仕事行きたくない病になってない?気分を変えるのに有効な方法

仕事行きたくない病になってない?気分を変えるのに有効な方法の画像

この記事のまとめ

  • 仕事に行きたくない病は、日曜の夜や月曜の朝になりやすい
  • 仕事行きたくない病の原因は、職場の人間関係やその日の天候など
  • 軽度の仕事行きたくない病は、就業後に楽しみをつくると解消される
  • 人間関係に悩んだときは、部署異動も検討しよう
  • 憂鬱な気持ちが長く続くときは、転職を視野に入れるのもおすすめ

「月曜日が憂鬱…」と毎週のように思っているあなたは「仕事に行きたくない病」の可能性があります。社会人なら誰でも仕事に行きたくないと思う日はあるものの、その気持ちが強かったり、長く続いたりするのは良い状態ではありません。状況によっては、転職で環境を変えることも一つの手です。このコラムでは、仕事行きたくない病の原因や対処法を詳しく解説。仕事に行きたくない原因を分析し、気持ちを上げる工夫を考えましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事行きたくない病とは?

「仕事行きたくない病」とは、その名の通り「仕事に行きたくない…」と強く思うことです。特に、月曜日の朝や連休明けなどに気持ちが落ち込むことが多く、「ブルーマンデー」という言葉も存在します。ほかにも、休みの終わりが近づくにつれて気分が落ち込み、人によっては頭痛がしたり倦怠感を感じたりする場合もあるようです。
仕事行きたくない病は決して珍しいものではなく、社会人なら誰でも一度は「仕事に行きたくない」と思うことがあるでしょう。ただ、その傾向が強く出てしまい、長期に渡って続くのは辛いものです。仕事行きたくない病になっている自覚がある人は、原因を分析して対処法を考えましょう。
仕事に行こうとすると心身に不調が出る方は、「出勤困難症の改善方法とは?主な原因や対策方法もあわせて紹介」のコラムも参考にしてください。

仕事行きたくない病の原因

この項では、仕事行きたくない病の主な原因として考えられる事柄をまとめました。「仕事行きたくない病かもしれない…」と悩んでいる方は、自分に当てはまるものはないか確認してみましょう。

・職場の人間関係
・仕事に自信がない
・疲れが溜まっている
・休み明けで気分が乗らない
・天気が悪くて外に出たくない
・連休明けで仕事が面倒に感じる
・給与が少ない
・残業時間が長い
・仕事にやりがいが持てない
・仕事に向いていない

仕事に行きたくない原因は、「人間関係」や「やりがい」といった簡単に解決するのが難しそうな問題から、「天気が悪くて出かけたくない」「休み明けで出社が面倒」といったものまでさまざま。

なかには、上司からのパワハラに悩んでいるといった深刻な事情がある人もいるようです。ここからは、仕事に行きたくない理由を上記であげた具体例も含めて詳しく解説していきます。

家で寝ていたい

朝起きるのが辛いから仕事に行きたくないということは、仕事行きたくない病でなくとも通勤をしている人なら一度は思うものです。前日に夜ふかしをしてしまったり、土日や連休明けの日であったりすると、特に寝ていたいという気持ちが強くなるでしょう。

仕事に対してやる気が起きない

仕事に対してのやりがい・やる気を感じていない場合は、仕事行きたくない病になる可能性が高いでしょう。仕事に対するモチベーションが維持できない状態であれば、当然仕事に行きたくない気持ちは強くなります。なかには、睡眠時間を除くと、余暇時間よりも仕事している時間の方が長いという人もいるようです。

職場の人間関係に悩んでいる

職場の人間関係に悩んでいることが原因で、仕事行きたくない病になっている人もいます。仕事は基本的にチームで行うものがほとんどです。仕事を遂行するためには、多くの同僚や上司と接することになります。そのため、職場の人間関係がうまくいっていないと、仕事が進まないだけでなく精神的にも辛くなってしまうことも。
1日の大半を過ごす職場での人間関係は大きなストレスにもなるので、仕事に行きたくないという感情は芽生えやすいといえるでしょう。

仕事が忙しい・業務量が多すぎる

仕事の業務量や忙しさから、仕事行きたくない病になる人もいます。残業や休日出勤が必要だったり、体力を使う仕事だったりすると、疲れが溜まり気持ちの余裕もなくなってしまうでしょう。そうなると、仕事の疲れをとるためにプライベートも削らねばならなくなり、肉体的・精神的に苦しくなる可能性もあります。

体調が悪い

体調不良の際は、仕事を休んで十分な休養をとることが重要です。しかし、発熱や腹痛、頭痛などの軽い症状の場合は、仕事を休むことを躊躇ってしまう人も多いようです。体調が悪い日に仕事へ行きたくないと思うのは当然のこと。仕事行きたくない病でなくとも、病院での治療や自宅で療養していたいという気持ちになるでしょう。

仕事でミスをして怒られるのが嫌

仕事でミスをした場合も、仕事へ行きたくない気持ちが強まります。仕事行きたくない病の人に限らず、職場でミスをしてしまったことは誰にでもあるものです。しかし、自分が原因でミスをしてしまったのなら、怒られることに加えて職場での居心地が悪くなり、余計に仕事へ行きたくなくなるでしょう。

通勤時間がストレスになっている

仕事行きたくない病のなかには、職場への通勤時間が苦痛になっている人もいます。毎朝、満員電車に揺られる辛さと通勤時間の長さは、仕事の意欲低下につながるでしょう。また、このような通勤時間に関する問題は、職場の近くへ引っ越したり、リモートワークを導入している企業へ転職したりと、自分の行動次第で解決できる場合もあります。

仕事の疲れが取れていない

仕事での疲れが取れていないと、朝起きることや仕事の準備などすべてが辛く感じます。仕事で良いパフォーマンスを発揮するためには、肉体的にも精神的にも整えておくことが重要です。しかし、仕事もプライベートも毎日忙しい場合は、週2日程度の休日ではうまく疲れが取れず、結果仕事行きたくない病になってしまうこともあるでしょう。

仕事行きたくない病を緩和する6つの方法

ここでは、仕事行きたくない病でお悩みの種類別に6つのアイデアを挙げてみました。

1.休み明けで気分が乗らない、天気が悪いとき

休み明けというタイミングや天候のせいで一時的にやる気が出ないときは、その日1日を乗り切る工夫をしてみましょう。たとえば、仕事が終わったあとに楽しみな予定を入れることで、日中のモチベーションが湧いてきます。家で好きなテレビを見たり、気になっていたお店に食事に行ったりと、土日休みの人は、毎週月曜の夜に自分が楽しめる予定を入れるのもおすすめです。
天気が悪くて出社が面倒なときも、雨の日だけ実行する楽しみをつくっておきましょう。好きな洋服を着て出社したり、途中の喫茶店でお気に入りのドリンクをテイクアウトしたりと、気持ちを切り替える工夫を考えてください。

些細なことでも自分を褒めてあげよう

仕事行きたくない病の人は、会社に行ったらまずは休み明けに出勤できた自分を褒めるのがポイント。週明けは簡単な仕事を中心に着手し、体を慣らすのも大切です。月曜は重要な案件をできる限り避けることで、出社の負担感を減らせます。
仕事へ行きたくないときにモチベーションを上げる方法は、「仕事をやりたくないときの対処法とは?モチベーションを上げる方法もご紹介」のコラムでも紹介しているので、ぜひご覧ください。

2.次の休みまで長いと感じるとき

次の休日をゴールとして頑張ろうとすると、休日までの時間を長く感じて余計に疲れることがあります。特に仕事行きたくない病の人は、毎日の仕事がきついと考えていることが多いので、休日が来るまで辛い状態が続き、心身に負担が掛かることも。
週の半ばにご褒美を用意すれば、週前半のモチベーションを保てるでしょう。また、仕事のあとに予定を入れると、「残業しないように効率的に動こう」という意識にもつながります。

3.疲労が溜まっているとき

疲労感が強く仕事行きたくない病になっている人は、日常的に休息を意識した生活を送りましょう。繁忙期や激務が続く仕事では難しいかもしれませんが、毎日できるだけ睡眠時間を確保し、休日は運動などでリフレッシュしてください。体を動かすのは気分転換になるので、運動習慣がない人は、ウォーキングやジョギングを始めてみるのもおすすめ。そのほか、マッサージやストレッチ、温泉など、自分に合った疲労回復の方法を見つけることが大切です。

4.人間関係が辛いとき

仕事行きたくない病の原因が人間関係にあるなら、まずは自分の考え方を変えられないか試します。たとえば、「嫌いな人と関わるのも仕事のうち」と割り切り深く悩むのを辞めるのも一つの方法。職場の人への挨拶を心掛ける、何かしてもらったときは感謝を言葉で表す、という風に、周囲と良好な関係を築く行動を意識するのも良いでしょう。そのうえで、どうしても辛い状態が変わらないときは、部署異動を申し出ることも検討します。

5.仕事にやりがいや自信が持てないとき

仕事に自信がなくやりがいを感じないときは、その原因を分析しましょう。もし今の仕事を始めたばかりなのであれば、まだ業務に慣れずうまく進められないだけという可能性があります。その場合は、「△月までには××ができるようになっている」といった目標を立て、失敗も学びと捉えながらスキルアップを目指しましょう。
また、限られた範囲で良いので自分の得意分野を作るのも良い方法です。「この仕事はあなたにしか任せられない」という得意分野が1つあることで、仕事への自信を持てるようになるでしょう。
ただし、人には向き不向きがあるもの。どんなに努力しても満足のいくスキルアップが叶わないこともあります。そんなときは、仕事行きたくない病になってまで今の仕事を続けるより、転職を検討してみるのも一つの手です。

6.心身の調子を崩しているとき

仕事行きたくない病が深刻で心身に不調をきたしているときは、無理せず休むことが大切です。有給を申請するか、場合によっては休職する選択肢もあるでしょう。
ただし、不調の原因が今の職場にある場合、再び出勤したときに同じ症状が出る恐れがあります。療養だけでは根本的な問題が解決しない場合は、転職で環境を変えるのがおすすめです。

仕事行きたくない病のときに避けるべき行動

「仕事へ行きたくない…」といった状況になった場合でも、以下で解説するような行動は避けましょう。

仕事を無断欠勤する

仕事の負担を増やし会社に迷惑を掛けてしまう無断欠勤は、社会人として良くない行動です。また、無断欠勤がきっかけでますます会社に行きづらくなってしまうことも。会社に連絡を入れないままでいると、同僚や上司からの評価を一気に悪くするでしょう。一度失った信頼を再度取り返すためには、これまで積み上げていた信頼を作るための時間や努力という、何倍ものエネルギーを使う必要があります。仕事行きたくない病の人は、さらに気力がなくなってしまう恐れがあるので注意しましょう。

仕事の欠勤連絡を他人にしてもらう

仕事を欠勤をする場合には、自分で行うようにしましょう。ほかにも、同僚にLINEやメールで連絡して、上司に伝えてもらうという方法も避けた方が無難です。
仕事行きたくない病の人のなかには、上司とのコミュニケーションが原因になっていることも多いもの。しかし、ここで相手と関わるのを避け続けてしまうと、余計に気まずくなってしまいます。会社の規定にもよりますが、欠勤連絡は基本的には自分の口かつ電話で入れるようにしましょう。

何も考えずに退職する

「仕事に行きたくない」と思った勢いで退職を決めるのは避けましょう。仕事行きたくない病で辛いと感じた場合、退職の選択肢をもつことは問題ありません。しかし、新しい転職先や資金面などの準備ができていないと、退職後の日常生活が不安定になってしまいます。年齢や有資格、キャリア形成の状況などにもよりますが、退職後の目標や人生設計を考えたうえでの退職が良いでしょう。

ストレスを感じながら我慢する

仕事行きたくない病で辛い状態を我慢することも避けるべき行動の一つです。抱えたストレスが限界を超えてしまうと、心身に支障をきたす恐れがあります。仕事に行きたくないと感じるストレスは、仕事内容や人間関係、業務量などさまざまな理由があるでしょう。しかし、そのストレスを「当たり前」と捉えるのは禁物です。たとえば、業務量の調整を相談してみたり人との関わり方を工夫してみたりと、現状を改善する方法について考えてみるのも一つの手。自分の行動で意外とすぐに解決してしまうこともあります。
仕事上のストレスが原因で体が発するサインに関しては、「仕事に限界を感じるサインは?能力不足やストレス?症状や相談先も解説」のコラムでも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

仕事行きたくない病が長引くときは転職を!

改善策を試しても仕事行きたくない病が長引くなら、転職で働く環境を変えましょう。転職の際は仕事に求める条件を書き出し、その条件を基準に求人を探します。条件を定めることで求人選びの基準が定まり、自分に合わない企業に入社するのを防げるからです。
退職の手続きと在職中の転職活動の進め方については、以下を参考にしてください。

退職意思を伝える

退職を希望する日のおよそ2ヶ月前に、直属の上司に退職意思を伝えます。詳しいタイミングは就業規則に規定があるので、職場のルールを確認してください。
退職理由を伝えるときは、職場の愚痴や悪口と捉えられる内容は避けるのが無難。「ほかにやりたい仕事があったから」「体調不良が続いているから」といった自分側の都合を理由にする方が、印象が悪くなりません。

退職日の設定と退職願の提出

退職が認められたら、上司と相談しながら退職日を決定します。また、上司の指示に従って改めて退職願を提出しましょう。

引継ぎ

あなたの退職後に後任者がスムーズに業務に入れるよう、引継ぎ作業をしてください。具体的には、仕事のやり方を書いたマニュアルを作成したり、後任者と一緒に取引先に挨拶に行ったりします。

転職活動

在職中に転職活動する場合は、日々の業務と並行して業界研究や求人応募、選考対策を行います。在職中の転職活動は現職との両立が大変ですが、「収入が途切れない」「転職活動が長引いてもブランクができない」といったメリットがあります。
求人は求人サイトやハローワークを使って探せます。しかし、限られた時間で転職活動する場合は、転職エージェントを利用するのが良いでしょう。転職エージェントでは、専任のアドバイザーがカウンセリング結果をもとに求人を提案し、選考対策や面接の日程調整といったサポートをしてくれます。条件交渉や内定辞退の代行もしてくれるので、転職活動に時間をとれない在職中の方にもおすすめです。

ハタラクティブは若年層に特化した就職・転職エージェント。フリーターや既卒、第二新卒といった方を対象として、手厚いサポートを実施しています。
ハタラクティブでは実際に取材した企業の求人を扱っているため、社風や業務内容に納得したうえでの応募が可能です。「次こそ自分に合った仕事を見つけたい」という方はぜひご相談ください。アドバイザーと一緒にあなたに合った企業を探し、仕事行きたくない病を克服しましょう!

仕事に行きたくない病に関するQ&A

ここからは、仕事に行きたくない病に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

仕事行きたくない病からうつ病になることはある?

仕事行きたくない病が続くと、うつ状態になることは十分にあり得ます。たとえば、仕事上での些細な言葉や対応が引き金になることもあるようです。うつ病は真面目で責任感の強い人などがかかりやすい傾向にあります。症状を悪化させる前に、「仕事のストレスで限界を感じる…おすすめの解消法や危険サインを紹介!」のコラムも参考にして、対策をとってみましょう。

突然、仕事へ行くことができなくなりました。

仕事でのストレスを感じ取れていなかった、もしくは仕事上でストレスを感じていると分かっていたのに我慢してしまった場合に起こり得るといえます。もし、憂うつな気分や不安感が強くなったり、涙もろくなったりと神経が過敏になることがあれば、一度病院を受診してみましょう。体調を崩してしまった場合、治るまで時間が掛かる場合もあるでしょう。現在辛い思いをしている人は後回しにせず、取り返しがつく状態のうちに対応することをおすすめします。

仕事行きたくない病から抜け出すための方法は?

仕事行きたくない病の原因となるストレスを解消するには、さまざまな方法があります。休養をしっかり取ることはもちろん、プライベートの時間を充実させるのもポイント。憂鬱な気持ちを忘れられるほど没頭できる趣味を見つけてみるのも良いでしょう。ストレスを溜め込まない過ごし方については、「仕事に疲れたときに実践したいストレス対処法」のコラムもぜひ参考にしてみてください。

退職する場合は転職先を決めてからやめるべきですか?

退職は転職先を決めてからにしましょう。転職活動は、一度で簡単に決まるものではありません。退職してからの転職活動がうまくいかないと、資金面で苦しくなったり精神的に不安定になったりと悪い状態を招いてしまうこともあります。安心して新しい生活が始められるよう、転職先を決めてからの退職がおすすめです。スムーズな転職活動を進めたい方は、一人ひとりにぴったりの求人をご紹介するハタラクティブをご利用ください。

関連タグ