく過ごすためには?

「小さなことにも感謝する」「日常に楽しみを見出す」といった考え方を変えることと、「新しいことに挑戦する」「積極的に行動する」など行動を変えることが有効です。毎日活き活きと過ごしている人は、人生何事も当たり前と思わず、感謝をしたり好奇心を持って前向きに取り組んだりしているもの。自分に合ったやり方をえらんで、毎日を楽しく過ごすための工夫をしてみてください。

毎日の仕事が楽しくなくて憂鬱です

今の仕事が好きでなく毎日の仕事が憂鬱なら、思い切って転職を考えるのも手です。まずは自己分析をして、自分の好き嫌いや得意不得意を正しく把握しましょう。また、転職支援サービスを利用して、プロの目線で自分に合う仕事を分析してもらうのもおすすめです。ハタラクティブでは経験豊富な就活アドバイザーがあなたの適職についてアドバイスを行っています。ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ