仕事に疲れたときに実践したいストレス対処法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事に疲れたときに実践したいストレス対処法

2016/09/30

【このページのまとめ】

  • ・仕事の休憩時間は、外出や仮眠でリフレッシュするのがおすすめ

    ・休日は趣味や片付け、運動などでストレスを解消しよう

    ・仕事のストレスは、目標を叶えるための通過点と考えよう

    ・日頃の健康管理でストレスに負けない体をつくろう

    ・リフレッシュを心がけても気持ちが晴れないなら、転職を検討しては?

仕事と切っても切り離せない関係で結びついているストレスは、ためこんでしまうことによって心身に悪影響をきたす場合もあります。仕事と向き合う時間の長い方こそ、心身をリフレッシュさせる方法を知っておくことが大切です。
今回は、仕事に疲れたときに実践したい、ストレス対処法についてまとめてみました。

◆休憩時間にストレス発散!仕事の日でも心身をリラックスさせる工夫を

仕事に疲れたときこそ、ストレスとの付き合い方を見直すことは大切です。

リフレッシュタイムとして有効に活用したいのが、休憩時間です。

勤務中ということもあり、「いまひとつリラックスしきれない」と感じる方も多い休憩時間ですが、プライベートの時間としてうまく活用することによって、心身をリフレッシュさせる効果が高まります。

休憩時間をリフレッシュタイムとして十分に活用したいという方は、外出して休憩を取ることも1つの方法です。環境が変わることによって、仕事に対する緊張がやわらぎリラックスすることができます。

また、会社から外出することが難しい場合は仮眠を取るなどして気分転換をすることも有効です。

適度な仮眠は、脳をリフレッシュさせ集中力を向上させる効果があります。

仮眠時間の目安は20分~30分程度が良いとされ、短時間でも休憩を取ってみると良いでしょう。

参照元:厚生労働省(健康づくりのための睡眠指針検討会報告書)http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/03/s0331-3.html 

◆プライベートの時間を充実させよう

休日はストレスを発散するチャンスです。

仕事のことが頭を離れないという人もいるかもしれませんが、仕事で力を発揮するためにも意識的に気持ちを切り替え、心身を休ませるようにしましょう。

休日がいまいち充実していないと感じる人は、以下の方法を参考に次のお休みの過ごし方を変えてみてはいかがですか?

 

・趣味に没頭する

映画鑑賞や読書など、趣味に没頭しているときは一時期的であっても日頃のストレスを忘れ、気分転換できるでしょう。

実は、映画に感動して涙を流すのはストレス解消に効果的。

泣くという行為には癒しの効果があり、「泣いた後に気持ちがすっきりした経験がある」という人も多いのではないでしょうか?

また、音楽鑑賞は癒し効果の高い趣味のひとつ。

その時の気分にあった音楽を聴き、日頃の雑音をひと時忘れてみるのも良いでしょう。

 

・部屋の整理をする

夢中になれる趣味がないという人は、部屋の片付けをしてみてはいかがですか?

休日に部屋を片付けておけば、仕事を終えて散らかった家に帰宅するときの嫌な気分を解消できます。

手を動かした分だけ部屋が綺麗になっていく掃除や片付けは達成感があり、やっているうちに思わず一生懸命になっていることも。

思い切って気分を変えたいときは、模様替えをしてみるのもおすすめです。

 

・運動をする

心のストレスを解消する有効な方法のひとつが、運動。

苦手な人も多い運動ですが、まずはウォーキングといった気軽にできる種目から始めてみてはいかがでしょう。

体を動かすこととストレスには密接な関係があるとされ、現代人のストレス原因の一つは運動不足にあるとも言われます。

仕事や職場の人間関係では頭や心を働かせますが、特にデスクワークの人で充分に体を動かしている人は少ないでしょう。

運動した後は、体は疲れてもどこか気持ちがすっきりします。また、運動の継続は体を強くし、疲れにくい体質づくりにもつながるでしょう。


ご紹介した以外にも、ストレス発散の方法はさまざま。

ペットや家族と過ごす、マッサージを受ける、ライブに行く、旅行する、自然に触れるなど、色々なやり方を通して心身の調子を整えることができます。

自分の好きなやり方や今すぐ実践できる方法を考え、無理のない範囲で休日の過ごし方を見直してみませんか?

◆仕事疲れを未然に予防!ストレスをためこまない考え方 

仕事で感じるストレスをすべて消し去ることは難しいです。

しかし、ストレスをそのまま抱え込んでしまうことは、仕事疲れを悪化させてしまうことにもつながります。

ストレスをためこまないためには、仕事を通して自分がどうなっていきたいのか、目標を明確に持つことがポイントになります。

目標を明確にしておくことで、仕事で感じるストレスを「目標を叶える通過点」として捉えやすくなります。

また、過度なストレスは心身にマイナスの影響を与えますが、適度なストレスには仕事や日々の活動に良い緊張感をもたらす効果あり。

緊張感は仕事のモチベーションアップにつながる場合もあるので、全てのストレスを「良くないもの」と切り捨てようとする必要はありません。

 

◆ストレスに向き合うには、健康管理も大切

ストレスにうまく対処するためには、体の健康管理に気を配ることも大切です。

人の心と身体には、密接なつながりがあります。不規則な生活習慣を続けてしまうことによって、ストレス耐性が弱まり、心身に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。 


参照元:厚生労働省(生活習慣およびメンタルヘルスケア)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/pdf/info03k-03.pdf 


ストレスの原因は、実は精神的な事柄だけではありません。体調が悪いと、ちょっとした不安や心配が大きな負担に感じられるということもあります。

ストレスに負けない体を作るためには、睡眠環境や食生活を通して、体の健康管理にも気を配ることが大切です。 

◆心が晴れない…転職を検討した方が良い場合もある 

心身のリフレッシュを心がけたり、ストレスに対処するために工夫を行っていても、心が晴れない場合もあります。

そんなときは、思い切って転職を検討してみることも1つの方法です。

 

転職を考えるタイミングには人それぞれ違いがありますが、「仕事に行きたいと全く思わなくなってしまった」「仕事を通して成長していく自分をイメージすることができない」など仕事から得るものが何もないと感じたときは、自分と仕事の相性について考えることが大切でしょう。

今の仕事を辞めて、自分にあった企業への転職を考えるなら、転職エージェントのハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、既卒や第ニ新卒、フリーターなどの若年層向け就職・転職サポートサービスです。

専任の就活アドバイザーがマンツーマンで、新しい仕事探しや応募書類の作成などをフォローいたします。

ほかにも、面接スケジュールの調整や面接対策などさまざまなサービスを利用することが可能です。

転職をどう進めて良いか分からない、1人で求職活動をするのが不安だという人は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ