仕事行きたくない病と対策方法について

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事行きたくない病と対策方法について

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事行きたくない病とは、名前の通り「仕事に行きたくない…」と思うこと
    ・日曜日の夜に感じる倦怠感はブルーマンデーやサザエさん症候群と呼ばれている
    ・月曜日に対するハードルを下げたり出勤に楽しみを作ることで行きたくないという気持ちを緩和する
    ・毎日ストレス症状がある場合は環境を変えることも考えてみる
    ・転職するならハタラクティブにご相談を

◆仕事行きたくない病とは?

「仕事行きたくない病」とは、その名の通り「仕事に行きたくない…」と強く思うことです。
特に、月曜日の朝や連休明けなどに思われることが多く、世界的にも「ブルーマンデー」として認識されています。
また、日曜日の夜に感じる憂鬱感は「サザエさん症候群」とも呼ぶことも。
休みの終わりが近づくことで気分が落ちてしまうことを指しており、実際に頭痛や倦怠感などの症状を感じる人もいるようです。

働いている人なら誰しも「仕事に行きたくない」と考えることがあるのではないでしょうか。
なぜ行きたくないのかを分析して、少しでも行きたくないという気持ちを和らげることが大切です。


◆「行きたくない」を緩和する方法

楽しい休日から一変して仕事の毎日にシフトするのは、多くの人が受け入れがたいと感じるでしょう。
それでは、「仕事に行きたくない」という気持ちを緩和する方法とはどのようなものがあるのでしょうか。
以下に具体的な対策方法を紹介します。

・月曜日に対するハードルを下げる

月曜日だからと意気込むことはせず、まずは出勤できたら自分を褒めてみましょう。
また、簡単な仕事を中心に着手することで、週の始めからエンジンをかけすぎないことも大切です。
開放的な休日を満喫したあとは仕事の頭になっておらず、週明けはミスしやすい傾向にあります。
月曜日に行う仕事は重要な案件をなるべく避け、予定がなければ早めに帰れるようにしましょう。

・休日も規則正しい生活を心掛ける

翌日が休日だからと夜更かしや寝過ぎると体内時計がくるってしまい、平日に起きにくくなったりやる気がでなくなったりします。
月曜日の朝、スムーズに起きられるようにするためにも、休日でも規則正しい生活を心掛けることが必要です。
平日と休日のギャップを作りすぎないよう過ごし方に注意し、ライフスタイルの改善を図りましょう。

・休日などの余暇時間にストレス発散やリラックスをする

外に出て陽射しを浴びたり体を動かしたりすることで心身をリフレッシュするのがおすすめ。
体を休めることに加えて、散歩など少しでも体を動かすと気持ちよく過ごすことができるでしょう。
運動の他、趣味や好きなことに時間をあてるのもストレスの発散には有効です。
また、次の休日にも予定を入れることで、また1週間頑張れるという気持ちに繋がるかもしれません。

・出勤に楽しみを作る

会社で仲のいい人と話したり、お昼に美味しいものを食べたりと、出勤に楽しみを作るのも1つの手です。
また、仕事帰りに予定を入れることで業務も捗るかもしれません。
日々のちょっとした工夫で仕事にメリハリをつければ、生産性が上がることも期待できます。

・週の半ばにご褒美を用意する

次の休日をゴールとして頑張ろうとすると、より疲れてしまうこともあります。
週の半ばにご褒美を用意してリフレッシュをすれば、残りの日程を乗り越えられます。
気になっていた本を買ったり、お気に入りのレストランに入ったりするのも良いでしょう。

・責任感を持ちすぎない

真面目な人ほどサザエさん症候群になりやすい傾向があるようです。
完璧主義をやめることで、自分のこと以外で責任を持ちすぎるようなプレッシャーやストレスが軽減できるかもしれません。
また、前述の通り休みボケによるミスが発生する場合があるため、週明けは特に肩の力を抜いて仕事をすると良いでしょう。

・仕事に対する姿勢を見つめ直す

仕事がうまく行かずに悩んでいる場合は、何故失敗するのか、自分がどのように行動すれば効率良く仕事ができるかを考えることも大切です。
自分の失敗を振り返り、気持ちを切り替えて仕事に取り掛かりましょう。
仕事の楽しいところや好きなところがあれば、自ずと解決の糸口が見えてくるのではないでしょうか。

仕事に行きたくない気持ちにならないよう、日頃から息抜きをすることが大切です。
月曜日に対する嫌だという考えを改善し、自分に合った効率的な対策方法を見つけて乗り切っていきましょう。



◆仕事行きたくない病が続くのなら…

たまに嫌になったり、週末や週明けだけの軽い憂鬱感であれば多くの人が経験するものです。
自分だけじゃないと思えば前向きな気持ちになれるかもしれません。
しかし、ストレス症状が毎日心身に現れている場合には、環境を変えることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

自分が思っている以上に心身が傷ついているかもしれません。
無理せず自分の状況を把握し、辛くなる前に行動することが大切です。
休職や異動、転職などで状況が変わることもあります。
自分の好きなことを仕事にしたり、モチベーションを維持できる職場に就くことができれば毎日を生き生きと過ごせるのではないでしょうか。

転職活動するなら、是非ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、若年層に特化したサービスを提供。
就職活動をマンツーマンでサポートしています。
あなたに合った就職先が見つけられるよう、専門の就活アドバイザーがあなたの力になります。




関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ